オキシドール と エタノール の 違い。 新型肺炎対策に使える「消毒用エタノール」…そっくりだけど“価格が違う2種類”の差は効き目ではなかった

カビ掃除にオキシドールが有効?オキシドールを使った掃除方法

オキシドール と エタノール の 違い

「エタノール」はエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名です。 そして、 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことです。 「エタノール」とは エタノールはエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名で、アルコールの一種です。 ちなみに、日本語では酒精 しゅせい と呼ばれています。 そして、アルコール類の中では唯一、飲んでもあまり害になりません。 ただ、もちろん飲みすぎると毒になってしまいます。 ちなみに、お酒に入ってるアルコールがエタノールです。 ここからはエタノールの性質、原料、種類について詳しく見ていきましょう。 エタノールの性質 エタノールの性質として一番大きいのは、やはり消毒作用でしょう。 エタノールには細菌を殺す性質があるため、消毒用としてよく使われます。 その上、 水にも油にも混ざりやすいという性質があるため、幅広い色々な汚れを除去する能力が高いです。 特に、キッチンなどの油汚れを除去する時にエタノールは有効でしょう。 カビ対策をする時にも役立ちます。 ちなみに、100%のエタノールは速く蒸発してしまい効果が弱く、エタノールの濃度が80%くらいのものが一番、汚れを落とす能力が高いです。 また、これはあまり知られていませんが、エタノールにもアレルギーがあります。 これは消毒液を使った時の発疹やかゆみ、化粧品による肌荒れなどで発覚することが多いですが、それがアレルギーだと判断しにくく、あまり有名でもないため、見過ごされがちです。 また、 エタノールは蒸発してすぐに乾いてしまう、揮発性の高い液体です。 そして、燃えるため燃料として使われることがあるでしょう。 ちなみに、燃えた時には青白く見えにくい色の炎になります。 また、燃えても悪臭やすすを出しません。 エタノールの原料 エタノールには2種類の原料があります。 発酵エタノール 発酵エタノールは糖質とでんぷん質で作られたエタノールです。 ちなみに、糖質の原料は糖蜜やさとうきびであることが多いでしょう。 また、でんぷん質の原料はトウモロコシやさつまいもなどであることが多いでしょう。 合成エタノール 合成エタノールとは石油から得ることができるエチレンを原料とするエタノールのことです。 エタノールの種類 消毒用エタノール 消毒用エタノールは文字通り、消毒を行うためのエタノールでドラッグストアなどに売っていることが多いでしょう。 そして、肌に直接使用するものについては医薬品の指定を受けていることも多いです。 ちなみに、消毒用のエタノールはエタノールと水だけでできているものと、他のアルコール類も含まれているものに分けられます。 まず、エタノールと水だけでできているものは一応飲むことができるので、酒税がかかり、少し値段が高めです。 なぜなら、酒税がかかる条件はアルコール濃度が1%以上であり、かつ飲むことができるというものだからです。 ただ、消毒用のエタノールを飲むと食道や胃などが荒れてしまうので、あまりおすすめはできません。 次に、エタノールと水だけでなく、他のアルコール類が入っているものは飲むことができないので、酒税はかかりません。 ちなみに、含まれているアルコール類はイソプレパノールであることが多いでしょう。 そして、これが入っているものは消毒用エタノールIPとして発売されていることが多いです。 ちなみに、このタイプの消毒用エタノールは傷口などには使うことができないので注意が必要です。 手指消毒用エタノール 手指消毒用エタノールの代表としては手ピカジェルがあげられます。 エタノールは蒸発する時に肌の油を奪ってしまうので頻繁に使用すると肌が荒れてしまいます。 しかし 手指消毒用のエタノールにはそれを予防するための保湿成分が入っています。 ちなみに、これは医薬品ではないため多少の不純物が含まれていると考えられますが、日常で手指に使う分には問題ないでしょう。 無水エタノール 無水エタノールとは、水が含まれていないタイプの純粋なエタノールです。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。 エタノールはすぐに蒸発するため、精密機械への影響がないのです。 また、自家製の化粧水を作る時にも使われます。 これは飲用不可ではないため酒税がかかり、なおかつ純度の高いエタノールであるため、値段はかなり高いです。 キッチンなどの掃除用エタノール これは肌などに使うものではないため、純度の基準が厳しくなく、お手頃な価格で手に入れることができます。 ちなみに、 エタノールの濃度が80%の時、一番消毒の効果が高いので、掃除用エタノールを買う際にはエタノール濃度が80%に近いものを買うのがおすすめです。 そして、このタイプのエタノールに他の用途はありません。 「アルコール」とは アルコールは広い意味ではエタノールを含むアルコール類の総称のことです。 そして、アルコール類にはエタノールのほか、メタノールやイソプレパノールなどが含まれます。 ただ、 一般的にはエタノールを指していることも多いです。 ここからはメタノールとイソプレパノールの詳細について解説していきたいと思います。 メタノール メタノールとはアルコールの一種で、メチルアルコールと呼ばれることもあります。 これは体に害があるため他の用途には適していません。 そして、 毒物劇薬取締法で劇物として指定されています。 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 ただ、この量を超えなければいいというわけではありません。 メタノールは神経に作用するので致死量に達していなくても失明したり、嘔吐したりする危険性があるのです。 そして、メタノールはランプの原料として用いられることが多いでしょう。 イソプレパノール イソプレパノールはアルコールの一種で、強力な消毒剤などに用いられます。 まとめ 以上、この記事では、「エタノール」と「アルコール」の違いについて解説しました。

次の

エタノールの種類や違いは何!?どれを買えばいいの?サクッと紹介!

