胸が張らない 妊娠初期。 生理予定日頃の胸の張り…なくなる場合、妊娠の可能性は

妊娠初期に胸が張らない!張らなくなる!は異常サイン?その原因とは

胸が張らない 妊娠初期

妊娠超初期の胸の張りはどんな痛みなの? 胸の張りとアバウトに言っても、どのような痛みを伴うのかはっきりとわからないですよね。 私にしても「ふと思い返すと胸の張りがない」とあとになって感じたくらいなので「胸が貼らない人」もいることになります。 生理の前でも胸の張りが生じますが、妊娠超初期症状だったら、生理の前よりも強く胸の張りが起こることになります。 普段の生理よりきつかったら妊娠超初期症状なの? かゆみがひどかったり、「普段のの生理よりきついかも」と思ったら妊娠超初期症状の可能性もあります。 これに関しては着床する事により、赤ちゃんを育て上げられる感じに乳腺組織が向上していく事で生じます。 ママとなる準備のひとつなんですが、妊娠超初期に生じる人もいれば、生理の予定日を経過しないと胸の張りが一切無い人もいらっしゃいます。 ホルモン分泌が高まったとしても、すぐさま乳腺が発達するわけじゃないですので個人個人で差が出ることを認識しておいた方が良いでしょう。 胸が張るタイミングが人によりそれぞれ 着床間もない妊娠超初期に、胸の張りを感じ取る人もいれば妊娠初期になるまで胸が張らない人もいるのです。 胸の張りが感じられるタイミングも異なりますし、治まるタイミングも全然異なることから、それほど神経質に思うことは不要です。 胸の張りというのは乳腺が発達する時に生じる痛みですので、乳腺よりも子宮環境を改善するところにホルモンが行くと胸の張りが一定期間なくなってしまう事もあると言えます。 妊娠中期や後期に胸がどんどん成長すると急激に胸の張りが生じるケースもあるので、あくまで目安として覚えておいて下さい。 妊娠したと思ったけど胸が張らないから妊娠していないの? 妊娠したら女性ホルモンに変化が起こることから「妊娠超初期に胸が張った」といった人が多いみたいです。 しかしながら、おのおのの身体は異なりますので実際胸が張っていたとしても気が付かない事もある一方、さほど感じることがなかったのに検査薬に陽性反応が生じた人も存在します。 いずれも必ず引き起こされるものじゃないので、妊娠していないとも断言できないワケです。 妊娠超初期症状というのは、すべての女性が感じ取るわけではないのです。 胸の張りがあることが当たり前のように考えられていますが、本当は必ずしもそうではない事が多いため「妊娠検査薬」で陽性反応が現れていればそこまで心配しなくても大丈夫です。 突然胸の張りが無くなるのはなぜ? 妊娠してホルモンが増加することで、胸が張るのは当然のことじゃないかと勘違いされがちなのですが、ホルモンの分泌は見られても症状が消滅する事もございます。 ストレスを感じた事によって一時的にホルモン分泌がダウンしてしまって胸の張りがなくなってしまう可能性もあります。 妊娠超初期には、カラダの変化と一緒にさまざまな事がメンタル的にも影響を及ぼします。 やたらと妊娠することを望む思いが激しく「妊娠していなかったらどうしよう」などとストレスを溜め込んでしまうと身体に悪影響です。 みんな同じ症状になることはなくて人それぞれなので自分の場合はこうだったとおもって深く考えすぎないようにしましょう。 超妊娠初期に胸が張らないから流産ということではない ピタッと胸の張りがなくなってしまうと、流産したかもしれない!と気が動転してしまう人がいるみたいです。 こちらの関係性に関しては明確にはされていなくて、胸の張りが無くなったから流産では決してありません。 流産にも種類があって、妊娠超初期の流産というのは「化学流産」と言われて受精卵が着床出来ないで生理で流れてしまうことになります。 不妊じゃない夫婦の受精率に関しては、80%と受精そのものは可能なものの着床率になったら30%くらいに落ち込むことになります。 高齢であるほど、着床率はダウンしますから気付かずに化学流産をしている人の方が多いというわけです。 こちらが妊娠初期となると話は異なってくることになります。 胎嚢がチェックできる、妊娠初期にいきなり胸の張りが無くなってしまって出血だったりするどい痛みが引き起こった場合では流産のリスクが上昇します。 