スープ パスタ。 たっぷりキャベツのスープスパゲティ 作り方・レシピ

スープデリのパスタの食べごろが?!「クリームシチュースープパスタ」スープデリ・クノール

スープ パスタ

語釈 [ ] イタリア語 pasta はいくつかの異なる意味を持っている。 いずれも: (ペースト)、: (パテ)や、英語 (ペイストリー)、フランス語 (パティスリー)、イタリア語 (パスティッチェリーア)などと同じ語源をもち、の pasta(パスタ。 生地、練りもの)に由来するものである。 のの一つである、などを主体とした練り物(生パスタ)、およびそれを乾燥した製品(乾燥パスタ)を指す。 より厳密には、 パスタ・アリメンターレ(: pasta alimentare, 「食用の pasta」の意)と呼ぶこともある。 日本語の「」に近い用法だが、細長い形状にこだわらない点が異なる。 やも、イタリア語話者から見れば「日本の pasta」ということになる。 やや広義の用法として、類も含め、小麦粉を使ったいわゆるの生地全般を指す。 各種の、、、各種類やなど、さまざまな生地を含む。 俗ラテン語の原義に最も近い用法。 なお中国語における「麺」も広義ではこの意味の用例がある。 とくに菓子類において、生地を焼いて出来上がった製品の種類を指す場合がある。 派生義として、食品以外のものも含め、ペースト状の製品や物質全般を指す用法がある。 日用品の例としてパスタ・ダッチューゲ(: pasta d'acciughe, のペースト)、パスタ・デンティフリーチャ(: pasta dentifricia, 練り歯磨き)など。 日本語や英語などでの用法は上記 1. に近く、加えて 1. のパスタを使った「パスタ料理」を単にパスタと呼ぶことも多い。 本項ではこれらの用法にもとづいて解説している。 なお、類語として パスタシュッタ : pastasciutta があり、上記 1. とほぼ同じ意味で使われたり、乾燥パスタの別名などとされることがあるが、これは本来、「パスタ以外のパスタ料理」を指す言葉である。 スープパスタ(パスタ・イン・ブロード、: pasta in brodo)が最も一般的なパスタの献立であった時代に、パスタをスープに入れる代わりにをかけて食べる食べ方を明示的に「パスタ・アシュッタ」(: pasta asciutta, 乾いたパスタ)と呼んで区別した名残りなのだという。 歴史 [ ] 『少年とスパゲッティ』ユリウス・モーザー画、頃 イタリア半島におけるパスタの歴史は大変古い。 にあるのの遺跡からは現在のものとほぼ同じ形態のパスタを作る道具が出土している。 古代ローマ時代にはラガーナ lagana というパスタがあったが、現在のように茹でて食べるものではなく、焼いたり揚げたりして食べた。 その後パスタは、、などと共に茹でられて食べられていた。 1000年頃からと共に食べられ、のがをかけて食したのを始め、金持ちはなどの香辛料をかけていた。 現在と同じような食べ方をしている事を記録している最古の書物は、8月2日付のの公正(の医師ルッジェーノが患者の羊毛商人ボッソにあてた文章)である。 現在見られるような乾燥パスタが普及したのは、半ばにで飢饉に備えるために保存食が必要になったことがきっかけであったとされる。 だが同時に、この普及は民衆にパスタを日常的に食べる機会を与えたともいい、それまで打ち立ての麺の旨さを味わえた富裕層以外にも、「ご馳走」としてではなく賞味できるようになった。 初めまでは、スパゲッティは民衆の食べもので、チーズだけをかけて手でつかみ、頭上にかざして下から食べるものであった。 、庶民の風俗を深く愛したナポリ国王が宮廷で毎日スパゲッティを供することを命じ、この時にスパゲッティを品良く食べるため、からみやすいように先が4本のが考案されたと言われる。 、医者であるアンドレア・マッテイオーリがを使ったソースを作る試みをした。 17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風がきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。 に、・で第1回世界パスタ会議が開催されたことを記念して、毎年10月25日が 世界パスタデーに制定された。 やイタリアパスタ製造業者連合会などが合同でパスタの販売促進キャンペーンを行っている。 各国では [ ] の正餐(antipasto「」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「」、またはを順番に食す)では、主菜である secondo piatto の料理や料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto)として供する。 日本人の視点から見ると「パスタは前菜なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piatto とパンで食事を済ませることは一般的である。 したがって、パスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。 英語圏 [ ] とではがよく食べられており、やのコーナーで提供されているほか、様々なとしても売られている。 また、アメリカのも世界的に有名である。 では茹でたショートパスタと生野菜をで和えたも人気がある。 パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、やレストエリアのでもよく見られる。 日本 [ ] では、幕末にで食べられ始め、1883年頃にフランス人の神父が長崎市で製造したのが始まりである。 