させ て いただく 敬語。 「見せていただく」「見させて頂く」「拝見させていただく」「おっしゃっていただく」は正しい日本語なのか?

「ご了承いただく」敬語のメールやビジネスでの使い方!違いをわかる?

させ て いただく 敬語

<目次>• 相手の行為に対してお礼を言うような場合、「くださる」と「いただく」の両方の使い方をすることがあります。 このうちどちらか一方が正しくて、もう一方は誤りなのではないかと迷うこともあるようですが、実際はどうなのでしょうか?いくつかの例をあげて考えてみましょう。 まずは、基本となる「くださる」と「いただく」の言葉の意味を見直してみましょう。 「くださる」「いただく」は、それぞれ「くれる」「もらう」の敬語です。 もっと詳しく述べると、「くださる」は「くれる」の尊敬語。 「いただく」は「もらう」の謙譲語になるわけです。 相手が「くださる(くれる)」ということは、自分が「いただく(もらう)」ということのため、内容としては同じことを表しています。 では、どう違うのか、ひとつは、物事を見たり考えたりする位置・観点の違いのようなものがあります。 観点は受け取る側になります。 「(わたしが)送ってもらう」 渡す側の行為から見た「(あなたが)くれる・くださる(尊敬語)」が、尊敬語なのだから正しくて、受け取る側から見た「(わたしが)もらう・いただく(謙譲語)」は間違いなのではないかと思ってしまう場合があるようですが、それは違います。 「(わたしが)もらう(謙譲語)」も、「わたし」を低めることによって、相手を高めている働きをもつと考えられますので、尊敬語で表すか、謙譲語で表すかの違いであって、間違いという類のものではありません。 ただし、個人の受け取り方の違いや、使う場面によっては不自然なこともあります。 では、再度場面ごとの例で「くれる・くださる」と「もらう・いただく」を考えてみましょう。 「くださった」にすると余計にその感が強まります。 別にお店を高めてはいけないということではありませんが、聞く側は、お店とは関係がありませんし、自分が頼んだのだからという気がしてしまうものです。 ここは「送ってもらった」が自然でしょう。 このように、「くれた」はどちらかというと、自分が相手に頼んだのではなく、相手の意思で何かをしてくれるような場合に使われることが多いと言えます。 ですから、この例のように、自分が相手に頼んだような場合には、「もらう」を用いるほうが自然なものです。 しかし、こちらも1の例と似ていますが、自分が無理に相手に頼んだような場合は、「(勝手を申しましたのに)お渡しいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで助かりました」などの表現がよりしっくりくると感じます。 「もらう・いただく」を使って、「あらかじめ、調べてもらう・いただく項目はこちらです」ということはできても、文例のように「くれる・くださる」を用いて表現することはできず、誤用であることがわかります。 頼んだわけでもなくお客様の意思で、店に来た・利用したという点では、「くださいまして」が、お客様への敬意をより強めている感があり適切と感じます。 しかし、文例の「いただきまして」も、自分側が利用してもらったという意味で、自分側を低め間接的に相手に敬意を表しているわけです。 また、相手に恐縮な気持ちや厚意を受けた感謝の気持ちなどを述べていると考えられますから、その意味ではどちらも使うことができると言えます。 「このたびは、お菓子をお送りいただきましてありがとうございます」なども、似ています。 この場合も、自分がお菓子を送ってくれと頼んだのではなく、相手の意志で送られてきたのですから、本来は「お送りくださいまして」のみが適切なように思われますが、こちらも相手の厚意によって行われたと解釈して、相手からの厚意に恐縮する、感謝するような気持ちで「いただく」という謙譲表現が使われるのではないかと感じます。 このように、少々複雑でどちらもほぼ同じように使われる「くださる」と「いただく」ですが、使い分けの注意点を強いてあげるならば、文例1,2,3のように、自分から頼んで相手に何かをしてもらった場合や、無理を言って相手にお願いした場合などは、「くださる(くれる)」は不自然に響くという点です。 このような点に注意しつつ、使う場面によって、より自然にしっくりくる語を選り分けるということが一番大切でしょう。 【関連記事】•

