気象庁 町田。 気象庁 | 気象警報・注意報 | 町田市

「防災情報」・「気象・地震情報」について/町田市ホームページ

気象庁 町田

気象の専門家が竜巻を検知する際に実際に用いる知見を活かし、多様な気象データをAIモデルに学習させることで、季節や気象レーダーの設置場所に左右されず、正確かつ自動的に竜巻を検知する汎用的なAIモデルの開発に取り組みます。 本プロジェクトは、局地的・突発的に発生する竜巻をAI(人工知能)を用いて的確に検知することにより、鉄道をはじめとする様々な高速交通の安全性向上につながると期待され、将来的には、突風の影響を受けやすいドローンなど、さまざまな分野への適用も視野に入れています。 プロジェクト概要 日本では、平均して年に20個以上の竜巻の発生が確認されています。 局地的・突発的に発生し、家屋の倒壊や時には車両や電車を横転させるほどの甚大な被害をもたらす竜巻等の突風。 その気象災害への対応力の強化が求められています。 そのため、2018年に気象研究所は、AI(人工知能)を活用した技術の開発に着手しました。 竜巻の発生を即時に検知し、予測した竜巻の進路上に自動的にアラートを出すことで鉄道などの安全運行をサポートするシステムの開発を進めています。 インキュビットは、これまで土砂災害の危険性がある地域を抽出する地形判読AIモデル(応用地質・みずほ総研との共同開発)や、甲状腺エコー画像から腫瘍を検知するモデル(伊藤病院との共同研究)など、様々な業界の社会的意義の高い課題に取り組み、深層学習を用いた画像認識技術に特化した技術開発と社会実装を行ってきました。 今回、気象研究所が実施する「AIを用いた竜巻等突風・局地的大雨の自動予測・情報提供システムの開発」における委託先として採択されたことから、これまでに培ってきた技術力と先端技術の社会実装のノウハウを生かし、汎用的な竜巻検知AIの開発に取り組みます。 竜巻が発生している箇所には竜巻渦とよばれる特徴的な風向きのパターンが見られるため、気象研究所は2018年より、過去に発生した竜巻から抽出した竜巻渦のパターンを深層学習の手法を用いてAIモデルに学習させ、どこで竜巻が発生しているのかを正確に検出するモデルの開発を進めてきました。 2020年度の取り組み これまでの研究では、竜巻渦だけを正確に自動検出することは困難でした。 竜巻渦は季節や地形によってパターンが変化するため、竜巻渦の特徴をとらえきれずに見逃してしまう場合や、台風や積乱雲の影響による竜巻渦に類似したパターンを誤って竜巻と検知してしまう場合があったためです。 本年の研究開発では、気象の専門家が竜巻か否かを判断する際の知見を活かし、竜巻渦のパターンに加えて多様な気象データをAIに学習させ、より正確に竜巻を検知できるAIの開発に取り組みます。 具体的には、レーダーで得られた1枚ずつの画像ではなく、連続した画像をモデルに学習させ、竜巻が時間的に連続して生じているという性質を反映させます。 さらに、広範囲の雨量データや一般風のデータなど、さまざまな種類の情報を学習データに追加します。 また、設置されているレーダーの周辺の地形によって、竜巻渦のパターンが誤って検知されてしまう場合がありますが、レーダー周辺の地形のデータもあわせて学習させることにより、レーダーの設置場所や季節に左右されない、汎用的なAIモデルの開発を目指します。 4.今後の期待 竜巻検出システムは、鉄道をはじめとする様々な高速交通の安全性の向上や自動運転技術への利用につながると期待されています。 また、将来的には、突風の影響を受けやすいドローンなど、さまざまな分野への適用も視野に入れています。 現在はディープラーニングを用いた画像認識技術を強みとしており、価値に結実するソリューションの提供はもとより、その運用に真摯に向き合い、よりよい成果に挑戦し続けています。 本社:東京都渋谷区広尾1-10-5 テック広尾7階 URL:•

