俺ガイル ss チート能力。 #1 やはり俺の特殊能力は間違っている 1

異世界チート魔術師の主人公・太一の能力は?強さと魔力についても考察

俺ガイル ss チート能力

Contents• アクセル・ワールド~地平線を超えて オリ主 最強 更新停止 少年は走る。 最速を駆け抜ける。 トラウマを抱えながらも乗り越えようとする主人公がいいです。 アクセル・ワールドってトラウマがアバターに反映される、ペルソナーな世界なのでトラウマが作品の肝になっていることに今頃気づきました。 残念なことに更新停止しています。 千倍じゃ足りない オリ主 クロスオーバー:アクセル・ワールド、スクライド これは速さを愛し、尊び、渇望した男の物語。 加速世界ってまさにクーガーのための世界だよなと思った凡夫です。 なおこの作品にクーガーの兄貴は登場しません。 一応クロスオーバーではあるのですが、アバターの元ネタにスクライドが登場しているだけです。 まぁスクライド勢は濃すぎるし世界観も独特だしクロスオーバーしづらいよね。 ・・・・・・探せばあるのだろうか。 気にはなっているのだけどまだ未視聴です。 ブルーレイボックス欲しいけどちと高いです。 スクライドは万人受けはしないかもしれないがはまれば引き込まれる、とにかく濃い作品なので一度試してください。 ブレイン・バースト・バックドア オリ主 チート 初めまして、カヱンです。 アニメが始まる前にネタ二次創作を書こうと思います。 タイトルでわかるように能力チートのオリジナル主人公が無双します。 すいません、ごめんなさい、という話です。 バックドアというタイトルで気づくと思いますが、能力チートのオリ主無双ものです。 ノリと勢いで驀進していく爽快感が魅力です。 そして拓武にも活躍の場を… 誰だこいつ? というレベルの性格改変があります。 やはり俺の加速世界は間違っている クロスオーバー:俺ガイル、アクセル・ワールド 加速世界に一匹の狼がいた。 誰にも気づかれず誰とも触れ合おうとしない孤独な狼 今宵も見られず触れられず気づかれず、一人ぼっちの狼は加速世界を駆ける もしも八幡が八番目の無色の孤王だったらというクロスオーバー作品です。 八幡が王様です。 ヒエラルキー上位です。 なのにぼっちで八幡しています。 俺ガイル成分は少ないのですが八幡がしっかりアクセル・ワールドの世界で活躍、ともすれば原作主人公のハルユキを上回る活躍を見せているので是非読んでください。 銀翼の鴉と黒の剣士 クロスオーバー:アクセル・ワールド、SAO 新世代型フルダイブシステムの実験に参加したキリトこと桐ヶ谷和人 次に目を覚ましたそこは見知ったようで見知らぬ場所だった 見覚えのある銀翼の鴉と共に、キリトの物語が始まる… 作者が同じなのでクロスオーバーの親和性が高いです。 そもそも公式でも少しやっているネタですががっぷり四つで組み合わせると読み応えがあります。 キリトとハルユキのW主人公なのもグッドです。 ここで、生きたよ……。 全てが闇の向こうへと抜け落ちていく中、一人の少女の「あと……任せたよ……」という言葉がユウキの脳裏によぎる。 アクセル・ワールド まとめ買い.

