五大路子 病気。 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで

プロダクションノート | 映画『ヨコハマメリー』公式サイト

五大路子 病気

高瀬春奈さんは、1954年1月3日生まれ、神奈川県横浜市金沢区の出身です。 身長164cm、B91cm、W63cm、H93cm(28歳)で、フェリス女学院高等部卒業後、早稲田大学演劇科を卒業しています。 大学在学中から、舞台や自主製作映画などで女優として活動していました。 1977年のNHK朝ドラ「いちばん星」のヒロイン役に選ばれましたが、体調不良が原因で途中降板し、五大路子さんに代わっています。 しばらく活動を休止していましたが、1980年代から女優業を再開し、映画では1983年の「卍」で樋口可南子さんと共演してレズに溺れる若妻を演じました。 また「武蔵野心中」や「お葬式」に出演しています。 しかし子供のような存在の猫を飼っていてその猫に随分と癒されているようです。 そうしたことを、自身のエッセイにも書いています。 1999年に出版した高瀬春奈さんのエッセイに「猫が教えてくれた大切なこと」があります。 デビュー当時に思い悩んでいた時があって、衝動的に猫を貰ってきてその猫と過ごしていたといいます。 その猫と過ごしたことで、心境に変化が起こり、そこから女優を続けて行くことができたと書いています。 高瀬春奈さんは、当時何らかの原因で精神的に悩んでいたことがあって、それを猫によって癒されたそうです。 旦那が表舞台に出ないで欲しいと願っている?.

次の

五大路子の夫は大和田伸也!息子は?横浜の伝説メリーさんを舞台化!

