妊娠初期 チェックリスト。 妊娠超初期症状のセルフチェック診断!妊娠してるかも?を明確にする

妊娠超初期症状のセルフチェック診断!妊娠してるかも?を明確にする

妊娠初期 チェックリスト

妊娠すると、つわりに代表されるように、女性の体には様々な 妊娠初期症状が現れます。 「もしかすると私妊娠したかも?」と感じたとき、妊娠の兆候はいつから生じるのか、どんな症状が起こるのか、また「何もない」ケースもあるのか、気になることや心配だらけですよね。 妊娠初期症状は人それぞれですが、一般的に起こりやすい特徴をチェックしてみましょう。 目次 -項目をクリックで該当箇所へ-• 妊娠初期症状はいつから始まる? そもそも妊娠初期とはいつからのことを指すのでしょうか。 妊娠期間は週数に応じて、初期、中期、後期と分かれています。 妊娠初期とは、0~15週(1~4ヶ月)を指しています。 妊娠初期症状がいつから始まるのか、これは完全に個人差が大きいところです。 一般的には、生理予定日から1~2週間後(妊娠5~6週目)ぐらいから始まる人が多いです。 ただ、中には生理予定日前後から、基礎体温の高さや、だるさ、胸の違和感といった症状や兆候を感じることがあります。 妊娠初期症状は生理前の症状「PMS(月経前症候群)」とよく似ていることから、妊娠のサインに気が付かない人も多数います。 妊娠初期症状の特徴をチェックしてみよう 妊娠の兆候がいつから現われるか、そのタイミングと同様に、症状の内容も人それぞれです。 複数の症状が同時に現れる人もいれば、あまり実感しなかった人、ここでは紹介しないような症状が出る人も。 多くの人に現れやすい妊娠初期症状をチェックしてみましょう。 着床出血• 生理がこない• おりものが増える• 基礎体温が高い日が続く• だるい、熱っぽい(風邪のような症状)• 強い眠気• 胸が張る• 乳首が黒くなる、痛い、かゆい• 肌荒れ• イライラする、情緒不安定• つわり 着床出血 着床(受精後10日前後)した際に起こる出血です。 おりものに血が混ざったようなものや、生理のような出血だったり、人によって異なります。 1日または数日続きます。 ただし、着床出血はない人の方が大多数です。 生理がこない 実際には、くるはずの生理が1週間以上遅れることで、妊娠に気が付く人が多いでしょう。 日頃から生理不順だったり、精神的不安などから生理が遅れることはありますが、規則正しい月経周期にもかかわらず1週間以上遅れていると妊娠の可能性が高いでしょう。 おりものが増える 妊娠をすると、妊娠中に分泌される黄体ホルモンの働きでおりものの量が増えることがあります。 一般的には、おりものの色は透明か白色でサラサラしており、においもそこまで強くはないものの、個人差があります。 日頃からおりものが出やすい人は、普段と量や状態に違う点はないか、チェックしてみるとよいでしょう。 基礎体温が高い日が続く 通常は、月経開始から排卵日(11~15日)までは基礎体温が低く(低温期)、排卵から約2週間は基礎体温が高い状態(高温期)が続き、また月経がはじまると体温が低くなります。 しかし、妊娠をすると、黄体から分泌されるプロゲステロンの体温上昇作用によって、排卵後も基礎体温が高い日がそのまま継続されます。 イライラする、情緒不安定 妊娠するとホルモンバランスが急速に変化するため、ささいなことでイライラしたり、不安感が募ったり、涙もろくなるなど、情緒不安定になりがちになるのも、妊娠初期症状や兆候のひとつです。 つわり 早ければ4~5週頃からつわりの症状が始まります。 吐き気や、お腹が空きやすい、においに敏感になるなどが代表的です。 食べ物の趣味が変わり、「酸っぱい食べ物が無償に食べたくなる」「脂っこい食べ物が食べられなくなった」など、今までと好みが変わったり、好きだったものがダメになることも。 しかし、中には、妊娠初期症状もほとんどない、または気付かないほど症状が軽い人もいます。 妊娠初期症状がなかったために、16週以降(妊娠中期)になっても気が付かなかったという人も。 つわりの症状についても、妊婦さんのうち20%程度はつわりを感じないといわれています。 妊娠初期症状やつわりがなくても、胎児の発育や成長に問題があるわけではないので安心してくださいね。 また、上記でご紹介したような妊娠初期症状や兆候が見られたとしても、妊娠しているとは限りません。 検査可能な時期がきたら、まずは妊娠検査薬を使い、その後は産婦人科で医師に診断してもらうことが必要です。 