、日本マカロニ(マ・マカローニ)の設立、オーマイブランド()の発売により、日本での本格生産が始まった。 これを後押しし、日本のパスタ普及に貢献したのが・の流行である。 1970年代にはファミリーレストランのメニューとしても登場し、1980年代にはイタリア人やイタリアで修業をしてきた日本人により本格的なイタリアンレストランが開業され、1990年代には「イタめし」の流行が起きた。 本来のイタリア料理としてだけでなく、、や、や刻みなど、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋やパスタハウスと呼ばれるレストランもある。 肉料理やなどにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。 その他 [ ] 各国ではや・のが売られており、簡便に食事が取れることから、やに替わるとしてパスタが広く普及している。 原料・製法 [ ] 茹でる前のパスタ 主な原料はであり、中でもの(粗挽き粉)を使ったものが最も良いとされる。 デュラム小麦は質と呼ばれる半透明の硬い胚乳が特徴で、やなどに適した小麦とは性質が異なっている。 基本的にはこのデュラムセモリナ粉に、などの材料を入れて混ぜ合わせ、空気を抜くように捏ね上げる。 生パスタは日本の麺類と同じように仕上げるが(麺切りと押し出しの両方の方法がある。 )、乾燥パスタの場合は成形する機械の中に捏ねた材料を入れ、できるだけ空気を抜きながら押し出すように成形し、そのまま乾燥させるのが通常である(この成形の際には、半固形の捏ねた材料をダイスを通して押し出すのだが(参考:)、そのダイスの形状及び表面の性質がパスタの形状及び麺表面の性質を決める事になる。 近年はダイス形状の工夫により、スパゲッティーニの太さで3分程度の茹で時間のパスタも各社から出てきている。 なお、イタリアにおいては法律 によって、乾燥パスタはデュラムセモリナ粉と水で作ることをパスタ生産者に義務付けている。 生パスタはの小麦粉を使って作られることが多い。 風味もしくは彩りを持たせるために、生地に、、、などを練り込む場合もある。 生パスタにはが入ることが多い。 には、を使用したと呼ばれるパスタが存在する。 その他、を原料としたパスタも作られている。 小麦が入ったパスタを食べることができないの人が食べられる数少ないパスタである。 栄養と健康 [ ] パスタの主なは 糖質)であるため、などにおいて目の敵にされがちであった。 だが、・の ()の研究チームにより、実際にはの低い食品であり、たとえ精白小麦を原料に使用している場合でも、パスタはほかの精白小麦食品と比べて平均的にビタミンやミネラルなどの微量栄養素の含有量が多いことやを使用したものでもGI値には通常のものと大きな違いがないことが明らかとなった。 これにより「同じ炭水化物でも白米やパンとは違う」特徴があることが解明されることとなり、研究チームは論文で、 炭水化物を食べると太るという情報が氾濫しているだけに、この研究結果は重要だ。 こうした情報は、毎日の食卓に影響を及ぼしており、炭水化物、特にパスタの消費量は最近になって減少する傾向にあった。 と記している。 また、研究論文の筆頭筆者で、同病院の臨床栄養・リスク緩和センターに所属する臨床科学者のジョン・シーベンパイパーは、「太ると敬遠されるパスタは、実際は低GI食として、健康的な食事のメニューに加えて良さそうだ」とコメントしており、研究の結果においては、「パスタを食べても太ることはないと、ある程度の確証を持って言うことができる」と述べている。 同研究結果は学術誌「 ()」に掲載された。 パスタの種類 [ ] ロングパスタ [ ] 様々なパスタ spaghetti のを使った、円形の断面を持つロングパスタ。 太さは様々だが、主に1. 8mm前後。 名称は「ひも spago 」の指小形に由来する。 spaghettini 名称はスパゲッティので、「より細いスパゲッティ」という意味。 太さはさまざまだが、その名の通りスパゲッティより細く、1. 6mm - 1. 7mm。 fedelini 細めのスパゲッティ。 4mm - 1. 5mm。 vermicelli 名称はミミズやヒルのような長い虫という意味の「ヴェルメ」 verme の指小形で「小さいヴェルメ」の意。 では、スパゲッティやスパゲッティーニはヴェルミチェッリと呼ばれることの方が多い。 スパゲッティよりやや太めの2. 08mm - 2. 14mm。 英語読みの「 ヴァーミセリ」としても知られている。 capellini 円形の断面を持つロングパスタのうち最も細い種類のもので、名称は細さを「髪の毛」 capelli に喩えたところから来ている。 カペッリ・ダンジェロ(capelli d'angelo、「の髪の毛」)の別名がある。 スープや冷製に用いる。 linguine 楕円形の断面を持つパスタ。 短径1mm、長径3mmほど。 bucatini 中央に穴の開いているロングパスタ。 スパゲッティよりもやや太い。 名称は「穴」 buco に由来する。 chitarra 四角い断面を持つパスタで、の郷土料理に用いられる。 スパゲッティ・アッラ・キタッラとも言う。 chitarra は「ギター」の意で、このパスタをつくる弦を張った道具の名でもある。 tagliatelle fettuccine と呼ぶ地域もある。 卵を入れた練り粉をのばして、幅7 - 8mmで平たく切り分けたパスタ。 乾燥パスタもある。 pappardelle 薄い板状にのばした手打ちパスタを20 - 30mmの幅に切り分けた状のパスタ。 pizzoccheri 蕎麦を主体とした練り粉を薄く伸ばし、状に切り分けた手打ちパスタ。 