風邪 エキナセア 効能。 エキナセアの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

インフルエンザや風邪予防に期待。万能ハーブ「エキナセア」で免疫力アップ!(quiz.interreg4c.euサプリ 2016年02月08日)

風邪 エキナセア 効能

エキナセアってどんなハーブ? 歴史や由来 夏に印象的な濃いピンク色のお花をつける、キク科の多年草「エキナセア」。 和名は「ムラサキバレンギク」。 繁殖は北アメリカの東部と中央地域のみ棲息が確認されている植物です。 開花後に中央部分のトゲトゲが筒のように盛りあがる姿は、まるでハリネズミのよう。 名前のEchinacea(エキナセア)は、ギリシャ語でハリネズミを意味する ehinos(エキノス)に由来しています。 筒状のトゲを花びらが囲む姿から「パープルコーンフラワー」と言われており、 伝染病や毒蛇にかまれたときなどに役立つ重要なハーブとして、北米の先住民族に長い間大切に使われてきました。 別名「インディアンのハーブ」とも呼ばれています。 古くは根の部分が用いられてきましたが、近年では地上部もすべてハーブティーの材料として使われています。 エキナセアの効果・効能とは? 19世紀にヨーロッパに持ち込まれると各地で栽培がはじまり、その後科学的な研究で、マクロファージを活性化し、ウイルスと対抗するインターフェロンを増やすほか、白血球を刺激して感染症を抑えるなど、免疫力を高めることが明らかに。 現在でも感染症予防のハーブとして世界中で広く認知されています。 ・抗菌・殺菌 毒ヘビに噛まれたとき体内から毒素を排出してくれる作用があったことから、感染症などを撃退してくれると言われています。 ・ 免疫強化 エキナセアの最大の効能といえば免疫力のアップです。 体力が落ちているときにはお勧めです。 ・抗アレルギー 炎症反応のときに働きかけるインターフェロンを増殖させてくれるので、花粉症やアレルギーの緩和に効果があると言われています。 ・抗炎症 ネイティブ・アメリカンの万能薬として、歯痛や頭痛のときに用いられたりしており鎮痛作用があるとのこと。 ・抗ウイルス エキナセアは抗ガン作用やインフルエンザの予防にも効果的と言われています。 ・発汗 汗をかいて発汗作用があるので体内の老廃物を出す作用がありデトックス効果が期待できます。 関連記事: エキナセア 体調を整える3つのブレンドハーブティー エキナセアはシングルティーでは、ややほろ苦さを感じるテイスト。 飲みづらさを感じる場合などには、ほかのお茶やハーブなどとブレンドして楽しむのもオススメです。 体調に合わせてブレンドし、味や香りも一緒に楽しんでみてください。 免疫力アップに役立つエキナセアに、他のドライハーブを組み合わせた相乗効果パワーアップな美味しく飲めるレシピのご紹介です 体調に合わせた組み合わせて選んでみましょう。 そんなときは、発汗の働きで体を温める「エルダーフラワー」、芯からポカポカさせてくれる「」を組み合わせた免疫力アップハーブティーで冷えた体を温かく。 スッキリした風味で胃腸を整えてくれる「ペパーミント」、消炎の働きで優しくガードする「」を組み合わせた免疫力アップティーでおなかの調子をサポート。 豊富なビタミンCやフラボノイドを含む「ローズヒップ」、心身の緊張を緩めて質のよい眠りに導く「リンデンフラワー」を組み合わせた免疫力アップティーで、栄養補給とぐっすり眠って休息を。 体調を崩しがちな冬にかけての季節。 まずは免疫力維持に欠かせない睡眠と栄養です。 それに「エキナセアティー」をプラスしてみましょう。 今シーズンは感染症に強いカラダづくりを目指し、免疫系を強化してみませんか。 十分ご注意のうえ、自己責任で飲用してください。