次の

絶対に間違いないと断言できる神レベルのオススメssまとめ!【随時更新】

俺ガイル ss チート能力

異世界チート魔術師の主人公・太一の強さは作中で最強 異世界チート魔術師では主人公の太一が ぶっちぎりの強さを誇っています。 全力を出して戦う場面などほとんどなく、戦いはいつも余裕を残して勝ってしまいます。 そしてそんな太一の強さの秘密は• 能力の希少性• 異常なほどの数値の魔力 この2つに集約されていると言っていいでしょう。 それぞれについて、掘り下げて考察していきます! 異世界チート魔術師・太一の能力について 太一はどんな能力が使えるのでしょうか? 大雑把に分類すると太一が使えるのは以下の能力です。 魔力強化• 精霊召喚 ます太一は、 ユニークマジシャン(魔導師)と呼ばれる非常に稀有な存在です。 異世界では火、風、土、水の四属性のどれか一つの魔術の才能を有していることが普通ですが、 太一の場合はこのどれにも属さないというレア中のレアな能力です。 あわせて読みたい そしてユニークマジシャンは以下に分類されるそれぞれのオリジナルの魔法特性を持っています。 光属性• 闇属性• 時空属性• 精霊魔術師• 召喚術師 この中で太一のユニークマジシャンとしてのメインの能力は、 精霊魔術師の上位互換と言われる 召喚術師です。 太一の強さの真髄 召喚術師とは何かというと、精霊魔術師の上位互換と言われています。 ただでさえ珍しいユニークマジシャンのなかでもさらに珍しいとされる精霊魔術師。 精霊魔術師は精霊と話すことができ、精霊の力をその身に借りてとんでもない力を宿して戦うことができるとされています。 さらに、その上位互換とされる召喚術師は精霊そのものを顕現させて共闘することができます。 太一が召喚できるのは 風の精霊・エアリィです。 あわせて読みたい 太一は元々規格外の魔力の持ち主ですが、このエアリィを召喚した状態で戦うとその強さがさらに「チート級」と化します。 太一の 強さ・能力の真髄は、 召喚魔術にあるといっていいでしょう! 太一の能力一覧 ここからは、召喚魔術も含めて、太一が作中で使う能力一覧(技)をご紹介していきます。 身体強化とは一般の魔術師が魔術を発動して身体機能を強化する魔術のことですが、ユニークマジシャンである太一は魔力そのものを身体に宿して能力を強化します。 そのため身体強化よりも消費魔力は大きいのですが、自身の魔力の限界までは強化の幅に際限がないのが強みです。 エアリィと契約するまではこの魔術一本だけで戦っていました。 ちなみに作中では• 太一は作中で初めてこの魔術を使った時、殴った地面に大きなクレーターができました。 太一の並外れた魔力だからこそできる桁外れの効能です。 飛翔 フライ そしてここからはエアリィとの契約後に使用可能となった魔法です。 飛翔(フライ)は自分で空中を自在に飛び回ったり、味方など他の対象を飛ばすことも出来る飛行魔法です。 作中ではブラッディ・ヴァルハラとの戦闘の際に、味方を空に逃がすのに使ったりしました。 風鷲 ふうしゅう 精霊・エアリィ召喚時に使う魔法。 超高速の突風を瞬間的に叩きつけて相手をバラバラに吹っ飛ばす技です。 こちらも作中ではボス・ブラッディヴァルハラーに対して使用されました。 エアロスラスト 精霊・エアリィ召喚時の魔法。 風の魔力を密度をあげて極薄の刃にして打ち出したり、その場に罠として設置したりします。 作中では 魔力強化100%の状態でさえ苦戦したレッドオーガを、エアリィ召喚により一瞬で切り裂いてしまいました。 また、吸血鬼アルガティ戦でも追い打ちに使用されるなど、原作でも今なお強力な魔法として重用され続けています。 結界(防風壁) 精霊・エアリィ召喚時の魔法。 結界をはり、敵の攻撃を防ぐことができます。 しかし実際はただの強烈な風圧の壁。 作中では1000人の敵兵から自陣に飛来する魔術を全て防いでみせました。 トール・ハンマー(雷神の槌) 精霊・エアリィ召喚時の魔法。 作中では 太一の決め技・大魔法と呼ばれています。 エアリィが雷雲を読んで、太一が雷を纏わせた剣を振るうことで、落雷を起こす魔法です。 また、魔力が続く限り落雷は何度でも落とすことができます。 その威力は地面に直径100メートル超の大穴を開けるほど。 異世界チート魔術師・太一の魔力 チートチートと言われる強さの太一ですが、その強さの源となっているのは魔力。 ここからは太一の魔力についてその強さを掘り下げて考察していきます。 魔力値と魔力強度 太一の魔力地と魔力強度はいかほどなのか。 結論からいってしまうと、太一の 魔力値は「12万」で 魔力強度は「4万」です。 これは異世界・アルティアの人間の登場人物ではNo1! (人外の存在は数値として示されることがないため不明) No1といってもNo2を大きく引き離す、文字通り「桁違い」と言える数値です! 他の登場人物との比較 これがどのくらいすごいのかというと、魔術師のエリートである宮廷魔術師になるために必要な魔力値の最低ラインは10,000、魔力強度は2,000です。 さらに、異世界においてトップの魔術師と言えるランクAの魔術師でも魔力値は43,000、魔力強度は6,000なので、異世界のトップ魔術師と比べても魔力値・魔力強度ともに「桁違い」と言えますね。 しかし桁違いすぎてどのくらいすごいのかよく分かりませんよね。 個人的には作中でエアリィが発する一言 エアリィ「過去3000年遡っても太一の魔力が一番強いんじゃないかなあ 」 出典 異世界チート魔術師 こちらが太一の魔力強度の「チート」度をよく表していると思います。 何千年も実際に生きている精霊ならではの例えですよね。 太一はチートチートと言われますが、3000年に一度いるかいないかの魔力の強さということになります! 太一より強いやつはいるの? ここまでぶっちぎりで強いとなると、気になってくるのが 太一より強いやつは果たして出てくるのか?という疑問です。 アニメで描かれる太一は間違いなく人類最強ではありますが、 原作の最新話までと太一がずっと余裕で勝ち続けているかというとそんなことはありません。 モンスターや人外の存在まで含めると、太一よりも強いやつも徐々に現れ、苦戦を強いられることも出てきます。 現時点、原作で太一を超える強さとして表れたキャラは2人います。 アルガティ・イリジオス(吸血鬼の王)• 闇の精霊・シェイド このうちアルガティとは3章終盤で一戦交えています。 さらに、太古より永遠の生命を持ち生き続けてきた吸血鬼の祖であるその圧倒的な戦闘力に、 一度敗北を喫してしまいます。 その後、太一は土の精霊王・ノーミードと契約し、形勢を逆転し退けることに成功するのですが、その際の戦闘は昼間でありアルガティの全力が出せない状況であったため、本気でぶつかりあったらどちらが強いのかは分からないままでした。 そして闇の精霊・シェイドに関しては、太一が一度目にしただけで絶対に敵わないと悟るほどの強さを秘めているようですが、未だ戦ったことはありません。 ただおそらく、アニメ1クールだけではここまで辿り着かないでしょう。 アルガティに関しては個人的には作中No1の戦いなのではないかと思うほど心躍る熱いバトルだったので、興味のある方はぜひ原作3章を読んで見て下さい! まとめ 今回の記事をまとめると、• 太一は4属性全てに適正を示さない希少なユニークマジシャン(魔道士)!• 太一はユニークマジシャンの中でもさらに稀有な召喚術師で、能力は精霊召喚!• 魔力値は「12万」で魔力強度は「4万」。 これは精霊・エアリィが3000年遡って振り返ってもいないほどの強さ! でした。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

