ラジオ波 顔。 ラジオ波焼灼術とは

【医師監修】美顔器にも用いられる「ラジオ波」ってどんなもの?

ラジオ波 顔

エステの施術マシンや家庭用美顔器にも用いられる「ラジオ波(RF)」について解説します。 ラジオ波ってそもそも何? 「ラジオ波(RF)」とは、(Radio Frequensy)の日本語訳で、「高周波」とも呼ばれます。 レントゲンの撮影などに用いられるエックス線や、携帯電話やテレビなどに利用される電波などは電磁波と呼ばれますが、ラジオ波もこの電磁波のひとつです。 エックス線と同じ電磁波のひとつと言われると体への害が気になる方もいるかもしれませんが、一般的に有害とされているのは「電離放射線」に分類されるエックス線やガンマ線です。 ラジオ波は「非電離放射線」で、「電離放射線」とは分類が異なります。 ラジオ波は、さらにその中の「高周波」という電波に分類されます。 ラジオ波が肌に働きかけるしくみ ラジオ波は、体に照射すると、ジュール熱をという熱を発生させます。 熱を発生させることで体の奥から体温が上昇していきます。 体の奥から体温が上昇すると、リンパの流れや血流が促されます。 このように代謝が促されるため、シミやくすみ、むくみといったエイジングの悩みへの効果が期待できるのです。 また、真皮には、ハリや弾力の源になる「コラーゲン」の線維が張り巡らされていますが、このコラーゲンが減少したり、変性して硬くなったりすると、皮膚がたるんできてしまいます。 ラジオ波を肌に当てると、真皮にまで到達し、コラーゲンに熱損傷が与えられます。 それによってコラーゲンの産生が促されるため、コラーゲンの減少によって起こる肌のたるみ改善が期待できます。 コラーゲンの生成は時間をかけて行われるため、RF美顔器を使用する際には即効性よりも長期的な効果を期待して、気長にお手入れを継続することがアンチエイジング効果を高めるコツです。 これらの効果は、周波数の大きさに比例します。 美容医療領域で使用されているRF機器の周波数はとても高いため、組織深部まで熱エネルギーがしっかりと到達し、高い効果が期待できます。 一方で、エステでのRF施術や家庭用RF美顔器は、医療機関で使われている周波数より低いものですが、安全に使用できるよう設定されているため、安心して使うことができると言えます。 ラジオ波を用いた美容器具に期待できる効果について、詳しくはをご覧ください。

次の

RF・ラジオ波・高周波は、肌の奥の細胞を活性化させるエイジングケアの強い味方!

