ジール コミュニケーションズ 怪しい。 インターネット上の風評被害・悪評・誹謗中傷は解決のプロにお任せ下さい|株式会社ジールコミュニケーションズ

株式会社ジールコミュニケーションズって会社から怪しい営業メールきたけどマッチポンプ?! : 好きを仕事にする大人塾=かさこ塾塾長・メッセージソングライター・キャリア教育講演家かさこブログ

ジール コミュニケーションズ 怪しい

新型コロナウイルスの感染拡大は、人体だけでなく企業へも大きな影響を与える事態となってしまいました。 中でもウイルス感染など、ネット上のデマ情報や噂が、企業にとって危機的な風評被害を生むケースが見受けられています。 株式会社ジールコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:薮崎真哉、以下「ジールコミュニケーションズ」)は、2008年よりネット上での風評被害から企業を守るためのサービスを提供しております。 ネット上のデマ情報などを監視する業務や、実際にデマ情報が出てしまった場合に、拡散を抑え、解決へと繋げる風評被害対策サービスです。 新型コロナウイルスの影響により、多くの企業様からネット上の監視や風評被害対策に関するご相談を頂いております。 いつどこで発生するかわからないデマ情報に対して、いち早く発見し適切な対応をすることこそが風評被害を最小限に食い止めることへと繋がります。 少しでもネット上での風評被害への不安を持たれている企業・経営者様はご相談ください。 全力でサポート致します。 デマ情報への対策は 「」 「」 をご覧ください• 資料請求はできますか?• サービス内容の詳細が記載されている資料をご請求いただけます。 お電話またはメールよりお申し込みください。 オンライン商談は可能ですか?• オンライン商談でのご対応も可能です。 ご希望の方は、お電話口にて直接お伝えいただくか、お問合せメールフォームの「お問い合わせ内容」欄に 「オンライン商談希望」とご記入いただき、送信をお願いいたします。 サービス対応エリアはどこですか?• 全国47都道府県に対応しております。 本社は東京、支店は大阪にございますので、お近くの場合はすぐにお会いすることも可能です。 問い合わせから契約までにかかる期間はどのくらいですか?• お問い合わせからご契約までは、即日対応することも可能です。 他社で成果がなかなか出ないのですが良い解決方法はありますか?• 弊社では、他社とは異なる対策方法を行っているため、他社で成果が出なかった場合でも対応できる可能性があります。 まずは一度、お気軽にご相談ください。 これまで他社で行ってきた対策の成果は引き継げますか?• 状況にもよりますが、ほとんどの場合は可能です。 風評被害・誹謗中傷対策以外のWebに関する相談も可能ですか?• もちろん可能です。 Webに関するお悩みごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

