サイゼリヤ メニュー。 【サイゼリヤ】テイクアウト(持ち帰り)メニュー・価格一覧

サイゼリヤの人気おすすめメニュー!裏メニューやフルコースの楽しみ方

サイゼリヤ メニュー

3 が導入されました。 大人気の「アロスティチーニ」も持ち帰りOK。 肉料理や前菜が大幅に増え、テイクアウトできるメニュー数は過去最大です。 詳しくは以下をご確認ください。 サイゼリヤはテイクアウトができる 安くておいしいイタリアンファミレス「サイゼリヤ」。 実は一部商品がテイクアウトできるって知ってましたか? メニューに「 TAKE OUT」のマークがついたものが、お持ち帰りできます。 テイクアウト可能なメニューは多くはないですが、自宅でゆっくり食事をしたいときに便利です。 サイゼリヤ テイクアウトメニュー一覧 テイクアウトできるメニューは以下の通り。 価格は店内で食べる場合と同じになります。 ピザ 全品 ピザは全品お持ち帰りできます。 バッファローモッツァレラのピザ 499円 マルゲリータピザ 399円 パンチェッタのピザ 399円 野菜ときのこのピザ 399円 アンチョビのピザ 399円 たっぷりコーンのピザ 399円 たらこクリームのピザ 399円 ドリア・グラタン 全品 ドリア・グラタンも全品持ち帰り可能です。 グラタン皿ではなく、専用の紙容器に入れてくれますよ。 ミラノ風ドリア 299円 半熟卵のミラノ風ドリア 368円 セットプチフォッカ付きミラノ風ドリア 378円 いろどり野菜のミラノ風ドリア 399円 エビとイカのドリア 499円 ほうれん草のグラタン 399円 シーフードグラタン 499円 おつまみ 1品 おつまみ・前菜からは「辛味チキン」のみお持ち帰りできます。 ほかにもおいしいおつまみがたくさんあるのに、1品だけとはちょっと残念。 辛味チキン 299円 デザート 1品 デザートは「チョコレートケーキ」のみテイクアウト可。 チョコレートケーキ 299円 ドレッシング・オリーブオイル サイゼリヤのサラダは持ち帰りできませんが、ドレッシングやオリーブオイルはレジで購入することができます。 サイゼリヤドレッシングはおいしいので、家でサラダを食べるときに使いたいですね。 2019年10月から増税が予定されています。 軽減税率の対応によって価格が変わる場合は、都度情報を更新していきます。 テイクアウトできないメニュー 以下の商品は、基本的にはテイクアウトできません。 サラダ• スープ• 辛味チキン以外のおつまみ• パスタ• ハンバーグ・ステーキ・チキン• パン・ライス• チョコレートケーキ以外のデザート• ドリンク• おこさまメニュー 生野菜やドリンクは難しいですが、お料理によってはお店の裁量でテイクアウトさせてくれる場合もあるようです。 ダメ元で聞いてみてもいいかもしれません。 テイクアウトの方法・宅配はできる? サイゼリヤでテイクアウトをするには、2つの方法があります。 お店に出向き、注文する。 電話で予約して、受け取りに行く。 1の場合は、注文してから出来上がるまで待たせてもらいます。 混んでいると時間がかかる場合も。 もちろん、店内で食事をしながらおみやげにピザだけ買いたい、なんてのもOK。 早めに伝えておけば帰るときまでに作ってくれますよ。 あらかじめ買いたいメニューが決まっているなら、2の電話予約が確実です。 なお、サイゼリヤでは 「宅配」は行っていません。 食べ残しは持ち帰れる? 店内で食事をして、食べきれずに残ってしまったお料理。 家に持って帰ることはできるのでしょうか? お店の判断にもよりますが、店員さんに声をかけると、プラスチック容器とビニール袋をもらえることが多いです。 容器には自分でつめて持ち帰りましょう。 特に夏場は温度管理に注意して、自己判断で! (持ち帰り容器をくれるのは、あくまでお店側の善意のサービスですので、もらえない場合もあります。 ) サイゼリヤ 関連記事 実際にテイクアウトしてみたレポはこちら。