passatelli と、を混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短めのスパゲッティ状に成形したもの。 stroncatelli スパゲッティ状の地方の手打ち生パスタ。 tagliolini 卵入りの練り粉を伸ばし、幅1 - 2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタ。 で人気のパスタで、同州ではのタヤリン tajarin として知られる。 タヤリンは一般的なタリオリーニよりほんの少し細めの場合が多い。 trenette 幅3 - 4mm、厚さ1 - 2mmの断面が長方形ののパスタ。 ショートパスタ [ ] 様々なパスタ maccherone 日本では マカロニという表記が一般的。 マッケローニはもともと、穴のあいた棒状のものを指す。 sedani マカロニよりもやや大型で、わずかに湾曲している。 penne 先のように斜めに切られた筒状のパスタ。 表面に波状の筋が入ったものは ペンネ・リガーテ penne rigate 、小型のものは ペンネッテ pennette と呼ばれる。 rigatoni 外側に波状の筋が入った、太めのショートパスタ。 farfalle イタリア語で「蝶」の意味。 蝶の形をしたパスタ。 conchiglie イタリア語で「貝」の意味。 貝殻のように小さく巻いたパスタ。 大型のものを コンキリオーニ conchiglioni 、小型のものを コンキリエッテ conchigliette とも言う。 fusilli (らせん)状のショートパスタ。 ruote 車輪のような形をしたパスタ。 では、この変型として、内側を「福」や「壽」などのに変えた物が作られている。 では、などのキャラクターマカロニとして市販されている。 orecchiette 「小さな耳」を意味する。 で作られる。 () garganelli 地方産の手打ちマカロニ。 gasse 十文字に結んで結び目を作り、両端を密着させたリグーリア地方のパスタ。 stelline 星形をしたパスタ。 zite マカロニより太い管状のパスタ。 casarecce 切り口がS字状で2本のパスタが絡み合っているようなパスタ。 シチリア島生まれで主に南イタリアで食される。 詰め物入りのパスタ [ ] トルテッリーニのスープ 詰め物入りのパスタ。 2枚で閉じている。 ピエモンテ地方には、 と呼ばれる、独特の食感のラビオリもある。 () 詰め物入りのパスタ。 1枚で閉じている。 小型のトルテッリ。 正方形の生地で詰め物を包み、三角形になるように二つに折り、両端を合わせて指輪状にして留める。 はやチーズであることが多い。 () イタリア北部の詰め物入り小形パスタ。 炒めたと卵のペーストを詰め、三角形にかたどった地方のパスタ。 詰め物を筒型に巻いたパスタ。 日本では「 」とも表記される。 方形状の詰め物入りパスタ。 イタリア北部、山岳地方の、、卵のペーストを詰めたパスタ。 地方のラビオリ。 詰め物をした半月状のパスタ。 揚げて食す。 その他のパスタ [ ] 縁が波打った板状のパスタ。 日本国内では「ラザニア」という呼称が一般的。 さらにこれを小さくしたようなというパスタも存在する。 潰した、ホウレンソウ、リコッタチーズ、などを混ぜて作られる(団子)状のパスタ。 のに水をふりかけ、粟粒大に丸めたもの。 アメリカ以外ではパスタとして扱わない。 起源はで、の伝統料理とされ、などで用いられる。 イタリアでは、、で作られる。 米粒状のパスタ。 元々を原料に作られていたことから、イタリアではオオムギを意味する「 オルゾ(または オルゾー)」( )と呼ばれることもある。 しかし日本では、イタリアの社がを通じて「risoni」(で大きな米の意味)という商品名で販売していることからこの名が定着している。 現在ではを原料としており、の一種として分類されることもある。 () 変則の梯形状に切った細長い手打ちパスタ。 「混ぜたパスタ」の意。 「パスタ・ミスキアータ」 pasta mischiata とも。 パスタ・ミスタとはパスタの種類ではなく、形や大きさの異なるパスタを取り混ぜたもので、主な用途はパスタを使った(minestra、の一種)である(「料理法・ソース」で後述)。 第一次世界大戦後に包装されたパスタが広く市販されるまでは、パスタは食料品店で量り売りされていた。 少量残ったパスタは、欠けたり折れたりしたパスタと混ぜて「ミヌッツァリア」 minuzzaglia または「ムンネッツァリア」 munnezzaglia と呼び、安い値段で売った。 現在では「パスタ・ミスタ」という名称で、箱入りや袋入りの混合パスタが市販されている。 のパスタの一種。 料理法・ソース [ ] ヴォンゴレ パスタはソースと組合わせて食べる。 以下にその主な種類。 - 、、を使った最も基本的な料理法。 - 怒りん坊風。 に唐辛子を混ぜたもの。 カッカと熱くなることから。 - 風。 トマトソースに、。 仕上げに。 - 娼婦風。 トマトにととのパスタ。 - 漁師風。 のパスタ。 トマト風味であることが多いが、白風味のものもある。 マリナーラ - 船乗り風。 トマトソースにが加わったを使用したもの。 あっさり味。 ただし、ではのことをマリナーラと呼ぶこともある。 - 風。 いわゆるのパスタ。 - 、、から成るソース。 - 炭焼き風。 、を用いたソースと、油を出すように炒めたまたはパンチェッタを使う。 北イタリアでは生クリームは使われないことが多い。 - 風。 普通は生のとを主材料とするソース(ジェノヴァソース)を使ったパスタ。 ナポリでは肉、玉葱、、で作ったソースをからめたパスタのこと。 - 風。 