次の

『エキナセア ハーブティー』免疫力アップな効果・効能!おすすめレシピ紹介

風邪 エキナセア 効能

エキナセアは免疫系に働くハーブ エキナセアは、「 インディアンのハーブ」と呼ばれ、古くから北米先住民によって大切にされてきました。 まだ、成分や効果が分かっていない時代に伝染病や毒蛇に噛まれた時の治療や解毒に使われ、免疫力を高める効果があることを先人たちは生活から知っていました。 後に研究が進められ、エキナセアに含まれる多糖類がマクロファージという白血球の一種の活動を活発にし、異物の侵入に反応して細胞が出す蛋白質の分泌を促進させることが分かりました。 そして免疫力をアップさせることから 「 天然の抗生物質」と呼ばれるようになったのです。 カンジダ、尿道炎、膀胱炎、ヘルペスなどの感染症に医薬品の補助療法や予防に、治りにくい傷には外用されます。 もともと、エキナセアの根部を使っていましたが、今は地上部も使われるようになり、絞り汁やチンキ、サプリ・錠剤などのカプセル剤にも製剤され利用されています。 それでは花粉症への効果を見ていきましょう。 鼻づまり• 目のかゆみ ですよね。 そこから、ムズムズしてくしゃみが誘発され、喉がイガイガして痒くなります。 エキナセアの効能に「 抗炎症」があるので鼻の中の炎症などを抑制してくれます。 症状が軽くなりますが、 治るわけではないので注意してください。 それでも、軽減されるので何とか3~4ヵ月間を乗り切りましょう。 エキナセアは即効性に関してはあまり感じませんでした。 しかし、これは私の体感なので何とも言えません。 効果の表れ方は人それぞれ個人差があります。 即効性に期待するよりも、予防として摂取していた方が安心できると思いますので花粉症になる前、2月の末~3月、4月にかけて週に2回ほどハーブティーで飲むのが良いと思います。 抗炎症作用• 抗菌作用• 抗ウイルス作用 があります。 本来なら予防に使うのがおすすめですが、病気になってしまってからでも免疫力をアップしてくれるため症状の改善に役立ちます。 予防としては、濃い目のハーブティーをうがいに使う事も可能。 そうすることで喉から来る風邪を防げますね。 コネチカット大学薬学部のクレイグ・コールマン博士による研究によればエキナセアを服用した人が風邪をひくリスクが 58%も低下したという研究結果があります。 そして、風邪を引いている期間も 平均で1. 4日間(ほぼ一日半)も短縮されるそうです。 ちなみに、ビタミンCと同時に摂取することで風邪の発症率を 86%も軽減したとの報告もあるので、ビタミンCがレモンの20~40倍もある ローズヒップとブレンドして飲むと効果に期待できますね。 風邪やインフルエンザの予防ができれば、• 扁桃腺炎• 気管支炎• 胃痛・胃腸炎 などの症状にもなりにくいので、おすすめは病気になる前にハーブティーを飲むことですかね。 細菌性の下痢も改善する作用があるので、風邪を引いてからでも効果はありますができれば予防を心がけましょう。 風邪をこじらせて咳から喘息になった場合は、エルダーフラワーと一緒に飲むと、さらに効果に期待できます。 個人差はありますが、咳、喘息系にエルダーフラワーが効くのは私が実際に体験しているので、炎症を抑えるエキナセアと合わせれば症状を和らげる事が出来るはずです。 風邪薬との併用ですが、問題無いと言われています。 理由は、風邪薬は風邪の症状の緩和に用いられる一方、エキナセアは免疫細胞の働きを強め、抵抗力を高めるからです。 しかし、風邪薬を処方された方は医師にご相談ください。 頭痛・めまい• 発熱・吐き気・嘔吐• 腹痛・下痢• 喉の痛み・口の乾燥・舌のしびれ・味覚障害• 不眠症• 関節痛・筋肉痛• 蕁麻疹・発疹・肌のかゆみ これらの症状が出る方がいたと報告されているからです。 1つは、 カフェインを摂取している場合は相互作用があるので、血中のカフェイン濃度が高まり、頭痛や動機を引き起こす可能性があると言われています。 コーヒーや緑茶、紅茶などは一緒に飲まないようにしましょう。 そして、 8週間以上は飲み続けないようにしてください。 免疫系に過度の負荷をかけない期間の8週間を超える服用においても「 有害事象は報告されていません」と言われていますが、摂取量は2~3回ほどにして毎食後や毎日は飲まないほうがいいです。 というのも私は、予防と思って続けて飲んでいたら少し気持ち悪くなりました。 また、免疫に作用する薬を飲んでいる方、キク科アレルギーの方は避けましょう。 エキナセアの効能と効果• 花粉症への効果• 風邪やインフルエンザへの効果• 効能の副作用について これらについてお話ししました。 エキナセアは人間の持つ 免疫力をアップして病気に対しての抵抗力をサポートしてくれます。 ハーブティーは飲むことで、体の中からしっかりと効果を得る事ができますのでおすすめです。 季節の変わり目などに飲んで抵抗力をアップさせ、花粉症などの症状になる前に体の調子を整えてくださいね。 しかし、風邪やインフルエンザ、花粉症のキッカケは普段の生活での疲れやストレスから来ることがほとんどです。 ハーブにすべて頼るのではなく普段の生活習慣の改善も心がけることが大切です。 と言っても、「 天然の抗生物質」と言われるくらい効果には定評があるので、病気になったときに医薬品ではなく体の治癒力を底上げして治したい方はぜひ使ってみてくださいね。 また、という研究結果もあるので詳しくはこちらをご覧ください。 ハーブティー博士ハーブティー研究所からハーブティーいろはの先生として抜擢されたハーブティー博士。 喘息持ちだったが過去に「万能薬」と呼ばれるエルダーフラワーのハーブティーを飲むことで喘息から救われた。 そのことをキッカケにハーブに興味を持ち日夜研究を重ねている。 カテゴリー• 最近のコメント• に より• に 北村幸子 より• に より• に 今野厚子 より• に もっけも より タグから探す.