妊娠初期症状と生理前の症状の違いとは? 妊娠初期の症状は生理前の症状(PMS)とよく似ています。 特に月経周期が不安定な人は、「ただ生理が遅れているだけかも」と思いがち。 生理前の症状との違いを見極めるには、前もって基礎体温をつけておくのがおすすめです。 基礎体温の高温期が14日以上継続し、体温が下がらない場合は、妊娠の兆候である可能性があります。 妊娠初期症状を感じたら検査薬を使おう いつもよりおりものの量が増えたり、胸の張りを感じたり、また何よりも生理が1週間以上遅れていたら、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。 妊娠検査薬はいつから使える? 妊娠検査薬は尿中に排出された「hCG」というホルモンの値に反応します。 女性は着床するとhCGホルモンが分泌されるため、尿検査でhCGの反応をチェックすることで妊娠しているかどうかがわかる仕組みになっています。 hCGの数値が規定の数値を超えると陽性反応が出ます。 妊娠検査薬が使える時期は、商品によりますが、最近だと月経予定日1週間後から使えるものが多いです。 それよりも早いフライング検査には早期妊娠検査薬が使われます。 陽性が確認されたら妊娠している可能性が大変高いので、早めに産婦人科を受診することをおすすめします。 出典:www. rakuten. jp スピード判定ができると評判のチェックワン。 尿をかけるのは3秒間、浸けるのは5秒間でわずか1分でチェックできます。 スティック本体はスリムで持ちやすく、尿をかけたときのはね返りが少なく清潔に使用できます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状が現れたら気を付けたいこと アルコール・タバコをやめて副流煙に注意する 妊娠初期症状が現れたら、アルコールとタバコはすぐに中止しましょう。 妊活をしている、妊娠している可能性がわずかでもある人は、妊娠初期症状が感じられなくても禁煙・禁酒をするのが安心です。 避けるべき食べ物に注意する 妊娠すると免疫力が低下し、菌やウィルスに感染しやすくなります。 胎盤を通して赤ちゃんに感染の危険があるので、加熱が十分でない生ものの摂取は控えましょう。 「トキソプラズマ」に感染しやすいジャーキー、生ハム、生肉や、「リステリア菌」に感染しやすいチーズ、スモークサーモンは要注意。 トキソプラズマは妊娠期(特に初期)に初感染すると、流産、早産、脳や眼などへの先天性のリスクが高まると言われています。 赤ちゃんの成長に必要な栄養に気をつける お腹の赤ちゃんの健やかな成長のためにも、妊娠中は栄養バランスに気をつけたいもの。 特に、妊娠初期は胎盤が作られ、胎児の細胞分裂もさかんな時期です。 妊娠中に不足しがちな、葉酸、鉄、ビタミンC、カルシウムは積極的に摂りましょう。 なかでも必要性が叫ばれている葉酸は、普通の食事だけでは毎日の必要量を摂取するのが難しいです。 だからこそ、不足分はサプリで補うのがおすすめ。 葉酸は、できれば妊娠を意識したときから摂りたい栄養素ですが、妊娠に気がついたときからでも遅くはありません。 造血作用があるので貧血予防や妊娠中毒症の予防にも効果が期待できます。 日常からバランスの良い食事を心がけ、上手にサプリで補いながら必要量を摂取していきましょう。 赤ちゃんのために必要な量を毎日満たしてくれます。 さらに、乳酸菌やDHAなど9種類の赤ちゃん発育サポート成分を厳選・配合しているのはアロベビーだけ。 9種類の無添加、国内GMP認定工場、放射線・水銀・農薬フリーを実現しています。 また、つわりを緩和することで知られている、ビタミンB6を配合。 無味無臭の丸みを帯びた粒は、つるっと喉を通りやすくて難なく飲めたと口コミでも好評です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状がみられたら、いつもより無理をせずに少し意識をして過ごしてみるとよいでしょう。 ただし、今回ご紹介した妊娠初期症状は、いつから現れるか、また内容も個人差が大きく千差万別です。 「こんな症状があったから間違いない」と思いこむようなことは避けたいですね。 一つひとつの些細な症状に左右されるよりも、時期がきたらまずは検査をしましょう。 また、日頃から基礎体温をつけておけば、変化に気付きやすいのでおすすめです。 基礎体温をつけることで、排卵時期や月経周期を把握することができます。