五大路子 病気

NHK朝の連続テレビ小説「いちばん星」で主役デビューから、数々のテレビドラマや舞台で活躍を続け、今年で女優生活40周年を迎える五大路子さん。 1999(平成11)年、「横浜夢座」を旗揚げ以降は、横浜の歴史や場所・人にスポットをあてた舞台を作り上げてきた。 なかでも、横浜のをモデルにした「横浜ローザ」は毎年公演を重ね、今年で初演から21年目。 2015(平成27)年4月にはアメリカ ニューヨークで公演も行っている。 強い横浜愛と発信力のある五大路子さんの魅力に迫る。 五大 路子 誕生日: 1952年9月22日 血液型: O型 職 業: 女優 所 属: 株式会社オフサイド 五大さんを迎えたのは、。 落ち着いた雰囲気ながら、どこか個性的な空間は、横浜中華街の中にあって異彩を放つ。 フレンドリーな笑顔で取材陣を和ませてくれたかと思うと、すぐにアクセル全開の五大さん。 そのエネルギーをひしひしと感じながら、インタビューを始める。 出身は港北区、新横浜駅周辺です。 当時あの辺りは、自然が豊かで、森の香り、川のせせらぎ、レンゲソウ、オタマジャクシ、ザリガニ・・・。 自然やいきものとたわむれて育ちました。 小学生くらいまでは保母さんになりたくて、近所の小さい子たちと遊んでましたね。 「みっちゃん、遊ぼ!」と訪ねてくるんですよ。 「遠足よ!」とお菓子を持って一緒に出かけて、歌を歌ったり、空を見て空想して「ほら、あっちから悪者がやって来るよ」なんて言って、みんなを動かしたり、幼いころから、いろいろと演出して遊んでましたね。 とにかく自然の中で遊ぶのが大好きでした 港北小学校の分校で、篠原小学校に通っていました。 「横浜に分校なんてあるの?」と言われてしまいます。 たしかに学校からは富士山が見えてとてものどかでしたね。 伺っていると、演劇の道に進まれたのも、すごく自然なように思いますが・・・。 でも実は、中学校では最初、書道部に入ったんです。 すごく素敵な先輩がいて「書道部に入らない?」と誘われて・・・。 その憧れの先輩が、今「横浜ローザ」の題字を書いてくれていて、海外でも活躍している書道家の末廣博子さんです。 その後は、やはり演劇部に? はい。 あっ、そうだ演劇の道に進む前におもしろい話がありまして。 小学校の時は放送部だったんです。 そうだと思います。 褒められてうれしかったし、楽しくなりましたね。 朗読のおもしろさを感じたことが、演劇部に入るきっかけになったのかなと思います。 中高6年間は、横浜駅近くの女子校、神奈川学園でした。 女性だけの中で、変に女性を意識することなく、のびのびと過ごしました 先輩には、「夕鶴」の舞台で有名な女優の山本安英(やまもと・やすえ)さんがいらして、後輩には、女優のやガラス作家のがいます。 野口さんも今、「横浜ローザ」をすごく応援してくれています。 続いて、現在の五大さんのライフワークともいえる、ひとり芝居「横浜ローザ」について伺った。 1996年の初演から21年。 凛と前を見据えた眼差しを向けられた時、「あなた私の生きてきた今までをどう思うの? 答えてちょうだい!」と、仰ったような気がしまして・・・ そう激しく訴えかけられたような気がしたんです それから取材を始めました。 ジーパン履いて、小さなノートを持って、あの白塗りの化粧をするための化粧品をこの街のどこかで買っていたはずだと、伊勢佐木町じゅうの化粧品屋さんを訪ね歩くところから始めました。 彼女を追いかけていく中で、横浜の戦後が私の前にどんどん現れてきました。 伊勢佐木町の向こうに米軍の飛行場があって、ある時間になると米兵たちが街に出てきて、娼婦たちが街に立ったのだということ。 今、私が立っているこの場所に、かつてメリーさんなど、たくさんの娼婦たちが立ったのだとわかると、足元から過去に起きていた事実の断片が私の中へ実際に入ってくるようで・・・ 身体中が、ぞくぞくしてきてこわばってくるような感覚になりました メリーさんからお話は聞けなかったんですが、メリーさんとつながりがあった人たちから、たくさんのお話を聞くなかで、彼女の人生が私の中に雪崩のように入ってきました。 最初から芝居にするつもりでメリーさんを追いかけていたわけではなかったんです。 でも、折りにつけ、劇作家の杉山義法(すぎやま・よしのり)先生に、メリーさんの話を聞くなかで感じたことをお話していて、それに先生が共感してくださいました。 メリーさん一人だけの話としてではなく、彼女の後ろにいる何十万という女性たちの総称としての「ローザ」を描こうと言ってくださったんです。 彼女がどんな思いで生きてきたのか、なぜあの白塗りだったのか、なぜ・・・と、まだまだ分からない。 だから、毎年毎年、彼女を追い続けているんです。 21年間、脚本は変わっていませんが、演出は毎年変わっています 今、この時にという芝居をと思って常に挑んでいく。 ホントに怖いんですよ、丸裸になって、今を感じ取って作り上げていくわけですから。 けれども、そんなふうに毎回、重ねてきました。 戦争に負けた国、勝った国の両方で公演をしたいというのは、作家である杉山先生と私にとって長年の夢でした。 バッシングを受けるんじゃないかと思いましたし、メチャクチャ不安もありました。 けれども、たった2日の芝居をニューヨークタイムスが、3枚の写真を載せ、新聞の半面を使って大きく報じてくれた。 2015年4月28日 ニューヨークタイムス ホントに涙が出ましたね。 五大路子も知らない、メリーさんも知らない人たちに伝わったということに・・・。 ローカルはその定点から発信すれば、世界にも通じると実感しました。 あるひとりの人間の特定な場所の話としてではなく、徹底的に掘り下げて描いていけば普遍的な存在になり、伝えたい想いは世界に通じるんですよ。 ローザの発信するもの、横浜を愛する人たちの想いが伝わったんだと思います 「横浜ローザ」は、戦争の中でどちらが敵か味方とか、誰が悪いと責めるような意図を持った芝居ではありません。 ローザのセリフに「戦争は勝っても負けても、女はいつでもどこでも一緒」とあるんですが、そこに象徴されるように、戦争は何をしたか、その中で女性がどう生き抜いてきたかを描いた芝居なんです。 若い人たちに観ていただけるのは、ホントにうれしいです。 ニューヨーク公演以降、私の著書「白い顔の伝説を求めて」を読んでもらったり、「横浜ローザ」を題材にしたりしながら、大学生や高校生と語り合う機会をもっています。 横浜国大で。 大学生とともに 私も戦争を知らない世代ですが、彼らはおじいちゃんだって、もう戦争を知らないような世代。 そういう人たちにも、戦争を伝え、考えてもらいたい。 ぜひ舞台も観てほしいです。 続いて、五大さんが座長を務める「横浜夢座」の話を。

次の

五大路子の夫は大和田伸也!息子は?横浜の伝説メリーさんを舞台化!

