ドコモ光 フレッツ光 違い。 フレッツ光とドコモ光の違い、どちらがお得か転用メリットをどこよりも分かりやすく解説

フレッツ光とドコモ光の違い、どちらがお得か転用メリットをどこよりも分かりやすく解説

ドコモ光 フレッツ光 違い

1.まずはフレッツ光を知ろう 光回線と言えば NTT と思いつく人も多いでしょう。 それもそのはず、もともと個人向けの光回線サービスは NTT が始めたものです。 日本全国に NTT の光ファイバー網があるため、余程の場所でない限り NTT の光回線を使う事ができます。 ただ、フレッツ光の代理店で働いていた経験から言うと、NTT は東日本・西日本と会社が別で、利用料金が分かりづらく、ユーザーからしたら理解が難しい構造になっていると思います。 また、インターネットを使うためには、フレッツ光を申し込むだけではダメで、他にプロバイダーの契約が必要となります。 料金も別途必要です プロバイダーとは プロバイダーは、インターネットに入るための扉の鍵となるサービスのこと。 インターネットプロバイダーや、ISP Internet Service Provider と言われたりします。 フレッツ光は、物理的な光回線 光ファイバー をひくサービスなので、インターネットの扉までの道を提供しているだけに過ぎません。 2.ドコモ光はフレッツ光の再販型 次に、ドコモ光についてです。 ドコモ光は光ファイバーの設備を持っていない為、ベースとなる光回線サービスは NTT のフレッツ光を使っています。 この仕組みは、「光コラボレーションモデル」 以下、光コラボ と呼ばれ、2015 年の 2 月から始まった新しい仕組みです。 光コラボは、NTTのフレッツ光の設備を使って、他の企業が自社サービスを合わせて付加価値のある光回線を提供できるサービスモデルです。 料金設定も自由にできます。 通信品質・設備はフレッツ光そのままで提供エリアも同じ。 ファミリータイプ・マンションタイプの両方が使えます。 光コラボについて詳しいところは、こちらの記事も参考にしてください。 3.ドコモ光とフレッツ光の違い では次に、サービスの細かいところでドコモ光とフレッツ光の違いを見ていきます。 利用料金が違う 一番気になるところだと思いますが、ドコモ光とフレッツ光の利用料金を見ていきましょう。 先にお伝えしておきますが、ドコモ光は選ぶプロバイダーによって、「タイプA」、「タイプB」と料金が違います。 フレッツ光は、東日本と西日本で値付けが違います。 まずはマンションタイプから。 対して、フレッツ光は導入している設備によって月額料金が決まり、さらにプロバイダー料金が別途かかるため、分かりづらい料金になっています。 続いて、ファミリータイプを見ていきましょう。 フレッツ光は、西日本は割引で初めの 2 年間はお得に使えますが、プロバイダー料金が別途かかるのは微妙なところ。 ドコモ光は、利用料金がシンプル。 開通工事費もキャンペーンで 0 円なのがポイントです。 独自サービスのあるなしが違う 光コラボのドコモ光には独自のサービスがあります。 それは、ドコモのスマホとのセット割引です。 ドコモのスマホ 1 回線あたり、毎月最大 1,000 円割引されます。 家族でドコモを使っているなら、人数分安くなるのでさらにお得です。 フレッツ光は、光コラボのような独自サービスはありません。 「ひかり電話」や「フレッツ・テレビ」などの電話、映像のオプションサービスは、ドコモ光や他の光コラボでも使うことができます。 カスタマーサポートの仕方も違う 光コラボとなるドコモ光はユーザー対応は、まず全てドコモ光が受けます。 内容によって必要があれば、プロバイダーや NTT と連携してくれますが、ユーザーから見るとドコモ光がワンストップで対応してくれるので、普通に分かりやすい構図です。 