はら ぺこあおむし。 えほんができるまで

はらぺこあおむし50周年記念サイト

はら ぺこあおむし

この作品の関連記事• この絵本が子どもたちを魅了し続ける秘密は、どこにあるのでしょう? 暖かな日曜日の朝、たまごから生まれたのは、ちっぽけなあおむし。 あおむしは、お腹がぺっこぺこ。 食べものを探しに出たあおむし、月曜日にはりんごを一つ、火曜日にはなしを二つ。 まだまだぺっこぺこのあおむしは、水曜日にすももを三つ、木曜日にはいちごを四つ食べ…。 たくさん、たくさん食べたあおむしは、すっかりふとっちょ! やがて、あおむしはさなぎになり、何日も眠ったあと、それは美しいちょうちょに変身したのです。 小さなあおむしが、卵から幼虫、さなぎ、蝶へと変化する様子を描いているのですが、単なる知識絵本では終わりません。 一つ目のポイントは穴の開いたしかけのページ。 これが、まだお話を理解できない小さな子どもたちやあかちゃんをも虜にしてしまうのです。 指を入れたり、めくったり。 こうして絵本に親しむきっかけにもなっているのですね。 二つ目は、力強いストーリー。 ちっぽけだったあおむしが、ぐんぐん大きくなっていき、最後には美しいちょうになるという展開は、何度読んでも元気と希望をもらえます。 三つ目は、エリック・カール作品の大きな魅力の一つでもある美しい色彩! 子どもたちの大好きな食べ物はどれも美味しそうに描かれ、あおむしを見守るおひさまは優しく描かれ、ちょうちょはうっとりするほど美しく描かれています。 コラージュの手法により描かれるその世界観こそが、登場する全てのキャラクターを生き生きと輝かせているのです。 更に数字や曜日、一日の始まりと終わりが登場したりと、年齢を経てもずっと味わえる内容になっているのも、ロングセラーとして愛され続けている理由なのかもしれません。 小さな子には持ち歩きに便利なボードブック版が大人気ですよ。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) にちようびの あさ うまれた ちっぽけな あおむしは、 おなかが ぺっこぺこ。 げつようびには りんごを ひとつ、 かようびには なしを ふたつ……。 たくさん たくさん たべて、 ふとっちょになった あおむし。 さなぎになって、 さいごは うつくしい ちょうちょに へんしんします。 【金柿パパ】 妻へのはじめてのプレゼントが、米国で出会ったこの絵本(原書)でした。 そして娘のファーストブックもこの絵本。 つかんで破いてビリビリになるんだけど、それをテープで補修するのがまた楽しい。 人類の至宝(大げさかな) 市の子育て支援センターで読み聞かせしてもらったのが 初めてのこの本との出会いでした。 最初はあまり子供の興味の範囲でないように見えましたが 行く度毎回という位頻繁に聞いたこと メロディーをつけて歌うタイプの読みきかせだったこと 夏に庭のいもむしを虫かごに入れてアゲハ蝶に孵化するまで 育てた経験があったりしているうちに いつの間にか大好きな絵本になっていました。 3歳になってからは 子供が自分で歌いながら読んでくれるようになりました。 『ちょうちょになりました』のページへめくる時は ゆっくりゆっくりめくるのです。 孵化する時、早朝に私が気付いて子供とパパと起こして みんなで見守ったことで、 ちょうちょになるときはとてもゆっくりゆっくり 徐々にちょうちょになるんだって思ったようです。

次の

『はらぺこあおむし』の英語版と日本語版の違いとは?

