マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料。 無料でPowerPointやプレゼンソフトをダウンロード(7選)|Office Hack

「PowerPoint Viewer」提供終了!今後の閲覧はどうすればいい?代替アプリ&方法

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

にアクセスして右上にある「新規登録」をクリック します。 画面右下に表示されている「新規登録」をクリックします。 アカウント作成画面が表示されるので赤枠内を全て記入して 「アカウントの作成」をクリックします。 なお、ここで入力したメールアドレスとパスワードは今後、 マイクロソフトオフィスを使い際に必要になるのでメモしておきましょう。 すると以下の画面が表示されると同時に今登録した メールアドレスにメールが届いているのでメールボックスを開いてください。 メールボックスにMicrosoftアカウントチームからメールが 届いているので確認ボタンをクリックします。 場合によってはアドレスとパスワードを要求されるので入力ください 6. 再びにアクセスして「one driveにアクセス」 をクリックします。 one driveメニューバーにある「作成」をクリックするとワード、エクセル パワポなどが表示されるので使いたいものを選択すれば使えます。 ワードを選択してみます。 うん、市販のパッケージ版のマイクロソフトオフィスのワードと 変わりませんね。 次はエクセル。 最後にパワーポイント。 ネットビジネスにおいてPDFやプレゼンなどを作りコンテンツで 販売する場合マイクロソフトオフィスが便利なので所有していない 方は是非今回の方法を実践してください。 嫌い:目覚まし時計、しいたけ、体育会系ノリ、面倒なコト。 『就職したくない。。。 ってか、朝早く起きれない。 』 そんな思いで、就活で挫折していた、2013年の5月 25歳のとき に0からPC1台、ネットビジネスを始めたのがきっかけ。 現在はビジネスコミュニティの運営、Webマーケティング、アフィリエイト、コンサル、などの活動が中心。 の購読者は1万人を突破。 詳しいプロフィールはこちら。

