特性かたやぶり。 【ポケモン剣盾】ダゲキの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ソードシールド】ミミッキュの対策考察!シングルバトル最強のアタッカーへの対抗策!【ポケモン剣盾】

特性かたやぶり

隠れ特性である「かたやぶり」の人気理由は、ミミッキュの特性「ばけのかわ」、ロトムの特性「ふゆう」を無効にできる対策ポケモンとしても人気です。 特性「すなかき」は、バンギラスの特性「砂起こし」かダイロックをした後に砂嵐にしてから最速で動くことが出来ます。 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 110 135 60 50 65 88 508 努力値は 「攻撃252・素早さ252 」にして攻撃・素早さの努力値MAXにして猪突猛進型を作る。 5倍 ノーマル・飛行・エスパー・虫・ドラゴン・鋼・フェアリー 0. 25倍 岩 無効 電気・毒 持ち物 オススメの持ち物は、とつげきチョッキ(特防1. 5倍+変化技だせなくなる)、 、いのちのタマ(技の威力1. 5倍+同じ技しか出せなくなる)がオススメです。 定番はこだわりスカーフで素早さを上げる型です。 あとは、「つるぎのまい」技を覚えさせるのであれば、きあいのタスキで1ターンこらえて攻撃2段階ランクUPさせ強化するのもアリです。 戦い方 バトルで多く使われている 「ミミッキュ・ロトム」対策としても特性を無効にして攻撃が届き、物理アタッカーとして素早さが高いので人気の高いポケモンです。 つのドリル・じわれのどちらかを覚えておけば、劣勢でも運が良ければ1発逆転が狙えます。 上位ランカーの人たちも4割以上パーティーに入れている強力なポケモンですので育成をしておきましょう! ドリュウズ色違い 左が通常の色で、右が色違いです。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】ルチャブルの育成論と対策

特性かたやぶり

隠れ特性である「かたやぶり」の人気理由は、ミミッキュの特性「ばけのかわ」、ロトムの特性「ふゆう」を無効にできる対策ポケモンとしても人気です。 特性「すなかき」は、バンギラスの特性「砂起こし」かダイロックをした後に砂嵐にしてから最速で動くことが出来ます。 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 110 135 60 50 65 88 508 努力値は 「攻撃252・素早さ252 」にして攻撃・素早さの努力値MAXにして猪突猛進型を作る。 5倍 ノーマル・飛行・エスパー・虫・ドラゴン・鋼・フェアリー 0. 25倍 岩 無効 電気・毒 持ち物 オススメの持ち物は、とつげきチョッキ(特防1. 5倍+変化技だせなくなる)、 、いのちのタマ(技の威力1. 5倍+同じ技しか出せなくなる)がオススメです。 定番はこだわりスカーフで素早さを上げる型です。 あとは、「つるぎのまい」技を覚えさせるのであれば、きあいのタスキで1ターンこらえて攻撃2段階ランクUPさせ強化するのもアリです。 戦い方 バトルで多く使われている 「ミミッキュ・ロトム」対策としても特性を無効にして攻撃が届き、物理アタッカーとして素早さが高いので人気の高いポケモンです。 つのドリル・じわれのどちらかを覚えておけば、劣勢でも運が良ければ1発逆転が狙えます。 上位ランカーの人たちも4割以上パーティーに入れている強力なポケモンですので育成をしておきましょう! ドリュウズ色違い 左が通常の色で、右が色違いです。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】ダゲキの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

特性かたやぶり

ミミッキュの強力な点• 特性「ばけのかわ」による行動保証• 「つるぎのまい」を使用し、並以上の素早さから強力な攻撃を仕掛けてくる• 一致先制技も持つ• ダイマックス技によって火力を底上げしつつ防御を下げたり状態異常を無効にする手段もある• 一致技によるタイプの補完もよい• 構成によっては受け潰しも可能 前作では鬼火などの状態異常よって火力を落とす事が出来たミミッキュですが、ダイマックス技の「ダイフェアリー」によってミストフィールドを展開し、状態異常を完全に防ぐ手段を得ました。 更にダイマックス技の「ダイホロウ」の追加効果で防御ダウン行うも出来るので単純な数値受けもしづらくなり、 アタッカーとして非常に強力にまとまっています。 更に「のろい」「いたみわけ」などを利用して大きく削りを入れてきたり、「トリックルーム」を使用してダイジェットを逆手にとる型なども存在します。 アタッカー型に関してはこちらも積み前提のタイプ受け、ミミッキュの攻撃を下げながらの数値受け、ミミッキュ全般においては特性「かたやぶり」によって「ばけのかわ」を貫通して落とす、連続技で「ばけのかわ」を貫通して落とす、相手の「ばけのかわ」を発動させた後にこちらのミミッキュで「ばけのかわ」を利用して倒すなどが主な対処法として挙げられます。 また、 先制して「ちょうはつ」を使用する事で「つるぎのまい」「のろい」「いたみわけ」などミミッキュに採用されやすい技を何れか無効にする事が出来ますが、変化技を使用せずに攻撃された場合もしっかりと考慮して技を選択していきましょう。 環境毎にどんな型が流行っているかを分析して対応していくとより安定した対策が可能になります。 具体的な対処例 特性「かたやぶり」 ミミッキュの代名詞とも言える「ばけのかわ」の 『攻撃を一度無効化する』という効果を無効にしてダメージを与えられます。 ミミッキュは素の耐久が高いわけではないので、特に物理技であれば弱点を突く、高火力のポケモンを使うなどで落とせる可能性が高くなります。 特性「かたやぶり」を持つポケモンの中でも、鋼タイプによってフェアリー技を受ける事が出来、且つ火力も高い「ドリュウズ」が特にオススメです。 素早さはミミッキュよりも低いので「link こだわりスカーフ」などを持たせる必要はありますが、「つるぎのまい」を使用するターンに後出しからでもミミッキュに大きな圧をかける事が可能です。 その他「オノノクス」はフェアリータイプで抜群を取られてしまうので後出しこそ厳しいものの素早さがミミッキュより早く、高い物理攻撃から圧力をかけられます。 タイプによって後出しもしやすく、特性の「ミラーアーマー」によって「ダイホロウ」の防御ダウンも跳ね返せる「アーマーガア」や、相手のランク補正を無効化出来る特性「てんねん」を持つヌオーなどが有力な候補となります。 どちらも防御を上昇させる技とHPを回復する為の技を持っている為、受けとして安定した仕事が見込めます。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 命の珠持ち特化ミミッキュ(ダイフェアリー) HB特化ヌオー 24. 連続技は威力が低い場合が多いのでこれのみで倒すのは難しい事がほとんどですが、一切ダメージを与えられなかったという事が無くなるのでミミッキュに対しては通常の攻撃よりもバリューが高い行動と言えます。 パルシェンは特性の「スキルリンク」によって連続技が確定で5回出る上に防御が高く、対面からであれば「からをやぶる」による火力上昇で「ばけのかわ」が未発動の状態からでもHPを大きく削る事が出来ます。 「ばけのかわ」が残っている状態vs「ばけのかわ」を消費している状態であれば「つるぎのまい」による攻撃上昇問わず消費していない方が圧倒的に有利となるので どのタイミングでミミッキュを出すか、相手の「ばけのかわ」を消費させるか、というのをしっかりと考えつつターンを進めていくのが重要になります。

次の