はら ぺこあおむし

はらぺこあおむしとは? はらぺこあおむしは、児童向け絵本というカテゴリの中で燦々と輝く名作中の名作。 1969年に出版されたにも関わらず、未だに高い人気を誇っています。 はらぺこあおむしのストーリー お腹が空いて空いて仕方がない、はらぺこなあおむしが誕生してからの1週間をカラフル絵と共に追っていくという非常にシンプルなストーリーとなっている。 日曜日 はらぺこあおむしの誕生が描かれています。 なんとも太陽の暖かそうなこと。 非常にシンプルであるにも関わらず、はらぺこあおむしの絵には小さい子供から大きな大人まで、多くの人を魅了する何かがあります。 月曜日 誕生したばかりの、はらぺこあおむしはまずりんごを食べます。 はらぺこあおむしが食べた後ということで、りんごには実際に穴が空いています。 りんごの色彩もただの赤色ではないんですよね。 なんとも独特なりんごです。 火曜日 月曜にりんごを食べたはらぺこあおむしの今度の獲物は、梨です。 りんごの時には、一つだった穴が今度は二つ空いています。 それにも関わらず、はらぺこあおむしの空腹はまだまだ満たされません。 水曜日 りんごと、梨を食べ終えたはらぺこあおむしは、水曜日になるとすももを3つも食べてしまいます。 すももと聞くと日本人には、この絵を見たときにピンときませんが、こちらがすももということのようです。 絵本のタイトルにある通り、満腹感を知ることのないはらぺこあおむし・・きっと木曜日も・・・ 木曜日 やっぱり・・・!! りんごを食べ、梨を食べ、すももを食べ、木曜日にはイチゴを・・4つ!!! 流石、はらぺこあおむしですね。 この先の展開が読めなくもないですが、どこまで食べ続けるのか、最後のオチが気になります。 金曜日 金曜日になっても、はらぺこあおむしさんは食べ続けてます。 一見月曜日に食べたりんごに見えなくもないですが今度はオレンジを5つもたいらげてしまいます。 さて、土曜日・・はらぺこあおむしは何かを6つ食べてしまうのでしょう。 きっとそうでしょう。 土曜日 これは、想像をしていたやつの斜め上をいかれました。 児童向け絵本ということで甘く見ていました・・・はらぺこあおむしさん、土曜日には何と色々食べまくってしまっています。 ケーキに、アイスクリームに、きゅうりに、チーズに、サラミに、キャンディーに、タルトに、ソーセージに、カップケーキに、スイカ・・・どれだけ食べれば気がすむのでしょう。 おやおや、しかし遂に・・土曜日にして、はらぺこあおむしさん、急に食べ過ぎてしまったのか・・お腹が痛い模様です。 一体日曜日・・どうなる?はらぺこあおむし??? 日曜日 おっと、土曜日の暴飲暴食が答えたのか・・何と日曜日は葉っぱを少々食べただけ。 はらぺこあおむしさんらしくないですね。 でも、どうやら土曜日に食べ過ぎたことによる腹痛は緩和されたようです。 そして何と遂に、満腹宣言です!! はらぺこあおむし、ここにきて遂に満腹宣言・・もはや、はらぺこあおむしという名前が意味をなしてはいないではないですか。。。 これでは、満腹あおむしです。 満腹になった、はらぺこあおむしは遂に ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ そうです、綺麗な蝶となり羽ばたいていくのです。 何とも、シンプルな話ではあるのですが読み終わるとなんだかほっこりします。 小さい頃に読み聞かせてもらっていた世代が大人になって、今度は読み聞かせてみるとまた新しい発見があると話題です。 大人になると色々なことが複雑になり、悩みも多くなってくる人が多いのではないでしょうか。 そんな人こそ、このはらぺこあおむしを無心で読んでみると忘れかけていた大切な何かを思い出させてくれるのではないでしょうか。 はらぺこあおむしの作者 はらぺこあおむしは、1969年アメリカの絵本作家エリック・カールという人によって書き上げられました。 エリックカールの絵本の特徴は、何と言ってもその色彩感覚にあります。 はらぺこあおむしを幼児がくい入るように見つめることからも、言語では説明することの難しい独特の魅力があるのでしょう。 はらぺこあおむし以外の絵本としては、「123動物園へ」といった絵本も書いています。 エリック・カールの絵のタッチが好きだという方は、こちらも是非読んでみてください。 はらぺこあおむしの関連商品 水筒 はらぺこあおむしは、色彩がとても綺麗なのでどんなグッズと併せても絵になりますね。 こちらの水筒では、はらぺこあおむしとカップの色のバランスが絶妙ですね。 お弁当箱 絵本に出てきたはらぺこあおむしが楽しそうに色々な食べ物に穴をあけながら食べていくシーンが思い出されます。 