トマト だけ サラダ。 トマトサラダのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

トマト・ミニトマトの作り置きレシピ13選!サラダやマリネの常備菜も

トマト だけ サラダ

火を通すトマトの作り置き・常備菜レシピ1つ目は、アヒージョです。 ニンニクとオリーブオイルで煮込んだアヒージョは、洋食の付け合わせやお酒のお供にピッタリの料理です。 塩分を少なくすれば、アヒージョにありがちな塩辛い味付けをマイルドな味付けに変えることができるので、しょっぱいものが苦手な人にもおすすめです。 材料 2人分• ミニトマト 10~15個• 鷹の爪 1本• ニンニク 1片• オリーブオイル 150ml• 塩 小さじ1• 黒こしょう 適量 アヒージョの作り方• 1ニンニクをスライスします。 2フライパンにオリーブオイルと鷹の爪、ニンニクを入れて加熱します。 3ニンニクの香りがしてきたら、ミニトマトを並べていきます。 4トマトに火が通ったら、塩と黒こしょうを振りかけて、火を止めます。 5保存容器に移したアヒージョがしっかり冷めたら完成です。 固形カレールー 45g• トマト 1個• 玉ねぎ 1個• 牛豚の合挽き肉 100g• すりおろしたショウガ 小さじ1• すりおろしたニンニク 小さじ1• オリーブオイル 大さじ1 キーマカレーの作り方• 1ヘタを取って洗ったトマトと、皮を剥いた洗った玉ねぎをみじん切りにします。 2固形のカレールーをみじん切りにします。 3フライパンにオリーブオイルとショウガ、ニンニクを入れて加熱します。 4香りがしてきたら合挽き肉を加え、中火で炒めます。 5合挽き肉に火が通ったら、トマトと玉ねぎを加えて、さらに炒めます。 6全体的に火が通ったらカレールーを足して味を馴染ませていきます。 7味が馴染んだら、火を止め、保存容器に移し、冷めるまで待ちます。 8キーマカレーが完全に冷めたら完成です。 濃厚な味わいが美味しいミートボールのトマトソース煮込みは、メイン料理としてもおすすめですが、汁気をとれば、お弁当のおかずとしても活躍してくれますよ! 材料 2人分• ミートボール 10個• トマト 1個• コンソメ顆粒 小さじ1• トマトケチャップ 大さじ1• ウスターソース 大さじ1 ミートボールのトマトソース煮込みの作り方• 1トマトをみじん切りにします。 2油を引いたフライパンでミートボールを焼いていきます。 3焼き色がついたら、トマト・コンソメ顆粒・トマトケチャップ・ウスターソースを加えて煮込みます。 4ある程度煮立ったら、フライパンに蓋をして5分ほど弱火で煮ます。 5汁気が無くなったら火を止めて、保存容器に移して冷まします。 6ミートボールのトマトソース煮込みが、完全に冷めたら完成です。 トマト入り酢豚は、トマトの酸味とうま味、甘味が活きた濃厚な味わいの酢豚に仕上がります。 トマト入り酢豚は、おかずとしてもいいですが、おつまみにもピッタリですよ! 材料 2人分• トマト 1個• 豚ロース肉 120g• 酢 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• 砂糖 小さじ2• 鶏がらスープの素 小さじ1• トマトケチャップ 大さじ2• 1野菜とお肉を食べやすい大きさに切ります。 2人参を濡らし、耐熱容器に入れて電子レンジで3分加熱します。 3ごま油でお肉を炒めて、火が通ったら野菜を加えます。 4酢・しょうゆ・砂糖・鶏がらスープの素・トマトケチャップ・片栗粉を混ぜたものを加えて煮込みます。 5煮立ったら火を止めて、保存容器に移し、完全に冷めたら完成です。 フランスの家庭料理のラタトゥイユは、トマトを始め、ズッキーニや玉ねぎ、ピーマンなど、さまざまな野菜を煮込んだ、野菜好きには堪らない逸品です。 あともう一品欲しいと思ったときにもピッタリなので、ぜひ作ってみてくださいね! 材料 2人分• パプリカ 1個• ナス 1本• トマト 1個• ニンニク 1片• オリーブオイル 大さじ2• 黒こしょう 適量• 塩こしょう 適量• 1野菜を食べやすい大きさに切り、ニンニクをみじん切りにします。 2フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、炒めます。 3ニンニクの香りがし始めたら、塩こしょう・黒こしょう・砂糖を加えて、野菜を入れ5分ほど煮込みます。 4野菜の汁気が飛んだら、保存容器に移し、冷ましたら完成です。 酢やオリーブオイルなどで漬けたトマトのマリネは、さっぱりとした味付けで、副菜としてもおすすめです。 細かくトマトを切って漬ければ、冷製パスタやそうめんにもよく合いますよ! 