ラジオ波 顔

なるほど!美容の分野ではどれも同じ意味で使われているんですね ラジオ波・RF・高周波とは? ラジオ波・RF・高周波について、周波数が何MHz以上なら高周波という明確な定義はありませんが、医療や美容分野においては 一般的に周波数が30MHz~300MHzの電磁波をラジオ波・RF・高周波と呼びます。 私達の体に高周波の電磁波を流すと真皮層にある細胞内分子のプラスイオンとマイナスイオンが振動し、分子の振動時に摩擦熱(ジュール熱)と呼ばれる熱が発生します。 周波数が高いほど、もしくは電流の流れる量が多いほど、分子の振動が活発になり熱の発生量も多くなります。 このジュール熱は元々医療分野で利用されていましたが、美容の分野でも効果が認められることが分かり広く使われるようになりました。 コラーゲンの生成• 肌ハリ、シワ・たるみの改善• 血行を促進し、むくみやシミ・くすみを改善する• ターンオーバーの正常化 ラジオ波・RF・高周波を肌にあてることで発生するュール熱が肌を奥から温めてくれるので、代謝や血行が活性化され、むくみやシミ・くすみが改善されます。 またこのジュール熱の作用によりコラーゲンが熱損傷を受け、この損傷を修復するために線維芽細胞が活性化しコラーゲンが増産されます。 結果コラーゲンが増産されることで肌にハリが生まれる効果に繋がります。 ただし、線維芽細胞によるコラーゲンの生成には多少時間がかかるため、ラジオ波・RF・高周波美顔器を使用する際は2日~3日後くらいに効果があるという感覚で利用するとよいでしょう。 おっ!するどい 笑 その辺のポイントも併せて順番に説明するね 金属アレルギー ラジオ波・RF・高周波美顔器だけに限ったことではなく美顔器全般に言えることですが、副作用の一つとして美顔器のヘッド部の金属に対するアレルギーが上げられます。 一般的なラジオ波・RF・高周波美顔器のヘッド部はステンレス加工されているものが多いですが、金属アレルギー対応としてプラチナや18金でコーティングしている美顔器もあります。 エステナードリフティはヘッド部がステンレス、ララルーチュRFのヘッド部はステンレスとゲルマニウムチップ、NEWAリフトのヘッド部はサージカルステンレス、ツインエレナイザーPro2はヘッド部にプラチナメッキを施しています。 毎日使うものではありませんので過度の心配は不要かと思われますが、仮に過去あなたが腕時計やネックレスなどで金属アレルギーを発症したことがあるのでしたら注意しておきたいポイントの1つとなります。 やはりジュール熱を発生させる機器ですね、使いすぎは禁物ですね! 使用禁止部位 こちらも詳細は各美顔器の取り扱い説明書に記載されていますが、一般的にラジオ波・RF・高周波美顔器では眼球部分 上まぶた や耳、喉仏周辺、傷口など使用出来ない部位があります。 眼球や甲状腺、リンパへ影響がないように、決められた場所以外での使用は避けるようにして下さい。 思わぬ肌トラブルを招く危険性がありますので、自己判断での使用は止めましょう。 また、体内に金属やプラスチック、シリコン等を埋め込んでいる部位への使用も禁止されています。 「決められて部位」へ「決められた頻度」で使用するのがルールです。 使用上の注意を良く読み正しく使用するようにしましょう! 妊娠中や授乳中は使用禁止 ラジオ波・RF・高周波が母体に及ぼす影響はまだ100%明確にはなっていないため、電磁波が子供や母乳へ及ぼす影響がゼロとは言い切れません。 高周波自体は医療でも利用されていて安全性は立証されていますが、それでも万一のことを考慮して医療機関やエステでも妊娠中や授乳中は施術を受けることが出来ないようになっています。 ラジオ波・RF・高周波美顔器の施術は産後1年半くらいから、もしくは授乳が終わってからにしましょう。 ラジオ波・RF・高周波美顔器の効果的な使い方 ジェルの使用 ラジオ波・RF・高周波美顔器は、ジェルを使用せず直接使ったとしても肌表面が熱くなる訳ではありません。 (肌の深部がジュール熱により温められるのでしたね!) ではジェルは不要じゃないのかな?? というとそうでもなく、ジェルを塗布した方が 熱伝導率が高まり効率よく効果的に肌深部を温めることが出来るようになります。 ですのでむしろジェルはたっぷりと塗るようにしましょう! ジェルはケチらずたっぷり塗布するのがポイントですね!メモメモ…! 使用頻度 こちらも副作用の項目で「過剰使用による副作用」として触れました。 理想の使用頻度は週に2回~3回です。 実際に触れても熱さを直接感じないので軽視しがちですが、それでも繊細な肌である真皮層のコラーゲンや細胞にはダメージは伝わっています。 程よい頻度で使用することを心掛けないと熱伝導が肌への負担となり、逆効果になり兼ねません。 多すぎるよりは少ない方が良いですので、週に1回~2回を目安に使用するようにしましょう。 美顔器を当てる順番と方向 RF搭載美顔器のエステナードリフティの説明書から使い方を学んでいきます。 ラジオ波・RF・高周波美顔器を当てる順番は基本 「下から上へ」「内側から外側」です。 顔の重力に逆らうイメージで肌を上に持ち上げる気持ちで使用しましょう。 市販のジェルよりも価格が高いため専用ジェル以外のもので節約を考えたいところですが、別のジェルを使っても問題はないのでしょうか? 美顔器に搭載された他の機能によって成分を確認する 美顔器使用時の摩擦を抑える目的のみであれば市販のほとんどのジェルでも問題ありません。 ですが、イオン導入やエレクトロポレーション、超音波などの機能を搭載した美顔器のジェルは、単純に摩擦を抑えるためだけに利用する訳ではなく、肌に効果がある有用成分を浸透させる目的としても利用されます。 ですので、あなたが使うラジオ波・RF・高周波美顔器が他にどんな機能を搭載しているかにより、配合されている成分を確認する必要があります。 例えば、イオン導入であれば水溶性で分子の小さいビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどは浸透しやすいですが、分子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸などはイオン化せず浸透させることが出来ません。 防腐剤やシリコーンなど肌に不要な成分を確認する イオン導入やエレクトロポレーションなど肌へ美容成分を浸透させる機能が付いている場合は、防腐剤やシリコーンなどといった浸透させる必要のない成分が入っていないかをチェックします。 特に気になるのがシリコーン成分のジメチコンや、メチルパラベンなど防腐剤のパラベン類。 ジェルとして使用したからといって肌に害を及ぼす程ではありませんが、不要な成分は極力避けておきたいところです。 シリコーンには他にもアモジメチコン、フェニルトリメチコン、ジメチコノールなど様々な成分がありますので中々判断には悩むところかもしれません。 また防腐剤として近年敬遠されているパラベンですが、ジェルに全く防腐剤を入れない訳にはいかないので、フェノキシエタノールやヒノキチオールなど何らかのの防腐効果のある成分が配合されているはずです。 あまり神経質になる必要はないかと思いますが、1つ気を付けたい点としては、界面活性剤(ノニオン界面活性剤)を配合したクレンジング用ジェルやオイルベースの乳液系は浸透を妨げる上、超音波用としては不要な成分が多く配合されていますので避けるようにしましょう。 コラーゲンの生成• 肌ハリ、シワ・たるみの改善• 血行を促進し、むくみやシミ・くすみを改善する• ターンオーバーの正常化 しかしラジオ波・RF・高周波美顔器での効果は限られますので、様々なあなたの悩みを全て解決してくれるとは限りません。 ラジオ波・RF・高周波機能だけを搭載したシンプルな美顔器もありますが、ラジオ波・RF・高周波以外の美容機能も搭載した複合型の美顔器も魅力的で捨てがたい所ではあります (^^;) 次に紹介するNEWAリフトは特に、ラジオ波・RF・高周波の機能なら他のどの家庭用美顔器にも負けません!特化型を選ぶか複合型を選ぶかは、あなたの肌の悩みに合わせて最適な方を選ぶと良いかと思います!.

