空気公団。 『happy voice vol.2』山下達郎×空気公団

空気公団

空気公団

今年結成20周年を迎えた空気公団が、「Coa Records」在籍時に発表し、廃盤となっていた初期の名作をまとめたベスト盤『Anthology vol. 0』をリリースした。 「まず音楽ありき」の精神で、匿名性を重視し、ライブもあまり行わなかった第一期。 近年の「シティポップ」の流行も含め、いま振り返ると、その20年の歩みというのは、2010年代を先取りしていたように思えてならない。 そこで今回は、空気公団から山崎ゆかり、「Coa Records」の主宰者で、「いまの若い人にこそ空気公団を聴いてほしい」と語る、Spangle call Lilli lineの藤枝憲を迎えた対談を実施。 2009年でリリースに一区切りをつけた「Coa Records」をわざわざ復活させてのリリースを決めた藤枝の熱と、山崎の変わらない信念がきっと伝わるのではないだろうか。 当時の山崎さんは「これはやりたくないです」っていうことがあまりにもありすぎて、正直ちょっと怖かった(笑)。 そのときに先生から「バンドをやってみたら?」って言われたのをきっかけに結成したのが空気公団で。 始めるにあたって、音楽そのものが一番先頭に立った活動をするということを念頭に置いたんです。 そこから、必要なこととそうじゃないことを整理したんですけど、「ライブはしなくてもいいんじゃないか」という考えに至りました。 それは都内で売るものとは別に、関西だけのもの、九州だけのものみたいに地域版を作って、自分たちでお店に電話して、扱ってもらっていました。 それで、下北沢のフィクショネスという本屋さんに置いてもらっていたカセットテープを手に取ってくれたのが、藤枝さんだったんです。 僕は音源しか知らない状態で、空気公団のことをすごくいいなと思ったので。 もちろんライブを観たことはなかったし、バンドなのかどうかもわかってなかったけど、とにかく曲がよかったので「CD出しませんか?」って連絡したんです。 そうしたら、最初に出した2枚『ここだよ』(1999年)と『呼び声』(2000年)がいきなりすごく売れて、それで「Coa Records」を会社にしたんですよ。 個人で出して、ちゃんと流通もさせることが、まだちょっとしんどい作業だったんですよね。 最初に笹原くん(Spangle call Lilli lineの笹原清明)が当時在籍していたSwarm's Armを友達だからっていう気軽な気持ちでリリースしたら、それがすごい大赤字で(笑)。 でも懲りずに、空気公団を出したら、今度はめちゃめちゃ売れたんですよね。 山崎:ライブハウスでライブをするにはオーディションを受けないといけないと聞いて、「そんなの絶対受けたくない」と思ったんです。 そうしたら、ANITIKNOCKはオーディションがないからって言われて、行ってみたら、ドクロの絵が描いてありました。 まあ、ライブをすること自体は楽しかったんですけど、活動初期は横のつながりも全然なく、自分たちで道を切り拓かないといけない状態でしたね。 藤枝:「ライブは不毛だと思います」って言ってたもんね(笑)。 当時の山崎さんは「これはやりたくないです」っていうことがあまりにもありすぎて、正直ちょっと怖かったもん(笑)。 結局出会ってから1回もライブをやらないままメジャーデビューして、レコーディングも自分たちでリハスタでやっていたから、演奏している姿すら見たことなくて。 本当にバンドなのかどうかもよくわかんなかった。 ジャケットにも人は写ってないし、アーティスト写真も「風景のなかに人がいればいいです」みたいな感じで撮ってたもんね。 音楽よりも人が見えちゃうと、言おうとしていることが上手く聞き取ってもらえない気がしたんです。 音楽よりも人が見えちゃうと、歌で言おうとしていることが上手く聞き取ってもらえない気がしたんです。 歌詞で「私」って使っちゃうと、歌ってる人の話になっちゃうのが嫌で、当時はよく「僕」を使っていました。 