守 沢 千秋。 守泽千秋

帆世雄一_百度百科

守 沢 千秋

懐が広い熱血先輩! 「俺は燃えるハートの守沢千秋!困ったことがあったらいつでも頼ってくれ!」 「正義に休暇などないからな、俺は忙しいぞ! だが、負けん!正義を貫く者であり、アイドルだからな・・・・・・!」 プロフィール ユニット クラス 部活 バスケ部 部長 身長 175cm 体重 60kg 血液型 誕生日 9月18日 お気に入り 有名選手のサインボール 嫌い 茄子 家族構成 両親 趣味 特撮番組鑑賞 特技 スタント技 CV キャッチフレーズ 正義を背負う灼熱の戦士! 本人はもうちょっと身長が伸びてほしいらしい。 制服のスニーカーは赤であり、ブレザーは、袖まくりで動きやすくしている。 流星隊の衣装も、もちろん情熱的な赤。 概要 一人称 俺 二人称 お前、君 三人称 あいつ(ら) その他 俺の太陽(スバル) 主人公 転校生、プロデューサー 学院最古の伝統を持つ強豪ユニット『流星隊』の隊長を務める流星レッド。 頼られるのが好きで何でも請け負いたがるが、誰かに頼ることは苦手で1人で抱え込みがち。 スキンシップが激しいが、懐の広い良き先輩。 明るくて元気がいいが、無理が祟って風邪を引いたこともある 『スカウト!ヒーローショウ』。 運動神経は良いが、よく怪我をするため保健医のの世話になることが多い。 また、佐賀美は一時期流星隊の助っ人として流星レインボーを名乗っていたため、千秋に憧れられている キャラクターストーリー 守沢千秋『伝説のヒーロー!』。 特撮もののヒーローに憧れを抱いていて、メンバーにも名乗り台詞を強要している。 人物 に所属。 常に全力投球で正義感が強く、暑苦しくも勢いのいい先輩。 そのためか、ユーザーからは あんスタ内のと比喩されることもしばしば。 特撮もののヒーローに子供の頃から憧れており、『正義の味方』を自称し、また助けを求める誰かのためにそうあろうとする、真摯な性格である。 チームワークを重視しており、流星隊においても持ち前の熱さと正義感で癖の強い面子をまとめ上げるリーダーとなっている。 面倒見のいい性格だがスキンシップが激しく、 ユニットメンバーや部活の後輩、さらにはにまでたびたび抱きつき癖を発揮する(ただし、主人公に対しては「女の子だから」と思いとどまる場合もある)。 そのため、部活やユニットの後輩たちからはしばしば「暑苦しい」と敬遠されているが、それで落ち込むどころかますます構い倒そうとする強靭さを持つ。 スキンシップは激しいがどこか線引きをしたような物言いが特徴的で、ほとんどの相手を名字で呼び、下の名前で呼んでいるのは双子の葵兄弟を除いて同じユニットで同じ学年のだけである。 上記のように個性豊かな人物だが、格好いい先輩である。 さ 実は低血圧らしく朝には弱いが、日曜は特撮ヒーロー番組を見るため早起きをしているらしい。 茄子とお化けは泣くほど苦手。 主要な交友関係 流星隊の面々はユニットの仲間。 は共に流星隊の3年生を担っており、奏汰にとっては「神様」だった彼を「人間」「アイドル」へと導いてくれた存在である。 この辺りは『追憶*流星の篝火』を参照されたい。 :バスケ部・流星隊の後輩。 本来の自分に似た内気な性格の翠を気にかけているものの、かえってうっとうしがられることも多い。 必要以上に構ったりユニットに勧誘したりして鬱陶しがられている。 さらには2年生の教室で 匂いを嗅ぎつつ「俺は今明星と一体化している・・・!」とハァハァしだすという事案も起こした 本人曰く「変態ではない」。 一方で1年生時に孤立していたスバルにとっては、千秋は積極的に気にかけてくれたヒーローでもあり、1年前の五奇人事件のさなか、千秋が「ヒーロー」になるにあたって決定的な役割を果たした。 また、千秋もメインストーリーで一人ぼっちになってしまったスバルのため、最強ユニットに泥沼試合を仕掛けるなど、きっちりスバルを助けている。 :DDD緒戦で対戦した相手だが、実は幼少期には同じ病院に通っていたため顔なじみである。 :友人。 当初は誤解から鬼龍が千秋に怒ったりなどしたが、もともと義理堅い性格の鬼龍と真面目な千秋の性格があったのか、鬼龍が千秋たち流星隊の衣装を作ったり、千秋が鬼龍を特撮鑑賞会につき合わせたりしている(『スカウト!ギャング』)。 後輩を育てる苦労を分かち合う仲でもある。 関連イラスト.

