エンジン モード 11 ポジション 5。 ホンダの強力なエンジンモードがフェルスタッペンの2連覇を可能にした、とレッドブル

パワーユニット:2019HONDAspec3「エンジン11 ポジション5」速度と回転数!+α

エンジン モード 11 ポジション 5

image by オーストリアGPは近年で最高のレースでした。 マックス・フェルスタッペンのオーバーテイクはまさに鬼神の走り。 ベッテル、ボッタス、ルクレールのオーバーテイクには思わず声を上げてしまいました。 興奮は最高潮に達したものの、フェルスタッペンがトップを走るルクレールをオーバーテイクした際、接触。 それが審議対象となって、オーストリアGPの表彰式は暫定結果として行われました。 レッドブルの今期初優勝、2006年ハンガリーGP以来のホンダの勝利が盛り上がりを見せたのですが、このところのスチュワードの裁定がレースを壊してしまうことが多かったので、気が気ではありませんでした。 午前3時ごろになって、裁定結果が発表され、レッドブル、フェルスタッペンの優勝が確定! 2015年ホンダのF1復帰以来、本当に待ちに待った結果でした。 タイヤ戦略とエンジン冷却の勝利か? 今までレッドブルはメルセデスにもフェラーリにも太刀打ち出来ませんでした。 しかし、ここレッドブル・リンクでは両者を圧倒するスピードを持っていました。 急に速くなったのは何故なのでしょう? …… おそらくオーストリアGPが高い路面温度と高気温の中で行われたことが一因だと思います。 結果論ですが、ソフトタイヤでスタートしたルクレールには最初から勝利の目はありませんでした。 フェルスタッペンの採用したミディアムからハードへつなぐ戦略でなければレース後半タイヤが保たなかったはずです。 また、メルセデスはエンジンのオーバーヒートに苦しんでいたといいます。 ホンダエンジンはパワーよりも信頼性をとっていたため、エンジンの冷却にもしっかりとした対策がなされていたと思われます。 …… レッドブルのシャシーにアップデートは入っていたものの、特別な条件でなければメルセデスとフェラーリに勝つことは出来なかったでしょう。 しかし、これから夏のレースでは大きな期待を持っていいと思います。 (追記) ホンダには強力なエンジンモード(モード11)があることが報道されています。 参照 (FORMULA1-DATA) 結果 F1 2019 第9戦 オーストリアGP レッドブル・リンク — 全71周(2019. 30) 最もコーナーが少ないサーキット。 高低差が大きく海抜700mを超えるため、エンジンの冷却が難しくなることで知られている。 9コーナーの縁石に乗り上げてしまうとフロントウイングやフロアを壊してしまう危険なコースでもある。 順位 ドライバー チーム ポイント 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 26 2 シャルル・ルクレール フェラーリ 18 3 バルテリ・ボッタス メルセデス 15 4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 12 5 ルイス・ハミルトン メルセデス 10 6 ランド・ノリス マクラーレン 8 7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 6 8 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 4 9 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 2 10 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 12 ダニエル・リカルド ルノー 13 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 14 ランス・ストロール レーシング・ポイント 15 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 16 ロマン・グロージャン ハース 17 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 18 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 19 ケビン・マグヌッセン ハース 20 ロバート・クビサ ウィリアムズ ファステストラップポイント:マックス・フェルスタッペン(1:07. 475) ホンダ勝利は、やはりレッドブルのシャシーとマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスによるところが大きい。 トロロッソが下位に沈んでいることからも明か。 アントニオ・ジョビナッツィは初ポイントです。 これでポイントが無いのはウィリアムズのみ。 ドライバーズ・ランキング 順位 ドライバー(チーム:No) ポイント 1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 197 2 バルテリ・ボッタス(メルセデス:77) 166 3 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ:33) 126 4 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 123 5 シャルル・ルクレール(フェラーリ:16) 105 6 ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ:10) 43 7 カルロス・サインツ Jr. image by Zengame シーズン前のこのタイミングには色々なニュースが出てきます。 新しいパートナーになるレッド... 昨日のバルセロナテストでトップタイムを刻んだのはトロロッソ・ホンダのクビアトでした。 C5タイヤで1分17秒704を記録し13... image by Artes Max F1中国GPの優勝はルイス・ハミルトンです。 オープニングラップ... image by Paul Williams オーストリアGPは近年で最高のレースでした。 マックス・...