五大路子 病気

五大路子さんは1999年には横浜夢座を旗揚げし座長に就任し後継の育成にも尽力。 演劇界への功績が認められ松尾芸能賞演劇優秀賞や横浜文化賞など多くの賞を受賞しています。 そんな五大路子さんの夫と言えば俳優の大和田伸也さん。 芸能界きってのおしどり夫婦として有名で「大和田伸也・五大路子フレンズクラブ」というオフィシャルHPがあるほど。 女優と俳優だけあって馴れ初めはドラマでの共演でした。 大和田伸也さんが格さん役で出演していたテレビドラマ「水戸黄門」に五大路子さんがゲスト出演。 その際に色々な話をして親しくなり交際に発展したそうです。 夫婦共働きによるすれ違いで離婚という結末を迎える夫婦も少なくありません。 ですが、五大路子さんと大和田伸也さん夫婦は共働きなのに今も大の仲良し。 その大きな要因が互いの事を思いやる気持ち。 大和田伸也さんは五大路子さんが夢を続けられるための努力を惜しまず。 経済的な支えになる事はもちろん、子供が小さい時には子育てもかなり頑張ったそうです。 また、公私混同する事を好まない大和田伸也さんは結婚してから数えるほどしか五大路子さんとは共演していません。 ですが五大路子さんが立ち上げた横浜夢座の創立5年目の舞台で「応援」の意味を込めて共演を果たしています。 「すれ違い」は相手を思いやらず自分の事しか考えていないから生じてしまうもの。 五大路子さんと大和田伸也さんを見ているとそんな気がしてきます。 五大路子の息子も俳優に? 芸能一家として知られる五大路子さん。 夫は大和田伸也さんで義理の弟が大和田獏さん、義理の妹が岡江久美子さん。 大和田獏さんと岡江久美子さんの娘である大和田美帆さんも女優として活躍していますね。 五大路子さんの2人の息子も俳優として活動中。 長男の名前は大和田悠太さん。 東映が開催した「次世代を担う俳優養成プロジェクト」で3人の中の一人に選ばれるなど早くから俳優としての資質が評価されていました。 いくつかのドラマや映画、舞台に出演し俳優としての評価を高めていった大和田悠太さん。 そのまま両親のような名優になると思われましたがそう上手くいかないのが芸能界。 気づけば1年以上も俳優としての仕事がない、という状態になってしまったそうです。 現在も俳優としての仕事はそれほど多くはない大和田悠太さん。 ケーブルテレビのニュース番組のキャスターが主な仕事となっています。 2014年に結婚し守るものが出来た大和田悠太さん。 俳優にこだわらず色々な仕事に挑戦することできっと新しい自分を発見できるはず。 ニュースキャスターとしての実力が認められて地上波の情報番組に出演するなんて日も来るかもしれません。 とにかく仕事を選ぶ事なく与えられた仕事に全力を尽くしてほしいですね。 次男の名前は大和田健介さん。 映画「恋空」で俳優としてデビューし「ごくせん」や「踊る大捜査線」などの話題作に数多く出演。 また、父である大和田伸也さんが監督を務めた映画「恐竜を掘ろう」では脚本も担当するという多才ぶり。 大和田健介さんは中学生の頃から自主制作で映画を作っていたそうなので映画監督の才能もありそうです。 いつか大和田健介さんが脚本・監督を務めた作品に家族が揃って出演する、なんて事が起こるかも。 本当に実現したら大きな話題になることは間違いありませんね。 五大路子は実家が裕福なの? 横浜市港北区篠原町に自宅があるという五大路子さん。 自宅の地下には稽古場もあるという大豪邸で生活しているようです。 実は五大路子さんの実家は篠原町の大地主なんです。 篠原町が位置するのはちょうど新横浜駅の辺り。 新横浜駅には新幹線も止まるので地価も相当な額になるはず。 そんな好立地の大地主なんて、いったいどれほどのお金持ちだったのか想像もつきません。 新横浜の観光スポットとして知られる「ラーメン博物館」が建てられたのも五大路子さんの母が持っていた土地なんだとか。 ちなみにラーメン博物館の館長は五大路子さんの弟である岩岡洋志さんが勤めています。 また、夫である大和田伸也さんも先祖が実業家だったため実家は裕福だったそうです。 裕福な家系同士の結婚だった五大路子さんと大和田伸也さん。 「お金はある人の所に集まる」と言いますが、どうやら本当みたいですね。 五大路子と伍代夏子は姉妹? 大和田伸也さんと大和田獏さんのように兄弟そろって芸能界で活躍するというケースは少なくありません。 前述の通り五大路子さんの息子達も兄弟共に俳優として活動していますね。 実は五大路子さんも姉妹が芸能界にいる、と噂されているようです。 その人とは伍代夏子さん。 漢字は「五大」と「伍代」で異なりますが読み方は「ごだい」と同じ。 姉妹と勘違いしても不思議ではありませんが五大路子さんと伍代夏子さんは姉妹ではありません。 そもそも五大路子さんも伍代夏子さんも本名ではなく芸名。 五大路子さんの出生名は「岩岡美智子」で伍代夏子さんの出生名は「中川輝美」です。 それに五大路子さんと伍代夏子さんが姉妹であればもっと話題になっているはず。 むしろ周知の事実になっていることでしょう。 五大路子が病気になった? 五大路子さんについて調べていると「病気」というキーワードが目につきます。 年齢的には決して若いとは言えませんので何か大病を患ってしまったのでしょうか。 心配になったので詳しく調べてみましたが五大路子さんが何か大病をしたという情報はありませんでした。 では、なぜ五大路子さんが「病気」というキーワードとセットで検索されるのか。 その理由はおそらく以下の2つだと思われます。 1977年に朝の連続テレビ小説「いちばん星」でヒロインを演じた五大路子さん。 元々、同ドラマでヒロインを演じていたのは高瀬春奈さんでした。 ところが高瀬春奈さんが病気になってしまったため五大路子さんがヒロイン役に抜擢されたそうです。 この一連の出来事があったから五大路子さんは病気というキーワードと共に検索されているのでしょう。 もう1つの理由は五大路子さんと伍代夏子さんを勘違いしていること。 伍代夏子さんは2010年にC型肝炎であることを公表しています。 C型肝炎は肝臓がんに進行することもある怖い病気です。 そのためC型肝炎であると公表したら進行具合が気になって検索してしまうのでしょう。

次の