フレッツ光の場合は、NTT が対応するのは光ファイバーとそれに付随するサービス ひかり電話、フレッツ・テレビなど の対応限定になってしまいます。 「ネットにつながらない」「ネットが遅い」などの問題はプロバイダーの範疇になることもあり、状況によっては NTT とプロバイダーの間でたらい回しにされることもあります。 フレッツ光は、請求もNTTとプロバイダーで別れてしまう場合があるのもいまいちな点です。 4.ドコモ光とフレッツ光の共通点 今までは、ドコモ光とフレッツ光の違いを見てきましたが、ここからは両者の共通点も見ていきます。 通信設備• 回線速度• 提供エリア ドコモ光は、回線部分にNTTの光ファイバー設備を使っているので、通信品質はまったく同じと言えます。 フレッツ光のマンションタイプの設備もそのままドコモ光で使えます。 例えば、ドコモ光の開通工事作業も NTT の下請け電気工事会社の人が来てくれますし、光ファイバー部分や終端装置 ONU に問題があった時の緊急対応もドコモ光を通して、最終的に NTT の工事部門が対応してくれます。 回線速度もフレッツ光が「下り最大 1 Gbps」なので、それを使っているドコモ光も「下り最大 1 Gbps」となります。 提供エリアもまったく一緒なので「フレッツ光が使える=ドコモ光も使える」となります。 5.今、申し込むならドコモ光 さて、ドコモ光とフレッツ光の違いと共通する部分を見てきましたが、今から申し込むのあれば断然「ドコモ光」の方が料金的にもサービス的にもオススメです。 特に、スマホがドコモであれば、ドコモ光一択で間違いありません。 ただし、ドコモ光は 20 以上のプロバイダーに対応していて、何を基準にどこを選べば良いのか迷ってしまいます。 そこで、しらそんネット的にドコモ光を申し込む場合のおすすめプロバイダーをご紹介しておきます。 ドコモ光には「GMOとくとくBB」 GMOとくとくBBは、GMOインターネット運営のプロバイダーです。 2019 年オリコン顧客満足度調査「プロバイダ広域企業」で第 1 位に選ばれています。 オススメポイント• タイプAで月額料金が安い• 開通工事費が無料• v6プラスで通信速度が速い• v6プラス専用 Wi-Fi ルーター無料レンタル• dポイントがもらえる• キャッシュバックあり• ドコモとのセット割引• dポイント GOLD 支払いでポイント還元 10 % ドコモ光の中で「タイプA」のプロバイダーなので月額料金もプロバイダー料金込みでお得に使えます。 再度、GMOとくとくBBを選んだ場合のドコモ光の利用料金を見てみましょう 税抜。 マンションタイプ ファミリータイプ 事務手数料 3,000 円 開通工事費 0 円 月額料金 4,000 円 5,200 円 Wi-Fi ルーターレンタル 0 円 契約期間 2 年 解約金 8,000 円 13,000 円 しかも今なら、新規の開通工事費用もキャンペーンで 0 円なので負担が少なくてすみます。 「v6プラス」を使って、ネットワークが混み合うピーク時でも快適な通信速度を保てるのもメリットのひとつ。 専用の Wi-Fi ルーターもGMOとくとくBBから無料レンタルできるのも嬉しいポイントです。 また、特典の一つとして、ドコモからはdポイントが 5,000 pt 、GMOとくとくBBからはキャッシュバックが 5,000 〜 20,000 円 動画サービス同時申し込みで金額 UP もらえるのでお得です。 ドコモ光は、支払いを dポイント GOLD にすることで利用料金の 10 % がポイントで戻ってくるので、さらにお得に使うことができます。 ドコモ光とフレッツ光の違いは理解できましたでしょうか? 最後に、おさらいを兼ねてポイントを見てみましょう。

