長谷寺 あじさい 予約。 長谷寺 あじさい鑑賞は事前申込制へ

長谷寺 あじさい鑑賞は事前申込制へ

長谷寺 あじさい 予約

鎌倉の 長谷寺のあじさいは有名ですね。 毎年多くの人が訪れる観光スポットですよねぇ。 今年は、コロナの影響により、長谷寺のあじさい路での アジサイ鑑賞は事前申込制となりました。 以下、概要となります。 詳しくはをご覧ください。 了承の上、お申込みください。 よって、あじさい路へ入れるのは一度だけです。 また、混雑回避のため「あじさい路」での滞在時間は30分以内となります。 「当選」はがきを必ず持参 ・当選はがきがない場合、いかなる理由でもあじさい路へ入場できません ・「当選」はがきに記載の日時を変更することはできません。 災害、台風等、やむを得ない事情、また感染拡大や休止要請がある場合は、あじさい路を閉鎖させて頂きます。 このような場合でも日時の変更はできません。 【当日券について】 密集回避のため事前申し込みを基本とし、申込みに空きがある場合には門前にて、当日の朝8時より午前の分を、12時より午後の分を配布予定です。 尚、当日券の有無は、事前に公式サイトでお知らせあり。

次の

鎌倉長谷寺のあじさい2020!見頃時期や開花は?待ち時間や再入場は?

長谷寺 あじさい 予約

PR 長谷寺のあじさい観賞について【2020年は事前予約制】 あじさいの見頃は? 長谷寺のあじさいの見頃は、例年6月中旬です。 5月下旬〜7月上旬にかけてあじさいが花を咲かせています。 あじさい観賞日時は? 長谷寺のあじさい鑑賞期間は、6月1日〜6月30日。 午前:8:00-12:00 午後:12:00-16:00 あじさい拝観料は? 長谷寺の通常の拝観料は、大人400円・子供200円です。 今年はあじさいの拝観料については1人1000円。 新型コロナウィルスへの医療支援寄附金(500円)を含みます。 長谷寺のアクセス方法は? 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2  長谷寺のアクセス方法は、鎌倉駅もしくは藤沢駅で江ノ電に乗り換えて、長谷駅で下車。 長谷駅から徒歩5分の場所です。 駐車場もあるので、車でもアクセス可能です。 長谷寺のあじさい観賞予約の申し込み方法 事前予約が必要なのは、あじさい観賞のみです。 当日券も配布されているようです。 ハガキ申し込み 今年の長谷寺のあじさい鑑賞の予約方法は、 往復はがきで先着順の事前申込制。 今年は混雑を避けるため、午前500名・午後500名での1日1000人を上限とし、日時を指定しての先着順で拝観申し込みが可能です。 当選ハガキ1枚で、2名まで入場可能です。

