松島聡 近況。 Sexy Zone・松島聡、パニック障害の発表前日の姿に「グサッときた」とファン悲嘆のワケ(2018/11/30 08:00)|サイゾーウーマン

Sexy Zone・佐藤&中島、松島聡と「3人で行った」ディズニーでの“珍事”告白でファン歓喜! (2019年4月12日)

松島聡 近況

デビュー当時は「センターを狙いたい」と言うほどの野心家だった松島。 しかし、デビュー後も地元・静岡から仕事のたびに新幹線で上京するという環境で、センターどころか、グループに残れるかというほどの危機に直面する。 その後、グループのマネジメントが変わったことや高校を卒業し、芸能の仕事に専念する環境になったことで、事態は好転。 松島もセンターよりも、現在のおバカキャラに力を注ぎ込んでいるフシも。 Sexy Zoneの中ではマリウス葉とともに、まるでファンタジーの住人かのようなド天然かつおバカな発言を繰り出すムードメーカー。 自身に似ているといわれるカピバラをはじめ、さまざまなぬいぐるみを愛するというかわいい一面もある。 が、自信があるというキレッキレなダンスを踊っているときだけは、オトコの顔を見せる。 文字通り、「いつも正直でかわいい」「おかゆを食べる姿がかわいい」と、愛でる対象として松島のことを見ているようだ。 それでも二階堂に惹かれる魅力が、きっとどこかにある……はず。 Say! JUMP) 松島がデビュー当時から憧れている先輩。 誕生日にはメールをもらうなど気にかけてもらっているようだが、知念は自分が憧れている嵐・大野智に夢中な上、末っ子気質+引きこもり気質なため、プライベートの交流がなかなか聞こえてこない……。 大型歌番組の裏側で話しかけようとしたものの、勇気が出ずに断念。 その後、NEWSのコンサートに松島が見学に行った際に連絡先を交換したよう。 ファッション好きな増田の影響なのか、近頃は松島の私服が増田のようにビッグシルエットになってきたともっぱらのウワサで、同じく松島をかわいがっているKis-My-Ft2二階堂高嗣がやきもちを焼くなど、三角関係になりそうな予感!? 松島聡の学校 続きを読む• 107コメント• 231コメント• 7コメント• 1コメント• 93コメント• サイゾーウーマン• 新着商品• 「僕たちに夢のその先の、その先の夢を見させてもらえたらなぁ。 そして見させてもらった夢が、どうかみんなと同じ夢だといいなぁ」。 メンバーとファンの「想い」と「夢」を共有した「国立競技場...

次の

松島聡(Sexy Zone)のプロフィール

松島聡 近況

「ボク、いつか北海道で牛の乳搾りをやってみたいんだ。 だから、映画の撮影で酪農体験してた健人くんがうらやましくて。 夜遅くに北海道から東京に着いた中島は、1人で雑誌の撮影を行うと思っていたのですが、スタジオに入ると松島&マリウスがすごくうれしそうに「おかえり!! 」と言いながら抱きついてきたそう。 中島が「おまえら取材終わったんじゃないの?」と聞くと、マリウスは「どーしてもドイツのお土産渡したかった」と返答。 「で、松島に『あれ、お前は?』って言ったら、めっちゃしかめっ面で『さわんないでよっ。 メール無視したくせにー』って言ったから、とりあえずハグしたらすげえ、嬉しそうだったのよ笑」 「メールの件ではおまえ、オレのなんなの!? 笑って言いたくなったけど、やっぱり可愛いと思ってしまった笑」 (ジャニーズ研究会より引用) この時、松島とマリウスは2時間前に撮影が終了していたのですが、中島に会いたいくてスタジオで待っていたようです。 その優しさに中島は感動したそうです。 中島と松島は、恋人のような関係ですね。 中島が男で、松島が女。 中島は、松島がこのように接してきてくれてうれしいでしょうね。 実際に、中島は松島について「かわいい、最高の弟キャラだ」と言っています。 一方で、菊池とマリウスとの関係も特別なようです。 「最近、マリウスとめっちゃ仲がいい。 あいつって一緒にいて、すごい気が楽なんだよ。 後輩すぎて、一周まわってタメな感じになっちゃった…っていうのかな(笑)。 あと自分って、ついつい気を使っちゃうところがあるんだけど、あいつは安心して放し飼いしておけるタイプなの(笑)。 それがいいみたい」 と、現在のマリウスとの距離感を語っています。 そしてマリウスも10月上旬の「薔薇色の日々」で、「フママリ情報」として、2人の近況をつづっています。 マリウスによれば、ある日菊池から「大学でドイツ語を学ぶから教えてね」というハイテンションなメールが来たそう。 マリウスは菊池のために、ノートにドイツのあいさつや文の成り立ちを書いて準備していたようですが、その後菊池が「ドイツ語やめようかな」とこぼし、謝罪されてしまったとか。 その言葉に残念がっている様子のマリウスですが、たわいもない会話についても報告したくなるほど、マリウスにとっては菊池とのやり取りがうれしいのでしょうね。 (ジャニーズ研究会より引用) この2人も兄弟のような関係ですね。 菊池は、気を遣わなくてもよいところがお気に入りの理由のようです。 年齢が近いと、メンバー同士でもいろいろ気を遣うのかもしれません。 気を遣わない人間関係が一番楽ですよね。 その気持ちはわかります。 マリウスからすると、菊池はやさしいお兄さんのような感じなのでしょう。 では、佐藤は1人ぼっちということなのでしょうか? そんなことはありません。 佐藤に関するエピソードもあります。 松島が 「勝利くんとは、このあいだふたりきりで買い物に行ってきたよ。 初めての体験だったけど、誘ってくれてうれししかったな」と明かしていますが、佐藤自身は同誌で関西ジャニーズJr. で7WESTの小瀧望、KinKanの平野紫耀、関東Jr. の岩橋玄樹の4人で食事したことを話していました。 (ジャニーズ研究会より引用) (注)同誌とはWiNK UPのことです。 もちろん、これ以外のメンバー同士の仲が悪いわけではありません。 他のグループのメンバーとも交流があるようです。 Sexy Zoneメンバーの結束の強さを感じますね。 正直、すぐにはメンバー間の格差はなくなりそうにはありませんが、5人で力を合わせてSexy Zoneをより大きく成長させて欲しいです。 いつかメンバー間の格差がない、トップアイドルにはなれるかもしれませんね。

