海軍階級。 日本軍の階級

軍校生也有階級?

海軍階級

引用: 原文由 羅伯特 於 2012-06-09 01:36 發表 昨天晚上在台北車站看到一堆軍校生放假 有看到臂章是兩個或是四個藍色槓槓 也看到肩章有四個紅色飛鏢及槓槓 無意中看到一個臂章上有兩個藍色槓槓向一位肩章白色的兩個飛鏢及槓槓行舉手禮 不知代表什麼官階 只聽... 軍校生沒有階級只有年級,在左臂上有年級標示:一年級白色一槓. 二年級則二槓以至類推,而肩上的於國軍軍便服標示一樣,白色肩章為實習連級幹部有實習班長. 實習連長. 副連長. 輔導長及排長;綠色肩章為實習營部,有營長. 副營長. 營輔導長及各參;紅色肩章為實習旅部有旅長. 副旅長及各參. 有任期規定嗎? 2012-06-09 06:02 引用: 原文由 羅伯特 於 2012-06-09 11:44 發表 各級的幹部肩章如下 不過沒有看到我說的白色兩個飛鏢及槓槓就是了 那些三角形是代表年級,下面槓代表階級,而實級班長從2飛標2槓或3飛標2槓,所以大都實習班長都有2-3年級擔任,專科和二技部都是三年級擔任營級和連級二年級擔任實習班長帶一年級,因為專科班和二技都是二年半軍事教育就從官校畢業到各軍種.