空気公団の曲のなかにいる見知らぬ男女が、なにかを繰り広げていて、それを私が情景描写しているって感じで聴こえたら、一番いいなって思っていたんです。 空気公団『ここだよ』収録曲 藤枝:最初に出したミニアルバムの『ここだよ』のジャケットは、街並みを見下ろす写真で、「この街のなかに人が生活していることが伝わればいいです」って言ってて。 その自分を前に出さない感じがすごく新鮮だったのを覚えてる。 空気公団『ここだよ』ジャケット 山崎:当時は、みんな「前に前に」の時代だったんです。 藤枝:「音楽がやりたい」っていうよりも、「バンドがやりたい」とか「ライブハウスに出たい」っていう人が多かったよね。 でも、空気公団の場合は「打ち合わせがしたい」だった(笑)。 藤枝:メジャーデビューするってことで初めてライブをやったんですけど、ステージに幕を下ろして、その後ろで演奏するっていうもので。 左から:藤枝憲、山崎ゆかり 山崎:音楽が一番前に出ているべきという考えはそのままに、でもライブもしたかったのでそう決めたんです。 幕を下ろした状態で、その後ろで輪を作って、楽しく演奏するっていうのがいいかもなって。 藤枝:そのライブが終わったあと、「本当に演奏してたんですか?」ってお客さんに何度も訊かれて(笑)。 ステージにカメラを入れて、映像を流したりはしたんだけど、映像なのでリアルタイムで起こっているかはわからないじゃないですか? 僕自身も初めて観た空気公団のライブがそれだったので、ちょっとしたトラウマです(笑)。 リリース情報 空気公団 『Anthology vol. 0』(3CD) 2017年4月26日(水)発売 価格:4,320円(税込) COAR-0056~8 [DISC1] 1. 田中さん、愛善通りを行く 2. 退屈 3. ここだよ 4. かくれてばっかり 5. 気持ち 6. 優しさ 7. 紛れて誰を言え 8. あおきいろあか 9. だぁれも 10. 呼び声 [DISC2] 1. 白のフワフワ 2. 音階小夜曲 3. 季節の風達 4. あかり 5. 電信 6. 今日のままでいることなんて 7. 壁に映った昨日 8. 例え 9. 旅をしませんか 10. こども 11. おかえりただいま [DISC3] 1. ねむり 2. とおりは夜だらけ 3. 日々 4. 歩く 5. どこにもないよ 6. 窓越しに見えるは 7. ふたり 8. 見えなくてもわかること 9. 知ってるよ 10. 小さい本• イベント情報 『空気公団 Anthology Live vol. 1【1997~2004】with曽我部恵一』 2017年6月2日(金)全2公演 会場:東京都 六本木 Billboard Live Tokyo 料金:サービスエリア6,500円 カジュアルエリア5,000円 2017年6月10日(土)全2公演 会場:大阪府 Billboard Live Osaka 料金:サービスエリア6,500円 カジュアルエリア5,000円 プロフィール 空気公団(くうきこうだん) 1997年結成。 現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。 ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源製作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にした展覧会等、枠にとらわれない活動を独自の方法論で続けている。 藤枝憲(ふじえだ けん) 1998年、大坪加奈、笹原清明とともにSpangle call Lilli lineを結成。 今までに10枚のオリジナルアルバムなど数々の作品を発表し、2015年11月には5年半ぶりとなるフルアルバム『ghost is dead』をリリースした。 CDジャケット、本の装丁、舞台の宣伝美術など様々な分野でのデザイン、アートディレクションを手掛けるデザイン事務所「Coa Graphics」の代表も務める。