次の

『鎌倉 長谷寺の紫陽花の見どころ』あじさい寺のカラフルな散策路は必見♫|かまくらいふ

長谷寺 あじさい 予約

【2020年長谷寺のあじさい開花予想】 暖冬の影響により約1週間ほど早まる予定。 6月第1週目からあじさいを鑑賞できる可能性あり。 詳しい開花状況はの鎌倉長谷寺のページから確認できます。 花ショウブとあじさい これより早い時期に行くと、長谷寺では 花ショウブとあじさいを両方楽しむことができます。 花ショウブの見ごろは 5月下旬から6月中旬。 混雑の時期を外して、花ショウブとあじさいの両方を楽しむのも良いかもしれませんね。 先に挙げた「あじさい日和の週末」を外しても、長谷寺では充分にあじさいを鑑賞することができます。 長谷寺のあじさいは品種がとても豊富なので、早咲き(5月下旬)から遅咲き(6月下旬)まで、実は 見頃と言える期間が長いのです。 混雑を避けたい方は、 一番の見頃の時期を外して訪れると良いと思いますよ。 長谷寺のあじさいの見どころは? 長谷寺は神奈川県鎌倉市にある浄土宗系統の単立寺院です。 鎌倉で あじさい三大名所と言われるのが、明月院、成就院、そして長谷寺なのですが、長谷寺があじさい路を整備しはじめたのは西暦2002年になってから。 明月院や成就院と比べると、実は歴史が浅いのです。 しかし長谷寺のあじさいは品種が多いことが特徴で、 40種2,500株以上のあじさいが植えられています。 明月院が青一色なのに対して、 長谷寺は色とりどりで形もさまざま。 1つ1つ眺めていても飽きを感じさせないところが人気で、晴れた日は光、雨の日は雨粒で光るように咲く花々が見事な美しさを演出しています。 抜群の景観! 「あじさい路」とよばれる、130段の細い階段からなる 眺望散策路を山の頂上へ向かってのぼるのが、長谷寺のあじさいを楽しむ一番人気のコース。 斜面をさまざまなあじさいが色とりどりに埋め尽くす風景は、まるで絵本のよう。 上まで登りきると見晴台があり、天気が良ければ 由比ヶ浜の海も眺められますよ。 見晴台からの景色もすばらしく、傾斜を登ってやっと海が見えた時の解放感は抜群! 振り返った時に見える、 あじさい越しのきらめく由比ケ浜の海と街並みはまさに絶景です。 15~20分程度で回れる あじさい路をぐるりと回りきる所要時間は普通に歩くと大体約10~15分程度ですが、混雑している時期は20分~30分ほどを目安にしておくといいでしょう。 季節柄、地面も滑りやすくなってるので、なるべく滑りにくい歩きやすい靴でお出かけくださいね。 品種の多さと長谷寺ならではのあじさい ほんの一例ですが、 ブルースカイ、ヒメアジサイ、ウスアジサイ、クロヒメ、西洋アジサイ、アナベル、クロジク、ベニガク、ウズアジサイなど、品種の多さはほかのお寺を圧倒しています。 長谷四片(はせよひら)、長谷の潮騒(はせのしおさい)、長谷の祈り(はせのいのり)など、長谷寺の名前を冠した品種があることでも有名で、このあたりも人気の一因であるようですよ。 八重のあじさい 下の境内にある、長谷寺が、 『鎌倉』と命名した青い大きな八重のあじさいも見ておきたいところですね。 あじさい図鑑を片手にゆっくり鑑賞するのも楽しいですよ。 竹林と一緒に咲いているあじさいを鑑賞できるのは、長谷寺ならではです。 Sponsored Link あじさい路(眺望散策路)の待ち時間は? 整理券はお寺の人が混雑が予想されるタイミングで発行されますが、あまり遅くいくと 整理券配布自体が終わってしまう場合もあるのでご注意を。 (例年、遅くても15:00くらいまでの配布となっています。 ) 規制がかかるのは「あじさい路」だけなので、整理券が発行された場合は入場して、境内の ほかの場所をのんびり散策してからあじさい路(眺望散策路)に行くことをおすすめします。 再入場することも可能 ただお子様連れなどで1時間も境内でのんびり順番を待っていられないという方は、いったん外へ出て再入場するという方法もあります。 再入場したい場合は、 拝観券と整理券を入り口で見せれば再入場可能ですのでどちらも無くさないようにしておきましょう。 再入場は当日17:00まで可能です。 混雑期でも長谷寺では 再入場が認められているので早めに整理券だけもらって、待ち時間の間にほかのお寺を拝観したりお食事をするなどして時間を有効活用するのも賢い方法ですね。 ライトアップはある? 長谷寺では、あじさいの時期にライトアップは実施していません。 明るいうちに楽しみましょう。 秋の紅葉の時期にライトアップがされるので、秋の夜間拝観を楽しみにお待ちくださいね。 御朱印のもらい方は? 長谷寺では、入口すぐ左手に 御朱印所があります。 長谷寺御本尊(十一面観世音菩薩)の御朱印、 鎌倉江の島七福神 大黒天、 阿弥陀堂御本尊(阿弥陀如来)の御朱印と3種を押していただくことができます(1種につき300円)。 ここも待ち時間があるので、御朱印が欲しい方は、拝観前に真っ先に並びましょう。 料金を払って御朱印帳を預けると整理券をいただけるので、ゆっくり境内を散策した後、帰る時に受領すると良いと思いますよ。 また、長谷寺の御朱印帳はあじさい柄の綺麗な御朱印帳。 1冊1,500円、ほかにもみじ柄もあります。   小規模の駐車場が多いので、混雑時はどこも満車になる可能性もあります。 最もおすすめするアクセス方法は、パークアンドライド方式。

次の