次の

「していただく」の意味と使い方、敬語、「してくださる/させていただく」の違い

させ て いただく 敬語

誰かが自分に対して親切なことをしてくれたのであれば、そのことへの感謝を示したいと感じるのは普通のことです。 そのような良い感情を抱いていたとしても、言葉遣いを正しく用いることができないのであれば、相手に対する感謝を示すどころか、不快な気持ちにさせてしまう可能性もあります。 特に、目上の人が自分に対して何かをしてくれたのであれば、言葉遣いに深い敬意と感謝が反映されていなければならないと言えます。 そのため「お越しいただく」の敬語表現を、どのようにして正しく使うことができるかについても理解しておく必要があるでしょう。 その点について正しく理解することができていなければ「お越しいただく」を感謝や敬意を示すために相手に対して使いたいと感じていたとしても、相手を不快な気持ちにさせてしまうことになるからです。 そのため「お越しいただく」の敬語表現について、これから詳しく説明します。 「お越しいただく」の辞書での意味 「お越しいただく」の敬語表現の使い方について理解したいのであれば、まず最初に「お越しいただく」の意味について理解しておく必要があるでしょう。 意味について精通していなければ「お越しいただく」の敬語表現を正しく用いることができないからです。 辞書などで調べてみると「他人が行くこと、または来ることの敬語」という意味が「お越しいただく」に含まれていることがわかります。 つまり、簡単に言うのであれば、誰かが自分のところを訪問してくれた時に、相手に対して敬意を示すことのできるフレーズである、ということです。 普段から目上の人と会話する機会の多い人なのであれば「お越しいただく」の敬語表現を習得して損をすることはないでしょう。 敬語「お越しいただく」の使い方 「お越しいただく」の意味について理解することができていたとして、実際に「お越しいただく」の敬語表現を会話の中で使うことに難しさを感じる人がいるのも事実です。 なぜなら、敬語表現の具体的な使い方に精通することができていないからです。 「お越しいただく」の敬語についてもっと詳しく理解しましょう。 そのようにすることによって、自信を持って「お越しいただく」の敬語表現を、普段の会話の中で使用することができるようになることでしょう。 敬語の種類 敬語には、いくつかの種類があることをご存知だったでしょうか。 実際のところ、ある特定のフレーズの敬語を1つだけ理解することができていたとしても、十分だとは言えません。 なぜなら、話を聞いている人は、いつも自分が使っている単語に注意をそらされてしまうことになりますし「本当に意味がわかって使っているのかな」と感じてしまう人もいるからです。 そのような事態を避けるためにも「お越しいただく」の敬語表現を詳しく紹介します。 新しいフレーズを理解することができるでしょう。 お越しくださり 例えば「お越しくださり」という敬語が使われているフレーズを使用することができるでしょう。 「お越しいただく」と同じような意味を相手に対して伝えることができますが「お越しくださり」と使い方が少しだけ違うのも事実です。 「本日は、お越しくださり、誠にありがとうございま」のように、誰かがすでに来ていることを確認することができているのであれば「お越しくださり」という 敬語の使われているフレーズを使用することができるでしょう。 使い方 「お越しいただく」を自分の会話の中で自然と使用するためには、使い方についても理解しなければなりません。 つまり「お越しいただく」をどのような状況で使うことができるのか、また、どんなフレーズを作成することができるのか、を知る必要があるということです。 「お越しいただく」の使い方に精通することができるように、具体的な例文を紹介します。 自分の普段の会話の中に取り入れることができるように、実用的だと感じることがあれば、例文をそのまま暗記することができるでしょう。 お越しいただいた時には 「お越しいただく」の敬語表現が1つに「お越しいただいた時には」があります。 このフレーズは、どのような状況の中で使うことができるのでしょうか。 具体的には、将来の予定を立てるために使うことのできる敬語表現といえます。 例えば、何かの商品をお客さんに対して渡さなければならないとします。 しかし、その商品は店頭にありません。 つまり、後日、お客さんに対してその商品を渡さなければいけないことになります。 そのような状況にいるのであれば「次回、お越しいただいた時には、在庫をしっかりと補充しておきますので、ご了承ください」という敬語表現を使うことができるでしょう。 簡単に言うのであれば 「今度来た時には、在庫不足にならないように注意します」という意味をお客さんに対して伝えることが可能になります。 敬語「お越しいただく」の例文 例えば「お越しいただく」の敬語が使われている例文の1つとして「本日もお越しいただき、誠にありがとうございます」というフレーズを作成することができるでしょう。 どのような人であったとしても、デパートなどに買い物に行った時には、このフレーズが使われているアナウンスを聞いたことがあるはずです。 「お越しいただき」という敬語が使われることによって、相手に対して敬意を示すことが可能になるので、目上の人と会話をしている時や、お客さんに対して発言をしなければならないのであれば「お越しいただき」を積極的に使うことができるでしょう。 お越しくださる 「お越しいただく」を「お越しくださる」という敬語表現に言い換えることもできます。 