それこそ、このお弁当箱にプリントされているフルーツを全部入れてしまうのもアリかもしれませんね。 コップ なんともキュートなはらぺこあおむしコップです。 コップに遊びココロがあると子供もすくすく育ちそうな気がしなくもないです。 プレート これだけカラフルなプレートなら、普段は注意散漫な子供もはらぺこあおむしに釘付けになっちゃう?? ぬいぐるみ あおむしのぬいぐると聞くと少し抵抗がありますが、はらぺこあおむしとなると可愛らしいものです。 カラフルな毛糸が絵本の世界観をうまく表していますね。 ミニバスタオル なんとッこんなグッズまで出ているんですね。 大好きなはらぺこあおむしに包まれるなんて、はらぺこあおむし好きのキッズからしたら至福の一時となりそうです。 おむつケーキ 出産祝いなどでも定番になっているおむつケーキですが、はらぺこあおむしバージョンとなるとどこかお洒落な仕上がりになっています。 ロッキング 大好きなはらぺこあおむしに乗っかって遊べちゃいます。 耳の鮮やかな紫色といい、おもちゃになってもエリック・カールの世界観が徹底されています。 はらぺこあおむし仕様となってお値段も1万円程度とお手頃ですね。 ベビー用コスチューム なんと・・こんな可愛いアイテムまであるんですね。 ベイビーなんて裸でも十分可愛いのに、はらぺこあおむし仕様となると・・・可愛すぎます。 ただ、ベビー用となると本人が好きだからというよりは、親御さんの自己満足の世界でしょうか。 カード遊び このはらぺこあおむしカードは匂いまで再現されているようです。 鮮やかな色彩を楽しんでよし、嗅いでみてよしと、なんとも面白いカードとなっております。 ベビーカーフットマフ ベビー用品という意味では、はらぺこあおむしのフットマフといったアイテムまでございました。 これまたなんとも可愛い一品となっています。 カラフルなはらぺこあおむし故に街に出た時の注目度も凄そうなフットマフです。 ベビーカーレインカバー ベビーカーつながりという意味では、はらぺこあおむしレインカバーもございました。 雨ともなるとテンションは下がってしまいがちですが、はらぺこあおむしと一緒にお出かけできるとなると雨の日は雨の日で楽しめそうですね。 抱っこ紐ベルト ベビーカーより、やっぱり抱っこがいい。 そんなお子さん向けに抱っこ紐ベルトまで出ています。 ちょうど赤ちゃんの目線にカラフルなはらぺこあおむしが目に止まるようになっているので赤ちゃんも飽きませんね。 トートバッグ こちらのトートバッグは子供向けというよりはお母さん向けとして使えそうです。 大人の人が持っていても違和感のないお洒落なバッグです。 以上、ざっとはらぺこあおむし関連商品を紹介したわけですが本当に沢山の商品が出ています。 それだけ根強い人気を持った絵本、キャラクターであるということですね。 通常のキャラクターであれば、同じアイテムで部屋を彩ると少々窮屈な印象になりますが、はらぺこあおむしに関しては、絵本そのものがカラフルである為、きっと部屋が明るくなりそうですね。 それにしても、長年愛され続けているこちらの絵本の魅力は底知れない。。。 シンプルであるが故に、飽きない。 定期的に手にとって見たくなる不思議な魅力があります。 多くの方が、かつて読んだことがある、またはなんとなく目にしたことがある絵本ではあると思いますが、この機会にまた手に取られてみては如何でしょうか。 きっと当時とは、また一味違った体験ができることでしょう。 1638,1637,1636,1635,1633,1632,1631,1629,1628,1627,1626,1625,1624,1623,1622,1621,1620,1619,1618,1617,1616,1615,1614,1613,1612,1611,1610,1608,1607,1606,1605,1604,1603,1602,1601,1600,1599,1598,1597,1596,1595,1594,1593,1592,1591,1590,1589,1588,1587,1586,1585,1584,1583,1582,1581,1580,1579,1578,1577,1576,1575,1574,1573,1572,1571,1570,1569,1568,1567,1566,1565,1564,1563,1562,1561,1560,1559,1558,1557,1556,1555,1554,1553,1552,1551,1550,1549,1548,1547,1546,1545,1544,1543,1542,1541.