松の実の代わりにが入り、トマトが入っている。 - の入ったもの。 白ワインベースのヴォンゴレ・ビアンコが一般的だが、トマトソースをベースにしたヴォンゴレ・ロッソもある。 ペスカトーレ、マリナータに近いが、貝以外の魚介類は入らない。 - 白ワインベースの魚介類のパスタ。 - 赤ワインベースのスープパスタ。 東京・中央区銀座に同名の専門店がある。 チーズ系• その他• - 小麦粉・卵・塩バター・を入れたパスタ生地をすりおろし器で細分化し、茹で冷水に浸し、コンソメスープ・チーズを焼きかき混ぜて完成となる。 - きこり風。 など山の幸のパスタ。 - 「黒」という意味。 新鮮な。 パスタとソースには相性があり、例えばナポリではスパゲッティ(ヴェルミチェッリ)はトマトソースやミートソースと、リングィーニは魚介類と合わせることが多い。 日本では、、、などを使った和風のソースも数多くあり、軽食として供されてきたもまた日本独特のものである。 パスタを使ったミネストラ(スープ) [ ] 地方では、豆(、、、)、、などをパスタと煮たスープがよく作られる。 スープに入れたパスタは柔らかくなるまで煮込むのが普通で、アルデンテの状態で食べることはまずない。 スープに入れるパスタの形状は管状のパスタ、幅広のパスタ、パスタ・ミスタ、折ったヴァーミチェリまたはカペッリーニなど様々である。 具によって好まれるパスタの種類が異なり、例えば豆の入ったスープでは、豆が中に入るような管状のパスタが特に好まれるが、スープに入れるパスタの種類は地域によっても異なる。 パスタを使ったミネストラはイタリアの他の地域にも存在する。 いんげん豆とパスタのミネストラ( ())はその最も一般的なものである。 またでは、折ったラザーニェ、じゃがいも、トマトを煮込んだミネストラが作られている。 乾燥パスタの茹で方 [ ]• パスタ100グラムに対して水1リットル、塩10グラムが基本であるが、200グラム以下のパスタを茹でる場合であっても、最低でも水2リットル程度は必要である。 塩には、パスタにをつける、パスタを引き締める、表面がうどんのようにぬるぬるするのを防ぐ(澱粉の糊化を阻害する)といった役割がある。 では水のが高いため、塩を入れなくても問題ない。 パスタを鍋に入れる。 全体を湯に浸からせたらくっつかないよう、菜箸などでゆっくり掻き混ぜてほぐす。 混ぜすぎるとパスタの表面が傷むのでほどほどに。 火加減は強すぎず弱すぎず、ポコポコと沸き続けてパスタが静かに踊る程度。 パスタがほどよく(ロングパスタであれば一般にの状態に )茹だったらザルなどに上げる。 茹で汁は、ソースに入れることで濃度を調節したり、ソースや具に少量加えてパスタに絡めやすくしたり、パスタがくっついたりぱさぱさになってしまった場合に少量加えてほどいたりするのに活用できる。 パスタ製造会社 [ ]• ガロファロ(Garofalo)(伊)• ()(Cav. Giuseppe Cocco)(伊)• (DE CECCO)(伊)• (Barilla)(伊)• (Buitoni)(伊)• ()(Granoro)(伊)• - 1928年、日本で初めての国産スパゲッティを「ボルカノ」ブランドで製造販売。 - 「マ・マー」ブランドで知られる。 - ニップン。 「オーマイ」ブランドで知られる。 - 「ポポロ」ブランドで知られる。 サラダ専用スパゲッティの「サラスパ」が主力。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 128• 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』P234 講談社学術文庫。 2014年10月25日閲覧。 澁川祐子『ニッポン定番メニュー事始め』、41頁。 Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 134• Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 93-95• Anne Bianchi. From the Tables of Tuscan Women. Ecco, Hopewell, New Jersey, 1995• 20-23 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - パスタレシピの情報が満載。

次の

《大曽根》野菜をたっぷり食べられるスープパスタ是非ご賞味あれ!「niwa cafe」(ニワカフェ)

スープ パスタ

「りんちゃんスープパスタ作ったんだ~。 」愛しそうに画面を見つめるなでしこ。 もはや2人カップルのような距離感。 より引用。 寒い中、原付を140㎞走らせ高ボッチ山でスープパスタ作るりんちゃん。 敬意の念すら沸いてきたよ。 高校生にしてキャンプスキルが高すぎる。 彼女こそ本物のキャンパーだ。 今までりんちゃん、自分ではキャンプ飯作ってなかったですよね。 カップ麺ばっかり。 4話のボルシチは店で食してたし。 今回の記事は「コッヘル1つでできるスープパスタ」を キャンプ飯を初めて作る人のためにわかりやすく説明していければと思います。 たまねぎ 半玉• ベーコン 2枚• アスパラ 2本• にんにくチューブ 3㎝• オリーブオイル 大さじ1• 牛乳 200㏄• 水 300㏄ (パスタの茹で時間によって変動。 7分茹でタイプは250~300cc)• パスタ 100g (今回は7分茹でるものを使用)• スライスチーズ 2枚• コンソメキューブ 1つ• コショウ 適量• パセリ 適量(なくてもOK) 材料をキャンプに持っていくための小ワザ 材料はジップロックにいれる たまねぎ、ベーコン、しめじ、アスパラは切ってジップロックに入れます。 