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 町田市

気象庁 町田

事務のK子です🐥🐥🐥 みなさんこんにちわ。 今、九州地方では今まで経験したことがない 数十年に1度の大雨のようで心配ですね。 先日台風の影響が多かった千葉県房総地域でも 大雨で電車が止まっているところもあるようです。 どうか被害がないように願うばかりです。 日頃から、このような災害時に何ができるのか。 やはり私たちも対策をしておくことが大切ですね。 今はネットを使える環境の方が多いかと思います。 こちらは、土砂災害、浸水害、洪水、雨の様子など、今の状況や先の予想も確認ができます。 今、自分の住んでいる場所がどのような状況に置かれているのか? これからどうなるのか? 日頃から確認する習慣をつけておくといいかもしれません。 それにもし可能であれば、近所の高齢者の1人暮らしの方や、 ネットを見られない環境で、遠く離れている親御さんにも、 伝えて欲しいです。 このような災害時の避難に関しても、今は以前とは違い、 近くの避難所だけではなく、密集によるコロナ対策として、 安全な場所に住む、知人や親戚などの家で避難するという選択肢も、 アナウンスされています。 そうなるとなるべく早めの移動も必要になりますね。 早めに移動するには、事前の予報の入手が必要になります。 普段からこのような情報の入手方法をご家族で共有しておきましょう。

次の

気象庁|過去の気象データ検索

気象庁 町田

気象の専門家が竜巻を検知する際に実際に用いる知見を活かし、多様な気象データをAIモデルに学習させることで、季節や気象レーダーの設置場所に左右されず、正確かつ自動的に竜巻を検知する汎用的なAIモデルの開発に取り組みます。 本プロジェクトは、局地的・突発的に発生する竜巻をAI(人工知能)を用いて的確に検知することにより、鉄道をはじめとする様々な高速交通の安全性向上につながると期待され、将来的には、突風の影響を受けやすいドローンなど、さまざまな分野への適用も視野に入れています。 プロジェクト概要 日本では、平均して年に20個以上の竜巻の発生が確認されています。 局地的・突発的に発生し、家屋の倒壊や時には車両や電車を横転させるほどの甚大な被害をもたらす竜巻等の突風。 その気象災害への対応力の強化が求められています。 そのため、2018年に気象研究所は、AI(人工知能)を活用した技術の開発に着手しました。 竜巻の発生を即時に検知し、予測した竜巻の進路上に自動的にアラートを出すことで鉄道などの安全運行をサポートするシステムの開発を進めています。 インキュビットは、これまで土砂災害の危険性がある地域を抽出する地形判読AIモデル(応用地質・みずほ総研との共同開発)や、甲状腺エコー画像から腫瘍を検知するモデル(伊藤病院との共同研究)など、様々な業界の社会的意義の高い課題に取り組み、深層学習を用いた画像認識技術に特化した技術開発と社会実装を行ってきました。 今回、気象研究所が実施する「AIを用いた竜巻等突風・局地的大雨の自動予測・情報提供システムの開発」における委託先として採択されたことから、これまでに培ってきた技術力と先端技術の社会実装のノウハウを生かし、汎用的な竜巻検知AIの開発に取り組みます。 竜巻が発生している箇所には竜巻渦とよばれる特徴的な風向きのパターンが見られるため、気象研究所は2018年より、過去に発生した竜巻から抽出した竜巻渦のパターンを深層学習の手法を用いてAIモデルに学習させ、どこで竜巻が発生しているのかを正確に検出するモデルの開発を進めてきました。 2020年度の取り組み これまでの研究では、竜巻渦だけを正確に自動検出することは困難でした。 竜巻渦は季節や地形によってパターンが変化するため、竜巻渦の特徴をとらえきれずに見逃してしまう場合や、台風や積乱雲の影響による竜巻渦に類似したパターンを誤って竜巻と検知してしまう場合があったためです。 本年の研究開発では、気象の専門家が竜巻か否かを判断する際の知見を活かし、竜巻渦のパターンに加えて多様な気象データをAIに学習させ、より正確に竜巻を検知できるAIの開発に取り組みます。 具体的には、レーダーで得られた1枚ずつの画像ではなく、連続した画像をモデルに学習させ、竜巻が時間的に連続して生じているという性質を反映させます。 さらに、広範囲の雨量データや一般風のデータなど、さまざまな種類の情報を学習データに追加します。 また、設置されているレーダーの周辺の地形によって、竜巻渦のパターンが誤って検知されてしまう場合がありますが、レーダー周辺の地形のデータもあわせて学習させることにより、レーダーの設置場所や季節に左右されない、汎用的なAIモデルの開発を目指します。 4.今後の期待 竜巻検出システムは、鉄道をはじめとする様々な高速交通の安全性の向上や自動運転技術への利用につながると期待されています。 また、将来的には、突風の影響を受けやすいドローンなど、さまざまな分野への適用も視野に入れています。 現在はディープラーニングを用いた画像認識技術を強みとしており、価値に結実するソリューションの提供はもとより、その運用に真摯に向き合い、よりよい成果に挑戦し続けています。 本社:東京都渋谷区広尾1-10-5 テック広尾7階 URL:•

次の