エクセル 数式 セル 固定。 計算式がずれないように!絶対参照で数式を固定【Excel・エクセル】

参照式の参照セルが移動しても固定されるようにしたい 《INDIRECT》|Excel|ヘルプの森

エクセル 数式 セル 固定

わりと有名な方法なのでご存知の方は次項へ進んで下さい。 例えば、「九九」の表を作ってみましょう。 縦横に 1~9 までの数字を書き、これらを参照して計算結果を求めます。 「B2」を全セルにコピーすれば九九の表の完成!…とはいきません。 計算結果が全然合っていないおかしな表になってしまいました。 原因を探ってみましょう。 例えば、「24」のセルの内容を見てみます。 すぐ左の「C3」と、すぐ上の「D2」を参照してしまっているため 計算結果が「6」にならないわけです。 参照するセルを 1~9 の数字から外れないようにする必要がありますね。 「B2」を全セルにコピーし、無事に九九の表が完成しました。 参照するセルを選択します。 「F4」キーを押します。 「F4」キーの挙動は下記のとおり。 「F4」キーを使えば、マウスに触れずに キーボードのみで参照するセルを固定できるので 数式入力の効率もグンとアップしますよ。 【関連記事】.

次の

エクセル:参照セルの固定記号「$」を簡単に付ける方法

エクセル 数式 セル 固定

エクセルで掛け算をする基本的な方法 エクセルは、パソコンで仕事をするときに欠かせないソフトです。 仕事をするためにはエクセルを使う必要があり、勉強中の人もいるでしょう。 しかし、エクセルでどのように掛け算をしたらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 ここではエクセルで掛け算をするための基本的な方法について紹介します。 エクセルで掛け算をする方法は一つではなく、いくつかの方法があります。 それぞれの方法に利点があり、上手く使いこなすことで仕事の効率も向上します。 掛け算の方法を身につけてエクセルを便利に活用しましょう。 1-1. エクセルで計算をするときには「=」を使用するというルールがあり、「=」の後に計算式を入力します。 1-2. PRODUCT関数を使う 複数のセルの積を出したい時もあるでしょう。 そんな時はPRODUCT関数を使うと便利です。 しかし、これでは入力が面倒と感じる人もいるでしょう。 「:」(コロン)はセルを連続して指定したい時に用います。 計算するセルの数が多い時にはとても便利な関数です。 1-3. 列と列の掛け算をまとめてするには A列には商品の種類、B列には各商品の単価、C列には顧客からの注文数を入力して合計金額を求める表を作るとします。 この時にはB列の単価とC列の個数を掛けて合計を求める必要があります。 そんな時の計算式ではSUM関数を使いましょう。 SUM関数は列の合計を求める時によく使われますが、配列数式で指定することで列と列との掛け算をすることができます。 入力した後は、「Ctrl」と「Shift」を押しながら「Enter」を押して確定させてください。 1-4. 掛け算するセルを固定するには エクセルでは他のセルに計算式をコピーすると参照するセルも自動的に変更されます。 とても便利な機能ですが、場合によってはA1~A5それぞれの値とB1の値を掛け算したいような時もあるでしょう。 そんな時には参照するセルを固定する絶対参照を活用しましょう。 C1のセルをクリックし、黒枠の右下をC5までドラッグすると、C2にはA2とB1を掛けた値、C3にはA3とB1を掛けた値が表示されます。 なお、セルの黒枠をドラッグする方法は「オートフィル」と呼ばれ、数式をコピーする際などに使えます。 便利な機能なので、ぜひ活用してください。 掛け算の値を合計する方法 各列の積を求めてから合計を出したい時もあるでしょう。 そんな時に便利なのがSUMPRODUCT関数です。 A列の1~10まで、B列の1~10まで、C列の1~10までの積を求めて、それぞれを足して合計を出したいとします。 2-1. SUMPRODUCT関数でエラーが出る原因 SUMPRODUCT関数を使う時には、指定する配列の行数は同じにする必要があります。 B列は10行、C列は13行などの指定をすると「 VALUE! 」のエラーが表示されてしまいます。 また、範囲内にテキストが含まれている場合もエラー表示が出るので注意しましょう。 指定された範囲内に1つ以上テキストデータが含まれていたり、書式設定でテキストに指定されていたりすると同じようにエラー表示されることになります。

