バブ いと は。 LOHACO

ベルゼブブ

バブ いと は

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。 1月21日(月)放送の「Blue Ocean Professional」のコーナーでは、株式会社バスクリンの広報で、お風呂博士の異名を持つ石川泰弘さんが登場。 体が温まる入浴法や、さまざまなシーンでの効果的なお風呂の入り方を教えてもらいました。 本人も、もともとは冷え症らしく、毎日朝はシャワーを浴び、夜はお風呂にしっかり20分は浸かるようにしているそうです。 そんな石川さんに、効果的な入浴方法と、入浴の正しい知識を教えていただきました。 熱いお風呂にサッと入る人は多いですが、出た瞬間は温まっている気がしても、出るとすぐ冷めてしまいます。 心臓から出た血液が心臓に返るまでの時間は、平均約1分。 10分間お湯に浸かると、血液が10回くらい体内を回り、血液循環が良くなります。 心地よい温度のお湯に、しっかり浸かることが大切です。 このお湯に10分、20分のんびり浸かっていたいと思う温度が、一番リラックスできる温度です。 今は給湯器も良くなっているので、温度設定を上手に使い、自分なりの適温を見つけてください。 また、お湯には通常、10分くらいは浸かってもらいたいです。 そうすることで、筋肉の温度も上がり、酸素量も上がります。 5〜6分して額にうっすら汗が出てくるまでは、最低でも浸かってください。 ただし、あまり長く入ると、急にドキドキしたり、汗がバーッと出てきたりします。 それは1回、お湯から出なさいというサイン。 10分ほどを目安に、出たり入ったりするのもいいです。 この3大効果を高めるには、肩まで浸かるのが理想です。 ただし、圧迫感があったり、心臓が弱かったりする方は、みぞおちまでの半身浴がおすすめです。 半身浴は肩が寒くなるので、バスタブの中で背中をずらして肩まで温めるなど、臨機応変に。 肌の皮脂は、お湯の温度が高ければ高いほど取れやすくなり、必要な油分が失われるので、肌荒れしているときは熱いお湯に入らないほうがいいです。 お風呂に入ると、皮脂が取れて肌の水分量が変わるので、出ると一気に乾燥します。 お風呂から出て、10分以内にスキンケアをしてあげると、乾燥対策になります。 「バスクリン」や「バスロマン」などの粉タイプは、粉がお湯に溶けて肌に残るので、保温効果があります。 「きき湯」や「バブ」のような炭酸ガスタイプは、シュワシュワする泡を身体に当てなければいけないと思う人がいますが、泡には効果がありません。 お湯に炭酸ガスが溶け込むと、肌を通して血管を広げたり、代謝機能を高めたりする効果があります。 炭酸ガス入浴剤は、内側から血行を促進して身体を温めます。 さらに、「薬用ソフレ」のような乳液タイプの入浴剤は、血行促進しながら保湿します。 乳液のお風呂に全身を浸けることになるので、乾燥で身体が痒くなる方におすすめです。 もうひとつは効能効果。 パッケージには効能効果がいくつも書かれていますが、作り手は一番頭に最も訴えたいことを書きますので、参考にしてください。 さらにはパッケージの裏面を見て、残り湯をお洗濯に使えるか、風呂釜を傷めないかなど、細かい注意書きを確認しましょう。 <番組概要> 番組名:Blue Ocean 放送日時 :毎週月〜金曜8:55〜11:00 パーソナリティ:住吉美紀 番組Webサイト: 外部サイト.

次の

【バイク用語】「バブ」ってなに?

バブ いと は

超微炭酸 バブ エピュールは、超微細な泡を生み出す、粉末タイプの入浴剤。 バブ エピュールの泡は通常の バブの約20分の1ほど小さいもので、 お湯にすばやく溶け込みます。 お湯に溶け込んだ超微細炭酸が、入浴効果を高めて 血流を促進し、代謝を上げ、冷えやだるさをいやします。 エプソムソルト エピュールに配合されているエプソムソルトは名前に"ソルト"とありますが、実は塩ではありません。 エプソムソルトは、「硫酸マグネシウム」という名の無機化合物です。 エプソムソルトを含む入浴剤は皮膚に膜を形成し、放熱を抑制することで、入浴後も高い保温効果が期待できます。 香り エピュールの香りには、天然のハーブアロマを使用。 それぞれの香りに、ハーブ、スパイス、樹木、花など自然の香りにモダンな印象のアクセントをつけています。 その日の気分で選べる5つの香り。 医薬品に関するご質問及びご購入の検討、お求め頂いたお客様からのお問い合わせ等は、以下までご連絡ください。 あらかじめご了承ください。

