猫背 矯正。 【姿勢矯正】猫背を治す正しい姿勢と座り方改善のコツ!

猫背を矯正する「ぐいっと背筋ベルト」

猫背 矯正

肩こりを感じる人の多くには「猫背姿勢」がみられます。 背スジが伸びず、前傾姿勢になってしまう猫背は、悪い姿勢の代名詞でもあります。 簡単にできる猫背矯正方法をご紹介しましょう。 いつの間にか猫背姿勢に まず意識的に猫背姿勢をつくってみましょう。 猫背姿勢は頭と肩の位置がポイントです。 顔を正面に向け、椅子に座ります。 その時に、腰をピンと伸ばすと姿勢全体がキレイに見えると思います。 (ほんの少し反らせるように意識しますが、過度に反らせると腰が痛む可能性があるため要注意です)• 顔は正面を向けたままで、ピンと伸ばすように意識している腰の力を抜いてみましょう。 すると、腰から背中にかけて丸くなり、胸を張ることができず(肩の位置が体の前方に巻き込まれた形になっている)、アゴが前につきでた状態に近付くと思います。 猫背姿勢は頚椎や筋肉へ負担をかけてしまいます 猫背姿勢は、首にかかる負担を増強させます。 本来、楽に姿勢を維持することができる重心の線があります。 理想的な重心線から耳や肩などの位置がズレていなければ、頚椎や首の筋肉への負担が少ない状態で、頭部・肩の位置が保つことができていることになります。 ですが、猫背姿勢になると重心線がズレてしまい、頚椎や筋肉へ負担のかかる頭と肩の位置になってしまうのです。 一時的のみならず、猫背姿勢がクセになり、同じ姿勢で過ごすことの多いデスクワークを続けた場合は、さらに首~肩周りの血行不良を起こし、首、肩、背中の筋肉のこりが慢性化する恐れがあるのです。 猫背矯正の3ステップ 猫背姿勢がクセになると、背骨を支える筋肉の機能が低下してしまい、なおさら背スジを伸ばす姿勢がつらく感じるようになることも。 猫背姿勢改善に効果的な矯正方法を「腰」「肩」「アゴ」の3つのポイントにしぼってご紹介しましょう。 端からくるくる丸めて棒状にしたり、折りたたんだりして、ご自身の腰に当て背もたれによりかかりながら、座り心地の良い状態に調整をしていきます。 椅子には深く腰をかけ、両足は床にしっかり着くように椅子の高さを調節しましょう。 このストレッチを仕事の合間にも行うことができるとさらに効果的です。 肩甲骨付近の筋肉を柔らかくして、自然に胸を張れるようになることが目標です。 水平にスライドさせるようにアゴを引きます 2. 顔は正面に向けたまま、ゆっくりとアゴを水平に引きます。 スライドさせるイメージで。 「1」と「2」を交互に繰り返します。 首の関節が硬いと、動かしづらいかもしれませんので、様子をみながら無理をしない程度に動かし、毎日続けてみましょう。 猫背予防を続けていきましょう 猫背姿勢は、ただ見た目が悪いというだけではなく、肩こりや背中の痛み、腰痛、内臓の圧迫にもつながる不自然な姿勢です。 意識をしないと、なかなかキレイな姿勢は保てないのですが、デスクワークの人はステップ1~3を、立ち仕事の人はステップ2と3を気付いた時に実践してみて下さい。 少しでも猫背が矯正され、無理の少ない姿勢に近付くと体が軽くなりますよ!.

次の

【体験談】猫背の矯正に整体院の効果はどれぐらいあるのか?