次の

対策をしてくれる専門の会社に聞いてみました:誹謗中傷対策の手引き

ジール コミュニケーションズ 怪しい

ジールコミュニケーションズとその評判を調べてみた ジールコミュニケーションズの評判は? ジールコミュニケーションズは、主に誹謗中傷の監視や風評被害の対策などを主に手掛ける会社で2008年に設立されました。 クライアントは多岐にわたり、結婚式場やリフォーム会社、アパレル関係、人材派遣業者などが顧客として紹介されているみたいです。 ジールコミュニケーションズの特徴は、人の目による監視を行っている所です。 現在の風評対策サービス業者は、システムによって悪意のある評判や悪意の書き込みをピックアップして対策するというスタイルをとっています。 しかしシステムだとつい見落とされる書き込みやブログも出てきます。 風評被害に関して専門的な知識を持っているスタッフが目視することで、より細かく情報を拾っていけるのです。 もし誹謗中傷コメントを発見すれば、掲示板であればスレッドの強制的な格納、ブログやミラーサイトの場合表示不能にして、多くの人の目に触れさせないようにしています。 掲示板やミラーサイト、ブログの悪意の書き込み対策には一定の評価があります。 しかしこのようなネットにおける風評被害には私も何度か経験がありますが、SNSや口コミサイト、レビューなどが舞台になるケースも多いです。 このような分野における実績などがホームページに掲載されていないので、未知数と評価した方がいいと思います。 悪評ブログ対策はジールコミュニケーションズで 個人レベルでも手軽にブログ開設ができるようになって、多くの人がいろいろなコメントをネット上に残しています。 その中には悪意のある評判や誹謗中傷に近い書き込みも見られます。 最近では商品選びをするにあたって、ネットの情報を参考にする人が多いです。 もし悪評の書かれたブログが検索結果の上位にきてしまうと、商品を購入しようという意欲が失われます。 私も自社サービスを酷評する書き込みを見たときにはへこみました。 特にネットショップのような実物を見ないで注文するサービスの場合、このようなネット上の悪評が致命的なダメージを生み出す可能性も高いです。 実はこのような悪質な書き込みは個人以外にも、消費者を装って同業者がイメージダウンを図って書き込みしていることもあります。 しかもその情報を見た別の人が、さらに尾ひれのついたレビューを書き込むなどして、さらに状況を悪化させてしまうこともあります。 会社としてはダメージを食い止めるためにも、悪評ブログの対策は急務といえます。 ジールコミュニケーションズではこのような悪質なブログ対策のサービスを手掛けています。 専門知識やスキルを持ったスタッフが、豊富なこれまでの対策ノウハウを生かして迅速に対処していきます。 ネット上の風評被害で困っているようであれば、電話やメールで相談してみるのもよいでしょう。 悪質書き込みには逆SEO対策が有効 インターネットに誰もがアクセスできるような時代になりつつある中で、注意しないといけないのが会社や商品に対する悪意のある評判です。 消費者が商品購入するにあたって、インターネットで検索し、ネガティブな情報の書かれているサイトが上位にきてしまうと、購買意欲を低下させることにつながりかねません。 そこで会社や商品のイメージダウンを回避するために、検索結果の上位にいかに悪質な書き込みが来ないようにするかも切実な問題になっています。 そのためには2種類の方法があります。 それは対象のサイトや記事の削除と逆SEO対策をして、ネガティブなサイトの順位を下げてしまう方法です。 前者に関しては、ネガティブな情報を転載されるとどんどん拡散してしまうので削除しきれない恐れがあります。 となると逆SEO対策で上位に来ないようにし、多くの人にネガティブ情報が見えないようにするのが有効です。 ジールコミュニケーションズでは、この逆SEO対策サービスも行っています。 早期に表示順位を下げてしまうことで、なるべく他人の目にネガティブ情報をふれさせないようにします。 会社のイメージを守ることが、見込み客を逃さないようにするためにも必要だと商売をしているとつくづく感じます。