タッパーでも良いですが持ち帰りが邪魔になるので、ジップロックが良いです。 小さいオリーブオイルや調味料は100均で買えます。 100均の化粧品売り場にこういったボトルがあるので、オリーブオイルを少量移し替えていくと良いです。 また、食料品のコーナーにはこのような小さい調味料も売っています。 こちらはダイソーのオリーブオイル。 90mlで100円です。 作り方 【1】コッヘルにオリーブオイルとにんにくを入れ、たまねぎ、しめじ、ベーコン、アスパラを炒めます。 【2】1がしんなりしてきたら、水を入れ、半分に折ったパスタを入れます。 私は6分茹でタイプのパスタを使ったので水を300㏄程使用しました。 (作中では150ccだったと思うので、3分の早茹でタイプだったのかと。 ) 【補足】6分ゆでタイプのパスタは300ccお水を入れても後から水に浸かった部分がバリバリでした。 半分に折ってもコッヘルに全て浸かりきらないのが難点。 その点を考慮して、ママーの3分早ゆでパスタを使うと良さそうです。 すぐに麺がしんなりしてくれます。 すぐにゆでられるパスタは細いものが多いですが、ママー3分早ゆでパスタは、早ゆでなのに1. 6mmの太さがあり食べごたえもあっておいしいです。 【3】コンソメと牛乳を入れます。 【4】 スライスチーズを入れます。 【5】仕上げにコショウとパセリを振りかけます。 これで完成です! 味はカルボナーラに近かったですね。 チーズを2枚使っているので濃厚な味がしました。 合計の調理時間は20分程度。 調理器具の説明。 コッヘルとシングルバーナーをそろえよう。 続いて、調理の時に必要なコッヘルとシングルバーナーについて説明していきます。

次の

パスタ

スープ パスタ

語釈 [ ] イタリア語 pasta はいくつかの異なる意味を持っている。 いずれも: (ペースト)、: (パテ)や、英語 (ペイストリー)、フランス語 (パティスリー)、イタリア語 (パスティッチェリーア)などと同じ語源をもち、の pasta(パスタ。 生地、練りもの)に由来するものである。 のの一つである、などを主体とした練り物(生パスタ)、およびそれを乾燥した製品(乾燥パスタ)を指す。 より厳密には、 パスタ・アリメンターレ(: pasta alimentare, 「食用の pasta」の意)と呼ぶこともある。 日本語の「」に近い用法だが、細長い形状にこだわらない点が異なる。 やも、イタリア語話者から見れば「日本の pasta」ということになる。 やや広義の用法として、類も含め、小麦粉を使ったいわゆるの生地全般を指す。 各種の、、、各種類やなど、さまざまな生地を含む。 俗ラテン語の原義に最も近い用法。 なお中国語における「麺」も広義ではこの意味の用例がある。 とくに菓子類において、生地を焼いて出来上がった製品の種類を指す場合がある。 派生義として、食品以外のものも含め、ペースト状の製品や物質全般を指す用法がある。 日用品の例としてパスタ・ダッチューゲ(: pasta d'acciughe, のペースト)、パスタ・デンティフリーチャ(: pasta dentifricia, 練り歯磨き)など。 日本語や英語などでの用法は上記 1. に近く、加えて 1. のパスタを使った「パスタ料理」を単にパスタと呼ぶことも多い。 本項ではこれらの用法にもとづいて解説している。 なお、類語として パスタシュッタ : pastasciutta があり、上記 1. とほぼ同じ意味で使われたり、乾燥パスタの別名などとされることがあるが、これは本来、「パスタ以外のパスタ料理」を指す言葉である。 スープパスタ(パスタ・イン・ブロード、: pasta in brodo)が最も一般的なパスタの献立であった時代に、パスタをスープに入れる代わりにをかけて食べる食べ方を明示的に「パスタ・アシュッタ」(: pasta asciutta, 乾いたパスタ)と呼んで区別した名残りなのだという。 歴史 [ ] 『少年とスパゲッティ』ユリウス・モーザー画、頃 イタリア半島におけるパスタの歴史は大変古い。 にあるのの遺跡からは現在のものとほぼ同じ形態のパスタを作る道具が出土している。 古代ローマ時代にはラガーナ lagana というパスタがあったが、現在のように茹でて食べるものではなく、焼いたり揚げたりして食べた。 その後パスタは、、などと共に茹でられて食べられていた。 1000年頃からと共に食べられ、のがをかけて食したのを始め、金持ちはなどの香辛料をかけていた。 現在と同じような食べ方をしている事を記録している最古の書物は、8月2日付のの公正(の医師ルッジェーノが患者の羊毛商人ボッソにあてた文章)である。 現在見られるような乾燥パスタが普及したのは、半ばにで飢饉に備えるために保存食が必要になったことがきっかけであったとされる。 だが同時に、この普及は民衆にパスタを日常的に食べる機会を与えたともいい、それまで打ち立ての麺の旨さを味わえた富裕層以外にも、「ご馳走」としてではなく賞味できるようになった。 初めまでは、スパゲッティは民衆の食べもので、チーズだけをかけて手でつかみ、頭上にかざして下から食べるものであった。 、庶民の風俗を深く愛したナポリ国王が宮廷で毎日スパゲッティを供することを命じ、この時にスパゲッティを品良く食べるため、からみやすいように先が4本のが考案されたと言われる。 、医者であるアンドレア・マッテイオーリがを使ったソースを作る試みをした。 17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風がきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。 