猫背 矯正

肩こり、腰痛、目の疲れなどの症状がある方の中には、猫背でお悩みになっている方も多いでしょう。 猫背は首から背中にかけて丸くなる前かがみの姿勢が続くため、呼吸が浅く、内臓も圧迫されてしまうので、とても疲れやすくなります。 また、人に「暗い」「老けて見える」などのイメージを与えることが多く、第一印象でも損をしがちです。 気をつけて良い姿勢をしようとしても、気がついたら猫背になっているのではないでしょうか? 実は、 猫背は、整体で体の歪みを矯正すると改善していくことが多いようです。 今回は、 整体で猫背を改善して「姿勢の良い人」になるために、猫背を矯正するメリット、猫背改善のための整体の選び方・成功する通い方を取り上げてみました。 さらに東京都内ですが オススメの整体厳選3選もご紹介します。 また日本全国で整体を探せる検索サイトへのリンクもご用意しました。 ぜひ最後までお付き合いください。 猫背は整体で改善できる 1-1. 猫背は体の歪みが原因、だから直せる 猫背は、胸椎という胸の背骨が後ろ側に曲がっている状態のことを言います。 このような湯がん状態は整体で改善が期待できます。 整体は体の歪みを整える施術だからです。 多くの人は、良い姿勢=背中が真っ直ぐ、というイメージがあると思いますが、実際には、背骨は首(頚椎)、胸(胸椎)、腰(腰椎)、お尻(仙骨)尻尾(尾骨)といくつかのパーツに分かれていて、 全体的にゆるやかな「S字」を描いているのが正しい姿勢なのです。 胸椎(胸の背骨)というのは姿勢が普通〜良い人も、この部分に自然な湾曲があるのですが、猫背の人はこの部分のカーブがキツイため、体が猫背の状態に合わせてバランスを取ろうとします。 結果、 背中が丸まって肩と頭が前に出てしまい、理想の「S字」から「C字」になってしまっています。 ですから、この体全体の歪みを整体でなおしていくと、正しい姿勢へと近づき、猫背は徐々に改善していくのです。 以下の記事もオススメです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 2-2. 猫背の原因をリセットしていくのが整体 整体で猫背の原因となっている部分(原因)を矯正していくと、自然と正しい姿勢になった結果、猫背も消えていくでしょう。 繰り返しますが整体はすでに癖になった体の歪みとその原因を見つけ、凝り固まってしまった筋肉をほぐしながら、体全体を正しいバランスへと調整し、猫背を根本から改善していってくれます。 猫背の人は普段からも自分で猫背をなおそうとして、胸を張る・首を前にあげる、などの努力はしていていても、気がついたらいつもの猫背の自分になっていることが多いのではないでしょうか? それは自分の猫背の原因をハッキリさせないまま、単に姿勢だけを良くしようとしているからなのです。 先に書いた通り、猫背の人の背骨は正しい姿勢の「S字」ではなく、「C字」に曲っていることは共通なのですが、その猫背タイプは大きく分けて3つあるのです。 スマホを使用している時も、顔が下を向いている状態だと思います。 電車の中で周囲を見回すと、ほとんどの人がこの姿勢を取っていますので、首猫背予備軍は多いかもしれません。 また、赤ちゃんを前抱っこしている時間が長いお母さんも、この姿勢を取りがちです。 この背中の逆カーブのバランスを取るために、胸椎と首が前に傾きます。 背中の曲がった老人は、背中全体が大きく前に曲がって大きなC字を描いていますよね。 このカーブに合わせて体が丸まっている状態です。 