募っ た が 募集 し てい ない。 安倍首相「#募ってはいるが募集はしてない」Twitter大喜利まとめ

安倍首相が珍答弁 「募っている」けど「募集」ではない:朝日新聞デジタル

募っ た が 募集 し てい ない

今回は小ネタです。 ご批判、上等(どうぞよろしくお願いいたしますの意)のコラムです。 さて名物コラム『』をはじめ最近ではほとんどの記事を会員限定にロックをしているせこいなのですが、知ってました? 安倍首相が何かしくじりますと嬉々としてロックを解除し、安倍しくじり記事を万人に知らしめるというスケールの大きなメディアでもあるのであります。 こんな感じ。 28日ので、首相から「」をめぐる「迷答弁」が飛び出し、現場は騒然となった。 首相の地元事務所名で、同会を含む観光ツアーへの参加を募る文書が地元に送られていた問題で、の宮本徹議員が文書を示しながら「この文書は見たことがなくても、募集していることはいつから知っていたのか」と追及した。 すると、首相は「私は、幅広く募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」と述べた。 宮本氏は厳しい表情で「私は日本語を48年間使ってきたが、『募る』というのは『募集する』というのと同じですよ。 募集の『募』は『募る』っていう字なんですよ」と諭した。 だが、首相は「ふさわしい方ということでいわば募っているという認識があった。 例えば新聞などに広告を出して『どうぞ』ということではないんだろう」などと苦しい説明に終始した。 答弁のポイントはここ。 「私は、幅広く募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」(安倍首相) 「私は日本語を48年間使ってきたが、『募る』というのは『募集する』というのと同じですよ。 募集の『募』は『募る』っていう字なんですよ」(議員) このやり取りに、はじめメディアやネットでは安倍首相の漢字力をけなす論説があふれています。 (関連記事) 安倍首相問われた漢字力「募ると募集同じ」宮本徹氏 女性自身 安倍首相がついに進次郎化?「募っているけど募集してない」 勝ち誇ったかのように安倍首相の言葉尻をあげつらう論説の数々、議員の「私は日本語を48年間使ってきた」という上から目線、どう見ても安倍首相を「知的」に見下しているわけです。 さて、ご批判を一身に受ける覚悟で反論しておきます。 「募集」と「募る」、この2語の繊細な違いが判らない、なんでもかんでも同じ扱いをする、彼らの頭には雑な平等主義しかない、これだから・やは頭が固いといわれるのです。 冷徹な響きのある漢語である「募集(ぼしゅう)」に対して、和語である「募(つの)る」には、日本において言葉に宿ると信じられている霊的な力、言霊(ことだま)が宿っているのです。 例えば駅前の料理店がアルバイトを求人する張り紙を出したとして、「アルバイト 募る!!」とは絶対にしません、「アルバイト 募集」とか「募集中」とかするはずです。 不特定多数の通行人に対して、事務的に広く平等に募集をかけているわけです。 一方です、例えば同窓会幹部から幹部の一人が急病になり活動停止のため、急遽新しい幹部を、同窓・同期の仲間たちに求めるとします。 やまとめきたる言葉和語には、漢語にはない、霊的な力が宿っているのです(キッパリ。 熱き思いが「募れ」ばせつない恋慕の情となります。 雑多な思いをいくら「募集」しても、「情」にまでは決して昇華しません。 「募る」には「募集」には絶対ない「高ぶる」というニュアンスが込められているのです。 「募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」(安倍首相) この発言は日本人として正しいのです。 以上、安倍首相発言を全力で正しいと言い「募り」(苦笑)、擁護してみました。 (木走まさみず) kibashiri.

