くるみ ボタン。 【100均】くるみボタンの作り方!素敵なアイディアとアレンジとは?

くるみボタンの世界♪かわいいデザインくるみボタンまとめ!作り方【ハンドメイドの基礎知識】

くるみ ボタン

ハンドメイド女子に人気のプックリころんと丸くて可愛いくるみボタン。 見た目が可愛いだけでなく、ボタンとしての用途以外にもリメイク出来て、とっても使えるアイテムなんです。 ハギレ程度の少しの布とくるみボタンキットさえあればすぐにできるので、ハンドメイドが苦手という方や、ママの手助けがあればお子さんでも作れちゃいます。 で100均ショップのくるみボタンキットで可愛く簡単に作る方法をご紹介させて頂きましたので、今回はその応用編です。 くるみボタンのアレンジ方法を6つ厳選してご紹介します。 その1・くるみボタンのブローチ 名前や好きな物を刺繍したくるみボタンのブローチ。 くるみボタンをブローチにする方法も一緒にご紹介します。 バッグや洋服につけたら、お子様のネームプレート代わりになります。 大き目のくるみボタンキットを使うと刺繍し易いです。 その2・ くるみボタンを使ったロゼット 出典: 周りにリボンをあしらったロゼットにしても可愛いんです。 出典: 出典: リボン選び次第で可愛くもカッコ良くもなりますね。 新郎新婦やゲストの名前が書かれたロゼットは、結婚式で人気の手作りアイテムです。 もちろん、普段使いのバッグのアクセントにつけても可愛いですし、特別なお祝い事やお誕生日の主役さんにつけてもらえば、いつもよりスペシャルな一日が過ごせてもらえそうです。 100均ショップのプラスチック製仕切りを使えば、リボンのひだがとても綺麗にできます。 その3・くるみボタンのヘアアクセサリー 出典: くるみボタンにフェルトを貼り付けて、フェルト部分にビーズを縫い付けて作ります。 ユニコーンとビーズの雰囲気が良く合いますね。 出典: 毛糸を編んで作ったお花にくるみボタンを合わせてヘアゴムに。 出典: キュートな女の子の刺繍をしたくるみボタンをヘアピンに。 刺繍に手が込んでいて作るのは難しそうですが、工夫次第でとっても可愛くなるんですね。 その4・くるみボタンのアクセサリー 出典: ジーンズ生地のような布にパールビーズやビーズの飾りをあしらって、大人可愛いピアスに。 使うパーツを工夫すると、大人も使えるお洒落なアクセサリーになります。 同じ要領で画びょうやヘアピンを付けたらオリジナルのピンにもなりますよ。 その6・マカロンケース(マカロンポーチ) くるみボタンといえば、くるみボタン2つをファスナーでつなげたマカロンケース。 500円玉が5枚くらい入るサイズです。 ストラップをつけて、バッグなどにぶら下げられます。 薬や指輪などのアクセサリーを収納しておくにも便利なんです。 100均ショップにマカロンケースのキットやファスナーも売っているので、気軽に作れます。 簡単なのに、見栄え良し! イニシャルをスタンプしてネームプレート代わりやヘアゴムにもいかがですか? そんな簡単オリジナルくるみボタンの作り方からご紹介しますね。 くるみボタンの材料や基本的な作り方はでご紹介しています。 合わせてご覧ください。 くるみボタンの基本の材料 布(厚手の布は作りにくいので、薄手のものをご使用ください) 今回はハーフリネンや綿、ダブルガーゼを使っています。 くるみボタンキット ダイソーさん くるみボタン製作キット 専用打具入 キャンドゥさん&セリアさん くるみボタンキット 金属と布対応のボンド(セリアさんやキャンドゥさんの接着式のくるみボタンキットの場合は必要です) 針と糸(セリアさんやキャンドゥさんの接着式のくるみボタンキットの場合や、飾りを付けたい場合に必要です) キルト綿(薄手の布の場合) セリアさん パッチワークキルト綿 キルト綿は、布から金属が透けて見えないようにするのと、プックリまるく仕上げたい場合に使います。 この材料と、色々なものを使ってアレンジする方法A~Dをご紹介します。 あとでズレない様に、レースと布を軽く縫っておいたり、ボンドで接着しておくといいですよ。 ちょっとしたコツ ここで、ギャザーを均一に整えておくと、仕上がりが綺麗になります。 接着式のボタンの場合、くるみボタンの丸い金属の内側にボンドを薄く塗ります。 