この猫背タイプと原因を自分で知ろうとしても、素人ではとても判断はつきません。 なぜかと言うと、日常生活の動作の繰り返しの中で習慣になってしまった姿勢が「猫背」ですので、自分でも無意識でやっていることだからです。 だから、気がつくと自然に猫背の姿勢を取ってしまっているのです。 つまり、 猫背は単なる「意識して姿勢を良くしよう!」と言う気持ちだけで改善できるようなものではなく、自分の身体の歪みへの正しい理解が必要なのです。 以下の記事もオススメです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 2. 猫背矯正をする5つのメリット 2-1. メリット1 姿勢が良くなる 姿勢が良いと人に好印象を与えます。 ただ立っているだけでも、ハツラツとしてやる気があり、性格が 明るく自信たっぷりにみえます。 逆に、姿勢が悪いと態度や性格まで悪いという印象を与え、大変に損 をしてしまいます。 2-2. メリット2 疲れにくい体になる 姿勢が良い状態というのは体全体の歪みがなく、効率よく筋肉が使えている状態なので体が軽く感じ られるでしょう。 猫背特有の前かがみの姿勢をしないため、胃腸への負担も減り、消化吸収が良くなって健康的になる方も多くいます。 2-3. メリット3 冷え性改善 姿勢そのものが正しい位置に改善されて歪みがなくなると、体のあちこちにあったコリがなくなり、 血行が良くなるので、冷えから解放されるかもしれません。 2-4. メリット4 ボディラインにメリハリがつく 姿勢が良いので、それだけでシュッとしてスタイル良くみえます。 また、体が縮こまる猫背から正しい姿勢に改善されて全身の代謝が良くなり、痩せやすい体質になるかもしれません。 さらには、腰が正し位置にあ るため、体幹が自然と鍛えられて男女共メリハリボディに見えます。 2-5. メリット5 明るく前向きになれる 人間は不安になると自然と視線が下に落ちて顔がうつむき、前かがみになり呼吸が浅くなります。 まさ に猫背の姿勢の時に起きていることですね。 逆に姿勢が良くなると、視線が高いところにあり、深い呼 吸が続くため、精神が安定して物事をを明るく前向きに捉えられるようになります。 猫背を改善すると 性格まで変わる可能性があります。 猫背改善のための整体選び ポイント4つ 3-1. ポイント1 痛くしない 施術中に痛いとそれだけ苦痛になり、せっかくの猫背改善への意欲も薄れます。 また、痛さへの恐怖心で体が緊張してしまい、新たな歪みを引き起こすことも。 ソフトな施術で十分な効果を出している整体を探しましょう。 3-2. ポイント2 技術が高い ネットには整体、猫背専門整体、猫背矯正、姿勢矯正とたくさんの表現があり、どこに行けばいいのか迷ってしまいますよね。 基本の整体技術は同じですが、施術をする人の得意分野で別れているだけで、整体を教える学校に猫背専門課程があるわけではありません。 技術の高さはサイトにあるお客様の声、体験者の声などの口コミを元に比較するのが良さそうです。 またサイトに記載されている施術者の経歴や、なぜ整体の仕事を始めたのか?などのプロフィールも参考になることがあります。 3-3. ポイント3 値段を含め事前の説明がしっかりしている 長年の体の癖である猫背が、たった一回の施術で改善することはなさそうです。 自分の症状ならば、どのくらいのペースで何回通うのか?一回の施術でいくらなのか?施術以外に買うものなどはないのか?矯正が終わったらそれはどのくらい持続するのか?