みずほ総合研究所 年収。 みずほ情報総研の年収を徹底解説!平均は年収500~700万円!

【みずほ情報総研の年収】ここでしか聞けない社員の声!リアルな年収事情とは

みずほ総合研究所 年収

みずほ総研はみずほフィナンシャルグループを筆頭株主とするシンクタンクです。 発足は2002年10月で、第一勧銀情報システム、富士総合研究所、興銀システム開発が統合されて現在の事業体になっています。 従業員数は300名ほどで少数精鋭を保っています。 「進化するハイクオリティー・シンクタンク」を掲げ、政策課題や経営課題の解決に向けた各種サービスを提供しています。 みずほフィナンシャルグループの一員企業である特性を活かして、グループ経由で案件受注が行われることも多いです。 職種としてはエコノミスト、研究員、コンサルタントが用意されています。 なお、採用活動は個別に行われています。 みずほ総研の年収や労働環境、転職情報を整理してみました。 1.『』 年収800万以上や外資系への転職に強い 2.『』 評判の良い総合転職エージェント 3.『』 フリーコンサル案件に特化したエージェント みずほ総研の年収はそこまで高くない みずほ総研の年収は公には公開されていませんが、ランク別だと以下のように推移しているようです。 ここではコンサルタント職を前提とした金額を記載しますが、職種によっても多少異なる場合があります。 ただし、外資系には存在しない住宅補助金や時間外手当の他、昼食費補助もあるため、トータル支給金額としては高いと言えるでしょう。 福利厚生により生活費の負担が軽減されるのを踏まえるとかなり良い待遇と言えます。 みずほ総研の主な事業内容 みずほ総研の事業内容は、主に経済調査や市場調査といったリサーチ業務、経営コンサルティングやアドバイザリー等に関する業務、社内教育・セミナーや人事コンサルティングといったヒューマンリソースコンサルティング業務に分かれます。 リサーチ業務については、経済調査、欧米調査、市場調査、金融調査、アジア調査、政策調査の計6つの専門領域に分けられており、各領域でスペシャリスト人材がマクロ情報の提供や政策提言を行います。 コンサルティング業務では、主に民間企業向けに各種コンサルティングサービスを提供しています。 みずほ総研の特徴として、FORUM-Mという会員制度が用意されており、その会員に向けてのコンサルティングサービスの提供がされる点が挙げられます。 サービス提供分野としては、経営、会計、税務、法務、人事労務などがありますが、その他年金コンサルティングも行っています。 みずほフィナンシャルグループのネットワークを活用した顧客獲得や継続的なサービス提供を行っているのが特徴になります。 みずほ総研は比較的ワークライフバランスが整っている みずほ総研は、激務と言われるコンサル・シンクタンク業界の中では比較的ワークライフバランスが整っている企業です。 みずほフィナンシャルグループ全体としてワークライフバランスの推進に力を入れていることもあり、みずほ総研としても性別や年齢やライフステージに関わらず社員が最大のパフォーマンスを発揮できるように環境を整えようと各種取り組みを行っています。 出産や育児、介護の場合の各休暇制度が詳細に会社HPに掲載されており、実際に取得している社員も複数存在します。 子育てサポート企業の認定マークである「くるみん」も取得しています。 福利厚生としても、各種有給休暇や金銭的な補助制度も存在しており手厚いと言えます。 長期的に一つの会社に腰を据えて働きたい場合は特に合っている企業と言えるでしょう。 みずほ総研の求める人材像や必要スキル 求める人材像として、物事の本質を見据えた上で主体的に考え行動できることが挙げられます。 特に近年は社会や産業の変化が激しく、クライアントである政府機関は民間企業でも前例のない判断が必要になる場面が増えているので、 「真のビジネスパートナー」としてより良い未来を社会や未来の姿を創るために日々能力や技術を磨いていけることが求められます。 具体的なスキルとしては、シンクタンクやコンサルティングファームでは必ず必要となる分析力やロジカルシンキングに加え、クライアントや社内のチームとの関係を構築できるコミュニケーション能力が求められます。 公共系の案件も多いため、 前職でコンサルティングファームやシンクタンクでの業務経験がある方はもちろん、社会インフラ関連の企業における業務経験がある方も歓迎されるでしょう。 みずほ総研への転職に向いている人 みずほへの転職に向いているのは、主に以下の三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。 国や社会の動きに影響を与える仕事をしたいと考えていること• 成長意欲が高く主体的に行動しながら努力をしていけること• シンクタンクやコンサルティングファーム、社会インフラ関連の業務経験があること みずほ総研は新卒採用が多く中途採用はあまり多くありませんが、転職エージェント等を通じて募集している時期もあります。 政府向け案件も多いので、 国の政策に興味がある方や社会へのインパクトが大きい仕事をしたい場合は合っている企業と言えるでしょう。 みずほ総研への転職を検討している方がすべき1つのこと ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。 その理由は下記3点です。 Webには出てこないみずほ総研のリアルな情報が手に入る可能性がある• みずほ総研およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる• 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる みずほ総研への転職を目指す方へのおすすめエージェント みずほ総研を目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。 転職エージェント 登録すべき人 ランスタッド 高年収を目指す、すべての方 Type転職エージェント 年収800万以下のすべての方 アクシスコンサルティング コンサルタント転職を目指す、すべての方 ランスタッド は、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。 39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。 年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。 世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