次の

#守沢千秋 #佐賀美陣 守沢千秋は騙し騙し生きている

守 沢 千秋

pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 19:11:36• 2020-07-17 19:10:36• 2020-07-17 19:10:24• 2020-07-17 19:09:35• 2020-07-17 19:08:07 新しく作成された記事• 2020-07-17 18:53:47• 2020-07-17 18:53:22• 2020-07-17 18:49:24• 2020-07-17 19:05:18• 2020-07-17 17:45:32•

次の

#守沢千秋 #佐賀美陣 守沢千秋は騙し騙し生きている

守 沢 千秋

優しい陽射しが窓から降り注ぐ。 ああ今日も暖かいなあなんて思いながら寝返りを打つ。 覚醒しきっていない意識の中でこの柔らかい陽射しは優しい暴力だと思う。 昨日珍しく遅くまで勉強したせいか、今日の眠気はいつもより強い気がする。 寝起きが悪いことに定評があるが、それに輪をかけて今日の眠気は抗いがたかった。 ああ眠い。 もう十分と言わず1時間は寝ていたい。 「…いや、今日に限って数学の小テストがある……」 眠気でぼやぼやする視界を手でこすりながら、守沢千秋はベッドヘッドの目覚ましい時計に手を伸ばした。 8時17分。 3分で支度をして家を飛び出した。 もちろんダッシュで学院に向かう。 登校時間がずれているせいか人通りはいつもより少なかった。 始業時間は8時45分。 HRは間に合わないかもしれないが、ギリギリ1時限目には間に合うはずだ。 科目は数学、オプションに小テスト付きという最悪のコンボだ。 しかも今日の小テストで半分以上とらなけれ放課後に数学教師とみっちり補習という罰ゲーム課せられている。 今日の放課後は部活もあるしユニットの練習もある。 数学の補習になんて時間を取られてはいられないのだ。 「くそう、あの数学教師め!半分なんて言わずに満点をとってやるからな!」 元々目を付けられている自覚はあったので、今回のペナルティーは嫌がらせにしか思えない。 しかし、今回の対策はばっちりだ。 なぜなら同じクラスの瀬名泉に土下座と遊木真の写真で買収し、数学を教えてもらったからだ。 おまけに自分でも深夜まで勉強した。 千秋は脳裏に数学教師の顔を浮かべ、ふふんと不敵な笑みを零した。 「(ヒーローは悪に屈さないことを思い知らせてやる!)」 ここにもしツッコミがいたのなら、彼に言うだろう。 教師は悪ではなく、数学の時間に寝ていたお前が悪いと。 8時31分。 始業時間まで15分を切り、千秋は走る速度を上げた。 そして減速せずに曲がり角を曲がった。 視界の一面に映ったのは、白い軽自動車だった。 千秋が飛び出してくると思わなかった運転手の驚愕した顔が、目に焼き付いた。 クラクションと大きなブレーキ音が響き渡ったあと、聞こえてきたのはドンッと言う鈍い音だった。 『守沢、俺の授業中に寝るとはいい度胸だな。 この間の小テストでも散々な点数を取ったくせに』 『そうか、そんなに俺に怒られたいか。 廊下を走るなといっても走るお前のことだ。 寝るなといっても寝るだろう。 誰だ、と座り込んだまま見上げていると、男性は手に握っていたスマホを慌ただしく操作しだした。 「今救急車呼びましたから!動かないでください!」 「は、え?救急車?」 理解が追い付かずに首を傾げる。 「夢ノ咲学院の制服ですよね?学校にも連絡するんで名前も教えてください!」 学校、という単語に千秋の意識は一気に覚醒した。 バッと立ち上がって男性の腕を掴む。 「今、今何時ですか?」 「へ?……8時40分ですけど…」 血の気が引く感覚は気のせいじゃないだろう。 いつの間にか投げ出されていたカバンを掴み直し、千秋は走り出す。 