アジア ニュース チャンネル。 世界の注目テレビ局 (ライブ放送&動画)

番組紹介|BBCワールドニュース‐英国放送協会の国際ニュースチャンネル

アジア ニュース チャンネル

歴史 [ ] 1976年12月、で網の整備と番組を安価で送れるが出来た事で、が、で経営するにおいて、衛星を使ってケーブルテレビに自社番組を供給する ()事業に参入。 この成功体験が基となり、24時間ニュース専門局のを立ち上げ、1980年6月1日に放送を開始した。 当時は未だ24時間も流し続けるニュース素材があるとは思われておらず、CNNは開局当初より存続も危ぶまれていた。 しかし、これらの予想に反しの、の・、そしてのの報道においてその速報性を発揮し、大成功を収めた。 CNNの成功に誘発される形で、1982年7月21日、 ()ととニュース専門放送局 ()を立ち上げ、CNNとのニュース戦争に挑んだが、CNNに敗北し16か月後の1983年10月27日に閉局。 この他にも、1989年が経済情報に特化した専門局を開局し、同年英国では、1990年代後半に入り、各国で各放送局がニュース専門チャンネルを立ち上げる動きが活発化して行く。 また、ケーブルテレビの発達により、この他にもスポーツニュースに特化した専門局やに特化した専門局が登場してきた。 1993年9月に韓国にて聯合テレビジョンニュース(現在の)が、1996年11月にカタールにてが、1999年3月にシンガポールにて ()がサービスインされた。 日本 [ ] 日本国内でニュース専門放送局が初めてサービスインされたのは、、がケーブルテレビ局向けに配信を開始した『 略称:NCN 』である。 その2年後の、1989年10月1日、が筆頭株主として出資し誕生した、『 』、、が出資した、経済ニュース専門の『 』が開局した。 当時、日本のケーブルテレビ局の事情は主に難視聴地域とホテル等の集合建築の共同受信設備がメインの運営形態だったので、専門放送局および専門チャンネルの認知度も他国と比べて低かった。 また、日本の放送行政では多くの地域で各局の放送が直接受信で視聴出来た事があり、需要として少なかった。 その後、1992年4月にCSアナログ放送プラットホームがサービスインされ、一般個人向けの放送が開始されたがそれでも設備の価格が高価のため普及率は低かった。 ケーブルテレビ向けにサービスインされたが、双方のチャンネル共24時間の終夜放送は無く、ニュース以外の番組編成を敷いていた。 その後、1996年6月20日、とが協業での関連事業である、「」計画発表。 同年12月17日にスカイエンターテイメント株式会社を設立し、1998年4月25日、日本デジタル放送サービスとの対等合併により誕生した、東経128度CSプラットフォーム「」が開始され、それに に伴い、アメリカとイギリスのニュース専門局である、、等の放送開始。 また、にがサービスインされた事でコンテンツ拡充の一環として、1997年5月にをアジア・ビジネス・ニュース、、、が立上げ、同年12月から放送開始。 その後、に『 』が開局した。 4月1日にが『 』を開局し、当初は放送と並行してインターネット配信も行っていたが、放送局としての放送はすでに終了済みである(インターネット配信はその後も継続実施)。 しかし、2016年4月1日時点でサービスインされているニュース専門局は全て、を形成している、が事業運営しているテレビ局で、運営会社として報道専業の別会社として登記されているニュース専門局は皆無である。 また、当該ページでは専門局と称しているが、衛星放送及びケーブルテレビの止まりの形式である。 2016年4月11日にはが開局し、これはとの共同出資によるのチャンネルである。 であるは、4月、元会長であったがCNNに刺激され、国際放送として欧米の放送局と提携したニュース専門局であるGNN Global News Network 構想を発表。 NHKとBBC、ABCが8時間ずつ分担して、全世界に24時間ニュースを放送する通信衛星ネットワークを構築するという壮大な構想だった。 GNNのキーステーションとするために、に所在するは、元々は建設されたものされている。 しかし、GNN向けの補完放送衛星「」の打ち上げ失敗に始まり、島が自身の女性問題が急浮上し始めた所に、国会での虚偽答弁、経費流用疑惑が加わり、結果会長辞任に追い込まれ、その後会長職に就いた、が翻した。 国際放送としては、1990年3月にを立ち上げて放送していたが、NHK総合にて放送していた番組の再送信だったため、国際放送の役割が担えてるとは言いにくい営業状態であった。 頃、の24時間ニュース専門チャンネル化構想が存在し 、一部番組編成や番組構成内容に変化が見られたが、2016年時点でこの構想に基づくそれ以上の変化や動きは見られていない。 また、2009年2月2日、のが再開局に伴い完全英語放送化し、定時ニュースをの制作や運営業務はに委託している状態で、の「情報発信強化に関する検討会」の中間報告では、完全ニュースチャンネル化の意見が提出された が、2016年10月時点で番組編成が変わった以外特に動きは無く、ニュース専門チャンネル及び、専門局の立上げは無い。 特徴 [ ] ニュースヘッドラインを逐一常時させるために、テレビ画面にと呼ばれるニュース情報を表示させるシステムを採用しており、欧米、アジア、中東のニュース専門局では画面下部にヘッドラインが表示させる形式を採用している。 また、放送局によってはのまま必要な情報を表示させているチャンネルも存在する。 ニュース専門チャンネルの一覧 [ ] 北米 [ ] 日本• (放送事業者での放送としてはすでに終了済み )• (CATVにて配信) 中華民国• 中華人民共和国• TVBN2• シンガポール• () フィリピン• () インドネシア• () インド• () 中東• - 本拠はイギリスだが、主に中東諸国に向けた放送。 - 本拠はイギリスだが、主にに向けた放送。 大韓民国• () オセアニア [ ] オーストラリア [ ]• - 含む 脚注 [ ]• 社団法人日本ケーブルテレビ連盟 2005年6月. 日本のケーブルテレビ発展史. 205. 2019年12月8日閲覧。 も参照。 も参照。 も参照。 2000年3月、FOX NEWS、スカイニュースが放送終了。 その後、1999年7月、日経とCNBCはチャンネル統合。 2007年1月15日時点のよりアーカイブ。 2016年12月7日閲覧。 プレスリリース , , 2015年1月30日 , 2016年12月7日閲覧。 ()も参照。 かつてはインターネット配信と並行して放送も行っていたが、現在はインターネット配信のみを行っている。 関連項目 [ ]•