次の

フレッツ光とドコモ光の違い、どちらがお得か転用メリットをどこよりも分かりやすく解説

ドコモ光 フレッツ光 違い

1.まずはフレッツ光を知ろう 光回線と言えば NTT と思いつく人も多いでしょう。 それもそのはず、もともと個人向けの光回線サービスは NTT が始めたものです。 日本全国に NTT の光ファイバー網があるため、余程の場所でない限り NTT の光回線を使う事ができます。 ただ、フレッツ光の代理店で働いていた経験から言うと、NTT は東日本・西日本と会社が別で、利用料金が分かりづらく、ユーザーからしたら理解が難しい構造になっていると思います。 また、インターネットを使うためには、フレッツ光を申し込むだけではダメで、他にプロバイダーの契約が必要となります。 料金も別途必要です プロバイダーとは プロバイダーは、インターネットに入るための扉の鍵となるサービスのこと。 インターネットプロバイダーや、ISP Internet Service Provider と言われたりします。 フレッツ光は、物理的な光回線 光ファイバー をひくサービスなので、インターネットの扉までの道を提供しているだけに過ぎません。 2.ドコモ光はフレッツ光の再販型 次に、ドコモ光についてです。 ドコモ光は光ファイバーの設備を持っていない為、ベースとなる光回線サービスは NTT のフレッツ光を使っています。 この仕組みは、「光コラボレーションモデル」 以下、光コラボ と呼ばれ、2015 年の 2 月から始まった新しい仕組みです。 光コラボは、NTTのフレッツ光の設備を使って、他の企業が自社サービスを合わせて付加価値のある光回線を提供できるサービスモデルです。 料金設定も自由にできます。 通信品質・設備はフレッツ光そのままで提供エリアも同じ。 ファミリータイプ・マンションタイプの両方が使えます。 光コラボについて詳しいところは、こちらの記事も参考にしてください。 3.ドコモ光とフレッツ光の違い では次に、サービスの細かいところでドコモ光とフレッツ光の違いを見ていきます。 利用料金が違う 一番気になるところだと思いますが、ドコモ光とフレッツ光の利用料金を見ていきましょう。 先にお伝えしておきますが、ドコモ光は選ぶプロバイダーによって、「タイプA」、「タイプB」と料金が違います。 フレッツ光は、東日本と西日本で値付けが違います。 まずはマンションタイプから。 対して、フレッツ光は導入している設備によって月額料金が決まり、さらにプロバイダー料金が別途かかるため、分かりづらい料金になっています。 続いて、ファミリータイプを見ていきましょう。 フレッツ光は、西日本は割引で初めの 2 年間はお得に使えますが、プロバイダー料金が別途かかるのは微妙なところ。 ドコモ光は、利用料金がシンプル。 開通工事費もキャンペーンで 0 円なのがポイントです。 独自サービスのあるなしが違う 光コラボのドコモ光には独自のサービスがあります。 それは、ドコモのスマホとのセット割引です。 ドコモのスマホ 1 回線あたり、毎月最大 1,000 円割引されます。 家族でドコモを使っているなら、人数分安くなるのでさらにお得です。 フレッツ光は、光コラボのような独自サービスはありません。 「ひかり電話」や「フレッツ・テレビ」などの電話、映像のオプションサービスは、ドコモ光や他の光コラボでも使うことができます。 カスタマーサポートの仕方も違う 光コラボとなるドコモ光はユーザー対応は、まず全てドコモ光が受けます。 内容によって必要があれば、プロバイダーや NTT と連携してくれますが、ユーザーから見るとドコモ光がワンストップで対応してくれるので、普通に分かりやすい構図です。 