次の

「PowerPoint Viewer」提供終了!今後の閲覧はどうすればいい?代替アプリ&方法

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

新規プレゼンテーションが表示されました。 インストール版のPowerPointとほぼ同じ画面構成になります。 オンライン版PowerPointだけの特徴 オンライン版PowerPointはインストール版PowerPointと使い方がほぼ同じです。 その一方で、PowerPoint Onlineには、インストール版PowerPointには無い機能もあります。 PowerPoint Onlineの活用方法を覚えて、学校や職場などでのプレゼンテーションを効果的に行っていきましょう。 どこからでも共同編集 複数人同士がネットワーク環境の中にさえいれば、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末からPowerPointのファイルにどこからでもアクセスが可能です。 PowerPoint Online では、複数人が同じファイルを互いに共有して複数人が共同でリアルタイムで作業を進めることができます。 自動保存 自動保存とは、データを編集するごとに変更内容が自動で保存される機能のことです。 オンライン版のPowerPoint Onlineでは、必要なデータを保存し忘れたということがなく、安心して作業を行うことができます。 ファイルの共有 PowerPoint Onlineには他のユーザーにアクセス権を設定する機能があり、ファイルの閲覧・編集権限をコントロールすることが可能です。 ファイルの共有機能を使えば、ファイルを共有したい相手にメールでPowerPointファイルを送る必要がなくなります。 アプリ版のPowerPointを利用する Microsoftからアプリ版のPowerPointが公開されており、無料でインストールが可能です。 アプリ版のPowerPointには、iOS版とAndroid版があります。 無料の範囲でも、作成・表示・編集などの主な機能は使うことができます。 ただし、下記の機能が無料のアプリ版であらかじめ制限されています。 発表者ツールを使ってプレゼンテーションを行いながら、発表者のノートを確認する• 作成した色を図形に追加する• ワードアートを挿入および編集する• 影や反射のスタイルを画像に追加する• グラフ要素を追加および編集する• 作成した色の網掛けを使って表のセルを強調表示する 上記の機能を使うには、アプリ内課金(Office 365のサブスクリプションを購入)が必須です。 iOS版のPowerPointをインストール のリンクより無料でインストールすることができます。 PowerPointの代わりに無料のプレゼンテーションソフトを使う PowerPointの代用が可能な無料のプレゼンテーションソフトをご紹介します。 PowerPoint代替ソフトの選び方 以下の記事では、PowerPoint代替ソフトを選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。 この重要なポイントを踏まえて無料の代替ソフトが利用できれば、有料ソフトの購入の必要が無くなる可能性があります。 互換性は問題ないか PowerPointの代替ソフトを使用する際は、事前に互換性の問題が発生する可能性があることを認識すると良いかも知れません。 互換性の問題としては、レイアウトの崩れや文字化けなどが挙げられます。 無償版で機能が足りるか 無償版を使用する際は、無償版で自分の作業の目的が達成できるかを調べる必要があります。 有償版に比べ無償版では、グラフの挿入ができない、利用できるアニメーションが少ないなど一部機能が使えないこともあるので注意しましょう。 Googleスライド Googleスライドは、Google(グーグル)が無料で提供しているプレゼンテーションサービスです。 Googleスライドを利用するには、Googleアカウントの登録が必要で、ネット環境があれば場所を問わずに誰でもアクセスが可能です。 Googleスライドの使い方 スライドが表示されました。 画面構成はPowerPointと似ています。 Googleスライドのメリット 1. いつでもどこからでも無料で利用できる インターネット環境さえあれば、スマホ、タブレット、パソコン等の端末からどこからでも無料で利用できます。 自動保存 編集を行うたびに変更内容が自動で保存されます。 変更履歴データの復元機能もあり、自分がミスをしてしまった場所に戻って再び作業を行うことも簡単です。 データの共有 複数のユーザーとデータの共有が可能で、同じページ上で編集の作業を進めていくことができます。 同時編集が可能 一つのスライドを2人以上、しかもリアルタイムで編集することが可能です。 Googleスライドのデメリット 1. 通信速度の影響 通信速度が遅いと、データ処理に時間がかかってしまう可能性があります。 