次の

会社概要|株式会社ジールコミュニケーションズ

ジール コミュニケーションズ 怪しい

「故意に評価を下げられた!」ネット告発で炎上 大手飲食店口コミサイトである「Tサイト」は、直接飲食店舗に訪れた人の口コミで店舗が評価され「本当に信頼できるグルメサイト」として人気なサイトです。 炎上した火種は、飲食店を経営しているSさんのネット告発からでした。 Sさんはツイッターに、 「Tサイトの有料コンテンツ加入を断ったら、口コミ評価を下げられた!」 「自分たちの言いなりになる飲食店だけが点数あがるのか…」 などと、Tサイトへの批判意見を投稿しました。 投稿はまたたく間に多くの人に拡散されました。 Sさんの書き込みを見たネットユーザーは、 「これは脅迫とか威力業務妨害になるのでは?」 「本当に信頼できるグルメサイトではなくなったな」 「そういえば、Tサイトって変に点数高い店舗あったよね。 怪しい」 など、批判的な意見を多く書き込み、炎上になってしまいました。 Tサイトへの不信感が次々に告発される 炎上に便乗して、 不信感を持っていた飲食店経営者が次々にネット告発をはじめました。 レストランバーを4店舗経営しているTさんはツイッターに、 「全4店舗のTサイトスコアがいきなり下がる。 そこに担当営業から連絡が来て『有料コンテンツを加入しないと検索の優先順位を落とします』と言ってきた」 などと、書き込みました。 Tサイト側が脅迫するような内容にネットでは騒然となりました。 また、他にも 「口コミの数が1年変わってないのに、評価が下がっていくのはなぜ?」 「知り合いの店にも同じように評価が下がってすぐ営業からの電話がきました!」 など、 飲食店経営者たちが、Tサイトへの不満や疑問を次々に書き込み、大炎上になってしまいました。 炎上になった3つの原因とは 原因1:疑わしい行動 Tサイトの疑わしい行動が、炎上の原因の1つです。 Tサイトは、 口コミの評価が下がったあとや、下がる直前に営業電話をしていたようです。 また、1件だけではなく数件の店舗から報告がされています。 「有料コンテンツに加入しない場合はこうなります」などといった見せしめのような行動に、ネットでは怒りの声が上がっています。 原因2:あいまいな回答 Tサイトは「不正や脅迫があったんではないか」といったユーザーからの意見は認めず、 炎上に対しあいまいな回答をしたことに批判が殺到しています。 Tサイト側は、今回の炎上事態に 「有料コンテンツ加入に一切関係なく、これまでと同様 ユーザーの評価を基礎に(お店の評価を)算出、表示をしております」 と、公式サイトに掲載しました。 正確な算出方法について、詳しいことが分かっていない状況に 「納得いかない」という声が上がりました。 原因3:謝罪がされなかった Tサイト側は、一連の騒動について謝罪は一切おこないませんでした。 しかしネットでは 「疑わしい行動自体に謝罪をしてほしいわけではなく、ユーザーや店舗経営者に不信感を与えてしまったことに謝罪してほしい」と思う人が多かったようです。 Tサイトは掲載飲食店とのトラブルで裁判になったことも 事例1:風評被害でTサイトを訴えた店舗 Tサイトに書き込まれた口コミで客が激減したとして、Tサイトを訴えた店舗があります。 Tサイトに「料理が出てくるのが遅い」「おいしくない」といった批判的な口コミを書き込まれたことで、店舗に客があまり来なくなってしまいました。 店舗は、Tサイトに口コミの削除依頼をしましたが、拒否されたため、訴訟に発展しました。 しかし、 「口コミは営業権の侵害に当たらず」として店舗の請求は棄却されてしまいました。 事例2:無断掲載でTサイトを訴えた店舗 Tサイトに明かされたくない店舗情報が書き込まれ困っているとして、Tサイトを訴えた店舗があります。 店舗は「秘密の隠れ家」をコンセプトにしていたのにも関わらず、Tサイトに店舗情報が掲載されてしまいました。 店舗は、営業方針を伝え、Tサイトに削除依頼をしたが、拒否されたため訴訟に発展しまいました。 しかし、 「削除を拒んだことが違法とはいえない」として店舗の請求は棄却されました。 企業が炎上被害にあわないための4つの方法 方法1:誤解される行動は避け「ブレない経営」をする ネットでは、 不快な思いをする人が少しでもいれば、炎上になる可能性があります。 誤解されるような行動は避け、 ブレない経営をすることが重要です。 今回のように、点数の変動がある時期と営業をする時期が重なってしまうと、ユーザーは不信感を抱いてしまいます。 点数変動の時期がずらせない場合は、営業活動の時期をずらしたほうがよかったでしょう。 または、ご指摘・批判があった時に「なぜ点数の変動があったのか」を全ての営業がしっかりと説明ができるロジックを決めておくと、不信感を抱かれなかったでしょう。 そのためには、 行動を起こす前のリスクチェックや、リスク管理が大切です。 方法2:炎上後は「原因を明らか」にして謝罪する 炎上の火種となった罪を認め、謝るだけが謝罪ではありません。 不信感や、迷惑をかけてしまったユーザーに、炎上騒動になってしまったことに対して謝罪をすることが大切です。 謝罪のときは「炎上しちゃった!沈下させよう」といった目的で謝罪するのではありません。 「なぜ炎上したのか」「なぜ批判があったのか」などの原因を追求した謝罪が必要です。 今回の事例の場合「不正や脅迫があるんじゃないかと不信感を抱かせてしまったこと」「さまざまな飲食店や利用者を混乱させたこと」などを謝罪すると、炎上が加速せずに済んだかもしれません。 方法3:再発防止策を明確化する 今回起きた炎上を、 今後どうすれば再発防止できるか明らかにするとイメージ回復につながります。 今回の事例では「不正や脅迫といった誤解を招かないためにどうしていくか」を明確にユーザーに伝えることが必要です。 例えば、次の2つのような対策が有効的でしょう。 今後混乱を招かないために、飲食店や店舗を回る営業にしっかりと説明させる旨を発表する。 不正や脅迫はなかったと発言したことに責任を持っているということ今後こういった混乱がないよう責任を持ちますといった発表をする ユーザーのことを思いながら考えられた再発防止策は、ユーザーに安心感を与え、結果的にイメージ回復につながるのです。 方法4:ネットのネガティブな投稿を監視する ネット炎上を避けるためには、 ネット上に投稿されるネット告発の根本を見つけ出し、炎上する前に対策することが重要です。 レピュ研では、ネットに書き込まれた情報から炎上の火種になりえるものだけを見つけ出すネット監視システムを提供しています。 ネット監視システムは、レピュ研の炎上分析にも使われています。 炎上になりそうなネガティブ情報をいち早くキャッチすることで、炎上が起こる前に対策しましょう。 ネット炎上に関するご相談やご質問は随時受け付けています。 ぜひお気軽にご連絡ください。

次の