フレッツ光の場合は、NTT が対応するのは光ファイバーとそれに付随するサービス ひかり電話、フレッツ・テレビなど の対応限定になってしまいます。 「ネットにつながらない」「ネットが遅い」などの問題はプロバイダーの範疇になることもあり、状況によっては NTT とプロバイダーの間でたらい回しにされることもあります。 フレッツ光は、請求もNTTとプロバイダーで別れてしまう場合があるのもいまいちな点です。 4.ドコモ光とフレッツ光の共通点 今までは、ドコモ光とフレッツ光の違いを見てきましたが、ここからは両者の共通点も見ていきます。 通信設備• 回線速度• 提供エリア ドコモ光は、回線部分にNTTの光ファイバー設備を使っているので、通信品質はまったく同じと言えます。 フレッツ光のマンションタイプの設備もそのままドコモ光で使えます。 例えば、ドコモ光の開通工事作業も NTT の下請け電気工事会社の人が来てくれますし、光ファイバー部分や終端装置 ONU に問題があった時の緊急対応もドコモ光を通して、最終的に NTT の工事部門が対応してくれます。 回線速度もフレッツ光が「下り最大 1 Gbps」なので、それを使っているドコモ光も「下り最大 1 Gbps」となります。 提供エリアもまったく一緒なので「フレッツ光が使える=ドコモ光も使える」となります。 5.今、申し込むならドコモ光 さて、ドコモ光とフレッツ光の違いと共通する部分を見てきましたが、今から申し込むのあれば断然「ドコモ光」の方が料金的にもサービス的にもオススメです。 特に、スマホがドコモであれば、ドコモ光一択で間違いありません。 ただし、ドコモ光は 20 以上のプロバイダーに対応していて、何を基準にどこを選べば良いのか迷ってしまいます。 そこで、しらそんネット的にドコモ光を申し込む場合のおすすめプロバイダーをご紹介しておきます。 ドコモ光には「GMOとくとくBB」 GMOとくとくBBは、GMOインターネット運営のプロバイダーです。 2019 年オリコン顧客満足度調査「プロバイダ広域企業」で第 1 位に選ばれています。 オススメポイント• タイプAで月額料金が安い• 開通工事費が無料• v6プラスで通信速度が速い• v6プラス専用 Wi-Fi ルーター無料レンタル• dポイントがもらえる• キャッシュバックあり• ドコモとのセット割引• dポイント GOLD 支払いでポイント還元 10 % ドコモ光の中で「タイプA」のプロバイダーなので月額料金もプロバイダー料金込みでお得に使えます。 再度、GMOとくとくBBを選んだ場合のドコモ光の利用料金を見てみましょう 税抜。 マンションタイプ ファミリータイプ 事務手数料 3,000 円 開通工事費 0 円 月額料金 4,000 円 5,200 円 Wi-Fi ルーターレンタル 0 円 契約期間 2 年 解約金 8,000 円 13,000 円 しかも今なら、新規の開通工事費用もキャンペーンで 0 円なので負担が少なくてすみます。 「v6プラス」を使って、ネットワークが混み合うピーク時でも快適な通信速度を保てるのもメリットのひとつ。 専用の Wi-Fi ルーターもGMOとくとくBBから無料レンタルできるのも嬉しいポイントです。 また、特典の一つとして、ドコモからはdポイントが 5,000 pt 、GMOとくとくBBからはキャッシュバックが 5,000 〜 20,000 円 動画サービス同時申し込みで金額 UP もらえるのでお得です。 ドコモ光は、支払いを dポイント GOLD にすることで利用料金の 10 % がポイントで戻ってくるので、さらにお得に使うことができます。 ドコモ光とフレッツ光の違いは理解できましたでしょうか? 最後に、おさらいを兼ねてポイントを見てみましょう。

