弱点保険ドラパルト。 【ポケモン剣盾】ダイマックス技を使いこなせ!弱点保険ドラパルトの調整【ドラパルト育成論】

竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

弱点保険ドラパルト

3年ぶりにポケモンの構築記事を書いています。 ぺやんぐです。 昔のブログの方は今になって見返すと色々恥ずかしい部分もあるのでnoteに書くことにしました...。 ただ自分のプレイングスキルではそこの見極めに自信がなかった為、サイクル構築よりは読み合いが少なくなるだろうと思い 対面構築を組むことに。 (シーズン1では壁構築を使っていました) シーズン2から組み始めたのですが、気づけば完成したのがシーズン3中盤でした...。 組み始めた当初、物理耐久にかなり厚いギルガルドが増えていたことやその他サイクル構築への崩し等を考え、ドラパルトを一般的な弱点保険から 命の珠持ちにして能動的に初ターンから火力を押し付けていける構成に。 相手のトリックルーム展開への誤魔化しや対面的な動きが出来ない場合の汎用的なクッションとして カビゴン、受け回しに対する明確な駒であり対面選出でも場を荒らすことのできる トゲキッス、カバルドン展開への圧力・ダイマックスをせずとも雑に相手を削れる ヒヒダルマを採用して完成。 カビゴンとトゲキッスを採用したことである程度 サイクル的な動きも可能になり、立ち回りや選出に柔軟性が生まれました。 しかしながら、初めに書いたようなダイマックスの使用タイミングに読み合いが結果的に発生したりと難しい部分が出てきたのですが、それを差し引いてもこの採用は正解と思えるほど強かったです。 積極的にダイマックスをし、打ち合いを制することで数的有利を取っていきます。 また相手を倒しきれずとも、 ダイホロウで防御を下げてミミッキュ・メタモンに、 ダイドラグーンで攻撃を下げてカビゴン・トゲキッスに繋ぐ動きが取れるのも良かったです。 ダイジェット持ちに対しては裏で切り返していくためこちらはダイジェット非搭載で、範囲を優先した4ウエポンに。 代わりとして相手の弱点保険ドラパルトに対して先制で攻撃できるように素早さラインを上げています。 HBが193-101のダイマックスドラパルトに対してはダイドラグーン ダイホロウ が中乱数で1発です。 「大文字」は、あることで炎4倍弱点持ち相手にダイマックスターンを節約できる点が優秀です。 またアーマーガア・エルフーンへの誤魔化しとしても使用しました。 エルフーンは身代わりコットンガード型だと詰みかねないので...。 特性は上記エルフーンや身代わり持ち全般を崩しに行くためすり抜けにしています。 ただドラパルトミラーにおいて相手にダイドラグーンを先制で撃たれるとこちらの攻撃を耐えられてしまうので、取り巻き次第ではクリアボディの方が良いです。 命の珠はドラパルトが持っている為、ゴースト技のダメージを底上げするために呪いのお札を持たせています。 ミミッキュミラーは基本的には影打ちを選んでいくので、「シャドークロー」よりも火力が出てダイマックスターンの消費に使える 「ゴーストダイブ」を採用しています。 念のため。 ダイジェット持ちやその他高速エースに対して切り返しができるスカーフメタモン。 ギャラドス・トゲキッス・ドリュウズ・リザードン・パルシェンetc... をコピーして逆に相手を一掃していくのが爽快でした。 対ギャラドスは、命中不安の「飛び跳ねる」ではなく、 滝登りで倒していけるよう、メタモンを場に出す前の立ち回りに気を付けます。 こちらのこりメタモン1匹で「飛び跳ねる」で拘った際、相手の裏にゴーストダイブ持ちがいると詰む可能性があるので。 環境に威嚇やダウンロードの特性を持ったポケモンが少ない為 素早さは下げていません。 