めんこ や 幡ヶ谷。 メンコの遊び方のルールは?厚紙で作る強いめんこの作り方のコツや歴史も

幡ヶ谷でうどんを食べるならここ!幡ヶ谷駅徒歩1分のうどん屋『めんこや』はうどんがうまい!そして飲める!

めんこ や 幡ヶ谷

男性におすすめなガッツリ系つけうどん 幡ヶ谷駅から徒歩3分、甲州街道沿いのうどん専門店です。 厨房もホールも大変活気にあふれた、ランチから深夜までお客さんの絶えない人気店です。 お店の看板メニューはコシが強くどっしりとした食感が特徴の武蔵野うどんで、一番スタンダードな「ぶったま」を頼んでも、まるでつけ麵のつけ汁のような盛沢山の具材と濃厚なスープが出てきて驚くこと間違いなしです。 プロレスラーの藤波辰爾さんが足繫く通うお店としても有名で、店内には至る所に藤波さんの写真・サインの関連グッズが。 プロレスファンの男性が来ても一話題になりそうです。 一品一品のボリュームは多めなので、お腹を空かして来て利用することをおすすめします。 ホットペッパーグルメ• 食べログ• 一休レストラン• グルヤク• EPARKグルメ• ランチパスポート• OZmall• EPARKスイーツガイド.

次の

めんこや幡ヶ谷本店 (東京都渋谷区幡ヶ谷 うどん屋 / レストラン)

めんこ や 幡ヶ谷

メンコの遊び方が、現在のものに近づいたのは、明治時代となってからです。 明治10年代に、鉛を素材とした「鉛めんこ」が量産されるようになったのです。 鉛をカナヅチで打ち出して加工するため、厚さが1mmと薄くなりました。 この薄さを利用して、鉛めんこを、自分のめんこで打ちつけて裏返すという遊びが誕生しました。 現在のメンコ遊びの基礎となりますが、鉛めんこそのものは、鉛害中毒の問題から発売禁止となってしまいます。 このとき鉛めんこの代わりとなったのが、ダンボール紙を素材とした「紙めんこ」です。 明治の中頃にダンボール紙の製造技術が導入され、印刷技術も向上したことから、安く大量に生産できるようになりました。 メンコは、市販のものだけでなく、手作りすることもできます。 厚紙や牛乳パックの底などの、身近な素材で、強いメンコを作ってみましょう。 材料と作り方の手順は、以下の通りです。 材料と道具• 材料:厚紙(牛乳パックの底・半目画用紙など)• 道具:ハサミ・カッター・のり・マーカーなど 作り方の手順• 丸メンコは、直径5~15cmほどの大きさに丸く切る• それぞれ2枚準備して、のりなどで貼り合わせる• 裏表が分かるように両面を異なる模様にする 厚紙の両面の模様は、描いてもシールなどを貼り付けてもOK、カラースプレーなどで色付してもかっこよくなります。 こちらは、角メンコの作り方を紹介した動画ですが、色紙やシールを使用して美麗メンコを完成させています。 裏表がはっきりしていれば、デザインはお好みで大丈夫です。 メンコの遊び方とルールの2つ目は、フィールドの場外にメンコを弾き飛ばす「はたき」という方法です。 フィールドは円の形で、地面に描いたり、ロープなどで輪を作ったりして準備しましょう。 ポイントは、どこまで弾き飛ばせば、場外なのかはっきりさせておくことです。 完全場外でなければいけないのか、メンコが半分ほど出ていればOKなのか決めておきましょう。 「はたき」のルール• 人数に応じた大きさの円を作る• 参加者全員のメンコを1枚ずつ地面に置く• 打つ順番を決め、メンコを弾き飛ばしていく• 場外になったメンコは手に入れることができる• 自分のメンコを場外にすると所有権を失う• 所有権を失った場合は違うメンコを置く ネットで買えるおすすめのメンコの3つ目は、おもちゃメーカーが独自ルールやシステムを追加して販売している、テーブルゲームっぽいメンコです。 『バンダイ(BANDAI)』の「ディスクウォーズアベンジャーズ」や、『コナミ』の「めんこスタジアム」など、ネットで探すと、いくつかの種類がみつかります。 基本のめんこの遊び方の面影はあるものの、通常とは異なる部分も多いので、説明書をよく読んでから遊びましょう。 メーカーごとの独自ルールとコツが光ります。 みんなで楽しく遊んだあとは、お片付けが基本ですね。 メンコなど、小さくてゴチャゴチャしているものは、きれいに収納するコツを知っておくと便利です。 こちらの記事で、収納方法をチェックしてみましょう。 RELATED ARTICLE メンコの遊び方は無限 長い歴史のなかで、子どもたちに愛されてきたメンコは、無限の遊び方をほこります。 昭和の流行期には、今回紹介した基本の遊び方の他にも、地域によって多種多様なルールが存在しました。 関東と関西でルールが異なるのはよくあることですが、メンコに限って言えば、隣町に行くとルールが異なるといった現象も見られました。 また、時代の流れとともに、独自のルールを追加したおもちゃなども販売され、メンコの遊び方の可能性は広がってきました。 もとが単純な遊び方だからこそ、遊ぶ側のセンスが磨かれるのかもしれません。 厚紙などの手作りのメンコで、新しい遊び方とコツを考案してみるのも楽しそうですね。

次の

幡ヶ谷でうどんを食べるならここ!幡ヶ谷駅徒歩1分のうどん屋『めんこや』はうどんがうまい!そして飲める!

めんこ や 幡ヶ谷

幡ヶ谷駅を地上に出て初台の方向に歩いてわずか。 甲州街道沿いにある武蔵野うどんのお店です。 本日のうどん、辛肉うどんを大盛りで頂きました。 ピリ辛のつけ汁にがっつり太くてコシの強い手打ちの麺を頂きます。 ネギの香りと辛味のおかげでドンドンうどんが進みます。 豚バラ肉はホロホロなるまで柔らかく煮込まれており、箸で持ったら解けてしまいそう。 色々なメニューがあるので全制覇を目指したいものです。 ランチタイムはうどんの大盛りとご飯が無料で追加出来ます。 店内はいつも賑わっていて人気のお店であることが良く分かります。 実際テレビなどでも取り上げられている模様。 それでも胡坐をかくことなく親切な接客で好感が持てます。

次の