次の

世界の放送局[アジア・オセアニア] |NHK BS1 ワールドウオッチング

アジア ニュース チャンネル

シンガポールに拠点を置くニュース専門テレビ局、チャンネル・ニュース・アジアは9月28日、CSRコンサルティング企業であるCSRアジアおよびサステナリティクス(Sustainalytics)とともに、今年で3回目となる2016年度の「アジアで最も持続可能な100社(2016 Channel NewsAsia Sustainability Ranking)」を公表した。 同ランキングは、チャンネル・ニュース・アジアが取り組んでいるCSRプロジェクト「Changing Lives」の一環。 このランキングは幅広いESG(環境・社会・ガバナンス)ファクターを考慮し企業をランク付けしている。 発表されたランキングでは、テクノロジー関連企業が100者のうち38社と多かった。 今回の調査対象は、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、フィリッピン、シンガポール、韓国、台湾、タイの11国・地域。 トップ100にランクインした企業は、日本(33社)、台湾(22社)、インド(16社)、韓国(13社)の4カ国で82%に達した。 これらの国では、サステナビリティ関連の情報開示に関する規制が強化されていることがその背景にあるのではと分析されている。 とりわけ日本企業は、トップ20のうち昨年は1社しかなかったが、今年は5社と大きく躍進した。 ランキングのもととなる企業評価では、サステナリティクスが収集している企業のESGデータが使用されている。 サステナリティクスは、アニュアルレポートやCSR報告書、企業ホームページなど企業が発信している公開情報とともに、政府発表資料、NGOリサーチデータ、CDPなど国際的な団体が発表するデータ、さらに世界55,000以上の報道ニュースをチェックし、独自に企業のESG評価を行っている。 今回のランキングで使われた具体的な項目は、環境イニシアティブ、地域におけるインパクト、従業員に対する処遇、サプライチェーンの管理等に関する情報。 各項目で重大なネガティブ報道やNGOからの非難などがあった場合、各項目のスコアから減点がなされている。 その上、該当する企業には直接Eメールを送り、企業からのも直接情報収集をしている。 トップ100入りした日本企業33社のうち、10位以内に2社、20位以内に5社、一方で40位以下に26社がある。 このランキングからは、日本企業の平均的なESG水準の高さが伺えるが、アジア企業の中でもトップ企業は日本の平均水準以上のパフォーマンスを出していることもわかる。 トップ10の中に入っているインドIT大手ウィプロ(1位)やインフォシス(7位)、台湾半導体大手TSMCやUMCは世界市場でもプレゼンスが大きい。 韓国のサムスン電子(35位)、LG電子(37位)他、台湾の半導体や電子電気機器大手も高順位につけている。 アジアのトップ10企業 1位 ウィプロ(IT)(インド) 2位 シティ・ディペロップメンツ(不動産)(シンガポール) 3位 ライトン・テクノロジー(電機電子)(台湾) 4位 ハンコック・タイヤ(輸送機器)(韓国) 5位 Qisda Corporation(電機電子)(台湾) 6位 UMC(半導体)(台湾) 7位 インフォシス(IT)(インド) 8位 TSMC(半導体)(台湾) 9位 カルソニックカンセイ(輸送機器)(日本) 10位 NEC(電機電子)(日本) トップ100入りした日本企業 9位 カルソニックカンセイ(輸送機器) 10位 NEC(電機電子) 16位 国際石油開発帝石 17位 花王 18位 コニカミノルタ 26位 旭硝子 39位 東京エレクトロン 42位 アンリツ 44位 ライオン 46位 富士通 48位 凸版印刷 50位 大和ハウス工業 53位 キヤノン 66位 大阪ガス 67位 クボタ 71位 帝人 72位 ソニー 74位 東京ガス 76位 ルネサスエレクトロニクス 77位 野村ホールディングス 80位 太陽誘電 82位 沖電気工業 87位 古河電気工業 88位 住友金属鉱山 89位 SCREENホールディングス 90位 JSR 91位 パナソニック 92位 アシックス 93位 ニコン 95位 シャープ 96位 NTTドコモ 98位 住友林業 100位 東芝テック 【参照ページ】 【ランキング】 【メソドロジー】.

次の

世界の注目テレビ局 (ライブ放送&動画)

アジア ニュース チャンネル

, Ltd All Rights Reserved Licensed by KBS Media Ltd. Inc. , and YG Entertainment Inc. , Ltd. All Rights Reserved. Licensed by KBS Media Ltd. , Ltd. ,Ltd. ,Ltd. all rights reserved. (C 2013 KBS. All rights reserved.

次の