化学変化ガスのガラルマタドガスを意識してHDに振り切っていますが、相手が最速・準速まで振ってる可能性を考慮するのであればこちらも素早さに振った方が良いです。 この構築の潤滑油的な存在。 相手の積みや壁展開の阻害、裏のポケモンの確認に使える 「欠伸」を一番に採用。 Aに振っていないにも関わらず 「捨て身タックル」を採用しているのは、以下の理由です。 初めは「地割れ」の枠を「カウンター」で使用していましたが、読まれるケースが増え使いづらいと感じたこと、環境にいるカビゴンが 「鈍い」持ちにシフトしてきたこと、構築内に積み技持ちの 天然ピクシーへの対抗手段がないことを考慮の上、シーズン終盤に 「地割れ」を採用。 ダイマックスした際に「ダイアース」として使えることで活躍したこともあったので参考までに...。 ドラパルト以外に明確な受け回しへの駒が欲しかったが、ダイマックスは基本的にドラパルトに使用したいため通常状態で強いポケモンを考えていたところ何故か生まれてしまったポケモン。 受け回しに入るあらゆる構成のドヒドイデに対して絶対に負けることがないです。 他にも身代わりが攻撃を耐える低火力ポケモンとしては、 タイプ:ヌル、ブラッキー、トリトドン 打点が熱湯のみのもの 等。 ドリュウズやロトム入りの受け回しに対しては弱いのですが、これらを削ることが出来た場合、最終的に詰め駒になれるのでそこを意識していきます。 食べ残しの回復が肝。 バンギラス入りは最もきついです。 相手が通常の対面・サイクル構築でも、かなり物理耐久に厚くしている為、身代わりや電磁波から強引に荒らしていくことができました。 カビゴンを誘って削る場面も何度も。 さらに トゲキッスというポケモンがダイマックスを警戒されやすい為、こちらの型を相手に見せていない段階では、相手が一方的にダイマックスを切ってくれるケースが多いです。 ダイマされるターンに電磁波を入れその後身代わりでターンを枯らす動きも何度もありました。 人に使われたくないトゲキッスの型、堂々の1位です。 どこかのブログで見た襷ダルマとスカーフメタモンを採用した受けサイクルの記事が頭に残っており、試しに入れてみた結果、選出には含まれなくとも勝率が安定し始めたのでそのまま採用しました。 むしろカバ入りに対しては選出しない方が多かったです。 ドリュウズ入りの対面構築に初手で投げたり、ステロ撒きがいないような相手へはメタモンに代わるストッパーの選択肢としても活躍してくれました。 削り性能を優先したいので「冷凍パンチ」ではなく 「氷柱落とし」、終盤にアーマーガアへのダメージが欲しい場面があったので「炎のパンチ」ではなく 「フレアドライブ」を採用しています。 「馬鹿力」はロトムや初手のカビゴンと対峙した際に打ちます。 最後の技は 「起死回生」としているのですが、「鈍い」や「ダイスチル」を積まれてしまったカビゴンに対して、こちらがカビゴンを選出していないor倒されてしまっている際にワンチャンス拾えるように入れています。 終盤に採用したため打つ機会はありませんでしたが、「蜻蛉返り」も「地震」もこの構築・構成では欲しいと思わなかったです。 ・ドラパルト+カビゴン+4体のいずれか・・・トリルミミッキュカビゴンと出されそうな場合に ・ドラパルト+カビゴン+トゲキッス・・・ドヒドイデやブラッキー入りの受け回しに。 明確なトゲキッス対策がいる相手には釣り交換を結構使います。 感覚的には初手投げはドラパルトが6割、カビゴントゲキッスがそれぞれ2割くらいだと思います。 上記のものが特に気になったという感じです。 剣盾より前に真面目ポケモンをやったのがWCS2017ルール アローラダブル 以来だったので、まだやれるんだなと一安心しました。 Twitterでも「お前まだポケモンやってたのか」と昔からのフォロワーの方には思われていることでしょう() 毎シーズン継続してやれるかと言われると怪しいのでマイペースでやっていきたいと思います。