次の

エクセルで数値を固定する方法|わかりやすい動画解説付き

エクセル 数式 セル 固定

相対参照とは・・・・ 数式をコピーした場合に、コピー元から移動した分だけ、数式中で参照されているセルがコピー先のセル番地に合わせて変更される機能(参照方法)です。 では、実際に相対参照の使い方例について数式のコピーを用いて理解していきましょう。 使い方例)コピー・貼り付け 下の表は、とあるネットショップの売上一覧表です。 この表を利用して、相対参照がどのようなものか、どのように便利かを確認していきましょう。 しかしながら、Excelには元から、式をコピーすると、その式に利用されている位置を表す情報は、コピー元からコピー先までの移動分だけ、自動的にずれるという『相対参照』の機能をもっています。 実際にどういうことか、以下でセルG4に入力された数式をコピーして、セルG5に貼り付けてみましょう。 セルのコピー・貼り付け方法は以下の手順で行います。 (2)セルの貼り付け 次にセルの貼り付けです。 (3)セルのコピー・貼り付け完了! これで、セルのコピー・貼り付けが完了しました。 (以下はコピー・貼り付け後の表です。 ) (4)コピーされた式が相対参照になっているか見てみよう! では、実際の数式の変化(=相対参照)を確認してみましょう。 数式を見てみると、 コピー元の式ではセル「F4」が参照されていたものが、1行下にある貼り付け先では、セル「F5」に自動で変化しています。 まとめて一括で式を反映させる方法 さて、複数のセルにて、同様の計算を行う場合、ひとつひとつコピー・貼り付けを行うのは少し面倒です。 せっかく式の利用によって便利になっても、大量のデータを一つ一つコピー&ペーストするのでは、業務が効率的になったとは言えません。 そこで、次に学ぶ一括して反映する方法=『 オートフィル』について勉強していきましょう。 POINT! オートフィル機能は、縦にコピーするだけではなく、横にもコピーできるので、表の内容や条件によって 使い分けるようにしましょう。 以下は、売上一覧表において『数量』『金額』『送料』の合計を求めるために、『単価』の合計を表す関数式を横にオートフィルした場合の一例です。 この例では、式の4行目~6行目を合計するSUM関数が使用されていますが、それぞれ、オートフィルによって行の指定は変更されず、列の指定のみが自動的に変更されています。 オートフィルによる相対参照は、コピーする方向によって、縦なら行が、横なら列が自動的に変更されるという事がお分かりいただけたでしょうか。 絶対参照とは・・・ コピーやオートフィルによって、コピー先の移動の分だけ参照先が変化する相対参照とは違い、数式中の参照しているセルが、コピー先に関わらず固定され、変化しないようにする参照方法です。 相対参照の不都合な例) 下記の表は、売上一覧表の『商品コード』にしたがって、商品コード一覧表から商品コードと一致した商品名を自動的に表示するように設定した、売上データ入力用マスターです。 () このセル「C7」について、セル「C8」~「C9」にも同様の数式が設定されるよう、相対参照の時と同様に、セル「C8」~「C9」にオートフィルしてみると、以下のような結果になります。 セル「C9」の数式が一体どうなっているのかを見直してみましょう。 (2)次の参照先である右側の商品コード一覧表の表範囲 「I4:K9」は、下にオートフィルすることによって相対参照され、設定範囲が 「I6:K11」と下に動いている事が分かります。 一括でその他のセルにも式を設定したいけど、式に使っている一部の参照セルは固定しておきたい・・・ こういった場合に有効となるのが、次に学ぶ 「絶対参照」の設定です。 下の表は、実際に絶対参照の設定をした式を入力した例です。 このように、 「絶対参照」を利用することで、数式のコピーやオートフィル等による、参照しているセルや範囲の変化をさせず、固定させることが出来るのです。 では、実際に上で使用した同じ表を用いて、[F4]キーを活用した絶対参照の設定方法をしましょう。 数式バーとは・・・ エクセルの画面上部にある細長い欄で、選択したセルに入力されている数値や数式を表示する役割を持っています。 また、表示されているデータを修正する事も出来ます。 今回の場合、 1 数式の入力されているセルC7を選択する。 2 数式バーにて 「I4:K9」の文字をマウスで範囲選択。 3 [F4]キーを1回押す。 4 ENTERを押して式の修正を決定する。 以上で設定完了となります。 このように、オートフィルにより、式の参照セルや範囲が動いてはいけない時には 絶対参照を利用するようにいたしましょう。 少し複雑な参照方法ですが、覚えておくとエクセルを使いこなす上ではとても便利な参照方法です。 ではどういった場合に、この「複合参照」が必要となるのか具体例を上げてみます。 複合参照の必要な例) では、複合参照が必要になる事例を見てみましょう。 下の表は、とある会社の社員給与一覧及び、交通費の合計を求める表です。 () この式をオートフィルするだけで、『部署別合計』の表に部署ごとの給与、交通費が出力されるようにするにはどうしたらいいでしょうか。 まず、その際、部署が入力されている「B4:B7」の範囲と、給与合計の対象範囲である「D4:D7」は絶対参照で固定してみました。 1 どの部署の合計かを示すセル参照が、元の 「C11」から右に動き 「D11」となっています。 分かりやすくまとめると・・・ 1 部署の参照先は、行方向(縦)のみ変化出来るようにしなければいけない。 2 合計の範囲は、列方向(横)のみ変化出来るようにしなければいけない。 以上の2点が必要なことが分かるでしょうか。 では、「複合参照」を利用して、この数式を修正するようにいたしましょう。 では、オートフィル結果を確認してみましょう。 オートフィル結果) 右にオートフィルした場合は、「部署が営業の、交通費合計」、 下にオートフィルした場合は、「部署が企画の、給与合計」が、それぞれ表示されました。

次の