次の

空気公団

空気公団

3枚組のアンソロアルバムも発売されたという事で、の代表曲を紹介してみます。 「自分の好きな曲」と言うよりは、の中でも特に有名そうな曲をピックアップしています。 代表曲編 アニメ「」の主題歌になった、「」。 漫画の原作者、さんがっのファンで、オファーを入れて制作された曲。 ピアノの伴奏と、「君がいて良かった」と言うフレーズが耳に残る。 優しいメロディ。 シングルとしてのリリースだけで、アルバムには収録されていない。 で、ライブ演奏しているのが見られる。 41分30秒くらい。 DVD「Live春愁秋思」にも収録。 レモンを買おう 1stアルバムに収録されて、ライブでも良く演奏される曲。 「の代表曲といえば?」とアンケートを取ったら、この曲が一位に選ばれる気がする。 1stアルバムと言う事で、もう20年近く前の曲になるけれど、全然色褪せない。 今演奏しても新鮮な魅力がある。 外はもう薄明るくて 街は静かに誰かを待ってる 今日は遠くの街へ出かけて レモンを一つ買おう ( - レモンを買おう) には「遠くの街」と言うフレーズがよく使われていて、「何てことない、日常の広がり」みたいな雰囲気をずっと丁寧に描き続けている。 その姿勢が、一番ギュッと詰め込まれた曲だと思う。 旅をしませんか アルバム「こども」より、「旅をしませんか」。 この曲も結構有名だと思う。 の曲はMVが作られているものも少なくて、で検索してもあまり多くは出てこないのだけど、「旅をしませんか」は上の動画も含めて、知ってるだけで4本もある。 こちらは、2015年に発表されたリメイクバージョン。 ゲストボーカルも入れて、原曲よりも明るいアレンジになっている。 とのコラボレーションに関しては、が丁寧に解説してくれています。 タイトルにも「旅」とある通り、ぼんやり遠くまで行きたくなるような曲。 僕には何にもないよ だからどこへでも行けるのさ 何かがあるから行けるんじゃなくて、「何も無い」からこそ、何処へでも行ける。 色んな肩の荷を下ろしてくれそうな一曲。 アルバム「こども」のほかには、ベストアルバム「ぼくらの」「作品集」、ライブDVD「空風街LIVE」、ライブCD「空風街LIVE」に収録。 最新作の盤「Anthology Vol. 0」にも収録されているので、何処から聴き始めても最初の内に出会う曲だと思う。 コーヒー屋のおねえさん 上の3曲と比べると、は低いかもしれないけれど、「コーヒー屋のおねえさん」と言う曲。 上の動画はグラスという、と親交の深いカフェが企画したCDの紹介動画で、「コーヒー屋のお姉さん2016」という別バージョンが収録されている。 の中では珍しく、「女性言葉」が使われている。 コーヒー屋のおねえさんの、モデルになったお姉さんがグラスの方で、DVD「空風街LIVE」で少し登場している。 多分、明確に主人公が女性の曲なので、意図的に主語を「私」にしたり、語尾に「~のよ」を使ったりしているのだと思う。 ベストアルバム「ぼくらの」、ライブDVD・CD「空風街LIVE」に収録。 はじまり 最近の曲を1曲。 アルバム「こんにちは、はじまり。 」から「はじまり」。 「はじまりは終わらない」と言うフレーズは、ここ最近のの活動の姿勢に通じている気がする。 ボーカルの山崎さんはずっと「街を作る」感覚で音楽をやってきたと言っているけれど、どうやら、「こんにちは、はじまり。 」でそれに一段落ついて、次へ進んで行こうとしているらしい。 こちらは、ライブ映像(上もライブだけど)。 CD音源では、イントロから歪みのギターが入っているのだけど、ライブでは入れていない様子。 ドラムを叩いているオータコージさんは、昔からのサポートメンバーで、準レギュラーの様な存在。 番外編 ここから、少し番外編。 なんとなく今日の為に アルバム「春愁秋思」のラストトラック「なんとなく今日の為に」。 の描く、「小さくて、さりげなくて、素晴らしい日常」の感じが詰め込まれた一曲。 なんとなく なんとなく今日の為に 生きてきたかもしれないな 強い確信も熱意も無いけれど、「なんとなく、今日の為に」って思えたらその瞬間、その一日はとても素晴らしいものだと思う。 そういう、「小さくて見過ごしてしまいそうなこと」をはずっと音楽にして描き続けている。 アルバム「春愁秋思」のほかに、ライブDVD「LIVE春愁秋思」にも収録。 ここにいるよ 最後は、3・11の時に発表された曲。 3・11を意識して作った訳ではなくて、たまたま時期が重なって、チャリティソングとして発表する事にしたらしい。 散歩する 振り返る 君はいない 僕はここにいるよ の歌詞の主人公は山崎さん本人ではなくて、曲ごとに色んなキャラクターがいる。 それでも、「ここにいるよ」と言うフレーズをが歌うことは、多くの人に安心を与えられると思う。 が、そこにいて、ここから見える小さな風景、遠くの街、色んなことを描いていてくれる。 それは、特に日本の人にとっては支えになる。 そして、その後のアルバム、特に「こんにちは、はじまり。 」「ダブル」では今までのよりもずっと力強くなった印象がある。 今は、以前よりも強く「ここにいるよ」と歌っているように感じる。 他にもたくさん名曲がある、と言うか、個人的には全曲好きなので、今回は何となく「これは多分有名そう」と言う曲だけにしました。 興味があったら、他にも沢山聞いてみてほしいです。 最近、3枚組のアンソロアルバムが発売されたので、昔の曲を聴いてみたい方はそちらを聴いてみるのも良いかも。 で、収録曲を紹介しています。 個人的に、凄い名盤だと思う1stアルバムの曲は入っていないので、まず1stから、と言うのも良いと思います。 関連記事 noame.