次の

ドコモ光とフレッツ光の違いは何?料金やサービスなど利用時に差がつくポイントとは

ドコモ光 フレッツ光 違い

目次 CLOSE• まずは 一番有名なのが「フレッツ光」です。 フレッツ光を提供・運営しているNTT東日本・NTT西日本でのサービス名の違いや、速度によるサービス名の違いはありますが、すべて含めて「フレッツ光」と呼ばれています。 フレッツ光は、NTT東日本・NTT西日本が敷設したケーブルを使って、NTT東日本・NTT西日本自身が提供・運営する光回線サービスです。 次に「」回線です。 光コラボは、2015年2月から始まった新しい仕組みを使った光回線サービスです。 それまではNTT東西が敷設して、フレッツ光のために使っているケーブルは、他の事業者に貸し出したりすることが出来ませんでした。 「NTT法」という法律で決まっているため しかし、NTT法が改正され、 フレッツ光に使われていたケーブルを他の事業者に卸すことが可能になったため、これまで光回線事業を行っていなかった企業も含めた多くの企業が、独自の光回線サービスを始めました。 これが光コラボであり、ドコモ光も「光コラボ」回線の1つです。 最後に「ダークファイバー」回線です。 ここで言う 「ダークファイバー」とは、NTT東西が敷設したものの、まだ利用されていなかったケーブルのことを指します。 ダークファイバーケーブルは、NTT東西から他の事業者に卸すことを禁止されていなかったのですが、 ダークファイバーケーブルを使って光回線サービスを提供するには、借りた事業者側が設備を整え、運営する必要があります。 そのため、参入障壁が高く、ダークファイバーを使った光回線サービスはほとんど増えていません。 ただ、 設備や通信方式などにNTT東西の縛りがなく、借りた事業者側の自由度が高いため、料金設定や速度に関してフレッツ光や光コラボよりも条件の良い光回線が生まれています。 auひかりの場合は関東の一部は独自回線、その他の地域ではダークファイバー回線を利用しています 、がダークファイバー回線にあたります。 私たちが光回線を使いたいとき、まずは回線事業者と契約をして、回線事業者が敷設している光回線ケーブルを私たちの自宅まで延ばしてもらう これが開通工事ですね 必要があります。 ドコモ光とフレッツ光、それぞれの回線事業者は下記の通りです。 料金やセット割引きプランについては後述します。 ドコモ光とフレッツ光の料金を比べると、一番安いプロバイダを選んだ場合はフレッツ光の方が安いです。 ただ、フレッツ光の安いプロバイダはあまり評判が良くない 速度が遅い ので、 安定感のある大手プロバイダを選んだ場合は、ドコモ光の方が安くなります。 特にドコモのスマホ・ガラケー・タブレットを使っている方は、ドコモ光を使えばという割引が受けられるのでかなり安くなります。 ドコモ光セット割については後述します 実際に、ドコモ光とフレッツ光の料金にどれだけの違いがあるか比較してみたいと思います。 まず、 フレッツ光の料金は、フレッツ光の料金+プロバイダの料金の合計額になります。 フレッツ光のプロバイダ料金は、各プロバイダごとに違いますので、加入するプロバイダごとに、フレッツ光+プロバイダの料金合計も変わります。 それに対して、 ドコモ光の料金にはプロバイダ料金も含まれています。 ただし、タイプAとタイプBのプロバイダのどちらを選ぶかによって、料金が月額200円変わります。 タイプAの方が200円安い どちらもプロバイダによって月額料金が違ってきますが、人気の高いプロバイダ同士で比較してみます。 また、ドコモの携帯電話 スマホ、ガラケー、タブレットのいずれか を利用している方は、ドコモ光を使うことでドコモ光セット割という割引プランを適用することが出来るため、毎月の料金をかなり安くすることができます。 ドコモ光セット割に関しては次の項で解説します。 光回線業界で光コラボが始まり、携帯電話業界でもMVNOが始まった影響で、それぞれの業界に参入する企業が爆発的に増え、 各企業がユーザー囲い込みのために、自社が提供している携帯電話と光回線をセットで使ってくれたら毎月の料金から割引をするというセット割プランを展開しています。 セット割プランの中でも有名なのは、やはり携帯の3大キャリアと呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクが提供している「ドコモ光パック」・「auスマートバリュー」・「おうち割光セット」です。 この3プランは、家族の中にそれぞれのキャリアの携帯ユーザーが複数いれば、最大10人まで割引が受けられる、かなり割引額が大きいプランになっています。 そのため、現在ドコモ・au・ソフトバンクを使っている方は、セット割が適用できる光回線にしないともったいないと言える状態になっています。 では、フレッツ光には携帯電話とのセット割引はあるのでしょうか? 答えはNOです。 ありません。 