アイスボーン 武器使用率。 人気の武器の種類ランキング

モンハンワールド アイスボーン(MHWI) 人気武器ランキング投票|みんなのおすすめ最強武器は?

アイスボーン 武器使用率

モンスターハンターワールドでよく使用されている武器の種類の人気ランキングについてです。 調査方法 モンスターハンターワールドで、ある程度やりこんだプレイヤーを対象ということで、HR70以上のハンターから、武器の使用率を調査しました。 2018年11月の調査結果 前回の調査(2018年7月)から、歴戦王モンスターの数種類追加、ベヒーモス追加などがあったため、再度使用率の調査を行いました。 近接武器の中では太刀と大剣が人気で逆に操虫棍は不人気で、片手剣、狩猟笛、ランスの使用率が低いのは国内と共通しています。 2018年7月の調査結果 前回の調査(2018年4月)から、マム・タロト、ナナ・テスカトリの追加、歴戦王2種類(キリン、ヴァルハザク 、コラボ武具の数種類の追加があったので、再度使用率の調査を行いました。 そして、双剣とライトボウガンが大きく使用率を上げて使用率上位に入っていました。 要因としては、ナナ素材の武器や、マムタロトで入手できる武器の性能の高さが要因になっていると思います。 前回の1位人気だった太刀は使用率がだいぶ下がりました。 その他では、ガンランスの使用率が前回の調査に比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛、操虫棍、ハンマーなどは前回の調査に引き続き不人気でした。 まず弓は相変わらず人気が高く最も使用率が高い結果となりました。 太刀は使用率は高めですあ、前回の調査と比べるとだいぶ下がった結果となりました。 それ以外では海外勢の間でもライトボウガンの使用率が上がっています。 操虫棍の使用率は前回と比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛の不人気さは国内と共通しています。 弓は相変わらず人気は高いですが、海外ではやや使用率の減少をみせています。 共通してチャージアックスの使用率がやや減少しているのは榴弾ビンが弱体化されたことにより妥当な推移といえます。 それ以外では双剣は弱体化はされていませんが、あまり変化がないためか?使用率の減少を見せていて、ランスの使用率がやや上昇しています。 本作での不人気武器である片手剣や操虫棍、狩猟笛の使用率に関しては相変わらず低くあまり改善はされていないようです。 なお、今回の調査では、国内のプレイヤーと海外のプレイヤーのそれぞれで調査を行いました。 近接では太刀が、遠隔武器では弓を使用しているプレイヤーが全体で見ると最も多いと言ってよいでしょう。 それ以外では、共通して人気な武器種類として双剣、チャージアックス、大剣が近接武器の中では人気武器となっています。 逆に共通で使用率が低い武器としては、狩猟笛、片手剣、ヘビィボウガンなどが挙げられます。 本作で過去作と比較するとかなり使われるようになっている武器は「弓」と言えるでしょう。 近接武器では「チャージアックス」の人気がかなり高くなってよく使われるようになっています。 逆に使われなくなった武器はというと、操虫棍の人気は下がっているのが印象的です。 乗り攻防に時間がかかったり、環境を利用してモンスターの動きを封じたり乗りの重要性が薄れているから?などが原因としてあるのではないかと思われます。 ベータテストで人気があった武器の種類ランキング 発売前のベータテストの段階で、モンスターハンターワールドの公式Twitterで、ベータテスト後に行われたWEBアンケートで「どの武器を使用しましたか?」という質問の回答率が公表されていて、結果は以下の通りとなっていました。 順位 武器の種類 1 太刀 2 大剣 3 双剣 4 弓 5 チャージアックス、ヘビィボウガン 7 操虫棍 8 スラッシュアックス 9 ハンマー 10 ガンランス 11 ライトボウガン 12 片手剣 13 ランス 14 狩猟笛 考察 考察としては、まずはこのアンケートの対象が初心者から上級者まで幅広く取られたアンケートであるため、上級者に人気がある武器ということとは違います。 また、あくまでベータテストの内容なので、製品版とは異なりますのでその上での考察となります。 まず全体での人気の1位は「太刀」という結果になりました。 最近の作品では、初心者も含めた全体では、総合的に見ると「大剣」が1位のパターンが多かったのですが、大剣よりも太刀が人気なのは最近の作品では珍しいです。 とはいえ、2位には大剣、3位には双剣がランクインしていて、このあたりの近接武器は人気の常連になっています。 注目すべきは、4位が弓、ヘビィボウガンが5位に入っていることで、遠隔武器の人気は(特に初心者の間では)低い事が多いのですが、モンスターハンターワールドでは大幅に順位が上がっていて、特にヘビィボウガンは順位が上がっています。 ヘビィボウガン人気に対してライトボウガンは低めです。 ネットでの感想を見ていても、「遠隔武器が楽しい」という感想が多く見られたので、本作では遠隔武器の人気が上がっているようです。 その他の武器では、チャージアックス、ハンマーの人気が最近の作品と比べると高めとなっています。 特にチャージアックスは操虫棍よりも使用率が高くなっています。 片手剣は使用率が低めでしたが、片手剣はもともと麻痺などのサポート目的で使用されることが多く、ベータテストでは毒片手剣だったのも理由になっているかもしれません。 不人気武器としては、ランスと狩猟笛が使用率が低いのは最近の作品とあまり変化がありません。 あくまでベータテストの結果なのですが、どの武器の種類を使うか迷っている方に参考になれば幸いです。