インターネットに繋ぐ必要がある インターネット環境にあることが必須です。 Libre Office「Impress」 Libre Office(リブレオフィス)は、Microsoft Officeと互換性のある無料のオフィスソフトです。 「Impress」と呼ばれるPowerPointに対応するプレゼンテーションソフトを無料で利用できます。 Libre Officeの使い方 プレゼンテーションが表示されました。 画面構成はPowerPointと似ています。 Libre Officeのメリット 1. 互換性がある PowerPointのファイルを開くことが可能です。 また、PowerPoint形式へ変換することもできます。 OSに関わらずインストール可能 ImpressはWindowsでもMac、Linuxでも利用することができます。 Libre Officeのデメリット 1. プレゼンテーションをカスタマイズするための機能が少ない ImpressはPowerPointと比較すると、プレゼンテーションをカスタマイズする機能が少ない点がややネックです。 Apache Open Office「Impress」 Microsoft Officeと同様の機能を持つオープンソースの一つとして、Apache Open Office(アパッチ オープン オフィス)が挙げられます。 プレゼンテーションソフトとしては「Impress」がありますが、その他にも文書作成、表計算などのソフトウェアもあります。 信頼性の高いソフトととして認知されているため、すでに官公庁での導入実績もあります。 Apache Open Officeの使い方 プレゼンテーションが表示されました。 Apache Open Officeのメリット 1. 互換性がある PowerPointのファイルを開いたり、PowerPoint形式へと変換したりといったことが可能です。 OSに関わらずインストール可能 ImpressはWindowsでもMac、Linuxでも利用することができます。 Apache OpenOfficeのデメリット 1. プロパティーのレイアウトの位置がPowerPointと違う プロパティーのレイアウトの位置が右ナビゲーションにあるので、PowerPointに慣れていると使いにくい印象を受けることがあります。 Keynote Keynote(キーノート)は、Appleが提供しているプレゼンテーションソフトです。 Macを購入すると無料で入手できます。 iOS版もあるため、iPhoneやiPadでも利用できます。 PowerPointよりも簡単に、かつ直感的に操作ができるためMacユーザーにおすすめです。 Keynoteの使い方 スライドが表示されました。 Keynoteのメリット 1. 互換性がある PowerPoint のファイルを開いたり、PowerPoint形式へ変換したりといったことが可能です。 iPhoneやiPadでも利用できる iPhoneやiPadにKeynoteがインストールしてあるとiCloudに保存したKeynoteファイルをiPhoneやiPad上で編集することもできます。 また、プレゼン中には「Keynote Remote」という機能を利用して手元のiPhoneやiPadから表示しているスライドの操作が可能です。 イラストが描ける iPad上では、Apple Pencilを使って一目でわかる図表やカラフルな手書きのイラストを追加できます。 Keynoteのデメリット 1. Mac、iOSしか利用できない Appleの製品なのでWindowsでは利用できません。 まとめ PowerPointの無料版や互換性のあるソフトを紹介しました。 ここで紹介した代替ソフトはほとんどのものが無料で利用できます。 操作性もPowerPointと大きく変わらないため、気軽に使うことができます。 Googleスライドのように互換性があるだけでなく、ネットワーク環境があればデバイスや場所を問わずに利用できるものもあり大変便利です。 ライフスタイルや嗜好に合わせて様々なソフトを利用することができれば、作業効率も上がるでしょう。 PowerPointが必要なときは、ぜひ参考にしてみてください。 どうしても正式版のPowerPointが使いたいとき 会社や学校の提出物でどうしてもPowerPointでないといけない場合は、正式版を使う必要があります。 正式版はマイクロソフト公式ストア、Amazonで購入することができます。 マイクロソフト公式ストアで購入する場合 マイクロソフト公式ストアの場合、時期によって変動はありますが、2019年12月現在では、「12,984円」で販売されています(年間更新版)。 上記リンクよりマイクロソフト公式ストアに飛べます。 ショッピングで購入する場合 Amazonの場合、2020年2月現在では「11,790円」で販売されています。 マイクロソフト公式ストアで購入するより若干安く購入することができます。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