はめ込み式の場合はボンドの必要が無いので楽ちんです。 接着式のくるみボタンの場合は布にボンドを付けて、くるみボタンの蓋を付けたら完成です。 ボンドの量が多すぎると乾きが悪いので、気持ち少な目にしてくださいね。 ボンドが乾いたら完成です。 シンプルなボタンが完成しました。 これにお好みで転写シールやスタンプをしていきます。 レースを挟み込まずに、ボタン周りにレースを付けても可愛いですよ。 その場合は縫い付けるか、ボンドで接着します。 B.転写シールでくるみボタン作り 使うもの 転写シール (アイロンでつけるエンボスタイプの転写シートもお勧めです) セリアさん&キャンドゥさん 転写シール レター こすって接着するタイプの転写シールを使っています。 まずはくるみボタンの上に転写シールを重ねて、どの部分を使いたいか考えます。 切り抜いたら、裏の透明フィルムをそっと剥がしておきます。 シールを張り付けた部分は、少し光が反射します。 アイロンで接着するエンボスタイプの転写シールなら、あまり気にならないので、お好みの転写シールを探してみてください。 パッと見は転写シールとは分からないくらいです。 こするだけなので、スタンプよりも簡単です。 押し付けすぎると、スタンプ回りのインクが付いてしまいますので、ご注意ください。 ちょっとしたコツ 布によってはスタンプするのが難しいので、いきなり本番にしないで、余っている布に練習しておくと安心です。 くるみボタンにする前に先にスタンプしても大丈夫です。 その際は、くるみボタンのどの位置にスタンプした部分がくるかを良く確認して、くるみボタンを作って下さいね。 この場合は、くるむ前に、両面テープで布とくるみボタンの丸い金属をくっつけてから作ると、絵柄がずれにくくなりますよ。 スタンプした後に、色が薄い場合や鮮明でない場合は、インクパッドを爪楊枝で突いて筆代わりにします。 スタンプした上からなぞるように書くと色が濃くなります。 やり過ぎると文字が太くなってしますのでお気を付けくださいね。 インクを付けた爪楊枝でなぞったのがこちら。 これはちょっと失敗。 太くなりすぎちゃいました。 やり過ぎ厳禁ですね。 白いインクのスタンプは、他の布でもはっきりスタンプできなかったので、インクをつけた爪楊枝でなぞりました。 こちらもスタンプしたものです。 赤や黒などの濃い色のインクの方がよく発色して綺麗にできました。 ここで必ず、スタンプしたところを15秒ほどアイロンをかけてください。 スタンプしたままだと インクがすれたり、にじんだりし易くなります。 インクパッドの説明書き通りにアイロンをかけてくださいね。 スタンプする時だけ慎重にしないといけないですが、あっという間に完成しました。 アクセントにビーズを縫い付けました。 ビースを付ける時の玉止めは、レースの下にすると、目立たなくなります。 レースが無い場合には、玉止めをなるべくボタンの裏から始めて、表に玉止めが出ない様に工夫してくださいね。 ウサギにはレースを重ねて付けたかったので、スタンプしてからアイロンがけし、レースを重ねてからくるみボタンにしました。 最後にパールビーズを縫い付けて完成です。 D.刺繍(ししゅう)でアレンジ 使うもの 刺繍糸と刺繍針 ダイソーさん ししゅう糸 パステルカラー ダイソーさんの刺繍糸はパステルカラー、ミックスカラー、オリジナルカラーの3種類あります。 刺繍する場合は、くるみボタンに加工する前に、布に刺繍しておきます。 今回はこの蝶の刺繍方法をご紹介します。 玉止めと返し縫いだけで作れます。 ここでは2本取りました。 お好みでビーズを付けます。 小さ目ビースはくるみボタンキットにはめる前でも大丈夫ですが、大き目ビーズはくるみボタンにしてから縫い付けてくださいね。 ビーズ針という細めの針を使うと簡単です。 刺繍すると、ちょっと手の込んでいるような仕上がりになりますね。 次はくるみボタンのアレンジ方法のご紹介です。 くるみボタンをウッドクリップにリメイク 前々回ご紹介しましたウッドクリップにくるみボタンを付けても可愛いですよ! 詳しい作り方は。 続いて、くるみボタンを磁石にするアレンジ方法をご紹介します。 