など、開始前にしっかりと猫背改善までの道のりを説明してくれるところにしましょう。 3-4. ポイント4 通いやすい ある程度の期間を定期的に通うことになると、通いやすさは猫背改善を成功させるために大切なポイントになります。 家から近い、駅から徒歩圏、通勤途中の駅にあるなどの利便性を確認しましょう。 体調 不良時の予約の振替ルールの確認も忘れずに。 また、6階と書いてあるのに階段しかないなど行ってみないとわからない部分もあります。 聞きたいことがサイトに載っていない場合は、電話で確認をしておきましょう。 成功する猫背改善・施術期間の目安 自分でも見た目が変わったのがわかるのは、7〜10日に1回の施術で7回目頃。 「姿勢が良くなったね」「明るくなったね」などと人からも言われるほど変化が起きるのは15回目頃のようです。 その後は、月1〜2回程度のメンテナンスに通い、普段の生活の癖や筋肉の使い方などをチェックして良い姿勢を自分のものにするための細かな指導などをしてもらいながら、調整のための施術をします。 呼吸が楽になった、視界が明るくなったなどの自分だけの体感は、1回目から感じられる人も多いようです。 東京都内でオススメの整体院はこちら【厳選整体院3軒】 ここでは例として猫背を改善したいあなたのための整体を3軒ご紹介します。 気になったらリンク先をみていただくと、整体の詳細が分かり、さらにご予約もできるようになっています。 また最後に、東京以外の地域で整体が探せるリンクもご用意しましたので、最後までご覧になってみてください。 みや整体院 麻布十番店 元なでしこジャパン選手のオーナーが直接オールハンドで施述をしてくれる整体。 アスリート時代に自身が体験して培った体メンテナンスの大切さをベースに、根本から心身のバランスを整え、骨格の調整をして姿勢の改善をしていきます。 しっかりとした理論と高い技術に裏打ちされた「結果のでる整体」として、現役・元プロスポーツ選手からの信頼も厚いようです。 整骨整体RESET 軽く筋肉を揺らすような感じのソフトな手技で、全身のコリやこわばりが解放されていきます。 科学的根拠がある整体を心掛けており、改善の確認をしながら調整をしていきます。 説明もしっかりしてくれるので質問もしやすい雰囲気。 初回から体の変化を体感できる人もいるようです。 整体院 るびーぷ 整体激戦区の世田谷で絶大の信頼を勝ち取っている整体。 高い骨格調整の技術で体のこわばりを素早く取るため、もみほぐしがなくてもユルユルに。 姿勢改善後も良い状態をキープできるようにセルフケアのアドバイスがしっかりあります。 完全個室1対1の施術のため予約必須。 つぎの予約までに自宅でやった方が良いこと 整体院にもよりますが、猫背矯正の場合は家でも簡単にできるストレッチなどの猫背矯正をサポートするためのエクササイズの指導をされることがあります。 これは、せっかく矯正した筋肉をいつもの姿勢の癖で元に戻るのを遅らせるためと、正しい姿勢の感覚を早く覚えてもらうという二つの目的があります。 指示があったら、できるだけ実行した方が改善効果は上がります。 また、猫背矯正をしている間は新しい運動や矯正ベルトの使用などは自己判断をせず、かならず整体院で確認してから行なってください。 その他の整体 東京以外でお近くの整体を探したくなった方のために、マッサージ、リラクゼーションの検索・予約の専門サイト『』をご紹介します。 こちらから東京以外も、日本全国の整体を探すことができます。 猫背を矯正できる整体が気になったら、ぜひ以下のボタンからご覧になってみてくださいね。