無料でパワーポイント(PowerPoint)を使う4つの方法 [パワーポイント(PowerPoint)の使い方] All About

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

パワポが確認・編集できる!無料アプリ3つ では始めに、パワポが確認・編集できる無料アプリを3つ紹介します。 1-1. Office Online まずは「Office Online」です。 Office Onlineは、マイクロソフトが提供しているOffice製品で、インターネットが繋がっている環境であれば無料でエクセルやワード、そしてパワーポイントが利用できます。 ちなみに無料のOffice Onlineと有料のOffice製品との違いは、一言でいうと「Office Onlineにいくつかの制限がある」ことで、それは次の通りです。 インターネットへの接続が必須• 自分のパソコンにデータを保存できない(OneDriveの利用が必須)• 一部機能がないものがある(グラフの挿入ができない、利用できるアニメーションが少ないなど) しかし、よく使われる主な機能は備わっているので、例えば「会社で作ったデータを自宅でちょっと直したい」といった時などには、大いに活用できると思います。 1-1-1. Office Onlineでパワポを使う方法 ではOffice Onlineでのパワーポイントの利用の仕方を確認してみましょう。 (1)「」にアクセスし、サインインをクリックする (2)マイクロソフトアカウントに登録してあるメール、電話、またはSkypeを入力後、パスワードを入力する(アカウントがない場合には「作成」を押してアカウントを作成する) (3)サイト中ほどにある「POWERPOINTの使用を開始する」をクリックする (4)新規の場合にはテンプレートを選択し、参照・編集の場合には「OneDriveから開く」をクリックする これでパワーポイントの参照・編集ができます。 データの保存はOneDriveを利用しなければならないという点以外は便利に使えると思いますよ。 1-2. Googleスライド 次に紹介するのが「Googleスライド」です。 GoogleスライドはGoogle社が無料で提供しているOffice製品で、パワーポイントと互換性があります。 なお、Googleスライドの特徴は次の通りです。 データは自動的強制的に、Googleドライブの「マイドライブ」に保存される• 機能はパワーポイントに比べて限定的• パワーポイントの形式で保存できる 1-2-1. Googleスライドでパワポを使う方法 ではGoogleスライドの利用の仕方を見てみましょう。 (1)「」にアクセスし、グーグルアカウントに登録しているメールアドレスまたは電話番号を入力、その後パスワードを入力する(グーグルアカウントを持っていない場合には、「アカウントを作成」をクリック) (2)新規の場合には「新しいプレゼンテーションを作成」からテンプレートを選択し、参照・編集の場合には「フォルダーマーク」をクリックしデータを選択する これでパワーポイントの参照・編集ができます。 こちらもデータの保存はGoogleドライブのマイドライブを利用しなければならないという点以外は便利に使えると思いますよ。 1-3. Impress そして最後に紹介するのがLibreOfficeの「Impress」です。 LibreOfficeは無料のOfficeソフトで上記2つと違ってソフトをインストールする形で利用します。 Impressはパワーポイントとは別のソフトですが互換性が高く、パワーポイントで作ったデータをImpressで編集することができ、反対にImpressで作ったデータもパワーポイントで編集することができます。 1-3-1. Impressでパワポを使う方法 ではImpressでパワーポイントを使う方法を見てみましょう。 (1)「」にアクセスし、「ダウンロード」をクリックする (2)「Download full installation」をクリックし、ダウンロードされたファイルを実行する (3)「次へ」をクリックする (4)「インストール」をクリックする (5)「次へ」をクリックする (6)任意のユーザー名と所属を入力する (7)「通常」のまま「次へ」をクリックする (8)「インストール」をクリックする (9)「完了」をクリックする (10)デスクトップ上にできたアイコンをクリックする (11)「次へ」をクリックする (12)任意で登録する (13)「プレゼンテーション」をクリックする (14)既存のデータを編集する場合には「既存のプレゼンテーションを開く」を選択してデータを選択する (15)完了 このようにすればパワーポイントのデータを編集できるようになります。 なお、LibreOfficeはソフトウェアなので自分のPCにもデータが保存でき、その点では使い勝手がよくなっています。 パワポチェック用アプリ「PowerPoint Viewer」とは?もう使えないの? 「パワーポイントビューアー」というものをご存知でしょうか? パワーポイントビューアーとは、パワーポイントのスライドショーを実行するだけであれば無料でできるよう、マイクロソフトが提供していたソフトです。 しかしマイクロソフトは2018年4月で提供が終了してしまいました。 そのため、これまでに既にパワーポイントビューアーをダウンロードしたことがある人は、そのインストールデータを使ってビューアーを利用する事ができるのですが、インストールデータがない人は、ビューアーを使うことができません。 ですから、パワーポイントを持っておらずビューアーをインストールしていない人がパワーポイントのデータを参照するためには、先ほど紹介した方法を実行するしかないのです。 パワーポイントは無料でインストールできるの? パワーポイントは無料で使えないのでしょうか? 使えないとしたらなぜ使えないのでしょうか? ここではそんな疑問にお答えします。 (1)パワーポイントとは? パワーポイントはマイクロソフト社が提供するプレゼンテーションソフトで、エクセルやワードなど、事務的によく使われるソフトがまとめられた「Microsoft Office」に属するソフトの一つです。 ちなみに「Microsoft Office」には、パワーポイントの他にエクセルやワードなども含まれています。 そんなパワーポイントですが、ソフトは無料ではありません。 利用するためにはマイクロソフトから購入しなければならないのです。 「パソコンを買った時からインストールされていて、Microsoft Officeを買ったことがない」という人もいるかもしれません。 しかしそれは、あらかじめOfficeがインストールされているだけで、パソコン購入時の金額に「Microsoft Office」の分が含まれているだけなのです。 つまり、パワーポイントを含めた「Microsoft Office」は、どんな場合でも「有料」ということです。 (2)パワーポイントを購入するといくらかかる? パワーポイントを使いたいとなった時、マイクロソフトから購入しなければならないということは、先ほど説明しました。 もしエクセルやワードが必要ないのであれば、パワーポイントだけを購入することができます。 2019年1月時点で最新のものは「Microsoft PowerPoint2016」で、約14,000円(永年使用可能)で購入できます。

次の