このフレーズを使いながら「お越しくださるのであれば、非常に助かります」という敬語の使われている表現を作成することができるでしょう。 このフレーズを使うことによって「もし、来てくれるのであれば、非常に助かります」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 つまり、誰かが自分のもとを訪ねることを仮定したいのであれば「来てくれるのであれば」を言う代わりに「お越しくださるのであれば」を使うことができるでしょう。 このフレーズも正しい敬語になりますので、自分の職場の上司と会話をしている時にも使うことのできる、実際的なフレーズということができるでしょう。 お越しいただくことは可能でしょうか 「お越しいただく」の敬語表現が使われている例文の1つに「お越しいただくことは可能でしょうか」という表現があります。 この表現は質問の形が用いられているので、相手が行動を起こすように促すことが可能になります。 例えば、相手が目上の人なのにも関わらず、自分や自分の会社を訪問してもらわなければならない状況が生じたとします。 「来てください」という直接的な表現方法では言いづらい内容になるでしょう。 そのような緊迫した状況が生じたとしても「お越しいただくことは可能でしょうか」という敬語表現を使うことによって、相手が自分の元に来るように、間接的に依頼をすることが可能になります。 非常に巧みなフレーズなので、ビジネスマンであれば必ず覚えておきたい敬語表現ということができるでしょう。 「お越しいただく」の別の敬語表現の例とは? 例えば「ご足労いただく」というフレーズを使うことによっても「お越しいただく」の敬語表現を作成することが可能になります。 「お越しいただく」と同じような意味を相手に伝えることが可能になりますが「ご足労いただく」の方がかしこまった言い方がされていることに、気づくことができるのではないでしょうか。 そのため、結婚式や会社のパーティーが開かれている時に使うことのできる、実用的なフレーズということもできます。 例えば「本日は、遠いところからご足労いただきまして、誠にありがとうございます」という敬語表現を作成することができるでしょう。 相手に対する深い敬意を示すことが可能になるので、不特定多数の目上の人に対して挨拶をしなければならない時に使うことができるフレーズになるでしょう。 おいでいただく 「わざわざ、おいでいただいたのに、申し訳ありません」も「お越しいただく」の敬語表現が使われているフレーズと言えます。 意味としては「来てもらったにもかかわらず、ごめんなさい」と言っていることになります。 お客さんなのが自分のお店に来てくれたにもかかわらず、商品が完売してしまったために、お目当ての商品をお客さんに提供することができない場合があります。 もし、そのような状況に遭遇しているのであれば「わざわざ、おいでいただいたのに、申し訳ありません」という敬語表現を使うことができるでしょう。 いらっしゃる 「山田社長はすでにいらっしゃいました」というフレーズも実用的な敬語表現ということができます。 会話をしている人が目上の人でなかったとしても、会話の中で表現されている登場人物が目上の人なのであれば、自分の言葉遣いには深い敬意が示されていなければなりません。 そのような敬意を示すために「いらっしゃる」という敬語表現を使用することができるでしょう。 特に「山田社長はすでにいらっしゃいました」という例文からもわかるように、誰かがすでに来ている事を表現することができます。 「起こしいただく」は二重敬語にならないのか 「お越しいただく」という言葉が日本語として正しいのかどうか、疑問に感じている人はたくさんいます。 なぜ、多くの人は「お越しいただく」というフレーズについての疑問を感じることがあるのでしょうか。 なぜなら「お越しいただく」が二重敬語だと考えているからです。 しかし、もし「お越しいただく」が二重敬語なのであれば、この表現を使わないように気をつける必要があります。 心配なのであれば「ございましたら」を使う 結論から言うのであれば「お越しいただく」は人によっては二重敬語とみなしていることになります。 しかし、実際問題として、多くの人は「お越しいただく」を違和感のない敬語として使っていることになります。 そのため、目上の人と会話をしている時に「お越しいただく」を使ったとしても、不快に感じてしまう上司はほとんどいないことでしょう。 周りの人が不快に感じないのであれば「お越しいただく」という敬語表現を使ったとしても問題はないと言えるのではないでしょうか。 しかし「お越しいただく」を使うことに心配だと感じるのであれば「ございましたら」で他のフレーズを作成することができるでしょう。 例えば「お越しいただくことがございましたら」という敬語表現を作成することができます。 謙譲語は敬語の中でも、相手に対して深い敬意を示すことのできる文法になります。 そのため、会社の社長など、自分から見てかなり上の立場にいる人と会話をする機会が多いのであれ、謙譲語を習得していなければなりません。 いつ、謙譲語を使わなければならない場面に遭遇するかわかりませんので、この機会に「お越しいただく」の謙譲語について詳しく理解することができるでしょう。 「お越しいただく」は謙譲語 そもそも「お越しいただく」は謙譲語になります。 そのため「お越しいただく」という敬語表現を使うことに抵抗を覚えるとしても、心配なくこのフレーズを使うことができるでしょう。 目上の人と会話をしているので心配に感じるとしても、謙譲語には丁寧語や尊敬語よりも深い敬意示されてることになるので、安心して使用することができます。 「お越しいただく」の敬語で感謝を示す.