次の

【MHWアイスボーン】精霊の加護Lv5発動で会心率100%の超火力装備

アイスボーン 武器使用率

達人芸型:カブカカブ ブラキカイザーとも呼ばれる、 達人芸と 挑 戦者極意 を併用した装備構成。 匠無しで短い紫ゲージを持つ、砕光の撃剣におすすめの装備です。 カイザー装備には爆破属性強化が付いているので、爆破属性の砕光の撃剣はかなり相性がいい装備だと思います。 ただ弱点をしっかり狙えないと切れ味維持が難しいので、ソロ向けの装備構成だと思います。 火力型:バブブママ ブラキウムの 挑戦者極意に加え、マムタロト防具2部位により 根性が発動します。 火力スキルを山盛りで搭載した構成で、フルチャージを採用しているので、回復カスタムとはかなり相性が良いです。 モンスターのダウン時には、溜め斬りで体力回復し、フルチャ発動の真溜め斬りがかなり強力です。 装飾品が足りない場合は、攻撃か見切りを減らして調整しましょう。 カスタム強化で会心率を上げる事で、見切りの数を減らす事も可能です。 切れ味が維持しにくいので 覚醒大剣推奨です。 ブラキ大剣で使う場合は、武器スロットに剛刃珠を付ける事で切れ味維持が可能です。 火力型:ブダブママ イベント防具であるバヌーク頭を使わない場合の構成。 こちらもバブブママ同様に火力スキル盛りですが、装飾品の難易度が高めとなっています。 バヌークを使った方がスキルが多く発動できるので、イベントで入手できていない場合を除いては、バブブママ装備の方がおすすめです。 火力型:バラブラブ マスターマムタロトの防具を使用せず、激昴ラージャン防具を採用した構成。 ただしスタミナを使用している時は会心率が低くなってしまうので、ダッシュからの抜刀斬りメインなら素直に抜刀大剣装備の方がおすすめです。 常にスタミナを維持しておいて、攻撃時に渾身を発動できるように立ち回る必要があります。 スロットに余裕があるのでスタミナ急速回復を採用していますが、別スキルに組み替えてもOKです。 抜刀型:ラブラブラ ムフェトジーヴァの覚醒大剣に 氷龍の神秘を付与する事で、 氷気錬成+挑戦者極意が可能となります。 今までの抜刀大剣+冰気錬成の安定火力に加え、挑戦者発動でさらに攻撃力が上昇します。 真溜め斬りの火力が頼りない部分もありますが、必要な装飾品の数が少なく、生存スキルを搭載しやすいメリットもあります。 ハイブリッド型:ララブラブ こちらもムフェトジーヴァの覚醒大剣に、氷龍の神秘を付与する事で、氷気錬成+挑戦者極意を発動しています。 その為、 抜刀斬り、真溜め斬りともに火力が高くなる汎用性に優れた装備です。 武器のカスタム強化を会心カスタムにする事で、達人珠の必要数が減らせます。