超妊娠初期における胸の張りが無くなるのは、全然気にすることはありませんので心配しないで下さい。 妊娠初期で胸が張らなくても乳腺は発達するの? 妊娠超初期に急に胸の張りがなくなっちゃうと、乳腺が発達しない状態でお産することになるんじゃないかと不安になる人もいると思います。 いきなり胸の張りがなくなる人の特徴においては、生理が不順だったり痩せすぎている人によく見られるようです。 こういった女性に関しては元々持っている女性ホルモンが多くないことから妊娠しても通常の人より分泌が促進されない事があることが要因です。 基礎体温がきちんとしていれば大丈夫ですし、不妊治療を行っているケースでも検査で特に指摘されていなかった場合は心配しなくて問題ありません。 乳腺が以前から発達しているとか、常日頃からバストマッサージを行っている人はバストそのものが柔らかいことから胸の張りが感じ取れない、または一時的に胸の張りがあっても無くなってしまうみたいです。 最初にマッサージをすることにより乳腺を十分に発達させていたなら、母乳もそこそこ出やすくなるので妊娠するのを望んでいるのであればマッサージも行っていたら有効かもしれません。 妊娠初期に乳腺が未発達なのが原因で胸が張るの? 妊娠したらすべての人が胸の張りに見舞われることではなく、既に妊娠初期までに乳腺が発達していれば胸が張らないこともあります。 張りがなくなるっていうのは、乳腺の発達を要しないケースも存在しますし不十分な人ほど胸の張りが強くなるという風にも考えられています。 胸が小さいせいで張りがなくなったとお考えの人がいることも想定されますが、一切関係がないので、妊娠超初期に胸の張りに気付くことになったら優しくマッサージを行うことがおすすめです。 強い胸の張りがあったら、マッサージで何とかすることが困難かと思われますが、どうしても痛みが強いケースでは脇の下のリンパをやんわりマッサージしていきましょう。 敏感なタイミングに関しては強い力をかけずに、刺激が少なく心が落ち着くふうにしましょう。 マッサージを行なって胸の張りがなくなったからといって流産してしまうわけじゃありませんので痛みを我慢するよりも撫でるようにマッサージをしていきましょう。 妊娠帳初期に胸が張った時の注意事項 胸が張ると、肌着に接触して痛みを伴ったり身体を洗うことがツライこともあるでしょう。 妊娠超初期であれば、実際に妊娠しているかどうか把握できないことから慎重になってしまいますよね。 まずは、肌着や服装をゆったりしたもにした方が良いでしょう。 温かくすると痛みがパワーアップするので、冷やしたりシャワーのみで入浴は避けるのも悪くはないと思います。 むやみに冷やしたら、血の流れが悪化してり乳腺が発達しなくなってしまうのでタオル等が望ましいでしょう。 対処した事によって、胸の張りが消失すると不安になる可能性もありますが、痛みを耐えるよりも軽減するくらいのイメージで行うとバッチリです。 胸の張りが無くなっても冷静に 私が流産したケースだと、いきなり胸の張りがなくなってしまって下っ腹につよい痛みが生じました。 妊娠超初期ではありませんでしたが、流産の場合はそのほかにも症状があらわれます。 次に妊娠したときも、チクチクしたのは2日程度ですっと胸の張りが無くなっていきました。 原因は、背中や肩回りの筋肉が固くなっていて血の流れがひどく乳腺に至るまで血液がそつなく回らないせいでだったのです。 ストレッチやヨガによって見直すことで、より一層胸が張る状態になって結果として母乳も少々でるように変化しました。 胸の張りがなくなってしまう原因は、人それぞれ全く異なるのでむしゃくしゃして過ごすよりも、気持ちを楽にする事が重要だと言えます。 葉酸サプリについては感情を安定化させてくれたり健康な身体を作ってくれます。 十分にホルモンバランスが安定していれば妊娠しやすくなると考えられますので、深く考えないでで葉酸の摂取を欠かさず妊娠力を上昇させてみましょう。 胸の張りに関しては、人の話を全部信じないで自分のペースでコントロールしていきましょう。

次の

妊娠すると胸の張りはいつから?妊娠初期の胸の張りがない・なくなるのは大丈夫?