次の

ホンダの強力なエンジンモードがフェルスタッペンの2連覇を可能にした、とレッドブル

エンジン モード 11 ポジション 5

優勝をもぎ取るために「モード11」の使用を許可 スタートの際にエンジンがアンチストールした事で、フェルスタッペンは1周目のターン1までに5つポジションを落としたが、これが70周に渡るレースをより一層エキサイティングなものへと変貌させた。 ミディアムタイヤでの第一スティントは、ラップリーダーのシャルル・ルクレールとほぼ同ペース。 彼との間の14秒というギャップは一向に縮まる気配を見せなかったが、31周目にピット作業を行いハードタイヤに履き替えると息を吹き返し、一転して強力なレースペースを示し始めた。 4番手でピットアウトした時点でのルクレールとのギャップは12. 914秒。 フェルスタッペンはその後チェッカーに至るまで、ルクレールよりも1周あたりコンマ4秒近いペースを刻み続け、66周目という最終盤でが使用可能な1秒以内へと接近。 残り3周でトップの座を奪い取り、歴史的な逆転劇を演じた。 「ゲームオーバーだと思ったよ」とヘルムート・マルコ。 ブラックアウト直後の失速に、希望を失っていたと明かした。 「でもマックスはその後、徐々に目を覚まし始めて、ラスト30周は火花飛び散る位に途方もない素晴らしい走りを見せてくれた」 第2スティントでの高い競争力の理由の一つはハードタイヤだが、ヘルムート・マルコはホンダの強力なエンジンモードの存在を忘れてはならないと強調する。 レッドブルのピットはバルテリ・ボッタスを交わして2番手に浮上した後、「エンジンモード11、ポジション5を使え」と指示。 ルクレールを捕まえて優勝するために、強力なマップの使用をフェルスタッペンに許可した。 「ホンダの事についても話をしておかなければならない。 彼らはその30周の間、エンジンをフルパワーで使わせてくれたのだ。 その上タイヤには一貫性があり、シャシー側にはマックスがブレーキング勝負を挑めるだけのファンタスティックな性能があった」 「この勝利は、彼が真っ当にスタートを切って1台のみをオーバーテイクして勝つよりも、はるかにエキサイティングな優勝だったと言える」 レース当日は気温が35度近くにまで上がる暑い一日で、路面温度に至っては50度を超えていた。 オーバーヒートを抱えたメルセデスはエンジンの保護を強いられ、各種モードを使う事が出来ず、終始に専念しなければならない状況に追い込まれていた。 パワーと信頼性はトレードオフだ。 メルセデスがエンジンモードの使用を禁じたのは、今後を見据えた上での長期的視点での決断とも言えるし、「モード11」を使ったがために、フェルスタッペンはこの後に控えるグランプリで痛手を負う可能性もある。 そのため一概に断定する事は出来ないが、もし仮にホンダPUの冷却要求が低くメルセデスがそうでないとするならば、厳しい暑さが予想されるヨーロッパラウンド後半戦は非常に面白くなりそうだ。 「今もなお年間5勝は可能」とレッドブル ルノーとの喧嘩別れを選び、レッドブルは今季よりホンダとの新シーズンをスタート。 ヘルムート・マルコは開幕前のバルセロナ公式テストを終えると「最低5勝は挙げられる」「今年のチャンピオンは当然マックスだ」と語ったが、パドック内での意見は冷やかだった。 だが、レッドブル・リンクでの今季初優勝を受け、マルコは今もその高い目標を達成できると確信している。 「東京で行われたプレスカンファレンスで、私は5勝する事を約束した」とヘルムート・マルコ。 そう、目標は、彼を史上最年少F1ワールドチャンピオンに立たせる事なのだ」.

次の

ホンダF1、エンジンの最大モードは「エンジンモード11 ポジション7」 【 F1

エンジン モード 11 ポジション 5

2019年F1オーストリアgpでレッドブルホンダのマックス フェルスタッペンが優勝した。 レース後半、ホンダの田辺氏はエンジンモードを最もパワーがでる「エンジン11 ポジション5」を指示した。 結果、フェルスタッペンは、2台を抜き、優勝した。 地上波での放送が終了してからほとんどF1は見ていなかったが、開幕のオーストラリアgpでフェルスタッペンが3位表彰台に上ったことを知ってから早送りで見るようになった。 早送りでフェルスタッペンの順位だけを確認していた。 オーストリアで優勝したときは、さすがホンダと思った。 トヨタとは違う。 その後、ドイツgpでも優勝した。 ハンガリーgpでフェルスタッペンがポールポジション、レースもほぼメルセデスと同様の速さをもっていた。 ハンガリーgp以降は突然、フェラーリが突然速くなったが、不正が疑われていた。 アメリカgpの前、指令書がでて、フェラーリは失速した。 ブラジルgpではフェルスタッペン感動的な優勝、ホンダが1 2。 最終戦もフェルスタッペンが2位になった。 昨年のホンダのF1での活躍には本当に自分自身も力をもらった。 アメリカgp以降は最初からレースを見るようになった。 今年は、本気でフェルスタッペンでワールドチャンピオンを狙っている。 フェルスタッペンのレースを見ているとチャンピオンになる前のアイルトン・セナを重ねてしまう。 肩の手術後、卓球では優勝がなかった。 昨年も年始の2位にはじまり、その後2位が2回あった。 特に9月の北本の年代別の試合は優勝できるならここしかないと思っていたけど結局、ほとんど負けいない人に決勝で負けた。 一般は悔しくて3位になったが、体力不足で最後は全然だめだった。 9月末に健康診断を受けたときに体重が大台を超えていたのでまずいと思った。 卓球ももうやることもなくなったと感じていたので、最後の手段として早朝に走ることにした。 過去、ゆっくり走っていまいちだったので、今回は、そこそこ早く走ろう、同時に走る前に念入りに準備運動をした。 11月に吉見町で卓球の試合にでた。 受付で「参加者が少ないのでチャンスですよ」と言われた。 予選1回目はいまいちだったけど2試合目から準備運動を念入りにやったら調子が上がってきた。 準々決勝までは順調だった。 準決勝はチビに大苦戦したけどフルセットで勝った。 決勝は、分が悪いと思った。 1セット目絶好調で11-0で取った。 11-0はよくないと分かっていたけど1点でも気を抜くと負けると思ったので本気で点を取りに行った。 2セット目もデュースで取った。 3-0で勝てないと負けると思っていた。 3セット目10-10に追いついた。 最後は12-10で勝った。 3年ぶりだった。 「ついにやった」。 司法書士 藤村和也.

次の