次の

アメリカ軍の階級

海軍階級

軍艦とは 日本海軍で「軍艦」とは、「戦艦」「巡洋艦」(じゅんようかん)「航空母艦」(空母=くうぼ)「水上機母艦」(すいじょうきぼかん)「潜水母艦(せんすいぼかん)」「敷設艦」(ふせつかん)などのことを言います(1945年時)。 「駆逐艦」(くちくかん)「潜水艦」(せんすいかん)などは軍艦ではありませんでした。 軍艦の艦首(かんしゅ=艦の先端部分)には天皇家の菊の紋章があります。 軍艦ではない船も含めて、海軍の船をまとめて「艦艇」(かんてい)と呼びます。 艦隊と連合艦隊 2隻以上の軍艦が1人の指揮官に指揮されるとき、「艦隊」(かんたい)と呼びました。 艦隊の単位は「個」です。 2個以上の艦隊を1人の指揮官で指揮するとき、「連合艦隊」と呼びました。 連合艦隊司令長官は、日本海軍の主要艦艇をほとんど指揮下に入れました。 真珠湾攻撃を成功させた山本五十六連合艦隊司令長官 艦艇の種類 海軍で用いられていた戦闘用艦艇は、大きさや積んでいる大砲のサイズによって名称が異なり、大きい順に代表的なもので「 戦艦」「 巡洋艦」(重巡洋艦・軽巡洋艦)「 駆逐艦」などがありました。 また、その他に「 航空母艦」(空母)や「 潜水艦」などが代表的な艦種です。 そのためには、飛距離の出る大きな大砲を備えた軍艦が必要です。 大きな大砲は大変重いので、それを支えるためには艦のサイズが大きくないといけません。 したがって、 大きな 艦に 巨大な 砲を積む「 大艦巨砲主義」(たいかんきょほうしゅぎ)という考え方が、世界の海軍関係者の間では主流の考えでした。 戦艦大和。 世界最大の口径46センチの砲を9門備えていた。 砲弾は最大で41㎞先まで飛んだ。 それを崩したのは日本海軍で、真珠湾攻撃やその後のマレー沖海戦で航空機による攻撃を展開し、アメリカ・イギリスの戦艦を次々に沈めました。 航空機と空母の発達した太平洋戦争では、もはや巨大な戦艦の活躍の場は限られていました。 巡洋艦 巡洋艦は「重巡洋艦」(じゅうじゅんようかん/重巡)と「軽巡洋艦」(けいじゅんようかん/軽巡)に分けられます。 その境目は主砲に20センチ砲(口径20センチの砲)を搭載できるかどうかでした。 また、重さは重巡洋艦が1万トン前後、軽巡洋艦が5000トン前後です。 巡洋艦は戦艦より小ぶりな砲しかなかったため攻撃力は劣りますが、速度が比較的出るため、戦艦よりも小回りが利くことが利点でした。 主要兵器は「魚雷」(ぎょらい=魚型水雷。 敵艦に向け発射し命中させる)であり、防御兵器としては「機雷」(きらい=機械水雷。 敵艦が侵入してきそうな海面に浮遊させ、当たると爆発する)がありました。 駆逐艦編成の部隊を「水雷(すいらい)戦隊」と呼んでいました。 航空母艦(空母) 第一次世界大戦以降、飛行機の戦場での利用はどんどん進んでいきましたが、飛行機といえども移動距離には限界があります。 そこで、船の上に滑走路を設け、海上から飛行機を離発着できるようにしたのが「空母」(くうぼ)です。 空母「大鳳」 空母には20機~80機ほどの戦闘機・攻撃機等を収容でき、必要に応じて発進させることができました。 潜水艦 「潜水艦」(せんすいかん)は、海中深くに沈みながら進む(潜航(せんこう))ことのできる艦艇です。 主な武器は魚雷で、敵の艦艇に忍び寄り、魚雷攻撃で撃沈させることを期待されていました。 日本海軍の潜水艦は「 一等潜水艦」と「 二等潜水艦」に大きく分けられていました。 一等潜水艦はすべて「 伊号」(いごう)に分類され、二等潜水艦は「 呂号」(ろごう)「 波号」(はごう)に分類されました。 これは「いろはにほへと」の「い」「ろ」「は」です。 この区別は潜っていない状態の基準排水量によって分けられていました。 