ローリング 足場。 123

123

ローリング 足場

ビケ足場にローリングタワー用のタイヤをつけて使用しても法的に良いのでしょうか? 質問です、電気の仕事で狭いところの照明交換の際に足場が必要になりました。 数があるので固定式だと費用も手間もかかります。 幅が1000mmの高さ3500~4000mmで、ローリングタワーでは入らないです。 そこで、単管足場にローリングタワーのタイヤをつけて使用するという案が出ました。 私が、足場作業主任者の資格を持っているので調べているんですが、ダメだという根拠が書かれた資料を探しています。 移動式足場の規定が書かれた資料を見てるとアウトリガーの幅だとか荷重計算だとか規定があってアップスターはそれにのっとって作成されているのでそのタイヤを使えるからという理由で使用するのは私はダメだと思うのですが、担当者にダメだという根拠が欲しいといわれました。 アウトリガーがないからダメだといっても、アップスターから外せばいいと言われます。 可能であれば、労働安全衛生法の第何条にこうかかれているからダメです、といった回答を頂けると嬉しいです。 足場作業主任者がダメだと判断すればダメなどといった立場に関する突っ込みはなしでお願いします。 勉強もかねて、どなたか回答下さると幸いです。 可能であれば、その方法やこういう取り付け式の柵があるだの、こういう商品もあるだのといった回答もお願いします。

次の

ビケ足場にローリングタワー用のタイヤをつけて使用しても法的に...

ローリング 足場

シングル VXSW1300 パーツ/段数 1段 2段 3段 4段 作業床(ハッチ付き) 1 2 3 4 アウトリガー なし 4 4 4 パーツ点検合計数 9 19 25 31 組み上がり寸法(全高)床〜パーツ最上部 3080mm 4740mm 6400mm 8060mm 組み上がり寸法(作業床高)床〜作業床 1980mm 3640mm 5300mm 6960mm 組み上がり寸法(最長作業床高)調整長:900mm 2880mm 4540mm 6200mm 7860mm 重量 41kg 85. 1kg 111. 2kg 137. 4kg レンタル料金(1日単位) 7,560円 9,360円 11,160円 12,960円 有効作業範囲(D:1490m W:877mm)最小サイズ。 資材をワゴン車で運べるコンパクトタイプ。 ロング VXSW1910 パーツ/段数 1段 2段 3段 4段 5段 作業床(ハッチ付き) 1 2 3 4 5 アウトリガー なし 4 4 4 4 パーツ点検合計数 9 19 25 31 37 組み上がり寸法(全高)床〜パーツ最上部 3080mm 4740mm 6400mm 8060mm 9720mm 組み上がり寸法(作業床高)床〜作業床 1980mm 3640mm 5300mm 6960mm 8620mm 組み上がり寸法(最長作業床高)調整長:600mm 2580mm 4240mm 5900mm 7560mm 9220mm 重量 46kg 94kg 124. 2kg 154. 3kg 215kg レンタル料金(1日単位) 9,450円 11,700円 13,950円 16,200円 18,450円 有効作業範囲(D:2110m W:877mm)のロングタイプ。 横の動きの多い作業に適したタイプです。 7kg 117. 1kg 174. 5kg 211. 9kg 249. 3kg 286. 7kg 352. 1kg レンタル料金(1日単位) 11,320円 14,320円 17,320円 20,320円 23,320円 26,320円 29,320円 有効作業範囲(D:2110m W:1490mm)のダブルタイプ。 幅も奥行きも広いので広範囲の作業に適したタイプです。 3段以上は付属パーツのアウトリガー (無料貸出)を使用しますのでしっかりと安定します。 長期利用割引 (50〜75%OFF)ありますのでレンタル期間をご相談ください。 基本設置費 タワー1台(1〜7段) 6,000円〜54,000円 基本撤去費 タワー1台(1〜7段) 6,000円〜54,000円.

次の

【製品情報】鋼管製移動式足場 RA ローリングタワー : はしご、脚立の株式会社ピカコーポレイション

ローリング 足場

以前の記事 で、ローリングを一度紹介しましたが、再度、技術基準などを含め、記事にしました。 そもそも、ローリングタワーとは、高い部分の作業に用いる移動式の足場を指します。 移動式足場(通称:ローリングタワー)は、脚立・うま・はしご等とともにある程度の高さ迄の作業には便利で、設備・配管・塗装などに幅広く活用されています。 つまり、全面足場を組まなくとも、移動しながらの作業が簡単に可能なのです。 当然いろいろな規制がかかっています。 それでは、高さの規制から。。。 m)と、ローリングタワーの外郭を形成するキャスターの主軸間隔(L. m)とは次の式を満足するものとする。 次に積載荷重です。。。 (1)足場に積載荷重を表示し、その荷重以上積載しないこと。 専用の仮設標識があります。 (2)足場には偏心荷重、水平荷重および衝撃荷重をなるべく与えないようにすること。 (3)作業床上では、脚立、はしごなどは使用しないこと。 作業床の高さは非常に大切であり、時に斜めの天井等において、作業部分に届かない等の場合、生じる不安全行動です。 (4)枠組構造部の外側空間を昇降路とする移動式足場は同一面より同時に2名以上の者が昇降しないこと。 (5)作業者などを乗せたまま移動しないこと。 これもよくある不安全行動です。 単なる横着からによります。 (6)傾斜面での使用については、脚柱ジャッキによって枠組構造部を鉛直に立て、作業床の水平を保持すること。 基本的には、傾斜部では使用しないほうが良いと考えます。 (7)作業者が無理な姿勢で作業を行わないで済むように作業箇所に近接した位置に足場を設置すること。 よく、手が届かなく身を乗り出して作業するなどの行動がおこりがちです。 (8)脚輪のブレーキは、移動中を除き常に作動させておくこと。 (車輪ロック) (9)移動路面および移動空間にある障害物は撤去すること。

次の