高校野球 千葉県大会。 千葉県高野連が8月独自大会開催を発表「集大成に」

<高校野球>千葉県独自大会に158チーム参加 3年保護者の観戦可、ZOZOマリンも使用

高校野球 千葉県大会

千葉県高野連は22日、千葉市内で臨時の理事会を開き、中止となった夏の全国高校野球選手権大会の代替となる千葉県独自の大会を8月に開催すると発表した。 球場の確保、部活動の活動状況等を検討した上で、現状では日程を確定できないとし、内容も今後、高野連から発表されるガイドラインに沿った形で検討する。 渡辺範夫会長(59)は「子供たちの心情を考えると何らかのことをやってあげたい。 何もしないという選択肢はありませんでした」と前向きな検討を明かした。 千葉県は6月1日に学校を再開し分散登校に。 順調にいけば6月15日から時差登校と、部活動の再開へ向かっていくものと見られる。 しかし今後、再び感染状況が拡大することも考えられるため、予定通りに部活動が実施されるかは、いまだ見えていない。 現状においては、すべてを見極め8月に入り可能な日程を決めていく。 20日、甲子園中止が決まった翌日、千葉県高校野球連盟の事務所には「選手のための大会を開催して欲しい」「何とか選手にいい思い出を」など、現役選手、保護者、そして一般の野球ファンから多くの意見が寄せられ、朝から電話が鳴りっぱなしだったという。 渡辺会長は「甲子園という目標の実現に向けて頑張ってきた。 その夏がなくなってしまった。 それに代わるものはない、と思います。 ただ(代替試合で)一緒にやってきた仲間たちと野球をすることで、3年生部員のひとつの集大成にして欲しいと思っています」と選手を思いやった。 なお、秋季高校野球大会予選は予定通り8月20日から開催の予定で、代替の大会についても秋季大会に影響のないように日程を組む予定だという。

次の

千葉県は8月に代替大会を開催/高校野球

高校野球 千葉県大会

千葉県高野連は22日、千葉市内で臨時の理事会を開き、中止となった夏の全国高校野球選手権大会の代替となる千葉県独自の大会を8月に開催すると発表した。 球場の確保、部活動の活動状況等を検討した上で、現状では日程を確定できないとし、内容も今後、高野連から発表されるガイドラインに沿った形で検討する。 渡辺範夫会長(59)は「子供たちの心情を考えると何らかのことをやってあげたい。 何もしないという選択肢はありませんでした」と前向きな検討を明かした。 千葉県は6月1日に学校を再開し分散登校に。 順調にいけば6月15日から時差登校と、部活動の再開へ向かっていくものと見られる。 しかし今後、再び感染状況が拡大することも考えられるため、予定通りに部活動が実施されるかは、いまだ見えていない。 現状においては、すべてを見極め8月に入り可能な日程を決めていく。 20日、甲子園中止が決まった翌日、千葉県高校野球連盟の事務所には「選手のための大会を開催して欲しい」「何とか選手にいい思い出を」など、現役選手、保護者、そして一般の野球ファンから多くの意見が寄せられ、朝から電話が鳴りっぱなしだったという。 渡辺会長は「甲子園という目標の実現に向けて頑張ってきた。 その夏がなくなってしまった。 それに代わるものはない、と思います。 ただ(代替試合で)一緒にやってきた仲間たちと野球をすることで、3年生部員のひとつの集大成にして欲しいと思っています」と選手を思いやった。 なお、秋季高校野球大会予選は予定通り8月20日から開催の予定で、代替の大会についても秋季大会に影響のないように日程を組む予定だという。

次の

千葉県高野連が8月独自大会開催を発表「集大成に」

高校野球 千葉県大会

新型コロナウイルス感染拡大により今夏甲子園で予定される全国高校野球選手権大会(8月10日開幕)が中止となった場合でも、東京都高校野球連盟は夏の東西東京大会開催へ準備を進める意向であることが2日、分かった。 生徒の安全確保を絶対条件に、3年生に最後のプレー機会を提供したい考えだ。 また、千葉県高野連も同様の意向を持っていることが分かった。 しかし、開催には学校、部活動の再開はもちろん、選手の安全確保、使用球場など課題は山積みだ。 千葉大会は例年15日間で開催していたが、東京五輪開催に伴い今年は7月1日から21日間の予定で進めていたため、日程には若干の余裕がある。 一方でプロ野球の開幕が遅れ、ZOZOマリンスタジアムの使用が不透明だ。 「全部が決まってからでは遅い。 大会運営ができるよう準備に入ります」と最後まで希望は捨てない。 無観客試合についても「大会ができるのであればその可能性も探る」と話した。 「選手たちに、公式戦のユニホームを着て1試合でもプレーができる機会を作ってあげたい」。 いまだ終息が見えない中でも、あきらめず最大限の可能性を追求していく。

次の