大人しく救急車で運ばれていれば受けなくてもいいなんて思考回路は生憎ない。 ヒーローは嫌なことから逃げてはいけないのだ。 例えそれが数学だったとしても、正義の味方がいつだって敵に立ち向かうものと同じだから。 ヒーローなるための道のりは険しいものだ。 背後では 男性の必死の声と、微かな救急車のサイレンが空しく響いていた。 8時50分。 3年A組では数学の小テストが行われていた。 全員(珍しく羽風も)が静かにシャーペンを走らせている中で空席は1つ。 A組一うるさいと言っても過言ではない男、守沢千秋の席だ。 「あれ?千秋くん今日休みなの?」 テスト直前、皆が教科書とにらめっこをしている中で、羽風が聞く。 「知らない。 小テストが嫌すぎてサボるんじゃないの」 教科書を頬杖をついて見ながら、瀬名が素っ気なく答える。 その顔がいつもより不機嫌そうなのは何でだろうか。 千秋がいなくて寂しいなんてことがまずないだろうが。 「昨日、泉が一生懸命数学教えてたもんね」 疑問に思っていると横からひょっこり顔を出したのは英智だ。 ニコニコと柔和な笑みを浮かべたまま、英智は千秋の机を見やる。 「千秋のことだからずる休みはしないと思うよ」 「…ふん、別に教えてやったからって訳じゃないし~。 まあ満点以外許さないけど~?」 「うわ、厳しー。 でも、千秋くん遅いよね。 もう授業始まるのに」 「あいつのことだからどうせ寝坊だろう」 教科書を見たまま蓮巳が呟いた。 「お前達も勉強したらどうだ?瀬名と英智はともかく、羽風。 貴様も守沢と数学のレッスンを受けるはめになるぞ」 「げっ、それは勘弁!」 そういって慌ただしく羽風は席に着く。 英智も自分の席に戻った時、ちょうど数学教師が教室に入ってきた。 テスト用紙を配っていると空席に気づいたらしく、眉を寄せる。 「何だか静かだと思ったら……守沢は休みか?」 「分かりませーん」 「全くあいつときたら……」 深いため息をつく教師の苦労は窺い知れないが、気持ちは分かると全員がこっそり頷いた。 始め、という教師の声を合図に小テストが始まった。 しっかり勉強していれば解けるだろう。 逆に勉強を全くしてなければ1問目からシャーペンが止まる。 カリカリと紙に数式を書く音だけが響く。 開始5分後、だいたいが問題の半数を解き終えたとき、廊下からバタバタと慌ただしく走る音が響いてきた。 聞き覚えのある足音に、教師だけでなく、クラスメイトも顔を上げる。 同時に、ガラッと勢いよく教室の扉が開かれた。 それもそのはずだろう。 守沢千秋は額から血をだくだくと流し、血まみれだったからだ。 額だけでなく頬にも擦り傷ができ、青いブレザーは血に染まって黒ずみ、ボロボロだった。 おそらくあちこちにケガがあるだろう。 それを呆れた顔でため息を吐く蓮巳とにこにこと見つめる英智という、何ともカオスな空間だが至って通常運転である。 血まみれの登場に呆然としていた教師は、ハッと我に返ってもう一度千秋を見やった。 ついに、傍観していた蓮巳が助け舟をだした。 「守沢、貴様は気づいてないかもしれんが、今の貴様の顔は貧血で真っ青だ!大人しく保健室に行け!」 「蓮巳までそういうのか!俺は小テストを受けようとしているだけなのに!」 「そういう問題じゃない。 貴様のその真面目な態度は感心するが、今の自分を顧みてから言え。 ぐうの音も出ないとはこのことだろう。 「だがしかし……!」 しかしなお諦めず、言い返そうとしたところで、またバタバタと足音が響いてきた。 今度は複数人。 クラスの全員が千秋と蓮巳を見ていたとき、再び教室の扉が開かれた。 突然入ってきた椚に、千秋はぎょっと目を見開く。 そして入ってきたのは、ヘルメットを被り、担架を抱えた救急隊員だった。 思いの外大事になっていく事態に、クラスには再びどよめきが走る。 椚はぎろりと千秋を睨みつけた。 「守沢!何で車に撥ねられたのに普通に登校しているんですか!『そちらの生徒さんを撥ねてしまった。 