次の

【サイゼリヤ】テイクアウト(持ち帰り)メニュー・価格一覧

サイゼリヤ メニュー

日本全国200万人の羊肉大好きっ子の諸君……待たせたな? 2019年12月18日からサイゼリヤに待望の羊肉『 アロスティチーニ』が登場したゾォォォオオオオ! 先に言っちゃうけど激ウマだゾォォォオオオオ!! ヒャッハーーー! 羊肉は好き嫌いがハッキリ分かれる賛否両論食材だけに、気軽に食べるのが難しいメニューである。 ・サイゼリヤにラム肉 12月18日のグランドメニュー改定に伴い、サイゼリヤには 数種類の新メニューが登場した。 「スープ入りトマト味ボンゴレ」「ホワイトソースのチーズハンバーグ」「りんごのワインコンポート」……などなど気になるメニューは多いが、やはり最大の注目は『アロスティチーニ』だろう。 というのも、冒頭でもお伝えした通り羊肉は「大好き派」と「断固無理派」が極端に分かれる食材であるため、そもそも提供している店が少ない。 特に 飲食チェーン店が羊肉を扱うことは滅多になく、羊肉を食べたければ専門店に足を運ぶ必要があるのだ。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。 なにせ日本全国1000店舗以上を誇るサイゼリヤである。 ・2本で399円 というわけで、さっそく近所のサイゼリヤで『アロスティチーニ』をオーダー。 アロスティチーニとは ラム肉の串焼きのことで、価格は2本で税込み399円。 また、アロスティチーニ専用のスパイスもセットで付いてくる。 さて、テーブルに到着したアロスティチーニを見た正直な感想は「少なっ」「小さっ」というものだ。 感覚的には 一般的な焼き鳥よりもスリムな印象だから、これだけでお腹をいっぱいにするためには相当な量を頼む必要があるだろう。 だがしかし、味は文句なしにウマい! 肉は割としっかりめにローストされており、香ばしさとラム肉の旨味が凝縮されている。 さらに クミン香る特製スパイスがラム肉の風味を引き立てており、瞬殺で1皿を平らげてしまうほど後引くウマさであった。 また、クミンの香りが強いので「 中華系」とも「 東南アジア系」とも「 エスニック系」とも言える味わいであったことは記述しておきたい。 サイゼリヤだからイタリアンだと思えるが、実際にこっち系のラムの串焼き店はある。 逆に考えれば「イタリアンは懐が広い」とも言えるだろう。 ・サイゼリヤだけに悩ましい ただし、味がいくら良くてもボリュームと価格のバランスを考えると「 サイゼリヤの中では割高なメニューかな?」と感じたことも事実である。 ミラノ風ドリアを始め、日本屈指のコスパ最強メニューが揃うサイゼリヤだけに「399円」という価格にためらいを感じてしまう人もいるハズだ。 ちなみに、アロスティチーニ以外の新メニューも食べてみたが、中でも「 田舎風やわらかキャベツのスープ」と「 りんごのワインコンポート」は猛烈にオススメできる。 とはいえ、価格抜きで味だけ勝負ならば、やはりアロスティチーニが1番美味しかった。 というわけで、羊肉大好きっ子の諸君には『アロスティチーニ』をぜひ1度ご賞味いただきたい。 その際、サイゼリヤにいると思ったらダメだ。 専門店で食べていると思うんだ。 そうすればきっと「ウマ! 安ッ!! 」と満足して店を後にできる……ハズだ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

【サイゼリヤ】テイクアウト(持ち帰り)メニュー・価格一覧

サイゼリヤ メニュー

『サイゼリヤ』のランチをやっている時間帯は?土日はやっている? 『サイゼリヤ』のランチをやっている時間帯は店舗によって異なります。 ただ、基本的には 11時〜15時に開催。 平日のみやっています。 土日祝日はやっていないので注意してください。 実際に私も行ってきましたがサラリーマンやOLさんが多く大人気でした。 特に12時からは混雑し、待ち時間も発生する可能性があるので注意しましょう。 『サイゼリヤ』のランチメニュー ではここで『サイゼリヤ』のランチメニューを紹介していきましょう。 ランチは 9種類ですべてサラダ・スープ付き。 税込なんと 500円です!ドリンクを飲みたい方は +110円でドリンクバーが注文できます。 定番のハンバーグセットやスパゲティ、ドリアなどが選べます。 カロリーが書いてあるのも地味に嬉しいですね。 一番カロリーが少なかったのはタラコとエビのドリアでした!ダイエット中の方はカロリー表示をみて選ぶと良いかもしれません。 スープはおかわり自由!シンプルなビーフとチキンのコンソメスープです。 ブラックペッパー・オリーブオイル・唐辛子フレーク・粉チーズなどが置いてあるのでお好みでアレンジしましょう。 これが『サイゼリヤ』のランチセットだ! 今回は「まろやかデミグラスソースのハンバーグ」を注文。 まずはじめにサラダが到着。 サラダはコールスロー風です。 セルフサービスのスープはシンプルなので、後でオリーブオイルと粉チーズを入れたらコクが出ました! こちらがメインのデミグラスハンバーグ。 サイゼ定番のコーンとほうれん草付きです。 ご飯も申し分ない量。 味については、誰もが食べたことのあるサイゼなので予想通りという感じです!(笑) ただ、これで税込500円はびっくりですね。 普通に美味しいし、サラダ・スープ付きなのもすごい!満足度大です。 平日限定というところだけ注意して、ぜひ利用してみてください。 『サイゼリヤ』のランチのここがオススメ! ここで『サイゼリヤ』のランチのおすすめポイントをおさらいしましょう。

次の