に、・で第1回世界パスタ会議が開催されたことを記念して、毎年10月25日が 世界パスタデーに制定された。 やイタリアパスタ製造業者連合会などが合同でパスタの販売促進キャンペーンを行っている。 各国では [ ] の正餐(antipasto「」、primo piatto「第一の皿」、secondo piatto「第二の皿」、dolce「」、またはを順番に食す)では、主菜である secondo piatto の料理や料理の前に「プリモ・ピアット」(「第一の皿」、primo piatto)として供する。 日本人の視点から見ると「パスタは前菜なのでパスタだけを注文することはできない」と言われることがあるが、イタリア人にとってもイタリアのフルコースは量が多すぎるため、正餐のうちの一部の料理、secondo piatto とパンで食事を済ませることは一般的である。 したがって、パスタだけを注文することもよほど高級なレストランでない限り問題ない。 英語圏 [ ] とではがよく食べられており、やのコーナーで提供されているほか、様々なとしても売られている。 また、アメリカのも世界的に有名である。 では茹でたショートパスタと生野菜をで和えたも人気がある。 パスタ料理を専門としたレストランチェーンもあり、やレストエリアのでもよく見られる。 日本 [ ] では、幕末にで食べられ始め、1883年頃にフランス人の神父が長崎市で製造したのが始まりである。 、日本マカロニ(マ・マカローニ)の設立、オーマイブランド()の発売により、日本での本格生産が始まった。 これを後押しし、日本のパスタ普及に貢献したのが・の流行である。 1970年代にはファミリーレストランのメニューとしても登場し、1980年代にはイタリア人やイタリアで修業をしてきた日本人により本格的なイタリアンレストランが開業され、1990年代には「イタめし」の流行が起きた。 本来のイタリア料理としてだけでなく、、や、や刻みなど、日本独自の味付けによるスパゲッティ料理も数多く存在し、スパゲッティ屋やパスタハウスと呼ばれるレストランもある。 肉料理やなどにスパゲッティやマカロニサラダが付け合わせとして添えられることも珍しくない。 その他 [ ] 各国ではや・のが売られており、簡便に食事が取れることから、やに替わるとしてパスタが広く普及している。 原料・製法 [ ] 茹でる前のパスタ 主な原料はであり、中でもの(粗挽き粉)を使ったものが最も良いとされる。 デュラム小麦は質と呼ばれる半透明の硬い胚乳が特徴で、やなどに適した小麦とは性質が異なっている。 基本的にはこのデュラムセモリナ粉に、などの材料を入れて混ぜ合わせ、空気を抜くように捏ね上げる。 生パスタは日本の麺類と同じように仕上げるが(麺切りと押し出しの両方の方法がある。 )、乾燥パスタの場合は成形する機械の中に捏ねた材料を入れ、できるだけ空気を抜きながら押し出すように成形し、そのまま乾燥させるのが通常である(この成形の際には、半固形の捏ねた材料をダイスを通して押し出すのだが(参考:)、そのダイスの形状及び表面の性質がパスタの形状及び麺表面の性質を決める事になる。 近年はダイス形状の工夫により、スパゲッティーニの太さで3分程度の茹で時間のパスタも各社から出てきている。 なお、イタリアにおいては法律 によって、乾燥パスタはデュラムセモリナ粉と水で作ることをパスタ生産者に義務付けている。 生パスタはの小麦粉を使って作られることが多い。 風味もしくは彩りを持たせるために、生地に、、、などを練り込む場合もある。 生パスタにはが入ることが多い。 には、を使用したと呼ばれるパスタが存在する。 その他、を原料としたパスタも作られている。 小麦が入ったパスタを食べることができないの人が食べられる数少ないパスタである。 栄養と健康 [ ] パスタの主なは 糖質)であるため、などにおいて目の敵にされがちであった。 だが、・の ()の研究チームにより、実際にはの低い食品であり、たとえ精白小麦を原料に使用している場合でも、パスタはほかの精白小麦食品と比べて平均的にビタミンやミネラルなどの微量栄養素の含有量が多いことやを使用したものでもGI値には通常のものと大きな違いがないことが明らかとなった。 これにより「同じ炭水化物でも白米やパンとは違う」特徴があることが解明されることとなり、研究チームは論文で、 炭水化物を食べると太るという情報が氾濫しているだけに、この研究結果は重要だ。 こうした情報は、毎日の食卓に影響を及ぼしており、炭水化物、特にパスタの消費量は最近になって減少する傾向にあった。 と記している。 また、研究論文の筆頭筆者で、同病院の臨床栄養・リスク緩和センターに所属する臨床科学者のジョン・シーベンパイパーは、「太ると敬遠されるパスタは、実際は低GI食として、健康的な食事のメニューに加えて良さそうだ」とコメントしており、研究の結果においては、「パスタを食べても太ることはないと、ある程度の確証を持って言うことができる」と述べている。 同研究結果は学術誌「 ()」に掲載された。 パスタの種類 [ ] ロングパスタ [ ] 様々なパスタ spaghetti のを使った、円形の断面を持つロングパスタ。 太さは様々だが、主に1. 8mm前後。 名称は「ひも spago 」の指小形に由来する。 spaghettini 名称はスパゲッティので、「より細いスパゲッティ」という意味。 太さはさまざまだが、その名の通りスパゲッティより細く、1. 6mm - 1. 7mm。 fedelini 細めのスパゲッティ。 4mm - 1. 5mm。 vermicelli 名称はミミズやヒルのような長い虫という意味の「ヴェルメ」 verme の指小形で「小さいヴェルメ」の意。 では、スパゲッティやスパゲッティーニはヴェルミチェッリと呼ばれることの方が多い。 