次の

松島聡の経歴|Sexy Zone復帰時期と現在の様子|遭遇目撃された場所や療養中の出身地を調査

松島聡 近況

11月28日、の松島聡が所属事務所を通じて、パニック障害による体調不良を理由に活動休止することを発表した。 この日、Sexy Zoneは千葉・幕張メッセより生放送された音楽特番『Best Artist2018』(日本テレビ系)に出演。 メンバーの菊池風磨がグループを代表し「ファンの方も本当に驚かれたかと思います。 今は心からゆっくりと休んでほしいなというのが、僕たちの思いです。 僕たちも目の前のことに精いっぱい向き合っていきたいと思っております」と決意表明した。 菊池が話している間、横にいた佐藤勝利は何度もまばたきしたり、眉を上げて顔を整え直すなど、明らかに動揺を隠し切れない様子。 「お通夜のような雰囲気のメンバーに加え、努めて冷静に話そうとしている菊池さんも目が潤んでおり、現場で観ていてヒヤヒヤしました。 メンバーのあまりの落ち込みぶりを見かねたのか、菊池さんのあいさつ後のCM中は、総合司会していたのさんがメンバー1人ずつの肩を叩いて優しく声をかけるといったやりとりがありました」(会場にいた芸能関係者) こういったメンバーのただならぬ様子に、ネット上では「風磨くんの隣で一生懸命涙をこらえてる勝利くんを見て、こちらも涙が出そう」「みんな目赤くしてて、泣きました」「風磨の目が真っ赤で、明らかにさっきまで泣いてたんだな」「ケンティ見たことないくらい怖い顔してるの心配」などと、ファンから心配の声が続出。 櫻井の激励のおかげか、メンバーはその後、つつがなくパフォーマンスを終えていたが、やはり松島の病気による精神的なダメージが大きいのは間違いない。 「松島さんの不在は、グループにとって相当痛いと思いますよ」と語るのはに親しい関係者だ。 「Sexy Zoneは年上組の中島が24歳で菊池が23歳、佐藤が22歳、松島が21歳で、マリウスが18歳と、けっこうな年齢差があるグループ。 結成当時、松島とマリウスはジャニーズに入所してまだ1年もたっていない中での大抜擢だった。 そのため、当初はメンバーの不仲がひどく、まったくまとまっていない状況だった」 そんな中、メンバー間のコミュニケーションの中心となったのが松島だったという。 「松島は幼いマリウスのフォローをしつつ、年上メンバーと早く仲良くなれるように立ち回るなど、グループのムードメーカーかつ、精神的な要の存在だったのは誰もが知るところ。 また、バラエティ番組では率先しておバカ役を引き受けるなどガッツもありました。 しかし、こういった優しくて繊細な性格が、今回のパニック障害を引き起こしたともいえますからね。 そんな彼がいなくなって、グループ内がまたギクシャクしてしまうのでは、と業界内でも心配の声が上がっています」(同) 今年5月19日放送のラジオ番組『らじらー!サタデー』(ラジオ第1)では、マリウスが松島に、菊池からのイジリの対処法を相談する場面があった。 そこでも松島は「イジリを愛情だと思えばいい」と親身に答え、マリウスに「聡ちゃんだけで生きていける」と深く感謝されていた。 「何しろメンタルの病気ですから、いつ復帰できるのか。 グループが空中分解しなければいいですが、ピンチを乗り切るために結束力が高まる可能性もありますよね」(同) 松島が安心して帰ってこられるように、ぜひグループ内の絆を深めてもらいたいところだ。

次の