次の

「はらぺこあおむし」あらすじと感想(ネタバレ)

はら ぺこあおむし

文字で解説するとこんな感じです。 まず、日曜日にあおむしが卵から生まれたところから物語は始まります。 お腹がペコペコなあおむしはすぐに食べ物を探し求めます。 そして月曜日にリンゴを1つ見つけて食べます。 それでもお腹はペコペコのまま。 その後、火曜日はナシを2つ、水曜日はすももを3つ・・・といった具合に食べ続けるものの、いつまで経ってもあおむしのお腹はペコペコ。 そして運命の土曜日。 あおむしの食欲が炸裂し、ケーキ・パイ・キャンディ・チーズなどものすごい種類の食べ物を一気にむさぼり尽くします。 その結果、、、 あおむしは腹痛で苦しむことになります(笑) これに 懲りたあおむしは、その後は葉っぱのみを食べることにし、どんどん大きく成長し、さなぎを経て蝶になります。 めでたし、めでたし。 というのが全体の内容です。 はらぺこあおむしに学べる2つの成功哲学 【その1】決断と集中の重要性 僕がメンター(気になる方はをどうぞ。 月収ベースで数千万円稼がれている方です)に学んだ非常に重要な成功哲学の一つに、 「決断と集中」というものがあります。 決断とは他を捨てて一つに決めること。 集中とは決めた一つのみに徹底して取り組むこと。 一つに徹底して取り組む中で、繰り返しによる習慣化が図られ上達していきます。 学生時代に、参考書をたくさん持っているのに全く成績の上がらない友人っていませんでしたか? まさにあれは決断せず分散している好例ですね。 絶対にうまくいきません。 僕の実体験としても、公務員試験時には予備校から貰った問題集のみを徹底して繰り返したことで県庁に2位で合格し、このブログについても、テーマを絞って書き続けたことで安定して50万PVを超えるメディアに育っています。 はらぺこあおむしのお話からもまさにこの点が学べます。 つまり、 様々な食べ物を食べて(分散)うまくいかず、そのあとは葉っぱのみに絞り(決断と集中)、それのみを食べ続けたことで(繰り返し)、最終的に蝶になった(成果) というわけです。 シンプルですが、まさに本質が描かれています。 【その2】情報を絞って、本物のみを取り入れるべし あおむしは、 本当に大切なもの(=緑の葉っぱ)をとり続けたことで、最後は蝶になることができました。 このことは、 「質の低いもの、もしくはその人に合っていないもの(あおむしであれば色々な食べ物)をとることを避け、逆に本物をとり続けて行けば大きく成長出来る」 ということを示していると言えるでしょう。 結局、人の考え方や行動は過去の経験に基づいて決定されます。 つまり、 過去に取り入れた情報(言葉)なり食事なりが考え方や行動に大きな影響を及ぼしています。 人は、自分で行動をコントロールできると勘違いしがちですが、 無意識下で脳に入れた言葉、情報、食べ物などに支配されているという事実に気づけないと、少なくとも「人生を変える」とか「今より大きな成功をする」といったことは絶対にできません。 今の時代、まさに無限とも言える情報に触れることができますが、何も考えずに量ばかりを取り入れていてはうまくいきません。 (空き時間にすぐスマホを開いて無造作に情報収集することは、脳にとっても非常に大きな危険性をはらんでいます) また、人の悪口やら批判やらを繰り返す人たちに囲まれていたり、自分がそういう言葉を発したりすることも非常に危険です。 (これらも当然脳に蓄積されます) 結局は、 量より質です。 少ない良質の情報や言葉、人間関係に囲まれた上で、何よりも自分自身としっかり向き合う(瞑想など)ことが大切です。 自分にとって本当に大切なものは何かを見極め(あおむしはそれが葉っぱでしたが、全ての人にとって大切なものは異なります)、そこに従って貴重な時間を使っていくこそがまさに自分らしい人生です。 また、そこを見極めた人は大きく成長することができますから(自分にとって本当に大切なものを熱心に取り組めば、当然ながら圧倒的な結果につながります)、人生における輝きも得ることができるでしょう。 おわりに はらぺこあおむしは本当にシンプルなお話です。 しかし、 往々にしてシンプルなものほど本質をあらわしていて役にたつものが多いです。 このように、人生の本質的な部分に触れているところも本書が売れ「続ける」一つの要因ではないかと思います。 とは言え、ぶっちゃけ作者じゃないのでその本当に意図するところは不明なのですが(笑)、 物事は全て解釈次第です。 (有名な哲学者であるニーチェは、事実は存在せず、存在するのは解釈だけと言っています) せっかくなら いい方向に解釈して自分の人生に活かしたほうがお得ですよね。 もし子育て中の方で、小さいお子さんを持っている方であれば、ぜひそんな視点から本書を読んでみると面白いかなと思います。

次の