次の

風邪予防にハーブのチカラを! エキナセアチンキ液の作り方&使い方

風邪 エキナセア 効能

寒〜い冬。 「風邪をひいてしまった」「なんだか体調がすぐれない」なんて人が目立つ季節ですね。 そこで今回ご紹介したいのが「風邪やインフルエンザ予防に効果てきめん」といわれている、エキナセアというハーブ。 日本ではあまり馴染みのないハーブですが、実はアメリカでは「ハーブといえばエキナセア!」というほどの人気ぶり。 エキナセアティーには免疫力を高める効能があるといわれていて、風邪やインフルエンザが流行りだす季節にはぜひ取り入れてみたいハーブのひとつです。 そこで今回は、欧米で大注目を集めているエキナセアの効果効能や特徴、メディカルハーブティーとして健康維持に役立つおすすめ商品についてもご紹介していきたいと思います。 Contents• エキナセアティーとは? エキナセアとは北米が原産の「キク科植物」で、ピンク色の花びらが可愛らしい雰囲気を醸し出しています。 そんな可愛らしい雰囲気とは裏腹に、エキナセアには優れたメディカル作用があり、アメリカの先住民は「傷の手当てや咳止め・喉の痛み」「免疫力アップのために」と利用されてきました。 エキナセアのメディカル要素が知れ渡ったのは、傷を負った動物たちがエキナセアを食べていたところを先住民が目撃したことがきっかけだと伝えられています。 そして、現在の欧米においても「メディカルハーブの代表格」と位置付けられているエキナセアは、上気道感染症やアレルギー症状の緩和を示す成分も含有。 ただ、キク科植物にアレルギーがある人は使用にあたって注意が必要です。 メディカル的な働きの強いエキナセアですが、ネイティブアメリカンたちはエキナセアを「おまじないや呪いの効果を高めるため」に使用していたという記録も残されています。 人の体に作用する力を信じ、精霊への献上品としても重宝されていたのだそう! 主な産地は欧米ですが、日本国内でも積極的にエキナセアの栽培を行っている地域もあります。 エキナセアの味や特徴は? エキナセアには9種類の品種が存在していますが、そのうちメディカルハーブとして利用されているのは「アングスティフォリア(angustifolia)」「プルプレア(purpurea)」「パリダ(pallida)」の3種類のみ。 エキナセアティーを口に含むと、やや草っぽい味わいを感じますが、クセが少なくて他のハーブともブレンドしやすい印象を受けます。 淡白な味わいのエキナセアティーなので、ブレンドするハーブには「ローズマリー」「ラベンダー」「カモミール」といった香り高い種類がおすすめ。 もしくは、エキナセアティーにレモンや蜂蜜・黒糖・シナモンなどを加えて味の変化を楽しむのもいいでしょう。 エキナセアティーの効果効能 ここでは、エキナセアというハーブに期待されている主な効果効能についてご紹介します。 免疫力向上効果 エキナセアティーの主な効能といえば、免疫力を向上させてくれる働きです。 1992年に行われた研究では、エキナセアには「風邪とインフルエンザの治りを速める効果がある」と報告されているだけではなく、感染による重症化を緩和させる働きがあるとも結論されています。 