次の

「見ていただく」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

させ て いただく 敬語

う~ん。 何にでも「させていただく」付ければいいってもんじゃないぞ! 「させていただく」はビジネスシーンだけでなくテレビや日常会話でもよく耳にするフレーズですが、誤用の多い敬語の一つでもあります。 ただし 「させていただく」という言葉自体は日本語として間違いではありません。 あくまで多用しすぎると幼稚な印象になったり、場合によっては失礼にあたるため注意して使う必要があります。 そこで今回はビジネスシーンでスマートに「させていただく」を使いこなせるよう、正しい意味と使用上の注意点を詳しく解説していきます。 また「させていただく」は丁寧語の「ます」と組み合わせて「させていただきます」と使う場合も多いため、本記事では同じ意味の言葉としてご紹介します。 「させていただく」が使えるのは2つの条件を満たしたとき 自分の行為・動作に対して 「させていただく」が使えるのは、以下の2つの条件を満たしたときが適切とされています。 それは 「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」です。 たとえば「会議の開始時刻を変更させていただきます」という文章があります。 これは予定を変更するには「相手の許可・了承」が必要で、また変更によって「自分が恩恵を受ける」という意味を持つため、正しい使い方といえます。 「させていただく」を使った例文 ビジネスシーンにおいて「させていただく」は、取引先やお客様に対して謙虚な姿勢を示す表現として使われます。 ここからは 「させていただく」を使った例文をシチュエーションごとにご紹介していきます。 相手から許可を受けている場合の「させていただく」を使った例文 「させていただく」は「頂く」と漢字で書かない 「させていただく」を「させて頂く」と表記している場合もありますがこれは誤りです。 「いただく」と「頂く」にはそれぞれ別の意味があるため、漢字とひらがなの表記を使い分ける必要があります。 漢字の「頂く」は「食事を頂く」や「プレゼントを頂く」など、「食べる・飲む」「もらう」の謙譲語として使用する場合に使われます。 一方ひらがなの「いただく」は「ご覧いただく」や「お越しいただく」など、補助動詞としての役割のときに使用します。 そのため「させていただく」はひらがなで表記するのが正解です。 二重敬語に注意 「させていただく」を使う場合は、敬語に敬語を重ねた「二重敬語」に注意しましょう。 そのため「させていただきます」を使うのは適切ではありません。 つい習慣で「させていただく」を使ってしまう人は、言葉に出す前に「相手の許可・依頼・恩恵を受けているか?」「いたしますに言い換えできないか?」と頭の中で整理するように心がけましょう。 ・I will happily participate to the wedding. 「させていただく」の正しい使い方をマスターしよう! 「させていただく」は「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」に使えるフレーズです。 これらの条件以外のパターンで「させていただきます」をむやみに使ってしまうと、敬語が使えない未熟な印象を与えてしまう可能性もあります。 適宜「いたします」と言い換え、「させていただく」を多用しないように工夫して使いましょう。 ビジネスシーンにおいて 「させていただく」は正しく適度に使えば、丁寧で低姿勢な態度を示すことができます。 相手や状況に応じて「させていただく」を上手に使いこなせるビジネスパーソンを目指しましょう!.

次の