次の

【MHWアイスボーン】新防具で大剣装備が更新!達人芸・抜刀・火力の新環境装備が完成

アイスボーン 武器使用率

モンスターハンターワールドでよく使用されている武器の種類の人気ランキングについてです。 調査方法 モンスターハンターワールドで、ある程度やりこんだプレイヤーを対象ということで、HR70以上のハンターから、武器の使用率を調査しました。 2018年11月の調査結果 前回の調査(2018年7月)から、歴戦王モンスターの数種類追加、ベヒーモス追加などがあったため、再度使用率の調査を行いました。 近接武器の中では太刀と大剣が人気で逆に操虫棍は不人気で、片手剣、狩猟笛、ランスの使用率が低いのは国内と共通しています。 2018年7月の調査結果 前回の調査(2018年4月)から、マム・タロト、ナナ・テスカトリの追加、歴戦王2種類(キリン、ヴァルハザク 、コラボ武具の数種類の追加があったので、再度使用率の調査を行いました。 そして、双剣とライトボウガンが大きく使用率を上げて使用率上位に入っていました。 要因としては、ナナ素材の武器や、マムタロトで入手できる武器の性能の高さが要因になっていると思います。 前回の1位人気だった太刀は使用率がだいぶ下がりました。 その他では、ガンランスの使用率が前回の調査に比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛、操虫棍、ハンマーなどは前回の調査に引き続き不人気でした。 まず弓は相変わらず人気が高く最も使用率が高い結果となりました。 太刀は使用率は高めですあ、前回の調査と比べるとだいぶ下がった結果となりました。 それ以外では海外勢の間でもライトボウガンの使用率が上がっています。 操虫棍の使用率は前回と比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛の不人気さは国内と共通しています。 弓は相変わらず人気は高いですが、海外ではやや使用率の減少をみせています。 共通してチャージアックスの使用率がやや減少しているのは榴弾ビンが弱体化されたことにより妥当な推移といえます。 それ以外では双剣は弱体化はされていませんが、あまり変化がないためか?使用率の減少を見せていて、ランスの使用率がやや上昇しています。 本作での不人気武器である片手剣や操虫棍、狩猟笛の使用率に関しては相変わらず低くあまり改善はされていないようです。 なお、今回の調査では、国内のプレイヤーと海外のプレイヤーのそれぞれで調査を行いました。 近接では太刀が、遠隔武器では弓を使用しているプレイヤーが全体で見ると最も多いと言ってよいでしょう。 それ以外では、共通して人気な武器種類として双剣、チャージアックス、大剣が近接武器の中では人気武器となっています。 逆に共通で使用率が低い武器としては、狩猟笛、片手剣、ヘビィボウガンなどが挙げられます。 本作で過去作と比較するとかなり使われるようになっている武器は「弓」と言えるでしょう。 近接武器では「チャージアックス」の人気がかなり高くなってよく使われるようになっています。 逆に使われなくなった武器はというと、操虫棍の人気は下がっているのが印象的です。 乗り攻防に時間がかかったり、環境を利用してモンスターの動きを封じたり乗りの重要性が薄れているから?などが原因としてあるのではないかと思われます。 ベータテストで人気があった武器の種類ランキング 発売前のベータテストの段階で、モンスターハンターワールドの公式Twitterで、ベータテスト後に行われたWEBアンケートで「どの武器を使用しましたか?」という質問の回答率が公表されていて、結果は以下の通りとなっていました。 順位 武器の種類 1 太刀 2 大剣 3 双剣 4 弓 5 チャージアックス、ヘビィボウガン 7 操虫棍 8 スラッシュアックス 9 ハンマー 10 ガンランス 11 ライトボウガン 12 片手剣 13 ランス 14 狩猟笛 考察 考察としては、まずはこのアンケートの対象が初心者から上級者まで幅広く取られたアンケートであるため、上級者に人気がある武器ということとは違います。 また、あくまでベータテストの内容なので、製品版とは異なりますのでその上での考察となります。 まず全体での人気の1位は「太刀」という結果になりました。 最近の作品では、初心者も含めた全体では、総合的に見ると「大剣」が1位のパターンが多かったのですが、大剣よりも太刀が人気なのは最近の作品では珍しいです。 とはいえ、2位には大剣、3位には双剣がランクインしていて、このあたりの近接武器は人気の常連になっています。 注目すべきは、4位が弓、ヘビィボウガンが5位に入っていることで、遠隔武器の人気は(特に初心者の間では)低い事が多いのですが、モンスターハンターワールドでは大幅に順位が上がっていて、特にヘビィボウガンは順位が上がっています。 ヘビィボウガン人気に対してライトボウガンは低めです。 ネットでの感想を見ていても、「遠隔武器が楽しい」という感想が多く見られたので、本作では遠隔武器の人気が上がっているようです。 その他の武器では、チャージアックス、ハンマーの人気が最近の作品と比べると高めとなっています。 特にチャージアックスは操虫棍よりも使用率が高くなっています。 片手剣は使用率が低めでしたが、片手剣はもともと麻痺などのサポート目的で使用されることが多く、ベータテストでは毒片手剣だったのも理由になっているかもしれません。 不人気武器としては、ランスと狩猟笛が使用率が低いのは最近の作品とあまり変化がありません。 あくまでベータテストの結果なのですが、どの武器の種類を使うか迷っている方に参考になれば幸いです。

次の