材料 2人分• ミニトマト 適量• 酢 大さじ1. オリーブオイル 大さじ1. こしょう 適量 トマトのマリネの作り方• 1保存容器に酢・オリーブオイル・塩・こしょう・砂糖を入れて、よく混ぜます。 2ヘタを取ったミニトマトを保存容器に入れ漬けたら完成です。 トマトとモッツァレラチーズにバジルを合わせたカプレーゼは、ワインなどのお酒によく合うメニューとして知られています。 カプレーゼは彩りも良いので、パーティーなどのおもてなし料理としてもおすすめです。 材料 2人分• トマト 1個• モッツァレラチーズ 100g• オリーブオイル 大さじ1• 塩 適量• 黒こしょう 適量• バジル 適量 カプレーゼの作り方• 1ヘタを取ったトマトを半分に切り、さらに5mmほどの幅に切ります。 2モッツァレラチーズも5mmほどの幅に切ります。 3保存容器にトマトとモッツァレラチーズを交互に並べ、オリーブオイル・塩・黒こしょうをかけて完成です。 4食べる時には、お好みでバジルをかけてください。 和食にも洋食にも合う作り置きのトマトのサラダは、必要な分だけお皿に取り分けてドレッシングをかければいいだけなので、忙しい朝などにもとても便利ですよ! 材料 2人分• レタス 3枚• ミニトマト 3~4個• パプリカ 適量• 1レタスを手で食べやすい大きさに千切ります。 2ミニトマト・キュウリ・パプリカ・人参を細かく切ります。 3キッチンペーパーやザルを使って野菜の水分を取り、保存容器に移したら完成です。 サルサソースは、野菜のうま味とピクルスの酸味、タバスコの辛味が一体となってスパイシーな味わいを楽しめます。 辛いものが好きな人は、ぜひサルサソースを作って食べてみてくださいね。 材料 2人分• トマト 1個• 玉ねぎ 20g• ピーマン 20g• ピクルス 20g• トマトケチャップ 大さじ1. タバスコ 適量• 塩 適量 サルサソースの作り方• 1ヘタと取ったトマトとピーマンをみじん切りにします。 2玉ねぎをみじん切りにして水にさらした後、水気を切ります。 3ピクルスをみじん切りにします。 4保存容器にみじん切りにした野菜とトマトケチャップ・タバスコ・塩を入れて、よく混ぜたら完成です。 鶏のトマトソース煮込みは、大人も子供も美味しく食べられる味わいなので、家族みんなで食べられる作り置きを作りたい人におすすめですよ! 材料 2人分• アスパラガス 3~4本• ニンニク 1片• 鶏もも肉 300g• オリーブオイル 大さじ1• 鷹の爪 1本• トマト缶 200g• 白ワイン 大さじ2• コンソメ顆粒 鶏のトマトソース煮込みの作り方• 1玉ねぎとアスパラガス、鶏もも肉を食べやすい大きさに切ります。 2ニンニクを刻みます。 3オリーブオイルをひいたフライパンで、ニンニクを炒め、鶏もも肉を加えて焼いていきます。 4鶏もも肉に焼き色がついたら、玉ねぎ・アスパラガス・トマト缶・白ワイン・コンソメ顆粒を加えて煮込みます。 5よく煮込んだら、保存容器に移し、全体を冷ましたら完成です。 パスタにもよく合うミートソースは、グラタンやドリア、ラザニアとも相性抜群で、使い道がたくさんあるので、ミートソースの作り置きを常備しておくと便利ですよ! 材料 2人分• 牛豚の合挽き肉 150g• マッシュルーム 3個• トマト缶 100g• トマトケチャップ 100g• 塩 適量• こしょう 適量• コンソメ 適量• ローリエ 1枚• 有塩バター 10g ミートソースの作り方• 1人参と玉ねぎをみじん切りします。 2マッシュルームをスライスします。 3オリーブオイルをひいたフライパンに、合挽き肉・人参・玉ねぎ・マッシュルームを入れて炒めます。 4全体的に火が通ったら、トマト缶・トマトケチャップ・塩・こしょう・コンソメ・ローリエ・有塩バターを加えます。 5よく煮立ったら、保存容器に移し、冷まして完成いです。 近年人気のバターチキンカレーは、トマト缶を使って手軽に作ることができます。 カレー好きな人はぜひ参考に作ってみてくださいね。 材料 2人分• 鶏肉 150g• ニンニク 1片• トマト缶 130g• カレールー 3個• 生クリーム 50ml• 有塩バター 20g バターチキンカレーの作り方• 1鶏肉を食べやすい大きさに切ります。 2玉ねぎとニンニクをみじん切りします。 3お鍋を火にかけて、有塩バターを溶かし、ニンニクを加えて炒めます。 4玉ねぎと鶏肉を加えて火が通ったら、トマト缶・カレールー・パプリカパウダー・生クリームを加えて煮込みます。 5煮立ったら、しょうゆを入れ、火を止めます。 6保存容器に移し、よく冷ましたら完成です。 トマトを使った作り置きや常備菜を作ってみよう!.