スパゲッティよりやや太めの2. 08mm - 2. 14mm。 英語読みの「 ヴァーミセリ」としても知られている。 capellini 円形の断面を持つロングパスタのうち最も細い種類のもので、名称は細さを「髪の毛」 capelli に喩えたところから来ている。 カペッリ・ダンジェロ(capelli d'angelo、「の髪の毛」)の別名がある。 スープや冷製に用いる。 linguine 楕円形の断面を持つパスタ。 短径1mm、長径3mmほど。 bucatini 中央に穴の開いているロングパスタ。 スパゲッティよりもやや太い。 名称は「穴」 buco に由来する。 chitarra 四角い断面を持つパスタで、の郷土料理に用いられる。 スパゲッティ・アッラ・キタッラとも言う。 chitarra は「ギター」の意で、このパスタをつくる弦を張った道具の名でもある。 tagliatelle fettuccine と呼ぶ地域もある。 卵を入れた練り粉をのばして、幅7 - 8mmで平たく切り分けたパスタ。 乾燥パスタもある。 pappardelle 薄い板状にのばした手打ちパスタを20 - 30mmの幅に切り分けた状のパスタ。 pizzoccheri 蕎麦を主体とした練り粉を薄く伸ばし、状に切り分けた手打ちパスタ。 passatelli と、を混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短めのスパゲッティ状に成形したもの。 stroncatelli スパゲッティ状の地方の手打ち生パスタ。 tagliolini 卵入りの練り粉を伸ばし、幅1 - 2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタ。 で人気のパスタで、同州ではのタヤリン tajarin として知られる。 タヤリンは一般的なタリオリーニよりほんの少し細めの場合が多い。 trenette 幅3 - 4mm、厚さ1 - 2mmの断面が長方形ののパスタ。 ショートパスタ [ ] 様々なパスタ maccherone 日本では マカロニという表記が一般的。 マッケローニはもともと、穴のあいた棒状のものを指す。 sedani マカロニよりもやや大型で、わずかに湾曲している。 penne 先のように斜めに切られた筒状のパスタ。 表面に波状の筋が入ったものは ペンネ・リガーテ penne rigate 、小型のものは ペンネッテ pennette と呼ばれる。 rigatoni 外側に波状の筋が入った、太めのショートパスタ。 farfalle イタリア語で「蝶」の意味。 蝶の形をしたパスタ。 conchiglie イタリア語で「貝」の意味。 貝殻のように小さく巻いたパスタ。 大型のものを コンキリオーニ conchiglioni 、小型のものを コンキリエッテ conchigliette とも言う。 fusilli (らせん)状のショートパスタ。 ruote 車輪のような形をしたパスタ。 では、この変型として、内側を「福」や「壽」などのに変えた物が作られている。 では、などのキャラクターマカロニとして市販されている。 orecchiette 「小さな耳」を意味する。 で作られる。 () garganelli 地方産の手打ちマカロニ。 gasse 十文字に結んで結び目を作り、両端を密着させたリグーリア地方のパスタ。 stelline 星形をしたパスタ。 zite マカロニより太い管状のパスタ。 casarecce 切り口がS字状で2本のパスタが絡み合っているようなパスタ。 シチリア島生まれで主に南イタリアで食される。 詰め物入りのパスタ [ ] トルテッリーニのスープ 詰め物入りのパスタ。 2枚で閉じている。 ピエモンテ地方には、 と呼ばれる、独特の食感のラビオリもある。 () 詰め物入りのパスタ。 1枚で閉じている。 小型のトルテッリ。 正方形の生地で詰め物を包み、三角形になるように二つに折り、両端を合わせて指輪状にして留める。 はやチーズであることが多い。 () イタリア北部の詰め物入り小形パスタ。 炒めたと卵のペーストを詰め、三角形にかたどった地方のパスタ。 詰め物を筒型に巻いたパスタ。 日本では「 」とも表記される。 方形状の詰め物入りパスタ。 イタリア北部、山岳地方の、、卵のペーストを詰めたパスタ。 地方のラビオリ。 詰め物をした半月状のパスタ。 揚げて食す。 その他のパスタ [ ] 縁が波打った板状のパスタ。 日本国内では「ラザニア」という呼称が一般的。 さらにこれを小さくしたようなというパスタも存在する。 潰した、ホウレンソウ、リコッタチーズ、などを混ぜて作られる(団子)状のパスタ。 のに水をふりかけ、粟粒大に丸めたもの。 アメリカ以外ではパスタとして扱わない。 起源はで、の伝統料理とされ、などで用いられる。 イタリアでは、、で作られる。 米粒状のパスタ。 元々を原料に作られていたことから、イタリアではオオムギを意味する「 オルゾ(または オルゾー)」( )と呼ばれることもある。 しかし日本では、イタリアの社がを通じて「risoni」(で大きな米の意味)という商品名で販売していることからこの名が定着している。 現在ではを原料としており、の一種として分類されることもある。 () 変則の梯形状に切った細長い手打ちパスタ。 「混ぜたパスタ」の意。 「パスタ・ミスキアータ」 pasta mischiata とも。 パスタ・ミスタとはパスタの種類ではなく、形や大きさの異なるパスタを取り混ぜたもので、主な用途はパスタを使った(minestra、の一種)である(「料理法・ソース」で後述)。 第一次世界大戦後に包装されたパスタが広く市販されるまでは、パスタは食料品店で量り売りされていた。 