くるみボタンを磁石&ピン&ヘアピンにリメイク こちらはキュートな柄のくるみボタン。 なんと磁石なんだそうです。 くるみボタンを磁石にアレンジする方法をご紹介しますね。 出典: 用意するもの くるみボタンに加工する前の段階のもの 丸くて平べったい磁石 ダイソーさんに、オリジナル磁石作りに使える両面テープ付きの磁石が売ってあります。 また、くるみボタンの中に入るサイズの磁石ならOKなので、サイズをよく確認の上ご購入ください。 ボンドで布とくるみボタンの丸い金属を接着させておきます。 乾いたら完成です。 くるみボタンの蓋の真ん中についている輪をペンチで外して、いつも通りにくるみボタンを作り、くるみボタンの蓋と磁石を接着剤でつけても作れます。 輪を外すのがかなり固いので、2本ペンチがあると良いですよ。 この作り方では、横から見ると、ちょっと磁石がでちゃいますが、くるみボタン自体はしっかりします。 どちらの作り方でも大丈夫です。 出典: くるみボタンで数字をいくつも作り、カレンダーにも。 出典: くるみボタンの蓋の真ん中についている輪をペンチで外して、くるみボタンをつくり、画鋲を裏に取り付けてオリジナルピンに。 出典: 同じように輪を外したくるみボタンをヘアピンに接着剤でくっつけてオリジナルヘアピンに。 出典: キャンドゥさんでこんなヘアピンの土台が売っています。 キャンドゥさん アクセサリーパーツ 次はくるみボタンのブローチを作る方法をご紹介します。 ペンチが2本あるとやりやすいです。 曲がっている金具を真っ直ぐにします。 穴を広げない様に、金具を抜きます。 玉止めするか、糸を結んでおきます。 ボンドで接着してもOKです。 裏から見たところ。 表から見るとこうなります。 あとは、くるみボタンにくっつけるだけです。 布の厚み分、ちょっとはまりにくくなりますが、見栄え重視の方はぜひ、裏側にも布を使ってみてください。 針金の場合は、布が無くても見栄えが良いですよ。 裏で針金をねじって固定します。 余分なワイヤーはカットしておいてください。 これをくるみボタンにはめれば完成です。 続いては、マカロンケースについてご紹介します。 マカロンケース(マカロンポーチ) マカロンケースのキットをダイソーさんで見つけたので、手縫いで作りました。 くるみボタンの丸い部品を使っても作れます。 中はこんな感じです。 内側はクリアファイルに布を巻いて、ファスナーに縫い付けています。 ファスナーはくるみボタンのサイズに合わせて12cmを使っています。 ファスナーは手芸屋さんで100円くらいで手に入ります。 ダイソーさんにプラスチック製のファスナーが売ってありましたので、お好きなものを使ってください。 作り方もご紹介できたら良かったのですが、ご紹介すると長くなってしまうので、ここでは省略します。 作り方は様々な方がご紹介なさっているので、お好みのやり方を見つけてみてくださいね。 出典: 他の方の作品が大変素敵なので、ご紹介します。 リバティプリントなど華やかな生地のマカロンケース。 出典: 出典: リボンを付けたデザインは、より可愛らしくなりますね。 出典: マカロンにそっくり、美味しそうなマカロンケース。 出典: レトロ柄とレースが可愛いマカロンケース。 出典: イニシャルを刺繍して可憐なマカロンケース。 出典: 出典: ビーズやレースをふんだんに使ったマカロンケース。 出典: ミッキーとミニーちゃんのマカロンケース。 お尻まで可愛いですね。 出典: サニーとマイクのマカロンケースも可愛い。 出典: ハンバーガーが食べたくなっちゃう・・・! 出典: 皮で作られたマカロンケース。 くるみボタンとは思えません! 出典: 出典: いかがでしたでしょうか? 可愛いくるみボタンをたくさん作って、アレンジして使ってみてくださいね。 くるみボタンの素敵な作品をたくさんご紹介させていただきました。 作者の皆さまにこの場を借りてお礼申し上げます。 ありがとうございました。 実際に作者の皆様が販売なさっている商品なので、こちらのデザインを模倣しての販売はどうかご遠慮くださいね。 くるみボタンの簡単な作り方をこちらの記事でご紹介しています。 最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の