胸が張らない 妊娠初期

妊娠で胸が張る…妊娠時期でも異なる原因 妊娠をすると胸に張りを感じる人は多いようですね。 胸が張る原因は妊娠の時期によって違ってきます。 ここでは初期・中期・後期に分けて胸の変化をご紹介します。 妊娠超初期・初期:女性ホルモンが引き起こす胸の変化 妊娠をすると体の中で卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。 卵胞ホルモンは母乳を作る乳腺組織や母乳の通り道である乳管を発達させる作用があり、胸の張りを引き起こすと言われています。 黄体ホルモン(プロゲステロン)も同じく乳腺を発達させる働きがあり、乳腺内の血管を広げることによって胸の張りや痛みを引き起こします。 黄体ホルモンには痛みを強くする作用もあると言われています。 妊娠初期の胸の張りが収まる時期には個人差があり、すぐに治まる方もいれば、妊娠後期まで続く方もいるようです。 妊娠中期:胸に血管が浮き出る!?その理由とは 妊娠中期ごろになると胸に青筋のような血管が浮き出ることがあります。 あまり見慣れないものなので初めて妊娠をした方は自分の胸を見てショックを受けることもあるのだとか。 妊娠をすると血液の量が増え、妊娠前と比べ1. 4倍にもなります。 血液量が増えることで血管が押し広げられ、皮膚の薄い胸では静脈が浮き出て見えるために目立ってしまうのです。 妊娠期間が終われば自然と目立たなくなるので安心してくださいね。 妊娠後期:後期の胸の張りは授乳の準備 この頃になると授乳の準備が進むため胸の張りが出てきます。 赤ちゃんが生まれたときにおっぱいを飲ませることができるように、体は乳腺や乳管を発達させます。 そのため、痛みを感じたり胸がかゆくなることもあるようです。 妊娠後期の胸の張りは出産まで続くことが多いので、痛みがひどい場合にはマッサージをするのも良いでしょう。 (マッサージをするときは助産師さんのアドバイスを受けてください) 妊娠で現れる胸の変化や症状 妊娠中に現れる胸の変化は、張りや血管が浮き出てくるだけではなく、その他にもいろいろな症状が表れます。 具体例を以下に挙げましたので、知っておくと胸に変化が出たときに慌てたり不安になることも少なくなりますよ。 乳首が敏感になる 妊娠をするとホルモンの働きによって乳首が敏感になり、少し触れただけで激痛が走ることもあります。 衣服が触れるだけでも痛いという声も聞きます。 ほかにはチリチリとした痛みがあったり、違和感を感じることもあるようです。 乳首や乳輪が黒ずみ、乳輪が大きくなる 妊娠をすると女性ホルモンの働きで胸が大きくなることはすでにご紹介した通り。 乳輪が大きくなる理由は胸が大きくなって皮膚が引っ張られ、乳輪も同じく外側に引っ張られるため大きくなると言われています。 乳首や乳輪が黒ずむのは黄体ホルモンの影響を受けているためです。 黄体ホルモンによって刺激されたメラニン色素細胞が活発に動き、色素沈着が起こります。 胸や乳首のかゆみ 女性ホルモンの影響で胸が大きくなると、皮膚が引っ張られる刺激から乳首や胸にかゆみが出ることがあります。 また、妊娠線ができる際にはかゆみを伴うとも言われていることから、胸の側面がかゆくなったときには要注意です。 ほかには、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)の可能性も考えられるでしょう。 妊娠性痒疹とは妊娠中に体のいろいろな場所に発疹が出る病気で強いかゆみが特徴です。 原因ははっきりとは分かっていませんが、ホルモンの影響ではないかと言われています。 乳輪に白っぽいプツプツができる 乳輪の白いプツプツはモントゴメリー線(乳輪腺)とも言われていて、乳輪や乳首を保護する皮脂を分泌しています。 