いちぽる。 ログイン|ライフサポート倶楽部 メンバーズナビ

広島市立大学情報処理センター

いちぽる

STEP2 STEP2では以下のコンテンツを追加配信する予定です。 <全学共通>• 学生広報サポーターによる学長インタビュー• 保護者説明• STEP1 の内容に加えて、以下のコンテンツをご覧いただけます。 全学共通 保護者対象説明会、施設紹介• 国際学部・ 情報科学部・ 芸術学部 留学体験発表、ゼミ・研究室紹介、ミニ講義、研究成果・作品紹介 学部によって異なります。 詳細は改めてお知らせします。 参加登録について オンライン・オープンキャンパスに参加するには登録が必要です。 登録すると、大学案内 2021 などの資料の申込みができます。 お手元にお送りします。 発送にかかる費用はご負担いただきます。 コンテンツにアクセスしてアンケートに答えいただいた方には「参加証」を発行する予定です。 ライブキャンパス2019で授業体験に参加し、受講証を受付にご返却いただいた方は受講した授業の受講証明書を発行することができます。 受講証明書の発行をご希望の方は、下記のアドレスまで必要事項を記載して、メールを送信してください。 後日、PDFファイルにて受講証明書が返信されます。 当日、授業体験をされた方はぜひご利用ください。 hiroshima-cu. メールフィルター等の設定により受信できなかったメールは、もう一度受信するということができませんので、ご注意ください。

次の

広島市立大学 医用情報科学科 医用情報科学専攻

いちぽる

広島市立大学情報処理センター 情報処理センターでは大学の情報基盤である HUNET(Hiroshima City University Information Network システムの運用管理を行います。 HUNETにより、大学の諸施設がネットワーク化され、高速・高品質の通信が可能になっています。 また、平成16年度より学術研究・教育活動の支援を強化するために、 大学情報サービスシステムが導入され、教務・庶務・教員情報公開等の諸手続きがオンライン化されています。 このサービスを支えるシステムの運用管理も行い、関連部局と協力して、学内情報サービスの向上を図っています。 本学へ興味をお持ちの方は上のボタンを クリックしてください 利用案内 ネットワークサービス等に関しては、をご参照ください。 12 のアナウンスを行いました。 NEW! 2020. 1 のアナウンスを行いました。 NEW! 2020. 27 のアナウンスを行いました。 2020. 21 のアナウンスを行いました。 パソコン等のデータ消去に関する注意喚起 NEW! 学内ネットワークの通信制限と内容確認について• AdobeCLPライセンスでの製品購入手続きの変更とレベル変更について• 【重要】P2Pファイル共有ソフトウェアの使用制限について• 研究室や個人のパソコンから仮想デスクトップ環境を利用する際の注意事項について【教育用仮想デスクトップ環境利用者向け】• 貸出ノートパソコンの取り扱いについて 注意喚起• サーバ証明書の利用について【ネットワーク管理者向け】• 【重要】マイクロソフト包括ライセンス Word Excel,PowerPointやOSアップグレード)を利用している方はソフトをインストール後には、必ずライセンス認証を行ってください。 【終了】• 【終了】• 【ホスティングサービス管理者対象】• ipc. hiroshima-cu. jp の著作権について このサイトの内容(コンテンツ)の著作権は広島市立大学情報処理センターにあります。 無断で複製や修正、学外への転載、配布を禁じます。 ご協力ください。 このサイトに関するリンクについて 広島市立大学情報処理センターに無断でこのサイトへのリンクを行うことを禁じます。 リンクにつきましては、 宛てにご連絡を下さいますようお願い致します。 このサイトに関する問い合わせ等は までお願い致します。 copyright C 2020 広島市立大学情報処理センター.

次の

広島市立大学 オープンキャンパス

いちぽる

医用情報科学科・医用情報科学専攻では、複雑化し続ける「健康管理・医療・福祉」産業構造に対応すべく、「バイオ情報学」,「医用画像工学」,「医用ロボット」,「脳情報科学」,「医用情報通信」の5つの専門分野を設け,更にこれらが連携することで医用情報科学,生体情報科学に関する専門知識・技術の体系的な研究を行います。 本研究室では、計算と実験の両方のアプローチで、タンパク質・DNAなどの分子レベルからヒト・植物の個体レベルまでの、生物全般で見られる生命現象の解明に挑み、医療・農業・工業などへの応用を目指します。 具体的には、金属タンパク質の機能発現機構の解明とその知見を利用した機能性物質の設計、視覚情報処理の基本原理の解明およびその視覚情報計測技術への応用、病気の診断に用いるバイオセンサーの開発、LEDを用いた植物工場の開発、バイオディーゼル燃料製造時に発生する廃棄物の再資源化などに挑戦しており、生命に関わる基礎から応用までの研究・開発に取り組んでいます。 本研究室では、X線CT、MRIなどの医用画像を用いて、生体の「かたち」や「動き」、そしてこれらの個体差や疾患による変化などを捉えることにより医療や医学をサポートする技術の研究を行っています。 その際に重要となるのは、解剖学的知識を中心とした医学の知識を計算機内で数理的に表現することであり、医師と同等あるいはそれ以上の知能を計算機に持たせることを目指して取り組んでいます。 本研究室では、機械・電気電子の融合を図り、かつその出口として医療を見据えることで、これまでにない新たな医療システムの実現を目指しています。 具体的には、マイクロマシニング技術を用いた超小型医療用デバイス、無痛薬剤投与デバイス、フレキシブル・ウエアラブルデバイス、超小型集積化センサデバイス等の創成に挑戦しています。 これらのデバイス・システム開発により健康で豊かな社会基盤の構築を目指します。 本研究室では、先進的な脳機能計測解析技術を開発し、それを医療・福祉・アミューズメント・脳科学等の分野に応用展開することを目指します。 脳活動に随伴する光や電磁気などの物理現象を斬新な手法でとらえ脳信号を高精細で可視化する技術や脳神経系と外部機器とのインタフェースにより身体機能の拡張やアシストを実現する技術を開発します。 本研究室では、情報通信技術と医療・医学との融合による新しいワイヤレス医療ヘルスケアの創生を目指します.具体的には、Body Area Network BAN を用いた医療・ヘルスケア・介護ネットワークシステム、生体センサシステムによる医療・ヘルスケアシステム、多機能ウエアラブルバイタルセンサとウエアラブルマルチ伝送システム等の実現を目指す予定です。

次の