次の

妊娠超初期症状の体験談。チェックリストと先輩ママとの比較

妊娠初期 チェックリスト

【 生理日の間隔について一つ 選んでください】 生理日の間隔は【ほぼ規則正しい】。 生理日の間隔が規則正しいかバラバラかについて 生理日の間隔が【ほぼ規則正しい】場合は、生理予定日が定まりやすいので判定がしやすくなります。 生理日の間隔は【時々バラバラ】の場合は、時々生理予定日が 遅れるので、若干判定がしにくくなります。 生理日の間隔は【頻繁にバラバラ】の場合は、 頻繁に遅れるため、かなり判定がしにくくなります。 (ただし、前回生理日より1週間後以降に性交渉があれば、精子は最長で1週間生存しますので妊娠する可能性があります。 生理が遅れている日数が経てば経つほど、妊娠の可能性は高まります。 量が多くなったり、水っぽかったりすることが良くあるようです。 本自動計算ツールでの妊娠の可能性・妊娠確率について 本自動計算ツールでの妊娠確率は、あくまで目安になります。 今現在、妊娠確率が低かったとしても、今後時間が経つにつれて高まっていく可能性があります。 時々、本ツールにて再チェックしたり、 生理予定日を1週間以上遅れている場合には、妊娠検査薬を使用したり、 医師の診断を受けることをおすすめします。 医師による確定診断が一番妊娠判定の可能性が高いので、 元気な赤ちゃんを産むためや、望まない妊娠を避けるためにも、 できる限り早めの受診をおすすめします。