妊娠をすると乳腺を守るため胸に脂肪が蓄えられるようになるのですが、モントゴメリー線にも同じように脂肪が蓄積されるため大きくなって目立つようになります。 胸の変化はいつからいつまで? それぞれの症状は、ほとんどが胸が大きくなり始める妊娠初期から中期にかけて表れ始め、出産後授乳期が終わると自然と元に戻るようです。 乳首などの色素沈着は妊娠初期が過ぎたあたりから始まり、妊娠期間が終われば徐々に元の色に戻るので心配はいりませんよ。 胸や乳首のかゆみは早ければ妊娠3か月後くらいから出始める場合があり、そのまま放置すると出産まで続くこともありますが、保湿などのケアでかゆみを抑えることができます。 妊娠すると、妊婦はみんな胸が大きくなる?張るの? 妊娠をすると『胸が大きくなる』、『張るようになった』などの話はよく聞きますが、すべての人が経験することなのでしょうか? 実はそこにも個人差があるようですので、ポイントに分けてみていきましょう。 妊娠することで胸がどのくらい大きくなるのか 妊娠をきっかけに胸が大きくなる話はよく聞きますが、どれくらいの人が体験しているのでしょうか。 調べてみると、妊娠を経験した人のうち57. 9%の方が胸が大きくなったと回答しています。 二人に一人がバストアップを経験しているようです。 妊娠前と比べてどれくらい大きくなったのかを調べると、2カップ上がった方が48. 0%、1カップ上がった方が39. 7%、3カップ上がった方が9. 6%、4カップ以上も上がったという方は2. 7%でした。 胸の大きさと母乳のでは関係する? 胸が大きいと母乳がたくさん出そうなイメージですが、決してそうとは限りません。 胸が大きくても小さくても母乳の量にはそれほど関係がなく、むしろ注目したいのは乳腺です。 母乳は乳腺が発達することでたくさん分泌されます。 胸が大きくならなくても良い母乳は出せるので大丈夫ですよ。 赤ちゃんに根気強く吸ってもらったりマッサージをすることで乳腺の発達を促すことができます。 最初はなかなか母乳が出ないこともありますが、諦めずに続けることが肝心ですよ。 妊娠するとみんな胸が張ったり、痛むの? 妊娠をしたときに胸の張りを感じる人は全体の約8割。 約2割の方が張りを感じていないことがわかります。 こうして数字で見てみると、少数派ではありますが胸が張らない方も一定数いることが分かります。 では、どんな方が胸が「張らない・張りにくい」のでしょうか? 経産婦である 一度妊娠・出産を経験している人の場合、最初の妊娠ですでに乳腺や乳管が発達しているため、2回目以降の妊娠の際には胸が張りにくいようです。 バストマッサージを行っている 妊娠をしても胸が張らない・張りにくい人の特徴として挙げられるのがバストマッサージです。 バストマッサージをしている人はすでに乳腺が発達している場合が多く、胸も柔らかくなっているためあまり張りがないのだとか。 妊娠初期にバストマッサージをすると子宮の収縮を促す恐れがあるので、妊娠後期から始めるようにしましょう。 黄体ホルモンの量が少ない 黄体ホルモンは乳腺の発達に大きな役割を持っています。 このホルモンの分泌が少ないと乳腺の発達が緩やかなため胸が張りにくくなります。 最初のころは胸に張りがあったのに、最近なくなったという場合には黄体ホルモンの減少が考えられます。 黄体ホルモンの量が少なくても胎児の成長に影響はないので安心してくださいね。 妊娠中に注意したい胸の変化 胸の張りは妊娠継続中のサインとも言えますね。 それでは胸の張りがなくなるなどの変化が出るのは何かのサインなのでしょうか? 胸の張りが急になくなったら流産の可能性が!? 胸の張りが急になくなった場合、流産の可能性があります。 