次の

弱保バトンドラパルト

弱点保険ドラパルト

こんにちは、あんぺあです。 とりあえずシーズン2お疲れ様でした。 やはり1ヶ月は短いですね。 気づいたらシーズン2が終わっていました。 土曜日も仕事のなので最終日は415位で寝ました。 最終順位は461位。 500位には入りたいとは思っていたので良かったです。 個人的にしっくりくる構築を組めたので、今シーズン使用した構築を備忘録として記事にしようと思います。 ) 【構築経緯】 DMのHPが2倍になる仕様が弱点保険との相性が非常によく、シーズン1から使用していた弱点保険ドラパルトを軸に構築を組み始めた。 弱保が発動したドラパルトを止められるはか高耐久のどちらかで、に対して起点にできるを採用。 を止めてくる鋼に強く、相手のDMを強引に倒せる襷カウンターエースバーン。 ・・等ドラパが苦手な高耐久に強いネギガナイト、ネギガナイトに出てくるキッス等にミラコで切り返せも狙える、電気の一貫を切りながら一撃技で受け構築に圧をかけ、キッス等にも強いチョッキを採用。 DMすることでなんでも耐え、弱点保険発動させながらダイジェットでSをあげて殴るだけの簡単なお仕事。 ドラパルト・・・はダイジェットから入る。 このでどれだけ荒らせるかが重要。 弱保が発動した時点で技構成はばれていると思ったほうがいい。 とにかく強く、選出率は堂々の1位。 ギリ耐えられても裏の・エースバーン・ネギガナイトの先制技圏内なので特に問題はなかった。 これらを見たら初手には出さないようにしていた。 ドラパルトを止めにきたの前で殻を破って殴るだけの簡単なお仕事。 当初は襷で使用していたが物理耐久が素で高いため1発耐えることができ、破った後で先制技圏内に入らない&素で自分より遅い相手でも殻を破りながら耐久を維持できるハーブに変更した。 対性能を買って採用したのでに負けないのは重要。 ちなみにNNはASバーン() や等、が止まる相手に対して強い。 気合の襷の行動保証、カウンターでの切り返し、高火力先制技、襷で猛火発動からの高火力炎技と、非常に高い対面性能を持っている。 猛火発動かえんボールはDMしていないを6割で落とせるくらい。 晴れ猛火ダイバーンなら無振りドラパも高乱数で持ってく高火力。 後述のネギガナイトがダイジェットの起点にされまくるので死に出しからミラコで返り討ちに。 火炎玉を持たせているのであくびループにはめられない。 まきつくを絡めることでの弱保を発動させずに倒せる(後述)。 対面構築だが、このを入れたことでという選択肢もとれる。 を出すと高確率でが飛んでくる。 ならミラコで返せるが身代わり持ちも一定数いるので注意。 (まきつくが身代わりで解除される仕様なんとかしてくれ増田) 一応は後述のネギガナイトで対処はできる。 ドラパルトが苦手な・・を処理。 や、の欠伸がめんどくさい・火傷がうざいのでラムの実。 飛行タイプ以外には苦手なは少ない(その飛行タイプが強力で困るのだが)。 きもったまが威嚇が効かない&ラムで火傷解除のため、攻撃が下げられることが少なくて安心感がある。 特性きもったまによりにインファで抜群を取れるのでサザンガルドの並びをみたら選出していた。 弱点保険っぽかったらフェイントから入ることで相手のキンシを透かすことができる(キンシ持ちガルドはキンシから入ってくる人が多かった)。 最悪襷さえつぶしておけば裏のドラパで対処できる(影討ちでドラパの弱保発動させながらダイホロウで倒す)。 物理耐久はのつららやドラパのダイホロウ・ダイドラグーンを耐えるくらい。 ただB方面は結構脆く、襷でもないのでストッパーとしては相手の選出を読む必要がある。 を採用することでオーロンゲ等の壁展開を崩せる。 1回だけダイナックルが役に立った場面もあった。 (キッスがノーダメの時は32. (ピントレンズの場合ダイバーン(大文字)は56%の中乱数、ダイバーン(火炎放射)なら12%の低乱数) Sはいじっぱりより速いので砂状態ではないすなかきドリュにワンチャンあるかも。 受け構築は積極的にドリル撃って破壊しましょう。 ・エースバーン ・ネギガナイト が先制技を持っているので前のが倒しきれなかった相手を処理できる。 先制技に無効タイプがないのも偉い。 後半に増えたきょううんキッスは悪巧みを積まれるとで対処できなくなるが、ネギキッス対面叩きを選択することで 悪巧みを積んできた場合はピントレンズを落として急所率を下げ、ダイジェットから入ってきたら裏で処理可能。 最後にドラパにDMを切って押し切る。 基本的にはステロを撒かせてしまうのでエースバーンは選出しないことが多かった。 ダイサンダーが飛んできたら泡吹いて倒れる。 みたいな感じでした。 特にヌオー。 選出率はドラパは1番高かったのは間違いないですが、それ以外はまんべんなく選出してたような気がします。 ~~後語り~~ 今シーズンはシーズン1に比べいろいろなの考察が進み、型が多様化してきたシーズンでだったように思います。 そういう時期は非常に面白いですよね。 個人的には迷走しまくって2日に1回くらいを入れ替えたりあれこれしてました… 最終的にはこの6匹で落ち着き、それなりに楽しく対戦ができたので良かったです。 本当はもう少し上を目指したかったのですが、次の日仕事があることを言い訳にして寝ました。 (負けて500位から落ちるのが怖かったチキン) いつか2桁順位に行けるよう頑張りたいと思います。 ~~追記~~ 全然関係ないですけど、の映画観てきました。 まーーーじで面白いです。 もともとのアニメの方は観たことあり、それが面白かったのでそこそこ期待して観に行ったら期待を上回る面白さです。 絶対観たほうがいい。 続きが気になったので漫画も。 嫁ちゃんと割り勘で。 夫婦揃ってドはまり中。