次の

空気公団、紡ぎ出すその音楽世界

空気公団

アルバムリリースまで、の20年を振り返るシリーズ。 5回目は3rdアルバム「こども」の話。 そういえば、今日のメルマガ「はる」から久しぶりのメールが届いてました。 その話は最後にちらっと書きます。 こども の3rdアルバム。 個人的に、のアルバムの中で一番白いイメージ。 1曲目が「白のフワフワ」って言うのもあるかもしれないけど、アルバム全体が白っぽい印象。 あと、1stを除くとアルバムは全部10曲入りだけど、これだけ11曲。 「こども」というタイトルだけど、通して聴いた感じで子供っぽい感じ、というのはそんなにない気がする。 の音楽は、特に初期の頃は大人も子供も関係ない感じがして、「君」も「僕」も、大人でも子供でも良いような。 最近のアルバムでは、結構大人っぽい曲も多いけど。 そんな感じの3rdアルバム。 何曲か紹介。 季節の風達 この曲には喫茶店とコーヒーが出てくるけど、の音楽は本当に喫茶店とコーヒーが似合うなと思う。 「コーヒー屋のお姉さん」とか、「苦い珈琲の言い訳」って言う曲もあるけど、どの曲も、外を歩いてコーヒーを飲みながら聴きたくなる。 何か不思議。 僕らはいつの日にか 何もかもなくしてしまう 雲の隙間に鮮やかな空を見つけた 季節が大きく風達を誘い込んだら 懐かしい日々に迷うだろう ( - 季節の風達) 歌詞の中身は、大人になった僕が昔のことを想い出すような感じ。 の曲は優しくて暖かいのだけど、何処か寂しさが残っていて、そこが美しいなと思う。 例え これはライブ映像だけど、本当すごいなと思う。 CDの音源も良いけど、ライブ版で迫力が何倍も増してる。 音の重なり方、歌も含めて全員が音楽のために一つになってる感じ、すごいな。 オータコージさんがドラムを叩いてて、さんが効果音的に打楽器を演奏。 すごい自由に見えるけど、全部の音が曲のイメージを立ち上がらせるために存在していて、ふわっとしてるけど無駄がない感じ。 すごい(語彙力の不足)。 旅をしませんか これは最近のバージョン。 旅をしませんかだけ、で聴ける音源の数が多い。 色んなアレンジ版があるし。 空風街LIVEの音源だと、「旅をするなら今なんだ 旅をするなら今なんだ 行こう 行こう 行こう」って言うコーラスが乗っていて、すごく好き。 聴きながら遠くまで歩いて行きたくなる。 「僕には何にもないよ」「だからどこへでも行けるのさ」っていう、少し寂しさを残した暖かいフレーズが良い。 何にもないことは変わってないけど、だから、何処へでも行こう、っていう暖かさ。 の音楽がやさしいのは、きっと、寂しさとか暗さとかをそのままにして、そのままでどこかへ行こうとしているからだと思う。 それを消す必要も、忘れる必要も無くて、そのままでも大丈夫だよ、って言う。 そんな感じの3rdアルバムこども。 ラスト2曲が、他の曲で無い位にはっきりとメッセージを伝えていて、確かにそれは「こども」のイメージかも、と思う。 こどもたちが聴いても、しっかりと届くくらいに真っ直ぐ書いたのかな、と。 忘れないでね あなたに教えた心 そのことやあの日が いつか 守ってくれることを ( - こども) おかえりただいま 君の帰る場所はここに あるよ だから 寂しい日には 戻っておいで ( - おかえりただいま) なんとなく、の音楽はずっと、あなたが何処にいてもそばにいるよ、って言ってくれてる気がする。 僕がを一番好きだと思うのは多分そこで、何処へ行ったとしても、ここなら戻って来られるな、って言う安心感がある。 他にもいい音楽は山ほどあって、でも、帰ってきたいと思える音楽は中々無い。 それを21年続けてるって、すごいなと思う。 そういえば、冒頭でメルマガの話をしたけど、13日の16時から色々情報解禁とのこと。 あと、イラスト、かわいい。 「個人的には、なんかファーストアルバムっぽい感じがすると思っています。 全然、20年やってるんだけど。 」(戸川さん) それを聴いて、ちょっと期待が高まった。 1st「くうきこうだん」がの自己紹介みたいなアルバムだったのを、21年目で塗り替えるんじゃないかなあと、何となく思ってたので。 これが新しい1stアルバムみたいな感じで聴けたらいいな。 それでは!次回は「あざやか」の話を。 関連記事 noame.

次の