本屋 に 行く と トイレ に 行き たく なる 理由。 本屋さんに行くとトイレに行きたくなる!便意と尿意の原因とは?プレッシャー?インクの匂い?どれでトイレに行きたくなっているの!?

本屋に行くとトイレ(大便)に行きたくなるんですけど?

本屋 に 行く と トイレ に 行き たく なる 理由

ヨノ オモ!! Twitter 本を読むって素敵なことですよね。 僕も突然本を読みたくなる瞬間があり、その気持ちを大切にしたいと思い、スグに本屋に向かうようにしています。 本屋に入って、ヤングマガジンのグラビアを立ち読みしている、ギリギリ怒られない線を攻めるエロ小学生を横目に、良い本がないか様々な棚に目をやるんですよね。 休日の昼下がり、本屋特有のシーンとした店内から時折聞こえてくる陳列音を聞きながら、有意義な時間を過ごしていると突然やってくるあの便意。 そうココから1人孤独な戦いが始まるんですよ。 『全能なる神よ私のケツ筋に力を与えよ』と考えながら、あからさまに変な歩き方をしながら本を探す。 こんな状況のときに限って岸見一郎の自己啓発本「嫌われる勇気」が目に付き、勢いよく漏らしてしまおうかと一瞬頭をよぎります。 勢いよく漏らしたら嫌われるどころか警察沙汰ですけどね。 アナタにもこんな経験ありますよね。 本屋に行ったら便意をもよおすこの現象、実は多くの人が体験しているんです。 そして困っているんですよね。 今回はこの現象の「名称」「原因」「対策」について書いていきますね。 アナタと一緒にこの地獄のような現象を分かち合いたいと思います。 青木まりこ現象 そうなんです。 この現象は 「青木まりこ現象」と呼ばれているんです。 便意に関係する現象が人の名前って意外ですよね。 名前の由来 1985年に「本の雑誌(タイトルです)」に『私は長時間本屋にいるとなぜか便意をもよおします』と投稿がありそれが本に載りました。 その投稿は当時同感する人が多く話題になったそうです。 そして、その投稿者の名前が青木まりこさん(当時29歳)だったため、青木まりこ現象と呼ばれるようになりました。 ちなみにウィキペリアではこの投稿が話題になった理由の1つに「(投稿者が)若い女性であったことも反響が大きかったことの一因となった」と記載されています。 いやいや、何割か変態が混じっているだろコレ。 青木まりこさんの見解 便意現象に自分の名前がついてしまったことに青木さん本人はどう思っているのか。 気になりますよね。 当時結構な話題になったため、1985年以降も「本の雑誌」編集部によって青木さんは複数回取材を受けているんですよ。 そこで自分の名前が使われていることに関して『特に気にしていない』とコメントをしています。 青木さん本人が気にしていないなら良かったです。 都市伝説 本屋に入って便意をもよおす現象に対して、都市伝説的なモノとしてみている人がいます。 そう、世の中には本屋に何時間いても便意をもよおさないタイプがいるんですよ。 もうね、僕なんか本屋に入った瞬間便意をもよおしますからね。 だからいつも本屋に入る前は、ケツ筋に力を入れて足を開かない歩き方で入店しています。 後ろから見たら33歳のオッサンがモデル歩きしている異様な光景ですよ。 33歳おっさんのあまりにも完璧なモデル歩きを見て店員も思ったでしょうね『エッ?ここはパリコレ?』って。 だから僕はいつも心の中でこう返すんですよ『チョイ漏れ』と 青木まりこ現象の原因 色々と調べてみましたが原因は不明のようです。 テレビ番組や学者が検証・実験をしましたがハッキリとした原因を解明することが出来なかったんですよね。 原因はコレではないかと言われているモノはいくつかありますので紹介します。 紙・インクのにおい説 これはとても有名な説ですよね。 紙や印刷のインクのにおいが排泄欲を刺激するのではないかと言われています。 また、トイレで本や新聞を読む習慣がある人はそのときに紙やインクの匂いを無意識に覚えてしまい、本屋に行くと脳がトイレとリンクさせてしまい、便意をもよおすのではないかと言われています。 2006年に哲学者の土屋賢二さんがある実験をしています。 配達したての新聞紙と購入直後の書籍を用意して、それぞれを自分の顔に覆って10分間深呼吸をするという実験です。 その実験では結局便意を感じることなく、そのまま眠り込んでしまったようです。 この経験から土屋さんは、紙やインクなど本を構成する物質が便意の原因となることはないとしています。 そもそもインクが原因だったら印刷所に勤めている人はどうなるんだって話ですよね。 就業中はみんなモデル歩きで、毎日便意を我慢しているとかそんな職場イヤだわ。 同僚が隣で漏らす危険性がるので、せめて危険手当は頂きたい。 精神的プレッシャー説 本屋は基本的にトイレが用意されてない店舗が多いですよね。 そこから生まれるトイレに行きたくなったら困るという精神的プレッシャーが原因とする説です。 副交感神経説 本選びの際、視線を下にするとまぶたが緩んで副交感神経を刺激し、便意を感じる説です。 この説はまったく共感できませんね。 そもそも副交感神経説が正しいなら、現在無職の僕は本屋の求人雑誌の前で、絶望感で何度視線を下に落としたことか。 その回数を考えたら社会的地位を失うぐらい漏れているわ。 いや、無職だから社会的地位もないんだけどね。 対策 原因が分らない以上、対策はただ1つです。 本屋に行く前にトイレを済ませておくしかないんですよ。 でも事前にトイレを済ませても、本屋に入ると不思議と便意をもよおすんですよね。 精神科医の墨岡孝さんによると「便意に対する不安」には過敏性腸症候群や不安神経症といった疾患が隠れている可能性があるとのこと。 必要なら精神科や心療内科を受診するのもいいですね。 本屋の香りスプレー.