ドキッとしてしまいそうな内容ですが、胸の張りがなくなるだけでなく、ほかの症状も合わせて起こったときに流産を疑ったほうが良いようです。 生理のときのような多量の出血があったり、長時間にわたって出血が続く場合には要注意。 お腹の張りや下腹部痛がある場合にも子宮収縮の可能性から流産の疑いが出てきます。 ほかには、基礎体温が数日間にわたって低い状態が続いているときも流産の可能性があります。 胸の張りがなくなって上記のような症状が出た場合にはすぐに病院を受診しましょう。 妊娠初期は黄体ホルモンの働きから乳腺の発達が活発化しているため、胸のしこりや痛みを強く感じることがあります。 乳腺炎とは乳腺組織が炎症を起こしている状態のことで痛みやしこりなどの症状があります。 炎症の原因は乳腺に母乳が詰まるためだと言われています。 ほかには良性の腫瘍である乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)の可能性もあり、妊娠中に成長することもあるため、妊娠をきっかけに気付く場合が多いようです。 もう一つ、しこりで疑っておきたいのは乳がんです。 乳がんとは胸に悪性の腫瘍ができることで、妊娠中でも成長はそのまま継続します。 現代の医療では胎児が影響を受けることなく治療をすることができるので、乳がんの可能性を感じたら病院で受診しましょう。 しこりのセルフチェックで乳頭からの分泌物を確認する方法がありますが、妊娠中に乳頭を刺激すると子宮が収縮して流産や早産をする危険があります。 しこりに不安がある場合は自分でチェックは行わず、専門である乳腺外科や担当医に相談しましょう。 プレママへ、胸の張りで痛むときの緩和法 胸の張りが痛くてツライ、夜も眠れないという方もいるのではないでしょうか? 赤ちゃんのためだと分っていても、痛みを我慢するのは大変です。 そこで胸の張りからくる痛みを緩和する方法や、産後のバスト作りについてもご紹介していきたいと思います。 胸が張るときの痛みを緩和する方法 おすすめなのはノンワイヤーブラやカップ付きのシャツやタンクトップ、キャミソールを活用する方法です。 ワイヤーの食い込みから解放されるので気分的にも大きく違いますよ。 痛みがひどいときにはタオルで胸を冷やすと良いでしょう。 体が温まると血流が促進して痛みがひどくなるので、お風呂はシャワーで済ませましょう。 産後もきれいな胸を保つにはどうすればいいの? 出産をして母乳育児も終わりが見えてくるころ、そのままの状態で放置すると胸が垂れたり形が崩れるなどの変化が起きてきます。 授乳中も赤ちゃんが引っ張るのに任せていると乳房が伸びたようになります。 授乳期が終わったらワイヤー入りのブラに戻して形を整えると、胸の垂れも防ぐことができます。 サイズが変わっていることも考えられるので、大きさにあった下着をきちんと選んで着用しましょう。 また、大胸筋を鍛えることで胸が垂れるのを防ぐことができますよ! ほかには、胸のマッサージでリンパの流れを改善して血行を促進することで肌にハリが戻り、お腹や背中の老廃物も押し流す効果が期待できます。 マッサージで胸が温まることから、たるみ防止にもつながります。 まとめ 妊娠をすると胸は初期の段階から授乳期が終わるまで、長い期間変化しつづけます。 妊娠初期が胸の張りを感じやすいですが、張りがない場合でもそれほど心配はいりません。 ただし、張りが急になくなって出血や下腹部痛があるときは医師に相談を。 母乳育児を考えているなら赤ちゃんによく吸ってもらい、かつマッサージをすると良いでしょう。 授乳期が終わったらワイヤー入りのブラに戻すことで胸の垂れや形の崩れを防ぐことができます。 マッサージも合わせると肌のハリが戻りやすくなりますよ。 ぜひケアをしてあげてくださいね。