次の

顔のEMS効果のすごさを美容家に聞く!たるみくすみに!美顔器おすすめも

ラジオ波 顔

なるほど!美容の分野ではどれも同じ意味で使われているんですね ラジオ波・RF・高周波とは? ラジオ波・RF・高周波について、周波数が何MHz以上なら高周波という明確な定義はありませんが、医療や美容分野においては 一般的に周波数が30MHz~300MHzの電磁波をラジオ波・RF・高周波と呼びます。 私達の体に高周波の電磁波を流すと真皮層にある細胞内分子のプラスイオンとマイナスイオンが振動し、分子の振動時に摩擦熱(ジュール熱)と呼ばれる熱が発生します。 周波数が高いほど、もしくは電流の流れる量が多いほど、分子の振動が活発になり熱の発生量も多くなります。 このジュール熱は元々医療分野で利用されていましたが、美容の分野でも効果が認められることが分かり広く使われるようになりました。 コラーゲンの生成• 肌ハリ、シワ・たるみの改善• 血行を促進し、むくみやシミ・くすみを改善する• ターンオーバーの正常化 ラジオ波・RF・高周波を肌にあてることで発生するュール熱が肌を奥から温めてくれるので、代謝や血行が活性化され、むくみやシミ・くすみが改善されます。 またこのジュール熱の作用によりコラーゲンが熱損傷を受け、この損傷を修復するために線維芽細胞が活性化しコラーゲンが増産されます。 結果コラーゲンが増産されることで肌にハリが生まれる効果に繋がります。 ただし、線維芽細胞によるコラーゲンの生成には多少時間がかかるため、ラジオ波・RF・高周波美顔器を使用する際は2日~3日後くらいに効果があるという感覚で利用するとよいでしょう。 おっ!するどい 笑 その辺のポイントも併せて順番に説明するね 金属アレルギー ラジオ波・RF・高周波美顔器だけに限ったことではなく美顔器全般に言えることですが、副作用の一つとして美顔器のヘッド部の金属に対するアレルギーが上げられます。 一般的なラジオ波・RF・高周波美顔器のヘッド部はステンレス加工されているものが多いですが、金属アレルギー対応としてプラチナや18金でコーティングしている美顔器もあります。 エステナードリフティはヘッド部がステンレス、ララルーチュRFのヘッド部はステンレスとゲルマニウムチップ、NEWAリフトのヘッド部はサージカルステンレス、ツインエレナイザーPro2はヘッド部にプラチナメッキを施しています。 毎日使うものではありませんので過度の心配は不要かと思われますが、仮に過去あなたが腕時計やネックレスなどで金属アレルギーを発症したことがあるのでしたら注意しておきたいポイントの1つとなります。 やはりジュール熱を発生させる機器ですね、使いすぎは禁物ですね! 使用禁止部位 こちらも詳細は各美顔器の取り扱い説明書に記載されていますが、一般的にラジオ波・RF・高周波美顔器では眼球部分 上まぶた や耳、喉仏周辺、傷口など使用出来ない部位があります。 眼球や甲状腺、リンパへ影響がないように、決められた場所以外での使用は避けるようにして下さい。 思わぬ肌トラブルを招く危険性がありますので、自己判断での使用は止めましょう。 また、体内に金属やプラスチック、シリコン等を埋め込んでいる部位への使用も禁止されています。 「決められて部位」へ「決められた頻度」で使用するのがルールです。 使用上の注意を良く読み正しく使用するようにしましょう! 妊娠中や授乳中は使用禁止 ラジオ波・RF・高周波が母体に及ぼす影響はまだ100%明確にはなっていないため、電磁波が子供や母乳へ及ぼす影響がゼロとは言い切れません。 高周波自体は医療でも利用されていて安全性は立証されていますが、それでも万一のことを考慮して医療機関やエステでも妊娠中や授乳中は施術を受けることが出来ないようになっています。 ラジオ波・RF・高周波美顔器の施術は産後1年半くらいから、もしくは授乳が終わってからにしましょう。 ラジオ波・RF・高周波美顔器の効果的な使い方 ジェルの使用 ラジオ波・RF・高周波美顔器は、ジェルを使用せず直接使ったとしても肌表面が熱くなる訳ではありません。 (肌の深部がジュール熱により温められるのでしたね!) ではジェルは不要じゃないのかな?? というとそうでもなく、ジェルを塗布した方が 熱伝導率が高まり効率よく効果的に肌深部を温めることが出来るようになります。 ですのでむしろジェルはたっぷりと塗るようにしましょう! ジェルはケチらずたっぷり塗布するのがポイントですね!メモメモ…! 使用頻度 こちらも副作用の項目で「過剰使用による副作用」として触れました。 理想の使用頻度は週に2回~3回です。 実際に触れても熱さを直接感じないので軽視しがちですが、それでも繊細な肌である真皮層のコラーゲンや細胞にはダメージは伝わっています。 程よい頻度で使用することを心掛けないと熱伝導が肌への負担となり、逆効果になり兼ねません。 多すぎるよりは少ない方が良いですので、週に1回~2回を目安に使用するようにしましょう。 美顔器を当てる順番と方向 RF搭載美顔器のエステナードリフティの説明書から使い方を学んでいきます。 ラジオ波・RF・高周波美顔器を当てる順番は基本 「下から上へ」「内側から外側」です。 顔の重力に逆らうイメージで肌を上に持ち上げる気持ちで使用しましょう。 市販のジェルよりも価格が高いため専用ジェル以外のもので節約を考えたいところですが、別のジェルを使っても問題はないのでしょうか? 美顔器に搭載された他の機能によって成分を確認する 美顔器使用時の摩擦を抑える目的のみであれば市販のほとんどのジェルでも問題ありません。 ですが、イオン導入やエレクトロポレーション、超音波などの機能を搭載した美顔器のジェルは、単純に摩擦を抑えるためだけに利用する訳ではなく、肌に効果がある有用成分を浸透させる目的としても利用されます。 ですので、あなたが使うラジオ波・RF・高周波美顔器が他にどんな機能を搭載しているかにより、配合されている成分を確認する必要があります。 例えば、イオン導入であれば水溶性で分子の小さいビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどは浸透しやすいですが、分子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸などはイオン化せず浸透させることが出来ません。 防腐剤やシリコーンなど肌に不要な成分を確認する イオン導入やエレクトロポレーションなど肌へ美容成分を浸透させる機能が付いている場合は、防腐剤やシリコーンなどといった浸透させる必要のない成分が入っていないかをチェックします。 特に気になるのがシリコーン成分のジメチコンや、メチルパラベンなど防腐剤のパラベン類。 ジェルとして使用したからといって肌に害を及ぼす程ではありませんが、不要な成分は極力避けておきたいところです。 シリコーンには他にもアモジメチコン、フェニルトリメチコン、ジメチコノールなど様々な成分がありますので中々判断には悩むところかもしれません。 また防腐剤として近年敬遠されているパラベンですが、ジェルに全く防腐剤を入れない訳にはいかないので、フェノキシエタノールやヒノキチオールなど何らかのの防腐効果のある成分が配合されているはずです。 あまり神経質になる必要はないかと思いますが、1つ気を付けたい点としては、界面活性剤(ノニオン界面活性剤)を配合したクレンジング用ジェルやオイルベースの乳液系は浸透を妨げる上、超音波用としては不要な成分が多く配合されていますので避けるようにしましょう。 コラーゲンの生成• 肌ハリ、シワ・たるみの改善• 血行を促進し、むくみやシミ・くすみを改善する• ターンオーバーの正常化 しかしラジオ波・RF・高周波美顔器での効果は限られますので、様々なあなたの悩みを全て解決してくれるとは限りません。 ラジオ波・RF・高周波機能だけを搭載したシンプルな美顔器もありますが、ラジオ波・RF・高周波以外の美容機能も搭載した複合型の美顔器も魅力的で捨てがたい所ではあります (^^;) 次に紹介するNEWAリフトは特に、ラジオ波・RF・高周波の機能なら他のどの家庭用美顔器にも負けません!特化型を選ぶか複合型を選ぶかは、あなたの肌の悩みに合わせて最適な方を選ぶと良いかと思います!.

次の