次の

本屋で便意をもよおしトイレに行きたくなるあの症状はまさに地獄 │ ヨノオモ

本屋 に 行く と トイレ に 行き たく なる 理由

週にどの程度本屋に行きますか? 普通の人は、本屋にあまり行かないですよね。 本屋って時間がかかりますよね。 気付いたら一時間経っていたと言う事もよくある話なんじゃないでしょうか? 1時間本屋にいれば、トイレに行きたくなる事もあるでしょう。 しかも本屋にはめったに行かない。 そうすると経験則の中で、本屋に行くとトイレに行きたくなる事が多い=本屋に行くとトイレに行きたくなるという法則が生まれるのです。 あと、この話しは結構有名なネタですから他の人もそうだから自分もそうだと言う集団意識も影響しているのかもしれません。 きちんとトイレを先に済ませて、その上で何分くらいでトイレに行きたくなるのかという実験を自分でしてみれば解りますよ。 インクのせいだけではありません。 あの棚の圧迫感なども含まれます。 もっというと、インクのせいでもありません。 原因はインク側にあるのではなく、あなたの方にあります。 緊張するとウンチしたくなる症候群があるのはご存じだと思います。 それです。 あなたは、本屋に緊張しているのです。 しかも、その原因は「トイレに行きたくなるから」の可能性が高いです。 おそらく、棚などのああいう圧迫感に弱いのでしょう。 パニック症候群の弱い弱いタイプかもしれません。 本や人の数や棚の圧迫感に緊張してしまうのでしょう。 一度、図書館で二~三時間くらい時間をつぶしてみてはどうでしょうか。 嘘のようになれてしまって、次から大丈夫になるはずです。 なれていないからというのが大きな理由でしょう。 人間、緊張すると出したくなる人は多いのです。 原因は、緊張です。 インクの臭いが万人に効くトイレ促進効果があるなら、便秘で悩む本好きの私は人間ではないと?.

次の

本屋に行くとトイレに行きたくなります。過去に本のインクの匂いが...