少量残ったパスタは、欠けたり折れたりしたパスタと混ぜて「ミヌッツァリア」 minuzzaglia または「ムンネッツァリア」 munnezzaglia と呼び、安い値段で売った。 現在では「パスタ・ミスタ」という名称で、箱入りや袋入りの混合パスタが市販されている。 のパスタの一種。 料理法・ソース [ ] ヴォンゴレ パスタはソースと組合わせて食べる。 以下にその主な種類。 - 、、を使った最も基本的な料理法。 - 怒りん坊風。 に唐辛子を混ぜたもの。 カッカと熱くなることから。 - 風。 トマトソースに、。 仕上げに。 - 娼婦風。 トマトにととのパスタ。 - 漁師風。 のパスタ。 トマト風味であることが多いが、白風味のものもある。 マリナーラ - 船乗り風。 トマトソースにが加わったを使用したもの。 あっさり味。 ただし、ではのことをマリナーラと呼ぶこともある。 - 風。 いわゆるのパスタ。 - 、、から成るソース。 - 炭焼き風。 、を用いたソースと、油を出すように炒めたまたはパンチェッタを使う。 北イタリアでは生クリームは使われないことが多い。 - 風。 普通は生のとを主材料とするソース(ジェノヴァソース)を使ったパスタ。 ナポリでは肉、玉葱、、で作ったソースをからめたパスタのこと。 - 風。 松の実の代わりにが入り、トマトが入っている。 - の入ったもの。 白ワインベースのヴォンゴレ・ビアンコが一般的だが、トマトソースをベースにしたヴォンゴレ・ロッソもある。 ペスカトーレ、マリナータに近いが、貝以外の魚介類は入らない。 - 白ワインベースの魚介類のパスタ。 - 赤ワインベースのスープパスタ。 東京・中央区銀座に同名の専門店がある。 チーズ系• その他• - 小麦粉・卵・塩バター・を入れたパスタ生地をすりおろし器で細分化し、茹で冷水に浸し、コンソメスープ・チーズを焼きかき混ぜて完成となる。 - きこり風。 など山の幸のパスタ。 - 「黒」という意味。 新鮮な。 パスタとソースには相性があり、例えばナポリではスパゲッティ(ヴェルミチェッリ)はトマトソースやミートソースと、リングィーニは魚介類と合わせることが多い。 日本では、、、などを使った和風のソースも数多くあり、軽食として供されてきたもまた日本独特のものである。 パスタを使ったミネストラ(スープ) [ ] 地方では、豆(、、、)、、などをパスタと煮たスープがよく作られる。 スープに入れたパスタは柔らかくなるまで煮込むのが普通で、アルデンテの状態で食べることはまずない。 スープに入れるパスタの形状は管状のパスタ、幅広のパスタ、パスタ・ミスタ、折ったヴァーミチェリまたはカペッリーニなど様々である。 具によって好まれるパスタの種類が異なり、例えば豆の入ったスープでは、豆が中に入るような管状のパスタが特に好まれるが、スープに入れるパスタの種類は地域によっても異なる。 パスタを使ったミネストラはイタリアの他の地域にも存在する。 いんげん豆とパスタのミネストラ( ())はその最も一般的なものである。 またでは、折ったラザーニェ、じゃがいも、トマトを煮込んだミネストラが作られている。 乾燥パスタの茹で方 [ ]• パスタ100グラムに対して水1リットル、塩10グラムが基本であるが、200グラム以下のパスタを茹でる場合であっても、最低でも水2リットル程度は必要である。 塩には、パスタにをつける、パスタを引き締める、表面がうどんのようにぬるぬるするのを防ぐ(澱粉の糊化を阻害する)といった役割がある。 では水のが高いため、塩を入れなくても問題ない。 パスタを鍋に入れる。 全体を湯に浸からせたらくっつかないよう、菜箸などでゆっくり掻き混ぜてほぐす。 混ぜすぎるとパスタの表面が傷むのでほどほどに。 火加減は強すぎず弱すぎず、ポコポコと沸き続けてパスタが静かに踊る程度。 パスタがほどよく(ロングパスタであれば一般にの状態に )茹だったらザルなどに上げる。 茹で汁は、ソースに入れることで濃度を調節したり、ソースや具に少量加えてパスタに絡めやすくしたり、パスタがくっついたりぱさぱさになってしまった場合に少量加えてほどいたりするのに活用できる。 パスタ製造会社 [ ]• ガロファロ(Garofalo)(伊)• ()(Cav. Giuseppe Cocco)(伊)• (DE CECCO)(伊)• (Barilla)(伊)• (Buitoni)(伊)• ()(Granoro)(伊)• - 1928年、日本で初めての国産スパゲッティを「ボルカノ」ブランドで製造販売。 - 「マ・マー」ブランドで知られる。 - ニップン。 「オーマイ」ブランドで知られる。 - 「ポポロ」ブランドで知られる。 サラダ専用スパゲッティの「サラスパ」が主力。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 128• 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』P234 講談社学術文庫。 2014年10月25日閲覧。 澁川祐子『ニッポン定番メニュー事始め』、41頁。 Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 134• Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. 93-95• Anne Bianchi. From the Tables of Tuscan Women. Ecco, Hopewell, New Jersey, 1995• 20-23 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - パスタレシピの情報が満載。

次の