#1 俺の能力開発はまちがっている。

俺ガイル ss チート能力

キリトは強化系ですね。 《先の次元へ》 ワンモアアクセル 発動条件:戦闘中であること。 剣での戦闘であれば効果が上がる。 能力内容:自身の脳、中枢神経、及び神経伝達物質の働きをオーラで強化し、反応速度、判断速度、思考速度とそれらの精度を上昇させる。 発動時間が長ければ長いほど効果が上がり、集中力が切れるまで 集中力は強化できない 上昇を続ける。 人間としての限界を超えた辺りから、未来予知にすら到達するほどとなる。 具体的に言うと、相手が上段から斬りかかろうと考え、腕が1mm動いたその瞬間、キリトの脳内ではその剣撃を迎え撃って次の斬撃を食らわせるまでのシュミレーションが完了している。 しかも高精度で。 電脳空間内だとほんとに強い。 主な欠点:前述の通り、集中力は強化できない。 また、肉体は強化されるわけではないので、ともすれば肉体が思考に完全に置いていかれ、うまく体を動かせなくなってしまう。 肉体の調子と合わせながら加速しないと、結局没能力。 まあ、電脳空間内なら全く問題はないが。 ゲーム内で念能力って使えるか? キニシナイキニシナイ これで、キリトくんのチートっぷりがさらに加速するね! 八幡は... 特質か、あるいは変化か...? なら両方作ってしまえばいいじゃない! 特質系能力《0への書き換え》 ハロー、アローン 発動条件:誰も自分を認識していなければ、任意で発動できる。 能力内容:自分の周囲500Mの球の範囲にある、全ての情報を読み取ることができる。 視覚情報、聴覚情報、集中すれば他人の感情すら読み取れる。 そして、『0』と思い浮かべることで、その内の好きな情報を一時的に、誰にも何にも認識されないようにできる。 空を飛ぶ鳥の、「そこにいる」という情報を0にすれば、その鳥は自分がどこにいるのかわからなくなってしまうし、地上の人たちは、そこに鳥がいることに誰も気づけない。 他人の「悲しい」という感情の情報を0にすれば、その人は悲しみを忘れ、ただ「何でこんなことで悲しんでたんだ? 」という漠然とした疑問が残る。 そして、どっかのパソコンに対して『0』と思い浮かべれば、そのパソコン内の全てのデータが、パソコンを動かすためのシステムプログラムも含めて全て消え去る。 当然、全く動かない。 能力が切れれば、これらの情報は全てもとに戻る。 主な欠点:誰かに存在を認識された瞬間、能力が解除される。 たとえばゆきのんが「比企谷君、今ごろ本でも読んでいるのかしら... な、なぜ私があの雑菌男の事なんか考えなくちゃならないのよ、別に彼がダークリパルサーで払われようがバーサーカーに屠られようがモルグに打ち捨てられようがこちらの知ったことではないでしょう、居ても居なくても気づかれないような存在なのだし、気づかれたとしてもそこにいて何かの助けになるかと問われれば肯定などできない個体なのだし.............. 」うんたらかんたらを考えた時点で能力解除。 また、自分自身の情報は消せない。 それできたらさすがにチート過ぎるし。 それと、情報を消すことはできるが、新たに書き加えることはできない。 八幡の性質をそのまま反映した能力って考えたら、なぜかこうなった。 変化系能力《静かな場所》 プライベートホール 発動条件:オーラを平べったくすること。 能力内容:オーラの性質を、片側から「光と音を通しにくい」性質へと変える。 どの程度通さないのかは自由に決められる。 自分の周囲をすっぽりオーラで覆うと、周囲の音や風景が入ってこない、自分だけの空間が完成する。 ただし、向こうからは丸見え、丸聞こえ。 逆もできる。 たとえば、誰かに聞かれたくない話をするとき、自分達の周りを「音を通しにくくする」ことで、周りに会話を聞かれずに済む。 主な欠点:両面に効果を発揮させることはできない。 fateはわからないので書けません。 すいません。 あと、僕もハンターハンターは好きです!

次の