次の

バブ

バブ いと は

概説 [ ] ベルゼバブ、 ベールゼブブとも表記される。 この名はで「の王」(一説には「糞山の王」 、糞の王」 )を意味する。 これはおそらく嵐と慈雨の神の尊称の一つだったと思われる。 の神殿遺跡でも高名なこの神は、冬に恵みの雨を降らせる豊穣の神であった。 一説によると、バアルの崇拝者は当時オリエント世界で広く行われていた、豊穣を祈る性的な儀式を行ったとも言われる。 しかし、イスラエル(カナン)の地に入植してきたたちは、こうしたペリシテ人の儀式を嫌ってバアル・ゼブルを邪教神とし、やがてこの異教の最高神を語呂の似たバアル・ゼブブすなわち「ハエの王」と呼んで蔑んだという。 これが聖書に記されたために、この名で広く知られるようになった。 のは部屋の欄干から落ちて重傷を負った時、エクロン(の領土の北方にあった都市)で祀られていたバアル・ゼブブに自分の怪我の回復についての神託を求めた。 しかしこれはヘブライ人の神を蔑ろにすることであり、預言者はアハズヤ王に、回復することなく死ぬだろうと告げ、その予言通りアハズヤ王は死んだ。 これに対してイエスは、「悪霊が、仲間である同じ悪霊と争うはずはない、自分はによって悪霊を追い出しているのだ」と反論した。 また外典「ニコデモ福音書」3章に、がに対しベルゼブルと呼びかけている箇所がある。 彼は大悪魔で魔神の君主、あるいは魔界のとされるようになった。 地獄においてに次いで罪深く、強大なもの、権力と邪悪さでサタンに次ぐと言われ、実力ではサタンを凌ぐとも言われる魔王である。 ベルゼブブは神託をもたらす悪魔と言われ、また、作物を荒らすハエの害から人間を救う力も持っている。 この悪魔を怒らせると炎を吐き、狼のように吼えるとされる。 かつて、天界では最高位ので、天界の戦争においては、の側近として戦ったという説話が創られた。 また、蝿騎士団という騎士団をつくっており、そこにはなど悪魔の名士が参加しているとされる。 パランジェーヌの「ゾディアコ・ヴィテ」によると巨大で、王座もそれなりに巨大、炎の帯を額に巻き頭には大きな角が二本ある。 足はアヒル、尻尾は獅子、全身が真っ黒であったとされる。 顔は眉毛はつりあがり、目をぎらつかせていたとあった。 また、は、ベルゼブブがの姿に変わるのを見たという。 『』(著:、1667年)でベルゼブブは、賢王にふさわしい威厳ある姿として描写されていた。 一方、『地獄の辞典』(著:)第6版(1863年)では、M・L・ブルトンの挿絵によって、羽根にドクロの模様がある羽虫の姿で描かれている(羽が四枚あるなど厳密にはハエそのものの姿ではない)。 これはハエの王たる悪魔ベルゼブブもまたハエの姿であるというイメージによるもので、近代以降の絵画などではこの姿で表されることが多い。 記録された事件 ランの奇跡 [ ] フランス北西部の都市にベルゼブブが実際に現れたと記録される事件。 1566年8月にフランス国王の命で事件の記録が残された。 ランにニコール・オブリーという女性がいた。 子供の頃7年間を修道院で過ごしたが、その後結婚。 、ニコールが16歳になったとき、1人で祖父の墓参りをしていると、「今も煉獄から逃れられない。 聖地を巡礼して欲しい」という祖父の声が聞こえたという。 夜8時頃、家族がニコールの異変(奇行とけいれん)に気づく。 両親はニコールに巡礼したと言っていたが、それは両親の嘘であった。 ニコールはその嘘を看破する。 両親はドミニコ修道会の修道士に相談するが解決できず、修道士はニコールを教会に連れて行く。 、ランのジョン・ルボー司教が解決に当たろうとすると、ニコールは最初、を自称するが、司教の祈りによって、ニコールの体を乗っ取ったベルゼブブであると正体を明かす。 噂が広がって、1月24日にニコールがラン大聖堂に運ばれるときは行列ができ、それからは毎日2,000人もの見物人が詰めかけるようになった(最終的にはのべ15万人とも)。 が行われたが、ニコールの症状はひどくなるばかりで、口が動いていないのに男の声がして見物人たちの罪の秘密をつぎつぎと暴露した。 そのため懺悔の行列ができた。 ルボー司教が悪魔払いにを使うと、ニコールは動かなくなり、ベルゼブブはニコールの左腕に逃げ込み、左手は硬く閉じられた。 人々はニコールの足に針を刺したが、ニコールは何も感じなかった(後の魔女裁判の審判法として魔女は針の痛みを感じないとされた)。 その後、ベルゼブブは22もの仲間を連れて復讐に舞い戻り、いろいろな悪魔が代わる代わるニコールの体を乗っ取り、さまざまな言語で話した。 やがてニコールの体が宙に浮く奇跡が起きた。 その後も悪魔払いは続けられ、2月8日の午後3時、ようやく硬直していた左手がひらかれ、ニコールは黒い息を吐き、ベルゼブブは去った。 なお、ニコールはに出産している。 子供はベルゼブブとの子供と推測され、ニベルコルと名付けられた。 その後ニベルコルはすくすく育っていったようだ。 ニベルコルは妥当に考えればニコールの夫の子供だが、悪魔祓いに集まった聖職者の子供だと指摘する人もいる さらににもニコールは悪魔に取り憑かれた。 の悪魔憑きでニコールは失明したが、教会は何もせず、誰にも相手にされなかったという。 事件が起こった十六世紀半ばは宗教改革によりカトリックの権威が失墜していた時期であり、「ランの奇跡」事件はカトリック教会で使用する聖餅の力を印象づけ、教会を権威づける演出であり、失墜し始めたカトリック教会の権威を取り戻すための見せ物であったのではないかという研究者の説がある。 脚注 [ ]• フレッド・ゲティングズ 『悪魔の事典』 大瀧啓裕訳、青土社、1992年、359頁。 関連書籍 [ ]• グルジエフ 『ベルゼバブの孫への話 - 人間の生に対する客観的かつ公平無私なる批判』 浅井雅志訳、 関連項目 [ ]• - 英国の作家ウィリアム・ゴールディングの小説。 孤島に漂着した少年達が集団狂気に陥る姿を、悪魔ベルゼブブに憑かれるさまになぞらえた作品。 - ベルゼブブは七つの大罪のうち暴食(大食)を司るとされる。

次の