次の

妊娠超初期~妊娠初期の胸の張りについて知っておきたいこと

胸が張らない 妊娠初期

妊娠と胸の張り…生理予定日を過ぎてなくなる場合 生理予定日頃に、妊娠の初期症状としてよく見られる胸の張りがあったのに、突然張りがなくなると妊娠していないのかとがっかりするかもしれません。 しかし妊娠は、胸の張りの有無だけでは判断できません。 妊娠の初期症状の現れ方には個人差があり、人によって違います。 妊娠していても、全然胸が張らないという方もいます。 妊娠しているかどうかを判断するためには、胸の張りだけではなく、基礎体温や体の状態の変化も併せて見ることが必要です。 生理予定日を過ぎても生理が始まらない場合は、妊娠の可能性があるので、一週間ほど経ってから妊娠検査薬で確認してみましょう。 また、胸の張りがなくなる場合だけでなく、張り過ぎて痛いのも気になる症状です。 我慢できないほどの痛みが長引く場合は、ホルモンバランスの乱れの他、乳腺症や乳腺の腫瘍なども考えられます。 その時は、婦人科を受診して検査をしてもらうと良いでしょう。 妊娠の超初期症状?生理予定日3日前から胸の張りがなくなる 私は、半年以上不妊治療を続けていて、あきらめかけていたけれど、生理予定日の7日目にチェックワンファーストという妊娠検査薬で調べたら陽性でした。 よく言われている初期症状はほとんどなかったので、期待しておらず試しに検査したので結果にびっくりしました。 ちなみに、私の初期症状は次のようなものでした。 まず、生理予定日の3日ほど前から胸の張りがなくなるというものです。 他にも、暑さやだるさを感じたり、授乳する夢を見ることもありました。 検査薬で確認した後、病院を受診し検査をしてもらったら、妊娠していることがはっきりしました。 昨年の終わり頃に、婦人科で検診してもらったところ、腺筋症で妊娠は難しいと言われましたが、子供が欲しかったのですぐ不妊治療を受けることにしました。 年齢のこともあり、来月までに妊娠しなければ、体外受精を検討していたところだったので、妊娠がわかり安心しています。 妊娠初期症状の胸の張り。 生理予定日頃も続く?なくなる? 妊娠を希望していて、不妊治療を受けている方は、妊娠の初期症状が出やすい生理予定日頃にどのような症状が出るのか気になるのではないでしょうか? 生理日の前後は、様々な症状が現れることがよくあります。 症状の出方は人によってそれぞれですが、生理日の一週間ほど前から便秘になり胸が張ったり、前日には便通がよくなり、下腹部に生理痛のような鈍い痛みが出たりする場合もあります。 このような症状が妊娠の初期でも同じように続くのか、それとも胸の張りがなくなるなど別の症状が出てくるのか、気になるところです。 実際に妊娠したことがある人の中には、生理予定日頃にも大きな変化がなく、「チェックワンファスト」という妊娠検査薬で調べて陽性が出て驚いたという人もいます。 また、いつもは生理予定日まで胸が張って、当日になると急に胸の張りがなくなるのに、妊娠した時は、胸の張りが続き、基礎体温が高めだったという話も聞いたことがあります。 他にも、妊娠初期には胸の張りがひどくなり、うつ伏せできないほどになったり、便通も便秘だったのが緩くなり、4週〜9週ぐらいまで下痢に悩まされたりすることもあります。 妊娠初期に胸の張りを訴える人は多いのですが、それだけで妊娠だと判断はできません。 まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。 妊娠初期。 生理日を過ぎても胸の張りが続くことも 胸の張りがなくなる…妊娠初期なら流産との関係はある? 妊娠の初期症状でよく耳にするのは、胸の張りが突然なくなるというものです。 胸の張りがなくなる原因は、ホルモンの分泌が少なくなったり、ホルモン自体は問題がなくても症状として出なくなったりと様々なものが考えられます。 通常は、胸の張りがなくなったとしても心配しなくていい場合がほとんどです。 しかし、妊娠の初期に胸の張りが急になくなった時は「流産したのではないか」と思って心配になるかもしれません。 確かに、妊娠の初期段階で胸の張りが途中でなくなった場合、流産の可能性を完全に否定することはできません。 しかし、流産の場合は、胸の張りがなくなる以外にも、基礎体温が低くなったり、出血したり下腹部が痛くなるなど様々な症状が現れることがあります。 妊娠初期に、突然胸の張りがなくなり、出血や痛みも伴う場合は、速やかに産婦人科を受診するようにしてください。 妊娠の初期症状。 妊娠していなければ胸は張らない? 胸が張ったり痛むのは、妊娠により女性ホルモンが急激に増えて、母乳を作る乳腺の組織や母乳が通る管が成長するためです。 胸の張りや痛みは、早ければ着床してすぐから始まり、生理になる予定の1週間ほど前から自覚する場合が多く見られます。 生理予定日を過ぎても胸の張りや痛みが引かない時は、妊娠の初期症状の可能性が高いと言えます。 妊娠のごく初期の段階で、胸の張りを訴える人はたくさんいます。 ですから、胸の張りが続くと妊娠していると考えがちですが、実際は個人差があるので、妊娠しても胸が張らない人もいます。 臨月になるまで胸が張らなかったという人もいるので、胸が張っていなくても妊娠検査薬で陽性が出たのならそれほど気にすることはありません。 基礎体温を測ってみて、高温期が続いていれば妊娠しているので安心してください。 妊娠の初期に胸の張りがあったのに急になくなると、流産したと思って不安になるかもしれませんが、妊娠の初期症状は人によって違うものです。 妊娠していても胸が張らなかったり、張りが出たり引いたりを繰り返したりする人もいます。 胸の張りがなくなった以外に、基礎体温の低下や、出血、痛みなどがある時には流産の可能性も考えられますので、産婦人科を受診してください。

次の