【100均】くるみボタンの作り方!素敵なアイディアとアレンジとは?

くるみ ボタン

色々な生地でくるみボタンを作ろう! 100均でもキットが揃えられ、オリジナルデザインのボタンがすぐに作れるのでハンドメイド初心者にもおすすめ! 今回は、そんなくるみボタンに色々な素材の生地を使って大人可愛いアクセサリーの作り方をご紹介します。 くるみボタン用の生地って? くるみボタンを作るための生地はなんでもOK! それぞれに表情が異なるのでお気に入りの素材を探してみてね! フェルト• 起毛生地• 特に秋冬に好まれる素材ですね。 フェルトのままでも可愛らしいですが、刺繍やビーズを縫い付けるとワンランクアップした温もりあるアクセサリーに仕上がります。 刺繍をする場合、くるみボタンにする前にくるみボタンの枠を型取りします。 その枠を目印にして枠内に収まるように刺繍をほどこしておきます。 この一手間で生地がよれず綺麗になります。 今回は、金色の糸を2本取りし、星空をイメージして刺繍しました。 ビーズが通る針を使い、玉結びが見えないように大きめのビーズから縫い付け、ビーズの裏に隠れるようにすると仕上がりが綺麗です。 また、縫い留めるときは、大きめビーズの裏に隠れるように玉結びをしておきましょう。 今回は、22ミリのくるみボタンに4ミリサイズのパールビーズを縫い付けました。 型紙より5ミリくらい小さくするとうまくくるむことが出来たので、フェルト生地を使うときには型紙から更に5ミリくらい小さく切っておきましょう。 型紙より5ミリくらい小さく切って、ボタンにくるむように用意しておきましょう。 くるみボタンキットに、合皮の表生地を下にセットしてくるみます。 合皮くるみボタンが出来たら、お好みでスタッズをボンドで付け、乾燥させたら完成です。 ネイルシールやデコシールなどを貼るとより手軽に出来るので、シールを貼るのもおすすめです。 くるみボタンをアクセサリーパーツに仕上げたい時は、ニッパーなどを使い、くるみボタンの足を取り除く作業をしておきましょう。 という方におすすめなのが、カボション です。 次は、上でご紹介しましたくるみボタンを使ったアクセサリーの作り方をご紹介します。 フェルトくるみボタン• ヘアゴム• サテンリボン• ボンド 【作り方】 1. くるみボタンの足にヘアゴムを通し 長い方のゴムに通すようにして結びましょう。 バランスを見ながらチュールをくるみボタンの端に縫い付け、サテンリボンをボンドで付けましょう。 ボンドが乾いたら完成です! パールビーズを点在させたり、真ん中辺りに敷き詰めたりと同じパールビーズでも縫い付け方で表情が変わってきますね。 ほっこり温かなミンクファーイヤリングの作り方 【材料】• くるみボタン• ミンクファー 2個• イヤリング金具 一組• ボンド• ニッパー 【作り方】 1. くるみボタンの足をニッパーで外しましょう。 くるみボタンにする前に外しておく方がやりやすいです。 くるみボタンの端など、お好みの場所にミンクファーをボンドで貼り付けましょう。 くるみボタンの裏にイヤリング金具をボンドで付け、ボンドが乾燥したら完成です! 合皮くるみボタン• ネイルシール スタッズなどでもオッケー• ニットボール 2個• 丸カン 2個• イヤリング金具 一組• ボンド• ニッパー 【作り方】 1. 合皮くるみボタンにお好みの場所にネイルシールを貼り付けましょう。 スタッズを貼り付けたい場合は、ボンドで貼ります。 くるみボタンの足をニッパーで外しましょう。 くるみボタンの裏にイヤリング金具を付け、ボンドが乾燥させましょう。 イヤリング金具に丸カン、ニットボールを通しましょう。 完成です! くるみボタンを作ってしまえば、アクセサリーにする手順はシンプルそのもの。