本屋 に 行く と トイレ に 行き たく なる 理由

ページの目次• 本屋でトイレに行きたくなる謎と「過敏性腸症候群」の関係性と6つの説 本屋に行くと必ずと言っていいほどトイレに行きたくなる、この理由は未だ解明されていませんがいくつかの説が立てられています。 多くは「過敏性腸症候群」の一種で、胃腸の動きを刺激する要素が本屋にはあるとされています。 ここではその6つの説をご紹介します。 心的後遺症が関係している 一度でも本屋でトイレに行ったという経験から、二度、三度と繰り返している…という説です。 紙やインクの匂いが便意を誘う 本の紙やインクの匂いは腸に刺激がいく素材となっているという説もありますが、この場合は吐き気やめまいの方が起きやすいとのこと。 狭い場所でじっと立つから この説はほかにも考えられる場所はたくさんあるので、あまり当てはまりませんね…。 まぶたを伏せるとスイッチが切れる 本を読む時にまぶたを伏せることで、リラックスしてしまいまるでスイッチが切れたようになるから、という説もあります。 プレッシャー説 「トイレに行けない」というプレッシャーがかかるから、という謎の説もあります。 トイレットペーパーを連想するから 本の匂いがトイレットペーパーを連想させるからという説もあります。 これは可能性があるように感じますね。 本屋でトイレに行きたくなる症候群の名前 なぜか本屋に行くとトイレに行きたくなる、こう思っている人は予想以上に多く、ある時この現象に不思議な名前が付けられました。 「青木まりこ現象」 この名前がついたきっかけは、1985年発行「本の雑誌40号」へある人物が1通の投稿をしたことから始まりました。 投稿の内容は「本屋に行くとなぜかトイレに行きたくなる」というもので、これに共感した読者が「私もトイレに行きたくなります」という投稿が大量に寄せられたとか。 この声に対して翌月の特集に最初の投稿者の名前である「青木まりこ」さんを入れた「青木まりこ現象」という特集を組んだことから一気に広まったそうです。 青木まりこさんがどのような人なのかは謎ですが、「本屋に行くとなぜかトイレに行きたくなる」という人がたくさんいることがわかったという面白い現象となりました。 そして、なぜ行きたくなるのは未だに解明されていません。 本屋でトイレに駆け込む謎と過敏性腸症候群の人 本屋に行くとトイレに行きたくなる=トイレに行けない場所だから、という説もあります。 すぐにトイレに行けないからこそトイレに行きたくなるというのは、心理的な原因が関わっていますね。 ただ、過敏性腸症候群を持つ場合は本屋以外にもこのような場所や状況はたくさんあるものです。 ・電車の中 ・高速道路を走行中 ・授業中 ・仕事中 ほかにもまだまだある中「本屋」にスポーツが当てられる理由はまだまだ解明できない謎が潜んでいるのかも知れません。 本屋でトイレに行きたくなる人…23% Q. 本屋に行くとトイレに行きたくなりますか? ・はい…230人(23%) ・いいえ…770人(77%) これはあるアンケート調査による結果ですが、全体の23%の人が「本屋に行くとトイレに行きたくなる」と感じていることがわかります。 尿なのか便なのかはそれぞれ意見が分かれますが、その多くの人が立ち読みをしているとなぜかもよおしてしまうようです。 「なぜ行きたくなるのか」 本屋でトイレに行きたくなる説は先ほどにもお伝えしましたが、「はい」と答えた人たちが自分なりに思い当たる理由をご紹介していきます。 ・「1度行った経験から条件反射で起きているような…」 ・「空調が効いているからお腹が下る」 ・「本屋のトイレはなぜか落ち着くから」 ・「トイレに向かう人が多いから自分も刺激される」 ・「立っているときに腹筋に力が入ってしまうのかも知れない」 ・「10分以内で出れば大丈夫」 ・「なぜか食後に行ってしまうから」 このような意見がありましたが、共感できるものが1つでもありましたか? 「過敏性腸症候群」は本屋に注意しないといけない 不意な下痢や腹痛が頻繫に起こってしまう「過敏性腸症候群」の人もやはり、ふらりと本屋に立ち寄ってしまうのは危険なようです。 症候群ではない人でもなぜかもよおしてしまうのですから、過敏に反応してしまう過敏性腸症候群の人ももちろん危険です。 「本屋に対して油断してしまう」 街を歩いていてふと本屋が目に止まると入ってしまうのが人間の心理。 しかし過敏性腸症候群の方はこんな本屋には気を付けてください。 ・古本屋 大きな本屋ならたいていの場合トイレが完備されていますが、古本屋では期待できません。 さらに古いインクと紙の匂いが充満しているので、一般的な本屋よりも強い刺激があります。 どうしても入りたい場合はトイレの場所をあらかじめ確認してから行くことをオススメします。

次の