デアゴスティーニ jal。 [本/雑誌]/JAL旅客機コレクション全国版 2020年6月23日号/デアゴスティーニ・ジャパン(雑誌) :NEOBK

デアゴスティーニ「JAL旅客機コレクション」第1号を買ってみた

デアゴスティーニ jal

デアゴスティーニ「JAL旅客機コレクション」を買ってみた デアゴスティーニ・ジャパンは9月10日、「JAL旅客機コレクション」の第1号を発売した。 本日発売、ということでさっそく買ってみた。 第1号のダイキャストモデルは「ボーイング 787-9型機」。 機体に記された登録記号は「JA861J」で、これはJALが2015年に受領したもの。 現在も国際線で運用されている。 ブリスターの台紙は大空のイメージ ダイキャストモデルはさすがにずっしりと重量感のあるもの。 ギアまわりなど一部でプラパーツが使われている。 塗装は機体側面の「JAPAN AIRLINES」ロゴや尾翼の鶴丸、主翼の登録記号、機体後部のユニセフロゴなど、細かいところまで再現されており、スケール的にモールドにするのが難しいドアやレドーム、窓なども塗装になっているが、そのおかげでかえってシャープに見える。 ちなみに、このダイキャストモデルは航空機メーカー(第1号ならボーイング)が監修を行なっているという。 冊子部分は、付属のコレクションモデルの機体を紹介する「航空機 大解剖!」で図解、メカニズム解説、開発ストーリーなどを掲載しており、号変わりのコンテンツとして「JALのすべて」「航空大百科」「世界のエアポート」にそれぞれページを割く。 第1号で注目なのは「JALのすべて」の「歴代CA制服コレクション」で、JAL初代~現行(10代目)とJAS(日本エアシステム)初代~5代目までの制服が3ページにわたって掲載されている。 その実際の内容は、購入してご確認いただきたい。 第2号は9月24日発売で、ジャンボジェットの愛称で知られる「ボーイング 747-100型機」を予定している。

次の

デアゴスティーニ隔週刊「JAL旅客機コレクション」のポイントを紹介!1/400統一スケールダイキャストモデルが隔週で!

デアゴスティーニ jal

デアゴスティーニ「JAL旅客機コレクション」を買ってみた デアゴスティーニ・ジャパンは9月10日、「JAL旅客機コレクション」の第1号を発売した。 本日発売、ということでさっそく買ってみた。 第1号のダイキャストモデルは「ボーイング 787-9型機」。 機体に記された登録記号は「JA861J」で、これはJALが2015年に受領したもの。 現在も国際線で運用されている。 ブリスターの台紙は大空のイメージ ダイキャストモデルはさすがにずっしりと重量感のあるもの。 ギアまわりなど一部でプラパーツが使われている。 塗装は機体側面の「JAPAN AIRLINES」ロゴや尾翼の鶴丸、主翼の登録記号、機体後部のユニセフロゴなど、細かいところまで再現されており、スケール的にモールドにするのが難しいドアやレドーム、窓なども塗装になっているが、そのおかげでかえってシャープに見える。 ちなみに、このダイキャストモデルは航空機メーカー(第1号ならボーイング)が監修を行なっているという。 冊子部分は、付属のコレクションモデルの機体を紹介する「航空機 大解剖!」で図解、メカニズム解説、開発ストーリーなどを掲載しており、号変わりのコンテンツとして「JALのすべて」「航空大百科」「世界のエアポート」にそれぞれページを割く。 第1号で注目なのは「JALのすべて」の「歴代CA制服コレクション」で、JAL初代~現行(10代目)とJAS(日本エアシステム)初代~5代目までの制服が3ページにわたって掲載されている。 その実際の内容は、購入してご確認いただきたい。 第2号は9月24日発売で、ジャンボジェットの愛称で知られる「ボーイング 747-100型機」を予定している。

次の

[デアゴスティーニ]JAL旅客機コレクションVol.8

デアゴスティーニ jal

JAL旅客機コレクションについて ・デアゴスティーニといえば、みなさんご存知の「週刊 ランボルギーニ カウンタックを作る」や「週刊 トヨタ2000GT」、「スズキ ハヤブサ GCX1300R」などの模型キットが付属し全80号全て購入すると完成するというあの大人の本です。 完成後の模型は目を見張るほどのリアルで精巧というのはモデラーの間では有名な話。 このようなキットだけでなく、完成モデルが毎号付録として入っているシリーズもあり、過去には戦闘機シリーズやクラシックカーなどもありました。 このデアゴスティーニの仲間に、 のシリーズが仲間入りしました。 ・戦後初の航空会社として設立された日本航空では数々の名機が活躍していました。 代表的な機種だけでも、空の貴婦人と呼ばれた「DC-8」や空の貴公子「B727」、大量輸送時代の象徴「B747」など、全ての機体が現在のJALを築き上げたといっても過言ではない。 その間には、日本航空(JAL)と日本エアシステム(JAS)の経営統合や日航再建など様々な出来事がありました。 そのようなJALの歴史を精密なダイキャスト飛行機模型で振り返ろうというのが本書。 全80号全コレクションを購入し機体とともにJALの歴史を振り返るもよし、ご自身の飛行機歴に合わせてお気に入りの機体だけ自由に購入するも良しの全ての航空ファンがワクワクできる本が誕生しました。 創刊号から現在までバックナンバー情報バックナンバーをリストにまとめ更新しています。 興味のある方は参考にしてみてください。 Amazon 【模型・プラモデルの雑誌】ベストセラー1位 ・JAL旅客機コレクションは現在、Amazonの【模型・プラモデルの雑誌】ベストセラーランキングで1位となっています。 これはかなりお得です。 飛行機好きの方へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしの商品です。 まとめ:注文直後から大興奮の楽しみな一冊 ・これはもう正直、ポチッた瞬間からワクワクが止まりません。 嬉しすぎるこの気持ちを多くの航空ファンに届けたくて注文直後に記事にまとめました。 実は、この は以前、静岡かどこかで試験販売されていました。 この時から欲しくて欲しくてずっと悔しい思いをしていました。 静岡まで買いに行こうかと本気で思ったほど。 なので、結構本気で大人気もなく大興奮しています。 もし、誤字脱字や変な表現がありましたら後日修正します。 ゴメンなさい。 商品が届いたらまた詳細なレビュー記事で紹介したいと思います。

次の