次の

妊娠超初期症状の体験談。チェックリストと先輩ママとの比較

妊娠初期 チェックリスト

妊娠したかどうか敏感になっているとき、何か体調の変化があるとそれが妊娠による症状なのかどうかが気になりますね。 ここでは、「もしかして妊娠した……?」というタイミングで感じる可能性のある症状と、妊娠と生理前の見分け方、検査薬で陽性が出たらどうするかなどを紹介します。 この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士 宋美玄先生 大阪大学医学部医学科卒業。 丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。 主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。 ただ、「つわり」のほかにも体の変化はさまざまで、後から振り返ると「あれは妊娠が原因だったのかも」と思い当たる先輩ママも多いようです。 早速、妊娠によって起こる可能性がある体の変化をチェックしてみましょう。 妊娠超初期にあるかもしれない症状16 (1)生理が遅れる(*)(2)生理以外の出血(着床出血)(3)基礎体温が高いまま(*)(4)おりものが増える(5)乳房の張り、痛み(6)つわり(吐き気、嘔吐、唾液がたくさん出るなど)(7)食欲、味覚・臭覚の変化(8)おしっこの回数が増える(9)便秘になる、ガスが出やすい(10)眠気、だるさ(11)微熱、風邪っぽい(12)むくみ(13)感情の変化(ほがらかになる。 妊娠超初期の兆候はいつから現れるの? 「妊娠超初期」とは、医学用語ではないため、きちんとした定義があるわけではありませんが、妊娠のごく早い時期、妊娠0週〜3週までのことを指して使われることが多い言葉です。 この時期には、妊娠2週始めに「排卵」、その直後に「受精」、妊娠3週ごろに「受精卵の子宮への着床(妊娠の成立)」が起こります(妊娠4週が生理開始予定日の週にあたります)。 つまり、妊娠3週より前はまだ妊娠が成立していないころなので、妊娠による体の変化は起こりえません。 なんらかの兆候を感じ始める可能性があるのは、早くても生理開始予定日(妊娠4週)前後以降でしょう。 ただ、さきほど挙げた16の変化はいずれも、実は妊娠していない場合の生理前にも起こりうる症状ということには注意が必要です。 つまり、これらの症状があったから妊娠している、と考えるのはちょっと早合点になることは覚えておいてくださいね。 妊娠と生理前を見分ける方法 さて、症状だけから妊娠の有無はわからないと説明しましたが、妊娠の可能性があるときは「いつ」「何を」確認すれば良いのでしょうか?妊娠検査薬はいつ使う? 「妊娠したかも」と思ったら、まず思い浮かぶ「妊娠検査薬」。 ここでは主に使う時期について説明します。 なお、製品によって微妙に使用方法が異なる場合もあるので、説明書に従って使用してください。 通常タイプは「生理開始予定日の1週間後」から使う 妊娠検査薬は、受精卵が着床すると分泌されるようになる「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが「一定以上の濃度で」尿中にある場合に陽性となります。 さきほど、着床は妊娠3週ごろに起こると説明しましたが、着床後すぐはまだhCGの濃度が低すぎて、妊娠検査薬を使っても正しく判定できないことがあります。 そのため、通常タイプの妊娠検査薬は妊娠5週(生理予定日の約1週間後)以降からの使用が推奨されています。 早期妊娠検査薬は「生理開始予定日」から 妊娠検査薬には通常タイプより早く使用できる「早期妊娠検査薬」という種類もあります。 日本で市販されている早期妊娠検査薬は、妊娠4週(生理予定日)から使用可能です。 ただ、このタイプは取り扱いのない薬局もあるので、購入希望の場合はあらかじめ問い合わせておくとよいでしょう。 妊娠検査薬の結果が出たらすること 妊娠検査薬の結果ごとに、その後することをまとめました。 通常タイプで陽性 妊娠検査薬を説明書通りに使用して陽性が出たら、産婦人科を受診しましょう。 超音波検査で子宮内に胎嚢があることが確認できたら、正常に妊娠していることが確定されます。 早期妊娠検査薬で陽性 早期妊娠検査薬で陽性が出た場合、体調に特に問題がないのなら、1週間後に通常タイプを使って再度陽性となることを確認してから、産婦人科を受診すると良いでしょう。 ただ、初めての妊娠で不安な場合や体調不良がひどい場合などには早めに受診するようにしましょう。 通常タイプを「フライングで使った」場合 通常タイプを推奨される時期より早く使って陽性が出た場合も、特に体調に問題がないようなら、1週間後に再度陽性を確認してから、産婦人科を受診すると良いでしょう。 なお、フライング使用の場合は、「陰性」が出ても1週間後に改めて検査してみましょう。 検査時期が早すぎるために、正しく判定されないことがあるからです。 妊娠検査薬は焦らずに適切なタイミングで使用しましょう。 通常・早期のタイプにかかわらず、妊娠検査薬で陽性が出ただけでは、子宮内に着床した正常な妊娠かどうかまではわかりません。 異所性妊娠(子宮外妊娠)の可能性もあるので、陽性が出た場合はそのままにせず、上記のタイミングで受診しましょう。 高温期が17日以上続くと妊娠の可能性大! 以前から基礎体温をつけていた人なら、その変動によっても妊娠の可能性を推測できます。 妊娠していない場合、生理〜排卵までが低温期、排卵後に高温期になり、次の生理の開始とともに再び低温期が始まります。 高温期は正常であれば10日以上続きますが、妊娠が成立すると17日以上続きます。 この場合も、妊娠検査薬を使用してみて、陽性であれば産婦人科を受診しましょう。 葉酸の摂取を心がけたり、飲酒、喫煙を控える、感染症予防をしっかりするなどの見直しが必要かもしれません。 なお、薬については、妊娠が確定したら自己判断で飲むのは止めましょう。 妊娠4週以降はとくに、服用する前に医師や薬剤師に必ず相談しましょう。 もし、妊娠に気付かず飲んでしまった薬の影響が心配なら、主治医に相談するか、国立成育医療研究センターの相談窓口を利用しても良いでしょう。 また、全国に46カ所ある「妊娠と薬外来」でも相談することができます。 ncchd. html まとめ 妊娠超初期に現れる可能性のある症状はさまざま。 多彩で程度も千差万別です。 振り返った時に「あの時のあの症状は、妊娠の影響だったのかも!」と感じることはあっても、この症状があるから妊娠したとまでは言えません。 ただ、いつもと違うと感じたら、適切な時期に妊娠検査薬を使ってみてください。 予感が正しかったということも、もちろんあるはずです。 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます.

次の