次の

【姿勢矯正】猫背を治す正しい姿勢と座り方改善のコツ!

猫背 矯正

猫背矯正法1の記事では自分の猫背がどのタイプの猫背なのか確認しましたね。 まだ、自分の猫背タイプがわからない人は から猫背タイプチェックを行ってみましょう。 3つの猫背タイプに共通して行う必要のある項目は下記の4つになります。 どうぞ、お付き合いください^^ 猫背矯正のストレッチとは? 猫背とは背中が丸まっている状態で、その結果、背中の筋肉と肩甲骨周囲の筋が硬くなってしまいます。 そして、猫背の症状が酷い人になると、猫背の影響が腰の辺りまで及び、腰まで丸くなっている人がいます。 このようなケースでは腰周囲の筋肉も大変硬くなっています。 そして、腰の筋肉が硬くなると、足の付け根の筋肉が硬くなり、足首までもが硬くなる・・・という悪循環に陥ってしまいます。 また、猫背と腰や足の筋肉は一見関係が無いように見えると思いますが、その関係は大変深く、猫背は腰・足の筋肉を硬くし、逆に腰・足の筋肉が硬くなると、上方に位置している背骨にも影響が出ることとなり、猫背を誘発してしまいます。 よって、猫背矯正においては猫背になっている背中だけではなく腰・足の筋肉のストレッチがっ必須項目なのです。 加えて、猫背の人は高確率で 巻き肩(肩が内側に丸まっている状態)、ストレートネック、そして肩こりを持っています。 巻き肩になると、脇・胸の筋肉も硬くなり、更にその影響で鎖骨の動きも悪くなります。 ストレートネックになると、首周辺の筋肉も硬くなります。 では、具体的にはどこの筋肉をストレッチが必要なのでしょうか。 全てをまとめると下記の6つとなります。 ストレートネックの治し方や肩こり解消法については別途詳しく説明をしていますので、ストレートネックや肩こりでお悩みの方は、下記の記事もぜひご参考にして頂ければと思います。 息を止めないようにしましょう。 勢いをつけると人間の身体は防御反応が起こり、筋肉を縮めてしまいます。 ストレッチは痛みを我慢してグイグイするものではありませんので、痛みが起こらない範囲で行うようにしましょう。 強い痛みが現れた場合は中止してください。 こうすると肩甲骨と肩甲骨が離されます。 また、体を前に倒すと背中の筋肉も伸びてきます。 肩甲骨と肩甲骨の間にある筋肉と背中の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 背中~脇腹の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 ゆっくり10回行いましょう。 肩甲骨同士が近づくように動きます。 ) 肩甲骨と肩甲骨がくっつくように意識しながら、 胸の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 (猫背では肩甲骨と肩甲骨は離れるようになってしまいますので、このストレッチでは肩甲骨がくっつくので、猫背矯正法のストレッチとしては大変効果的です。 このとき腕を反対側へ伸ばすようにします。 腰から背中の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない場合は30秒まで頑張りましょう。 腰周囲の筋肉のストレッチ方法 その2 1、あぐらをかき、手をあげ、体ごと横へ曲げます(このとき、反対側の手は床についていると支えになり安定します)。 腰の横の筋肉が伸びていること確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。 同時におへそを前へ突き出すように力を入れます。 体が前方に倒れると腸腰筋のストレッチ効果が半減してしまいます。 後ろに引いている方の足の付け根の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 のストレッチ効果が半減してしまいます。 足筋肉のストレッチ方法 その2 1、片足を開き、ゆっくりつま先方向へ体を曲げていきます。 太もも裏の筋肉がストレッチされていることを感じながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。 2、肘を90度に曲げ、ドアや壁などに手を固定し、体を前に倒します。 脇・胸の筋肉 がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 耳を肩にくっつけるようなイメージで行いましょう。 首筋の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 首の筋肉のストレッチ方法 その2 1、手を頭に添え、首を斜め前方向に曲げていきます。 同時にもう一方の手は遠くに伸ばします。 こうするとよりストレッチが効果的に行えます。 (椅子に座っている場合は座板をつかんでも効果的です) 首~肩にかけての筋肉 がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 以上が猫背矯正に必要なストレッチとなります。 ストレッチの種類が多いので、大変だとは思いますが、本気で猫背を矯正するには必要な内容です。 猫背を矯正する・治すと言うと、「背中」というところにばかり注目が行くと思います。 もちろん猫背を矯正する・治すには「背中」に対する治療は欠かせません。 しかし、背中以外の腰や足・胸の筋肉の硬さが猫背を引き起こしている一要因であるということをしっかりと頭の中にいれておかなくてはなりません。 せっかく努力して背中を伸ばす運動に取り組んだとしても、その他の部位の硬さによって猫背に戻ってしまっては、それはとても勿体ないことです。 今回ご紹介したストレッチは、背中以外の猫背矯正に必要なストレッチの内容も全て網羅していますので、ぜひ取り組んでみてください。 重要なことは正しい運動学と解剖学に基づいて、正しい知識の元に猫背矯正に必要な運動やストレッチを行うことです。 全部のストレッチを行うことは、大変だと思いますが、無理のない範囲で継続して取り組んでみましょう^^ 次の記事では猫背を矯正するために必要な筋トレについてご説明していきたいと思います。 引き続き、ご覧頂けると嬉しいです^^ * 痛みを感じた場合はストレッチを即時に中止してください。 * 自己責任のもとにおいて安全に取り組んで下さい。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の