次の

トマトサラダのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

トマト だけ サラダ

暑い日は、台所に立つ時間をできるだけ短時間にしたいですよね。 切って混ぜるだけですぐ食べられますし、冷蔵庫で2〜3日保存しながら、和風にも洋風にもアレンジ可能の万能サラダです。 保存する分は密封容器に入れて、すぐに冷蔵庫に入れていただけば2,3日保存可能です。 サラダ用には、生のバジルを刻んで加えてさっぱりといただきました。 翌日は、冷たいパスタにのせてオリーブオイルとバジルを加えたり、めんつゆにも合うので、冷たいそうめんにトッピングして大根おろしを添えても美味しそうですね。 和風のアレンジは、納豆に混ぜたり、冷奴にのせたり、おろしあえにしたり、洋風のアレンジは、耐熱皿に入れてチーズをかけてグラタンにしたり、食パンにのせて、チーズをかけてトーストしたり、チーズがとても良く合います。 味付けは最小限にして保存していただけば、毎日違った味を加えて楽しめます。 Today, I'm going to use avocado and tomato to make a salad that can be arranged in many ways. On hot days, you want to be in the kitchen as short as possible. You can cut it and mix it to eat immediately. It is a versatile salad that can be arranged in Japanese or Western style while storing it in the refrigerator for 2-3 days. For salad, I chopped raw basil and added it. The next day, you can add olive oil and basil on cold pasta, so it looks delicious even if you top it up with cold somen and add grated radish. Japanese-style arrangements can be mixed with natto, put on cold tofu, grated, or Western-style arrangements can be put on a heat-resistant dish and sprinkled with cheese to make gratin, or put on bread and toasted with cheese. Cheese goes very well. If you keep the seasoning to a minimum, you can add different flavors every day and enjoy. やさいのひチャンネル:youtube.

次の

サラダだけじゃない!「トマトのおひたし」があっさり美味(クックパッドニュース)

トマト だけ サラダ

ミニトマトのナムル 調理時間約3分• ミニトマト 6個~8個• ごま油 小さじ1 あれば……• お好みで少々のおろしにんにくや黒胡椒などで味を調整してもOKです。 塩で引き立つ甘味とごま油の風味ビシビシで……濃厚甘酸っぱ旨い! 調理というほどの調理もなく、たったこれだけで完成! 小さいけれど酸味と甘味がぎゅっと詰まったミニトマトの美味しさを、自然に引き立てて活かしていただく簡単レシピです。 少量加えた塩気がトマトの甘味をぐっと引き立てて、より濃厚に生のみずみずしい美味しさが楽しめます。 そこにごま油の風味が加わると、それだけでご飯のオカズかおつまみにでもできそうなパンチも効いてくれるんです。 意外な好相性ぶり! ミニトマトだけじゃボリューム不足という時は、モヤシなどと一緒に和えるのも定番でしょうか。 塩とごま油と少し多めにして、さっぱりシャキシャキ食感の満足サラダが即完成です。 常備が葉物しかなくてどうもサラダが味気ない時や、ミニトマト単品でそのまま食べるのもどうかな?という時なんかにオススメの、超手軽な美味しいいただき方。 シンプルに旨味が引き立つので、メニューに迷ったらいかがでしょう!.

次の