しかし生徒さんが逃げてしまった』と運転手さんがわざわざ駆けつけてくれたんですよ!」 大人しく救急車に乗りなさい!とまるで投降を促す刑事のように怒鳴りつける。 2人の救急隊員が千秋の脇の下と膝裏に手を入れて、持ち上げる。 この一連の騒動のせいで授業が潰れたことは言うまでもない。 結局、その日一日学院に戻ることは出来なかった。 病院に運ばれた後、傷の手当てと精密検査を受けさせられた。 「一歩間違えれば、死ぬところだったんですよ」 医師にそういわれたが、いまいち実感が湧かなかった。 そもそも車に撥ねられて打撲と擦り傷切り傷で済んだのは、一重に千秋の反射神経のおかげらしい。 運転手によると、人通りも少なくなった時間帯だったから人が飛び出してくると思わなかったらしい。 曲がり角から現れた千秋に慌ててブレーキを踏んだが、到底間に合う距離じゃなかった。 ぶつかる、と思った瞬間、運転手が見たのは、千秋が跳んだ姿だった。 ぶつかる直前に飛び跳ねた千秋はそのまま車体の上に乗り上げ、車の後ろに転がっていったのだという。 奇跡的に助かったのは普段スタントを極めているおかげだったのだ。 とはいえ車に撥ねられたことに変わりはないので、念のため1日入院ということになった。 額の傷口を縫うために麻酔をかけられ、次に千秋が目を覚ましたのは夕方だった。 「……起きたんスか?」 麻酔でぼやける意識の中で、横からかかった声に視線を向ける。 「たかみね…?」 「何やってんすかアンタ……」 はああっと大きなため息を吐いた高峯翠は、呆れたように千秋を見下ろした。 「命に別状はないって聞いたけど、交通事故にあったって聞いて、さすがに肝が冷えましたよ……さっきまでメンバーもいましたけど、皆怒ってましたよ」 珍しく深海先輩も、と付け加えられた名前に思わずびくっとする。 「か、奏汰も怒っていたのか?」 「笑顔なのにめっちゃ怖かったです」 「うぅ………結局、小テストも受けれなかったし、部活もユニットの練習も参加できなかったな…」 ついていない、といつもポジティブな男が珍しく弱気な言葉を零した。 翠はふっと目を伏せて、無言のまま千秋の額に手を伸ばした。 指先で優しく、白い包帯の上を撫でる。 「アイドルなんだから、顔に傷を作っちゃだめじゃないすか」 先輩のファンが泣きますよ、と優しく優しく、長い指で撫でられる。 声色もいつもの気怠さがなくて、低くて落ち着いている。 笑ってはいない顔を見ると、悲しげな目元が気になった。 「……すまなかった」 「…………」 「その……心配かけて。 大したことないと思ったんだ。 怪我だって、前にライブでバク転の途中でステージから落ちた時の方が痛かったしな、だから、」 「…その時だって先輩、脳震盪起こして大変だったんすよ。 動かなくなったアンタを見て、死んだかと思いました」 「うぐ……その、悪い…」 何も言い返せなくなった千秋に、翠はこれ見よがしに大きなため息をついた。 それからばふりと、千秋の体の脇に顔を埋める。 「高峯?」 「……あんまり無茶しないで下さいよ。 こっちが持たない」 そういった翠の声色は、疲れと安堵が混じっていた。 千秋は薄い茶色の髪を見つめる。 普段鬱だとか死にたいとかばかり言っている後輩は、こんなにも自分のことを案じてくれる。 それが純粋に嬉しくて、同時にこそばゆくて。 いい後輩に恵まれたなあなんて場違いなことを考えた。 「…ありがとうな高峯」 「……そっすね。 守沢先輩が大人しくなるわけないですから、こっちも考えがあります」 「は?」 感動で締めくくられると思った先輩と後輩の物語は、他ならぬ翠によって壊された。 「アンタが何かやらかす度に仕返ししますから。 それは仕返しという名のお仕置きじゃないのか、と千秋が引きつった笑いを浮かべる。 「覚悟してくださいね」 翠は満面の笑みで宣言した。 後日、さっそく風邪を引いて翠の仕返しが実行された。

次の