オキシドール と エタノール の 違い

中国・武漢市で発生し、感染が世界に拡大している新型コロナウイルスによる肺炎。 日本でも、来日した中国人観光客や武漢からのチャーター機で帰国した日本人などから新型コロナウイルスの陽性反応があり、感染が確認されている。 今、心配なのが自分もウイルスに感染するかもしれないということだろう。 また、不特定多数の人が乗車するバス・タクシー会社では、車内にアルコール消毒液を準備する対策をしているところもある。 (関連記事:) () 見た目そっくりな2種類の「消毒用エタノール」の違いとは? このような状況であることから、既にドラッグストアなどに駆け込み、マスクや消毒液を買い求めた人も多いはず。 こうした中、同じ企業の商品で、見た目がほぼ同じなのにも関わらず、価格が違う消毒用エタノールが店頭に並んでいたことがネット上で話題になっていた。 それが 「消毒用エタノール」と 「消毒用エタノールIP」だ。 そして「この違いは殺菌力の強さ」と思って、高い方の消毒用エタノールを購入した人もいるかもしれないが、実は違う。 大阪市の製薬会社・健栄製薬の公式サイトでは、「消毒用エタノールと消毒用エタノールIPの違い」と題して、この2つの消毒液を紹介しているのだ。 希望小売価格(税抜)は消毒用エタノール(500mL)が1330円、消毒用エタノールIP 500mL)が955円。 (画像提供:健栄製薬) 効果は同じなのに値段が違う理由は酒税法の関係 同サイトによると、「 消毒用エタノール、消毒用エタノールIPともに含まれているエタノールは天然のサトウキビが原料で、器具や物品の消毒はもちろん、人の肌にも安心して使える」という。 ただ、この2つには成分で微妙な違いがある。 「消毒用エタノールには、エタノール(C2H6O)76. 9~81. これに対して、消毒用エタノールIPにはエタノール(C2H6O)76. 9~81. 成分が少し違うだけで、なぜ価格が違うのかというと、酒税法が関係していた。 「エタノールは、第一級アルコールの一種。 それに対してイソプロパノールは第二級アルコールの一種であるため、酒税がかかりません。 酒税がかからないということは、低価格で提供できるということ。 消毒用エタノールIPには添加物としてイソプロパノールが含まれているため、消毒用エタノールと効果効能はほとんど一緒であるにも関わらず酒税がかかりません。 ーー成分がちょっと違うけど、このふたつの殺菌効果は本当に同じ? はい、消毒用エタノールIPには添加物としてイソプロパノールが含まれていますが、効果はほとんど変わりません。 2つとも同じように、皮膚や器具、物品の殺菌・消毒に使うことができます。 ーーちなみに、消毒のポイントや適切な量ってある? 菌が死ぬのに15秒ほど掛かると言われていますので、この時間で乾いてしまわない量でお願いいたします。 また除菌の頻度などは明確に決まっていませんが、特にドアノブやエレベーターのボタンなど多くの人が触る箇所を中心に、これらに触れる前後にこまめにしていただきたいです。 消毒用エタノールは、新型コロナウイルスにも有効だといいうことなので、こまめに手や物の消毒に使い、感染対策として活用してほしい。

次の

オキシドールの使い方と注意点を解説!消毒以外の使用例は?

オキシドール と エタノール の 違い

無水エタノール• エタノール• 消毒用エタノール• 消毒用エタノールIP 「エタノールってこんなにあるの?」 色々あると迷ってしまいますよね。 エタノールは濃度で「3種に分類」される (参考:) これらエタノールは、みな同じ「 エチルアルコール」と呼ばれるアルコールの一種。 濃度の違いで「 3種類に分類」されています。 中でも消毒効果があるのは、濃度が約80%の「消毒用エタノール」。 手指に使うことができます。 濃度が100%に近い「無水エタノールやエタノール」は、消毒の効果なし。 手につけてもいけません。 ただしひと手間加えれば、消毒液として使えます。 消毒が目的なら「消毒用エタノール」がおススメ! もし、消毒が目的で買うのであれば、「 消毒用エタノール」、「消毒用エタノールIP」を選ぶといいでしょう。 こちらは主に、 病院や公共機関などで利用されている商品です。 「 殺菌に適した濃度(約80%)」に最初から調整済み。 そのまま手指に使えます。 希釈をする手間もないし、精製水で薄めない分「 日持ちする」のでお勧めです。 <関連記事> 3種の中で安いのはどれ? ちなみに、3種のエタノールの中で、安いのは「消毒用エタノールやIP」です。 調査した店では、「無水エタノール」と「消毒用エタノールやIP」の差は、なんと500〜600円でした! 価格の面からいっても、「消毒用エタノールやIP」はおススメです。 店舗によって違うため、参考程度になさってください。 「無水エタノール」・「エタノール」で代用できる もし消毒用エタノールが品薄の場合、「無水」や「エタノール」で手作りすることもできます! この2つは、「洗浄力が高く、すぐ蒸発する」性質。 主に水拭きができない 電子機器の洗浄に使われる商品です。 そのまま使っても消毒効果はないし、刺激が強いので手につけることはできません。 しかし、薄めると「消毒用エタノール」に大変身!消毒液として手指に使うことができます。 あえて選ぶのもアリ! 電子機器の洗浄だけでなく「落書きなど塗料を溶かすパワー」もあります。 間違えて買わないようにしよう。 最後に エタノールの違いについてご紹介しました。 現在品薄ですが、少しずつ改善されていくかと思います。 商品選びに迷うときは、ぜひ参考になさってくださいね。 この記事が、あなたのお役にたつと嬉しいです。 【手作り・アルコール消毒液】 【おすすめアルコール消毒液】 【アルコールの代わり!ハイター消毒液】 【100均容器について】 読んでくださり、ありがとう。 お役に立ちましたら、ポチっとお願いします。

次の