体内の免疫システムがしっかりと働けば、たとえ菌やウィルスに感染したとしても、体内で菌やウィルスが増殖する能力を低下させてくれるということです。 抗アレルギー作用 花粉症やアトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎にも高い効果を発揮してくれるエキナセア! エキナセアには高い免疫力向上効果がありましたが、それもアレルギー症状緩和や予防につながっています。 慢性的なアレルギー症状がある場合は、気になる季節の数ヶ月前からエキナセアティーを飲んで体調を整えておくといいでしょう。 感染予防 エキナセアには優れた抗感染作用があり、風邪をはじめヘルペスやカンジダ症・膀胱炎など、あらゆる感染症予防に効果が期待できます。 エキナセアによって感染症が予防される仕組みは、第一に「免疫力が高められる」こと。 第二に「ウィルスや細菌などを攻撃する」働きがあることが挙げられます。 エキナセアに含まれるどの成分が有効に働くのかは未だ解明されていませんが、長年の研究によって感染予防に効果があることは確立されています。 抗インフルエンザウィルス作用 エキナセアには、抗インフルエンザウィルス作用があることも有名です。 3,508名を対象として行われた臨床試験では、風邪・インフルエンザ・上気道感染症・カンジダ症に有効であり、加えて「妊婦に安全である」ということまで証明されています! 特に根の部分を使用したエキナセアティーにはメディカル作用が強いといわれているので、インフルエンザが流行り出す時期にはおすすめです。 抗炎症作用 「天然の抗生物質」との呼び名があるエキナセア。 「シダーズ・サイナイ・メディカルセンターの小児科」では、なんと抗生物質の代わりとしてエキナセア抽出物を使用しているといいます。 喉の痛みや発熱・下痢症状や傷口の炎症なども素早く沈静化させてくれるエキナセアの能力は、抗生物質にも優るとも考えられます。 また、アメリカでは外用としても使用されているほどで、抗生物質を投与することなく自然治癒に成功している例も珍しくありません。 エキナセアティーおすすめ4選 ここでは、エキナセアティーのおすすめをいくつかご紹介します。 本格的な寒さも到来してきたので、エキナセアの力を借りて体調管理に役立ててみてください。 無農薬 オーガニックエキナセアティー エジプトで採取されたオーガニックエキナセアを100%使用したこちらの商品は、厳しい農薬検査をパスしたオーガニックハーブです。 「オーガニックエキナセアがこの価格で手に入るなんて!」「他のものよりクセがなくて飲みやすい」「風対策に欠かせません」「花粉の時期に大活躍!」など、口コミでも好評を得ています。 オリジナルブレンドハーブティー エキナセアスマイル 「エキナセア」「カモミール」「エルダー」「ヒソップ」「タイム」がブレンドされているこちらのハーブティーは、エキナセアの効果をしっかり感じつつまろやかで飲みやすい口当たりが特徴的。 カモミールのほのかな香りと甘みがリラックスしたいときにも最適で、さまざまなシーンで愛飲できるでしょう。 rakuten. 「残留農薬検査」「生菌検査」「放射能検査」を実施して製品の品質維持を図っているおかげか、愛飲者からは「他のエキナセアと全然違う!」「効き目がすごい!」などと絶賛されています。

次の