次の

【楽天市場】手芸材料 > ボタン > くるみボタン・つつみパーツ:手作り工房 MY mama

くるみ ボタン

色々な生地でくるみボタンを作ろう! 100均でもキットが揃えられ、オリジナルデザインのボタンがすぐに作れるのでハンドメイド初心者にもおすすめ! 今回は、そんなくるみボタンに色々な素材の生地を使って大人可愛いアクセサリーの作り方をご紹介します。 くるみボタン用の生地って? くるみボタンを作るための生地はなんでもOK! それぞれに表情が異なるのでお気に入りの素材を探してみてね! フェルト• 起毛生地• 特に秋冬に好まれる素材ですね。 フェルトのままでも可愛らしいですが、刺繍やビーズを縫い付けるとワンランクアップした温もりあるアクセサリーに仕上がります。 刺繍をする場合、くるみボタンにする前にくるみボタンの枠を型取りします。 その枠を目印にして枠内に収まるように刺繍をほどこしておきます。 この一手間で生地がよれず綺麗になります。 今回は、金色の糸を2本取りし、星空をイメージして刺繍しました。 ビーズが通る針を使い、玉結びが見えないように大きめのビーズから縫い付け、ビーズの裏に隠れるようにすると仕上がりが綺麗です。 また、縫い留めるときは、大きめビーズの裏に隠れるように玉結びをしておきましょう。 今回は、22ミリのくるみボタンに4ミリサイズのパールビーズを縫い付けました。 型紙より5ミリくらい小さくするとうまくくるむことが出来たので、フェルト生地を使うときには型紙から更に5ミリくらい小さく切っておきましょう。 型紙より5ミリくらい小さく切って、ボタンにくるむように用意しておきましょう。 くるみボタンキットに、合皮の表生地を下にセットしてくるみます。 合皮くるみボタンが出来たら、お好みでスタッズをボンドで付け、乾燥させたら完成です。 ネイルシールやデコシールなどを貼るとより手軽に出来るので、シールを貼るのもおすすめです。 くるみボタンをアクセサリーパーツに仕上げたい時は、ニッパーなどを使い、くるみボタンの足を取り除く作業をしておきましょう。 という方におすすめなのが、カボション です。 次は、上でご紹介しましたくるみボタンを使ったアクセサリーの作り方をご紹介します。 フェルトくるみボタン• ヘアゴム• サテンリボン• ボンド 【作り方】 1. くるみボタンの足にヘアゴムを通し 長い方のゴムに通すようにして結びましょう。 バランスを見ながらチュールをくるみボタンの端に縫い付け、サテンリボンをボンドで付けましょう。 ボンドが乾いたら完成です! パールビーズを点在させたり、真ん中辺りに敷き詰めたりと同じパールビーズでも縫い付け方で表情が変わってきますね。 ほっこり温かなミンクファーイヤリングの作り方 【材料】• くるみボタン• ミンクファー 2個• イヤリング金具 一組• ボンド• ニッパー 【作り方】 1. くるみボタンの足をニッパーで外しましょう。 くるみボタンにする前に外しておく方がやりやすいです。 くるみボタンの端など、お好みの場所にミンクファーをボンドで貼り付けましょう。 くるみボタンの裏にイヤリング金具をボンドで付け、ボンドが乾燥したら完成です! 合皮くるみボタン• ネイルシール スタッズなどでもオッケー• ニットボール 2個• 丸カン 2個• イヤリング金具 一組• ボンド• ニッパー 【作り方】 1. 合皮くるみボタンにお好みの場所にネイルシールを貼り付けましょう。 スタッズを貼り付けたい場合は、ボンドで貼ります。 くるみボタンの足をニッパーで外しましょう。 くるみボタンの裏にイヤリング金具を付け、ボンドが乾燥させましょう。 イヤリング金具に丸カン、ニットボールを通しましょう。 完成です! くるみボタンを作ってしまえば、アクセサリーにする手順はシンプルそのもの。

次の