次の

ドラパルト育成論 : 腕白HBドラパルト 〜耐えて舞って全抜きコース〜|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

弱点保険ドラパルト

くそ久しぶりの更新 今回はまじめにの考察記事です。 (起源主張したいので書きます。 弱保の餌筆頭。 球ダメ込みで落ちるかな程度。 しかし現環境で弱点を突かずにドラパルトを落とすのは難しいので 大体発動してくれる。 考察の経緯 ダイスチル弱保ドラパルトがに勝てると聞いて ドラゴン統一使用の身としては使うしかないと考え ひとまずASで考察していたのだが、 ここで環境? のSラインに注目した。 まずドラパルト。 つよい。 わかる。 か? 最速162 無振ドラパルト162... S降らなくてよくね? そもそもドラパルト対面は正解がなさそうなので同速はむしろやめたいし。 4振りでもダイジェットで最速ドラパルトは抜けるので物理環境だと思っているので HBにぶっぱした。 弱保のおかげで火力は足りている。 最初は4振りで使っていたのだがサザンの存在を忘れていたので 最速サザン抜きまで降りなおして完成。 使用感 強い。 とにかく強い。 まずほとんど不利対面が存在しない。 (カバやナットはきつめ。 裏で補完) 3強?らしいドラパルト相手には、 うまくいけば先発から3縦を狙える性能がある。 ックス状態を引き続き使っている感覚。 鬼火等もらっても能力変化は引き継げるので完全な置物にはならない。 後続の組み合わせ次第ではそのまま押し切れるはず。 特性もかみ合いすぎていて威嚇や岩石封じ 相手のダイホロウやダイドラグーンなどを無効化できる。 さて、積み構築で気になるがいる。 そうスカーフ。 しかし、どうでしょう。 このドラパルトをコピーすると... 打つ技がない??? まじで相手は打つ技がない。 ックスを切るとスカーフがはく奪されるので せっかく出したのにあいては同速勝負しないといけない。 裏に悪タイプを置いておくだけで割と止まる。 積みなのにに100-0で弱いわけではないので 積極的に選出できるのも強味だとおもう。 最後になりますが皆さんは使わないでください。 読んでいただきありがとうございます。

次の