次の

「募る」と「募集」は同じではない~やまとめきたる言葉和語には、漢語にはない、霊的な力が宿っている(キッパリ

募っ た が 募集 し てい ない

今回は小ネタです。 ご批判、上等(どうぞよろしくお願いいたしますの意)のコラムです。 さて名物コラム『』をはじめ最近ではほとんどの記事を会員限定にロックをしているせこいなのですが、知ってました? 安倍首相が何かしくじりますと嬉々としてロックを解除し、安倍しくじり記事を万人に知らしめるというスケールの大きなメディアでもあるのであります。 こんな感じ。 28日ので、首相から「」をめぐる「迷答弁」が飛び出し、現場は騒然となった。 首相の地元事務所名で、同会を含む観光ツアーへの参加を募る文書が地元に送られていた問題で、の宮本徹議員が文書を示しながら「この文書は見たことがなくても、募集していることはいつから知っていたのか」と追及した。 すると、首相は「私は、幅広く募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」と述べた。 宮本氏は厳しい表情で「私は日本語を48年間使ってきたが、『募る』というのは『募集する』というのと同じですよ。 募集の『募』は『募る』っていう字なんですよ」と諭した。 だが、首相は「ふさわしい方ということでいわば募っているという認識があった。 例えば新聞などに広告を出して『どうぞ』ということではないんだろう」などと苦しい説明に終始した。 答弁のポイントはここ。 「私は、幅広く募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」(安倍首相) 「私は日本語を48年間使ってきたが、『募る』というのは『募集する』というのと同じですよ。 募集の『募』は『募る』っていう字なんですよ」(議員) このやり取りに、はじめメディアやネットでは安倍首相の漢字力をけなす論説があふれています。 (関連記事) 安倍首相問われた漢字力「募ると募集同じ」宮本徹氏 女性自身 安倍首相がついに進次郎化?「募っているけど募集してない」 勝ち誇ったかのように安倍首相の言葉尻をあげつらう論説の数々、議員の「私は日本語を48年間使ってきた」という上から目線、どう見ても安倍首相を「知的」に見下しているわけです。 さて、ご批判を一身に受ける覚悟で反論しておきます。 「募集」と「募る」、この2語の繊細な違いが判らない、なんでもかんでも同じ扱いをする、彼らの頭には雑な平等主義しかない、これだから・やは頭が固いといわれるのです。 冷徹な響きのある漢語である「募集(ぼしゅう)」に対して、和語である「募(つの)る」には、日本において言葉に宿ると信じられている霊的な力、言霊(ことだま)が宿っているのです。 例えば駅前の料理店がアルバイトを求人する張り紙を出したとして、「アルバイト 募る!!」とは絶対にしません、「アルバイト 募集」とか「募集中」とかするはずです。 不特定多数の通行人に対して、事務的に広く平等に募集をかけているわけです。 一方です、例えば同窓会幹部から幹部の一人が急病になり活動停止のため、急遽新しい幹部を、同窓・同期の仲間たちに求めるとします。 やまとめきたる言葉和語には、漢語にはない、霊的な力が宿っているのです(キッパリ。 熱き思いが「募れ」ばせつない恋慕の情となります。 雑多な思いをいくら「募集」しても、「情」にまでは決して昇華しません。 「募る」には「募集」には絶対ない「高ぶる」というニュアンスが込められているのです。 「募っているという認識だった。 募集しているという認識ではなかった」(安倍首相) この発言は日本人として正しいのです。 以上、安倍首相発言を全力で正しいと言い「募り」(苦笑)、擁護してみました。 (木走まさみず) kibashiri.