参考 なぜフレッツ光には携帯電話とのセット割引がないのか フレッツ光を提供しているNTT東西は、NTTドコモと同じNTTグループですから、フレッツ光にもドコモ携帯とのセット割があっても良さそうなものですが、ありません。 どうやらフレッツ光とドコモ携帯とのセット割引を実施してしまうと、光回線のNTT寡占がさらに進んでしまうため、他の事業者からも認められなかったという経緯があったようです。 そのため、NTTがドコモとのセット割引を提供できる光回線として、ドコモ光を始めたという話もあるようです。 ドコモ光とフレッツ光の最大の違いともいえるのが、このセット割プラン ドコモ光パック の有無です。 ドコモ光とフレッツ光の基本料金だけの比較だと、月額数百円の違いですが、携帯もドコモを使っている方の場合はドコモ光パックの適用で月額数千円以上の差になることもあります。 家族の中でドコモユーザーが多いほど、ドコモ光を使った時のお得額が大きくなります。 ドコモ光パックの割引額は下記ページにまとめていますので、ドコモユーザーの方は参考にしてください。 そのため回線速度に関しては、ドコモ光とフレッツ光は同じです。 どちらも上り・下りとも最大1Gbpsになります。 ただしこれは理論上の最大速度 ベストエフォート であり、実際に使った時に出る速度 実測速度 は、自宅の環境やパソコンなどのスペックの違いによっても変わりますが、何より一番影響が大きいのがプロバイダです。 プロバイダの設備や、通信方式によって実測速度は大きく変わってしまいます。 そこで、 フレッツ光、ドコモ光のプロバイダを選ぶ際に、速度が速いプロバイダを見分けるコツをお教えします! それは、「」が使えるプロバイダを選ぶことです。 これらのサービスは簡単に言うと、従来の光回線の速度が遅くなる原因となっていた「網終端装置へのアクセス」を迂回してインターネットに接続できるというものです。 GMOとくとくBBは、あまり聞いたことがない方も多いかもしれませんが、プロバイダの中では老舗であり、フレッツ光やWiMAXの格安プロバイダとして有名です。 2016年10月からはドコモ光のプロバイダ事業にも参入し、ドコモ光プロバイダとしては初めてネット申し込みを可能にし、キャッシュバックキャンペーンを行うなど、最近は特に注目を集めています。 また、 GMOとくとくBBの公式サイト上で加入ユーザーの平均速度を公開していて、常に150Mbps以上 下り の速度が出ています。 光回線を選ぶ際に気にするべき「違い」としては、やはり 『基本料金』と 『携帯とのセット割引プラン』ですね。 基本的にはドコモ光の方が安いです。 特にドコモ携帯ユーザーの方、家族の中にドコモ携帯ユーザーがいる方は、ドコモ光を使うことでドコモ光パックの割引を適用できるため、フレッツ光よりもかなり安く利用できます。 また、回線速度に関してですが、フレッツ光もドコモ光も上り下り:最大1Gbpsで同じですが、プロバイダによって実測速度が変わることが多いです。 速度が速いプロバイダを選ぶ基準として、「v6プラス」に対応しているプロバイダを選ぶことをオススメします。 以上を踏まえて、• ドコモ光・フレッツ光はどんな方にオススメなのか• そしてそれぞれの回線でオススメのプロバイダはどこなのか について最後に解説します。 回線はどちらも同じものを使うため、速度も変わりません。 さらに、ドコモ携帯を使っている方なら「ドコモ光パック」の割引が受けられますので、ドコモユーザーには特にドコモ光がオススメです。 プロバイダは、無料でv6プラスに対応していて、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料、回線速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントなどの特典が充実している上に、ドコモ光プロバイダで唯一ネット申し込みが可能なGMOとくとくBBがオススメです。 【2020年7月】速度・料金・特典がお得なドコモ光の申し込み窓口 ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光! ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、• 無料でv6プラス対応• v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料• 当サイト管理人の私も実際に利用中です。 ドコモ光 プロバイダ:GMOとくとくBB の申し込みは、プロバイダ公式サイト・代理店サイト・ドコモショップ・ドコモ公式サイト・量販店などから出来ますが、 キャンペーン特典や手続きのカンタンさから下記窓口がおすすめです。 ドコモ光のみ オプションなし でも5,500円キャッシュバック• 訪問サポートが初回無料 通常7,400円• 新規契約;2,000円分のdポイントプレゼント• 事業者変更 他の光コラボから乗り換えの方 ;2,000円分のdポイントプレゼント• 転用 フレッツから乗り換えの方 ;2,000円分のdポイントプレゼント•

次の