伊号潜水艦…1,000トン以上 呂号潜水艦…500トン以上1,000トン未満 波号潜水艦…500トン未満 太平洋戦争開戦時、日本海軍には63隻の潜水艦があり、戦時中に119隻が新たに建造されました。 伊号第10潜水艦(甲型)(194217年4月頃/出典:日本海軍艦艇写真集 潜水艦・潜水母艦) 艦上機 太平洋戦争では、飛行機は陸軍でも海軍でも主要な戦力の一つでした。 しかし海軍は陸軍とは違い、空母で飛行機を運用する必要があったことから、「艦(空母)の上で運用する飛行機」という意味で「艦上機」(かんじょうき)という種類の飛行機を次々に開発していきました。 艦上機は空母に搭載されているものを指すとき、「艦載機」(かんさいき)と呼ばれます。 艦上機の特徴は、スペースの限られる空母に多数搭載できるように、また、限られた長さの滑走路でも離着陸できるように、比較的小型のものが多いという点です。 特に爆撃機は、陸上で離発着するものはエンジンを2基以上搭載しているものが数多くありましたが、艦上機はエンジンはすべて1基です。 また、翼が折りたためるようになっているものもあります。 真珠湾攻撃で離陸準備中の零式艦上戦闘機(ゼロ戦) 日本海軍の戦闘用艦上機の種別は大きく分けて「艦上戦闘機」「艦上爆撃機」「艦上攻撃機」の3種類がありました。 それぞれの用途は以下の通りです。 艦上戦闘機…通常の戦闘機と同じく、味方爆撃機の護衛として、敵の戦闘機を撃墜する。 また、敵爆撃機を迎撃する。 略称は「艦戦」(かんせん)。 艦上爆撃機…敵艦上空から急降下しながら爆弾を投下し、甲板(かんぱん)や艦の構造物を破壊する。 爆弾だけでは敵艦を沈没させることは難しいが、戦闘能力を奪うことができる。 略称は「艦爆」(かんばく)。 艦上攻撃機…水平に飛行しながら敵艦に向け爆弾を投下したり、魚雷を敵艦に向け投下して命中させる。 魚雷は敵艦の水面下を破壊することができるので、浸水によって沈没させやすい。 略称は艦攻(かんこう)。 空母艦載機による攻撃の仕方 太平洋戦争開戦時の連合艦隊の編制 日清戦争で初めて組織されて以来、連合艦隊はたびたび増強されていきました。 以下は太平洋戦争開戦時の陣容ですが、この頃には空母機動艦隊(第一航空艦隊)、基地航空艦隊(第十一航空艦隊)、潜水艦専門艦隊(第六艦隊)ありで、水上・水中・空中の立体的な戦闘に対応する組織となっていました。 第一艦隊 戦艦中心の艦隊。 日露戦争時の日本海海戦のような、アメリカ艦隊との決戦に備えた主力艦隊です。 【配備艦艇】全戦艦10隻中8隻を集中。 開戦後に戦艦「大和」「武蔵」が完成し、編入されました。 他に重巡洋艦4隻、駆逐艦32隻。 第二艦隊 重巡洋艦中心の艦隊。 【配備艦艇】重巡洋艦保有18隻のうち13隻を集中。 他に駆逐艦32隻。 第三艦隊 初期の南方攻略作戦を目的とした艦隊。 【配備艦艇】重巡洋艦1隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦8隻、潜水艦4隻。 第四艦隊 トラック島に根拠地をおき、内南洋(日本の委任統治領内)の防衛に当たりました。 【配備艦艇】軽巡洋艦3隻、駆逐艦8隻、小型潜水艦12隻。 第五艦隊 アリューシャン方面の哨戒(しょうかい=艦艇や飛行機で見張りをすること)が任務。 【配備艦艇】軽巡洋艦2隻が主力。 第六艦隊 【配備艦艇】潜水艦30隻を集中。 第一航空艦隊 機動部隊の中核。 【配備艦艇・航空機】主力空母6隻と小型空母1隻を集中。 搭載機数約500機。 第十一航空艦隊 空母はもたず、基地航空隊を集中。 【配備航空機】九六式陸上攻撃機・一式陸上攻撃機約250機、零戦(零式艦上戦闘機)約200機。 南遣(なんけん)艦隊 仏印(フランス領インドシナ)方面(現在のベトナム沿岸)の警備担当。 【配備艦艇】水上機母艦2隻、潜水艦14隻など。