次の

みずほ情報総研の年収を徹底解説!平均は年収500~700万円!

みずほ総合研究所 年収

みずほ銀行の平均年収の推移 みずほ銀行の有価証券報告書を見ると、平均年収は700万円代前半を推移していることがわかります。 年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数 2018年 737万円 37. 7 13. 8 29,991 2017年 738万円 37. 5 13. 7 30,301 2016年 744万円 37. 7 13. 9 29,848 2015年 757万円 37. 8 14. 4 27,355 2014年 738万円 37. 8 14. 5 26,561 2013年 725万円 37. 5 14. 4 26,250 出典: みずほ銀行の平均年収は何位?(2017年度) そのため、みずほ銀行の平均年収737万円を東洋経済がまとめた上場企業平均年収ランキングに当てはめると、 500位圏外でした。 (みずほ銀行は非上場企業なため、東洋経済がまとめた正式な平均年収ランキングには未掲載です) ちなみに、平均年収ランキングトップ100には、• 投資会社• 放送会社のホールディングス• 金融系企業 などの業界に属する会社が連ねています。 順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比 1 2,478 31. 3 -516. 7 2 2,110 35. 8 22. 2 3 2,063 37. 9 504. 3 4 1,738 36. 2 298. 0 5 1,636 39. 8 105. 4 6 1,607 42. 5 66. 8 7 1,586 51. 0 -46. 2 8 1,539 36. 2 -237. 3 9 1,520 41. 7 59. 9 10 1,501 41. 7 132. 5 順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比 11 1,460 48. 4 -116. 3 12 1,430 42. 2 10. 1 13 1,429 46. 9 37. 7 14 1,413 35. 1 94. 2 15 1,411 47. 6 19. 5 16 1,398 38. 5 113. 9 17 1,389 42. 6 85. 5 18 1,389 41. 9 67. 2 19 1,387 42. 7 10. 7 20 1,384 43. 8 -71. 2 21 1,372 48. 8 -89. 0 22 1,364 40. 8 17. 0 23 1,363 53. 3 21. 9 24 1,359 42. 5 341. 1 25 1,338 43. 5 -51. 7 26 1,309 51. 2 -6. 1 27 1,303 50. 1 -74. 9 28 1,281 50. 5 969. 1 29 1,272 44. 3 195. 2 30 1,263 40. 7 150. 9 31 1,253 41. 5 95. 3 32 1,251 50. 2 -227. 8 33 1,247 41. 2 18. 7 34 1,243 43. 8 448. 9 35 1,241 47. 3 89. 8 36 1,230 49. 3 -17. 3 37 1,221 40. 3 55. 7 38 1,205 57. 8 -0. 8 39 1,204 43. 2 -7. 7 40 1,198 43. 3 3. 2 41 1,179 40. 7 -92. 7 42 1,167 42. 0 -655. 0 〃 1,167 46. 5 49. 9 〃 1,167 36. 8 17. 7 45 1,165 49. 5 -59. 1 46 1,161 43. 8 -84. 2 47 1,158 44. 8 53. 7 48 1,155 39. 3 -32. 7 49 1,153 46. 3 112. 1 50 1,152 43. 4 -20. 8 51 1,150 34. 3 90. 9 52 1,140 40. 9 32. 8 53 1,139 41. 9 36. 0 54 1,138 44. 2 36. 0 55 1,137 42. 7 24. 6 56 1,117 51. 0 36. 6 57 1,113 44. 1 -80. 8 58 1,108 48. 3 — 59 1,101 47. 3 66. 7 60 1,099 45. 2 54. 5 61 1,098 46. 2 — 62 1,097 43. 0 -6. 0 〃 1,097 41. 9 45. 2 64 1,094 41. 5 55. 2 65 1,093 43. 3 92. 5 66 1,090 44. 2 148. 4 67 1,083 46. 6 -134. 2 68 1,080 47. 4 3. 6 69 1,078 54. 2 250. 1 70 1,076 48. 9 -118. 4 71 1,071 48. 0 -21. 8 72 1,067 43. 5 -7. 7 73 1,067 42. 1 5. 6 〃 1,064 42. 6 -33. 2 75 1,061 43. 4 -23. 7 76 1,061 40. 2 -24. 2 〃 1,056 41. 9 11. 8 78 1,055 44. 0 -21. 3 〃 1,054 59. 8 275. 8 80 1,053 39. 1 -50. 6 〃 1,053 47. 5 -47. 2 82 1,052 42. 5 6. 5 83 1,051 41. 4 32. 6 〃 1,051 43. 0 63. 9 〃 1,051 42. 4 37. 3 86 1,049 52. 3 -129. 8 87 1,046 43. 1 15. 0 88 1,044 53. 1 1. 5 89 1,038 46. 8 19. 0 〃 1,029 47. 0 -85. 6 91 1,025 44. 4 64. 9 92 1,023 45. 