次の

「募ってはいるが募集はしていない」の危うさ|kwtyy|note

募っ た が 募集 し てい ない

衆議院予算委員会で1月28日、安倍晋三首相の地元事務所が「桜を見る会」に支援者らを幅広く会に招待した問題が取り上げられ、安倍首相が「(会への参加者を)募集ではなく、募っているという認識」と答弁する一幕があった。 質問した宮本徹議員(共産)は「私、もう日本語を今まで48年間使ってまいりましたけども、募るというのは募集するというのと同じですよ。 募集の募は募るっていう字なんですよ」と切り返した。 この発言が報じられると、Twitterでは「 募ってはいるが募集はしてない」というハッシュタグが生まれ、大喜利が始まった。 「答弁してはいるが答えていない」「太っているが肥えてはいない」といった投稿が集まり、一時トレンド入りした。 時事通信 衆院予算委で答弁する安倍首相 1月28日の宮本議員の質問の焦点は、安倍政権下で桜を見る会の参加者数が急増した理由だった。 そのうえで、安倍事務所が出した「桜を見る会」の申込書を示して質問を重ねた。 申込書には「ご家族、知人、友人の場合は別途用紙でお申込み下さい。 (コピーしてご利用下さい)」と書いてある。 そこから「各界で功労・功績が会った方々を招く」という桜を見る会の趣旨の枠を外れた人々も次々と招かれたのではないかと尋ねた。 「募集しているということについては、いつからご存じだったのですか」という質問に、安倍首相「私はですね、幅広く募っているという認識でございました。 募集してるという認識ではなかったのです」と答えた。 宮本議員は「私、もう日本語を今まで48年間使ってまいりましたけども、募るというのは募集するというのと同じですよ。 募集の募は募るっていう字なんですよ」と切り返した。 その後も質疑は続いたが、首相は「いずれにせよ、文書、名簿が残っておりませんので、確認のしようがない」と語るに止まった。 jp 宮本氏が示した安倍事務所の「桜を見る会」の申込書 宮本議員「桜を見る会は各界の功績・功労の会った方を招くものですが、安倍事務所の『桜を見る会』の申込書には、功績・功労を書く欄はない。 紹介者欄があり、参加者が友人・知人の場合は別途用紙でお申し込み下さい、コピーしてご利用下さいとあります」 「募るというのは、安倍政権下でやったことなんです。 招待基準は曖昧ではない。 各界の功績・功労がある方。 幅広く募るのも代々の慣行ではなく、安倍政権の7年の慣行だということじゃありませんか。 幅広くつのる。 (申込書の)コピーをどんどん取ってやったということです。 幅広くという依頼が内閣官房から来てたんですか」 安倍首相「基本的に、幅広くと言うのは偏りがないということでございまして、さまざまな分野で活動しておられる方を含め、事務所には過去の資料が残っていないので詳細は不明ですが、幅広く参加者を募る観点から、このような文書をつかってきたのではないかということでございました」 大西・内閣官房審議官「文言として幅広くというものがあったかどうかは、ちょっと分かりません」 「総理はいつからご存じでしたか」 宮本議員「このやり方で幅広く安倍事務所が募っていることについて、総理はいつからご存じでしたか」 安倍首相「幅広くということをいつから知っていたか、ということでございますか。 内閣官房、内閣府から幅広く推薦を依頼される中において、幅広く希望者を募るということで行ってきたというところで、それについては承知をしておりました」 宮本議員「内閣府はさきほど、幅広くという文言は記憶がないと答えている。 jp 質問する宮本議員 安倍首相「文書(申込書)についてはつまびらかには承知していなかったのでありますが、私の事務所が(招待者を)推薦する過程において相談を受けた場合に意見を伝えたこともありますし、私が把握した各界で活躍されている方を推薦するよう意見を伝えたこともあったということです」 宮本議員「この文書は見たことはなかったということですが、幅広く招待している、募っている、募集していることについては、これは推薦しているというわけではないですよ。 募集しているということについては、いつからご存じだったのですか」 「募集している認識ではない」 安倍首相「私はですね、幅広く募っているという認識でございました。 募集してるという認識ではなかったのです」 宮本議員「私、もう日本語を今まで48年間使ってまいりましたけども、募るというのは募集するというのと同じですよ。 募集の募は募るっていう字なんですよ。 総理がさっきから募っているというのは募集しているということなんですよ。 その認識がなく、募るという言葉を使ってらっしゃったんですか」 安倍首相「あの、それはですね、つまり、事務所がですね、ま、いわば今までの、ですね、経緯の中において、それにふさわしい方々に声をかけていると。 そこで、それぞれが桜を見る会に参加するかどうかについて伺っている、そういう意味において募っている、ということでございます」 宮本議員「ふさわしい方に声かけてるんじゃないですよ。 これ見てくださいよ。 コピーしてください、知人や友人を誘ってくださいって書いてあるんですよ。 これが『募る』っていうことなんじゃないですか。 実態は、(推薦に)ふさわしい方に声をかけているだけじゃなくて、知人や友人を含めてどんどん誘って下さいと総理の地元事務所がやってきたということじゃないですか」 「いずれにせよ文書は残っていない」 安倍首相「あの、いわば、それにふさわしい方ということでですね、いわば募っているという認識があったわけでございまして、例えば新聞等に広告を出して、どうぞということではないんだろうというわけでございます。 そのうえで申し上げますが、最終的に内閣官房及び内閣府でとりまとめを行っているという認識であります」 「友人知人を募っていけば際限がないと思うんです。 コピーを取って下さいと書いてある。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の