次の

中華民國國軍軍階

海軍階級

だいぶ前、もう1年ほども前になるのですが、の階級についての記事を書きました。 この記事に関連して海軍の階級についても書くつもりだったのですが、なんとなく面倒になって、今まで放置してました。 ようやくというか今さらというか、ついに観念して本日は軍の階級(官階)について(大ざっぱながら)説明します。 内容が内容だけに、陸軍の階級の記事とカブる(というか同じ表現)ところも出るかと思いますが、その辺は、紳士的に見てみぬふりでお願いします。 注意事項 なお、今回の記事は(1942年)11月1日の改正後のものです。 また、兵科のみ取り上げており主計科や技術科などは対象外としています。 本来は、改正前のものと、兵科以外についても取りあげるところですが、そのへんを一度にやると凄くわかりにくくなってしまうので、あえて改正後の兵科のみの記事としました。 あしからずご了承ください。 海軍の階級制度は割とややこしいので(面倒に感じたのはそのため)、期かつ複数回にわたってゆっくりのんびり語るつもりです…。 士官・・・兵 さて、まずは軍における軍人の階級を上から順に並べてみます。 軍 階級リスト :大将、中将、少将 佐官:大佐、中佐、少佐 尉官:大尉、中尉、少尉 :兵 :曹、曹、曹 兵:水、上等水兵、一等水兵、 〜尉官、、、兵のそれぞれで行間を空けてますが、これは軍隊における大まかな階級区分により分けているからです。 一般的な軍隊と同様、軍も階級を「士官」・「」・「兵」の3種類に区分しています。 前述した階級リストでいうと、上3つ、〜尉官までは「士官」に該当します。 残る「」および「兵」は、階級リストの名称そのまま、「」、「兵」に該当します。 なお、は国や軍種で扱いが異なる、やや特殊な階級です。 軍の場合、たる兵は中の優秀者から選抜されました。 である兵曹とははっきり区別されて、かなり士官寄りの待遇(従兵がついたり、週3回は洋食フルコースの食事だったり)を受けたとか。 以下の名称が陸軍とは異なるのですが、階は一致しています。 なお、士官については陸軍と同じ名称なのですが、大佐、大尉の呼び方が違います。 大佐は「たいさ」ではなく「だいさ」、大尉は「たいい」ではなく「だいい」と呼びます。 ちなみに、大将はそのまま「たいしょう」です。 めんどくさい…。 もっとめんどくさいことを言うと、大佐、大尉を濁って呼ぶのは昭和に入ってからで、海軍でも正式には「たいさ」「たいい」でした。 では以降、それぞれの区分ごとに簡単な解説を。 兵 まずは兵ですが、まあ、そのまんま文字通り兵士のことです。 では、兵のほとんどが徴兵によるものでしたが、軍は志願兵の割合が多かったことが知られています。 とはいえ、兵のほとんどが志願兵だったというイメージは誤りで、多いと言っても志願兵割合は平均30〜40%にとどまりました。 (太平洋戦争中は志願兵割合が増加して、50%を超える年次が多くなります。 ) なお、海軍徴兵の事務は陸軍が行っています。 海軍の徴兵は現役3年となっていました。 志願兵については、海軍志願兵条例(勅令第334号)によるもので、これによると現役5年、予備役(平時は民間で暮らし戦時になると召集される)11年です。 徴兵は満20歳から((1943年)以降、満19歳)でしたが、志願兵は17歳以上となります。 (海軍少年水兵、海軍練習兵なんてのもあり、こちらは前者が14歳、後者が15歳からとなってます。 ) は、兵の最上級であるから志願者を選抜しました。 以上の階級は、陸海軍ともに武官といい、本人の意志で軍人を職業として選択したものとなります。 そのため、兵からになるということは進級ではなく武官任用ということであり、任用試験を受ける必要がありました。 になるまでは、海軍兵として海兵団に入団してから5〜6年ほどかかります(優秀な兵でも4年半)。 しかし、ごろになるととの対立が激しくなってきたことから、海軍が膨張し始めており、任用までの期間も短くなっていきました。 士官(将校) さて、最後に士官(将校)。 海軍では、士官社会と・兵社会を画然と切り離す傾向にあります。 士官になるには、および海軍機校を卒業して少尉候補生となり、隊の勤務を経て、在役軍艦勤務を修了し少尉に任官する、というのがお決まりのコースでした。 他のコースはあまり無いのですが、予備将校であれば高等商船学校を卒業することで任官されます。 高等商船学校を卒業して船員免状を取得すると、好む好まざるに関わらず海軍予備将校となってしまいました。 (1934年)には海軍予備学生制度ができ、飛行科、整備科、兵科に順次適用されることとなります。 大学、大学、高等学校、専門学校卒業生から採用され、採用後1年間、部隊または諸学校の教育ののち、海軍予備少尉に任官されました。 士官は「」なのですが、それでも階級ごとに現役定限年齢が定められており、当該年齢に達した場合は予備役にされます。 (1930年)以降の現役定限年齢を挙げると、大将65歳、中将62歳、少将58歳、大佐54歳、中佐50歳、大尉47歳、中尉45歳、少尉40歳となっていました。 現代の定年と同じくらいまで現役として軍にとどまることが出来るのは、一部の階級だけだったわけですね。 まあ、これは海軍に限った話でもないのですが。 (ちなみにである兵の現役定限年齢は48歳でした。 ) または海軍機校を出た士官は、大尉までは全員が同時に昇進しました。 差が出てくるのは少佐への昇進からで、でどの課程を卒業したかやを出ているかなどによって左右されます。 大尉止まりで現役を退いて予備役となるものも。 少佐、中佐、大佐と上位の階級になるに従って、昇進できるものはより絞られていき、平時においては大佐になれるのは4割前後でした。 (中佐の現役定限いっぱい勤務して、大佐昇進即予備役という名誉昇進を含めても5割ほどです。 ) その上のともなると相当に絞られ、例えば三十期〜四十期代の少将昇進率は2割前後でした。 当該期は、や太平洋戦争の影響で後の期になるにつれて割合が多くなるのですが、それでもこの程度なのです。 多くの海軍軍人は、60歳を待たずして予備役となるわけですね。 元帥 陸軍と同様、海軍軍人にも「元帥」がいます。 「元帥」は階級ではなく称号で、特旨(とくし)によって元帥府に列せられた海軍大将が「元帥」となります。 よって、正確には「元帥海軍大将」です。 一応、特典?として元帥になると現役定限年齢が終身となります。 陸軍の階級の記事でも書きましたが、元帥は、先輩として軍内部に睨みを利かし、の補佐や陸海軍間の調整を行なうことが期待されました。 しかし、実際には陸海軍それぞれの利益を主張する代弁者となることが多かったようです。 最後に さて、軍の階級について、面倒なところはそぎ落としてシンプルな形(のつもり)で説明してみました。 実際には、将校と将校相当官とか、特務士官とか、指揮権の継承だとか面倒な話が多くあるのですが、今回記事では触れていません。 そのあたりは、冒頭で述べた通りゆっくりのんびりそのうちに書くつもりです。 (陸軍にも割と面倒な話はあって、陸軍の階級についての記事でもそのへんはカットしてたりします。 ……とはいえ、やはり海軍の方がめんどくさい話が多いような。 ) 主な参考資料 本記事を書くにあたり、以下の書籍を主な参考資料にさせて頂きました。

次の