1 9. 4 93 1,022 39. 2 8. 7 94 1,020 43. 4 128. 0 95 1,019 44. 7 26. 7 96 1,010 35. 1 42. 8 〃 1,010 41. 6 -119. 2 98 1,006 42. 3 10. 7 99 997 42. 6 198. 3 〃 997 39. 6 26. 3 出典:PRESIDENT Online みずほ銀行の役職別の平均年収 みずほ銀行の役職別の平均年収を表にまとめました。 (口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました) みずほ銀行では、役職につくと大幅に年収が上がります。 副支店長クラスから年収1,000万円の大台に乗るイメージですね。 役職 平均年収 支店長クラス 1,500万円〜(推定) 副支店長クラス 1,000万円〜(推定) 課長クラス 800万円〜(推定) メンバークラス 400万円〜800万円(推定) 今後は年功序列が廃止に? 現在のみずほ銀行は、年功序列的な給与制度をとっており、年齢を重ねれば一定以上まで自動的に昇給・昇格が行われます。 しかし、2019年11月、みずほ銀行は管理職の自動昇給を廃止していくと発表しました。 銀行はIT化が進むことで余剰人員が生まれており、また事業自体が縮小していく傾向にある中で、今後の経営方針が問われています。 早期退職やリストラの噂もある中、今後のみずほ銀行の動向には注目が集まります。 みずほフィナンシャルグループの平均年収ランキング 総合金融グループ、みずほグループは、みずほ銀行をはじめとした金融機関が多数存在します。 ここでは、中核企業5社の平均年収をランキングでまとめました。 社名 平均年収 1 みずほフィナンシャルグループ 911万円 2 みずほ証券 880万円(推定) 3 みずほ信託銀行 847万円 4 みずほ銀行 737万円 5 みずほ総合研究所 700万円(推定) 1.みずほフィナンシャルグループ みずほフィナンシャルグループの 平均年収は911万円です。 みずほフィナンシャルグループは、みずほグループを統括する銀行持株会社です。 みずほグループ全体の経営戦略の策定・実行支援やコーポレートなどを行なっている企業です。 2.みずほ証券 みずほ証券の 平均年収は約880万円です。 みずほ証券は、みずほグループの証券会社です。 日本の証券会社全体の中では、売上高4位に位置付けています。 3.みずほ信託銀行 みずほ信託銀行の 平均年収は847万円です。 みずほ信託銀行は、国内大手信託銀行3社の一角を担っている企業です。 グループ全体で連携を取ることで、様々なニーズに即した信託商品・サービスを提供しています。 4.みずほ銀行 みずほ銀行の 平均年収は737万円です。 みずほ銀行は、日本の3大メガバンクのひとつです。 みずほグループの中核を担っています。 2002年に、旧みずほホールディングス傘下の第一勧業銀行、日本興業銀行、富士銀行の分割・合併により旧みずほ銀行が設立されました。 その後、2013年にみずほコーポレート銀行が旧みずほ銀行を吸収合併したことにより、現在のみずほ銀行が誕生しました。 5.みずほ総合研究所 みずほ総合研究所の 平均年収は約700万円です。 みずほ総合研究所は、みずほグループ系列のシンクタンクです。 主にみずほグループ企業や観光庁に向けて、リサーチ、コンサルティング、人材育成・セミナー、メンバーシップなどを提供しています。 メガバンクの平均年収を比較 日本の三大メガバンクの平均年収をまとめました。 みずほ銀行は3位でした。 企業名 平均年収 連結経常収益 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング 三井住友銀行 820万円 3兆3,698億円 非公開 84位 三菱UFJ銀行 771万円 4兆8,639億円 約4,636万円 35位 みずほ銀行 737万円 3兆1,490億円 非公開 46位 出典: 三井住友銀行とみずほ銀行の平均年収には、100万円近くの差があります。 また、三菱UFJ銀行とみずほ銀行の平均年収には、30万円程度の差があります。 連結経常収益を比較しても、みずほ銀行は3位です。 銀行業界全体が変革期を迎えているなか、今後どのように推移していくのか、注目が必要です。 「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、みずほ銀行を志望している方は、事前準備が重要になります。 みずほ銀行に転職するために知っておくべきこと みずほ銀行に転職するために知っておくべきことは、2つあります。 公開求人での採用は不定期• 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する 1.公開求人での採用は不定期 みずほ銀行は、通年採用しておらず、不定期に公開求人での採用を行います。 みずほ銀行への転職に興味のある方は、常にみずほ銀行の採用ページをチェックしておくことが必要です。 一方で、これはあくまで公開求人の話し。 企業は、公開求人だけでなく非公開求人を転職エージェントに掲載している可能性があります。 2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する 転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。 みずほ銀行は、転職エージェントに 「非公開求人」を掲載している可能性があります。 みずほ銀行のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。 みずほ銀行の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。 転職エージェントでは、 みずほ銀行の求人紹介はもちろん、みずほ銀行から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

次の

みずほ総合研究所への転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

みずほ総合研究所 年収

社会・公共アドバイザリー部 三宅 健士朗 【年収】非公開 これが私の仕事 官公庁を主なクライアントとする受託調査・研究 中央官庁や地方公共団体などから委託を受け、公共施設の建て替えにかかわる民間活力活用(PFI等)の導入可能性調査や、中心市街地等の地域活性化など、まちづくり・まちおこし分野での行政向けアドバイザリー業務を行っています。 公共サービスにおける民間活力の活用にあたっては、文献調査だけでなく、行政の意向を踏まえた民間企業へのヒアリングも行い、報告書としてまとめます。 これらの調査は行政の各種施策・事業に反映されることから、行政と民間の間に立つ「橋渡し」という役割を持っており、社会性の高い意義のある仕事と感じています。 だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード 広範囲の知識が求められる業務で、お客さまから感謝されたこと 入社1年目に、ある公共施設における民間活力の活用手法を検討する調査を行いました。 調査に際しては、多岐にわたる行政・民間企業の意向をとりまとめ、社会にとっての還元が大きい最善策を検討し、提案内容を検討しなければいけません。 そのために、1つの施設であっても10~15社、多い時にはそれ以上の企業へヒアリングを実施し、民間の意向を調査する必要があります。 また、ヒアリングだけでなく、過去の事例や社会の動向、さらには法務・財務分野の専門知識など多岐にわたる能力が求められ、お客さまからの質問・要望に正確に答えることにとても苦労しました。 それでも、経験豊富な先輩社員の助けを借りて課題を乗り越え、お客さまから感謝の言葉を頂いたときには、自らの仕事の責任とともに大きなやりがいを実感しました。 ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き これまでの経験を最大限活かした仕事に取り組めること みずほ総研は、社員一人ひとりの経歴や経験に応じて所属や業務をマッチングすることに充分に時間をかける会社だと感じています。 例えば、私は学生時代、建築学を専攻し、建築設計を学ぶとともに、地方の古い建築物の保存活動や、それを活かしたまちづくり計画に携わってきましたが、採用面接の際に、こうした経験をじっくりと聞いてもらったことは、今でも印象に残っています。 社会人になる前は、学生時代の経験と実際の業務との間にギャップがあることも多少は覚悟していましたが、こうしたマッチングの結果、現在は、関心のある分野で予想以上にこれまでの経験を活かした仕事に従事することができています。 これまでのキャリア 2015年4月に入社し、社会・公共アドバイザリー部に配属 この仕事のポイント コンサルタント・研究員 イキイキした地域社会をつくっていく仕事 忍耐力と集中力が必要な仕事 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事 使命感に燃えやすい人向きの仕事 先輩からの就職活動アドバイス! 自分が何を仕事とし、どのように働きたいかという問いには、決まった答えがありませんが、それでも、誰もがどこかで決断しなければならない時がきます。 その時に、会社のことを知っておけばおくほど、その会社で入社後に働いた時の違和感は少なくなると思います。 就職活動では、自分が入社した時にどのように働くかイメージできるよう、分からないことは躊躇せずに企業の担当者に聞いておきましょう。 みずほ総合研究所株式会社の先輩社員 経営コンサルティング部 佐藤 福子 経済調査部 宮嶋 貴之.

次の