センラ 胸毛。 センラの素顔は超イケメンだった!炎上騒動や本名なのどプロフィール、現在の仕事を解説!

センラ 5年ぶりのワンマンライブ! ツアー『SENRA LIVE TOUR S STILO!!!:RE』が豊洲PITで大団円

センラ 胸毛

歌い手センラの身長や年齢などのプロフィールは? プロフィールについては、ツイッターやセンラさんのブログなどを参考にしたのですが、 ご自身で公開している情報も結構ありましたよ^^ そこで、センラさんが公開している情報や調べてみてわかったことをまとめてみました!• 名前:センラ• 性別:男性• 年齢:23歳• 生年月日:1991年10月3日• 身長:175cm• 出身:京都• 血液型:O型 出典: 年齢や誕生日などはツイッターのつぶやきがきっかけで判明したようですね^^ また、現在は「センラ」さんとして活動されていますが、 デビュー当時は「耳せん」さんという名前で活動していたようです。 耳せんさんからもう少しかっこいい名前に変えようとして、 名前がかぶっていたりなど色々とあったものの、最終的にセンラさんという名前に決定したみたいです! 身長も175cmと比較的高く、体重は公開されていませんでしたが、 ライブなどを見に行った方の証言によるとスラっとした体型だったとのことです^^ 顔画像がイケメンと話題に! センラさんは普段から顔出しはされていて、 イケメンとかなり評判がいいようです。 ツイッターなどでも公開されているので、画像は結構ありましたよ^^ いくつか載せておきますね! 出典: 出典: また、最近では髪型を変えたというつぶやきもされていましたよ^^ 出典: ただ、どれも口元が隠れていたりメガネをされている画像でした^^; でもイケメン感は伝わってきますよね! 顔全体を見たいという方は、ライブに行きましょう!w 歌い手センラの彼女?センコって? センラさんの噂の彼女?としてよく名前が挙がる方が 「センコちゃん」ですね^^ で、このセンコちゃんとはどういった方なのかを調べてみると、、、 センコとは、彼の理想のタイプを具現化した妄想彼女である。 細かく言うと、サイドポニー、茶髪、眼鏡。 センコちゃんのイラストもよく送られるが、クオリティが高い。 そのため、放送で「可愛いぃぃぃ!」を連発する。 しかも、リスナーの中でセンコちゃんのbotが作られ、本人もフォローしている。 出典: センラさんの理想のタイプの女性の妄想彼女であることが判明www 以前はファンのかたと親密な関係になったという噂が広まり、 炎上してしまったという事件もありましたが、 現在は彼女についての噂などはたっていないようです^^ センラさんの今後のご活躍にも期待したいですね!.

次の

歌い手・浦島坂田船の「センラ・志麻」リスナーとのオフパコ疑惑で叩かれる「解散しろ、沈没船」

センラ 胸毛

SENRA LIVE TOUR S STILO!!! :RE 2018. 25 チームスマイル・豊洲PIT 遊び心を下敷きに、ならではの器用さで持てる力を十二分に具現化してみせていったその手腕からは、既に彼がひとりのアーティストとして完全に自立している、という事実を感じることになった。 近年は浦島坂田船の一員として、積極的なライブ活動をコンスタントに行ってきているが、今ここに来て臨んだのは愛知・大阪・宮城・東京での全国4ヶ所にわたったワンマンツアー『SENRA LIVE TOUR S STILO!!! :RE』だ。 センラ 「どうも、でーす! 本日は、『SENRA LIVE TOUR S STILO!!! :RE』の豊洲PIT公演へようこそ!! いやー、もう緊張で口がパサパサなんじゃ 笑 」 シックなダークボルドーのスーツを粋に着こなしながら、1曲目でシリアスなトーンの「フリィダムロリィタ」と、シャッフルのリズムと呼応するの歌がエロティシズムを醸し出した「キャットアイメイク」を歌い終えたところで、この夜の彼が発したのは前述の言葉。 つい先ほどまでは、浦島坂田船の時とはだいぶ異なるクール&アダルティなモードで終始キメてみせていたにも関わらず、いざMCで口を開くと……良い意味ではやはり親しみやすいキャラでおなじみのでしかない。 そして、彼いわくの緊張をほぐすかのようにステージドリンクとして置かれてたペットボトルの水をぐびくびと飲んだあと、一息をついて彼はこう続けたのだった。 「ここまで名古屋、大阪、仙台とやっきてこの豊洲PIT公演がこのツアーの集大成になります。 今日はここにいるバンド陣とワタクシで、皆さんのことを思い切り楽しませていきたいと思っておりますが、みなさんも楽しむ準備は出来てますか!」 センラ のイメージカラーであるイエローのペンライトが、来場しているファンの人々によってこぞって振られる中、ここからは小気味の良い曲調と切ない歌詞が交錯する「恋愛裁判」や、バンドアレンジを経てより躍動感が増している「フィクサー」などがあれこれと歌われていく。 だが、そのままライブが進行していくのかと思いきや。 そこはサービス精神の旺盛なだけあり、早くも前半戦からひとネタが投下されることに。 何が始まったのかといえば、ここではパワーポイントとフリー素材を駆使して作成したと思われるプレゼン資料を用いて、がステージ上のスクリーンを使いながらメンバー紹介していく、という企画コーナーが設けられていたのである。 しかも、会場の近くにある豊洲市場の件や、カルロス・ゴーンの話題など、絶妙に時事ネタまで盛り込んであるあたりもなかなか乙で、それをの巧みな話術をもってプレゼン芸として成立させていたのは、お見事の一言。 センラ また、このあとにはのお色直しタイムをかねて、『情熱胸毛大陸』(注・日頃から浦島坂田船メンバーに胸毛の件をよくイジられている)と題されたドキュメント的な幕間映像が流される一幕もあり、ここでは音楽活動と並行しながら普段は社会人として営業職をこなしている彼の姿が、ノンフィクション風に描写されていくことになったのだ。 (もちろん、お察しの通り中味自体はほぼフィクションで、颯爽と営業車を乗り回しながらパチンコをしたり、カフェに行ったり、ひとカラをしたり、シメで居酒屋に行ったりと、働く場面は一切ナシ(笑)) この映像明けの中盤戦セクションではゲストとして、とはかねてから交流があるというギタリスト・が登場。 少しカジュアルな装いになったとともに、情緒のある「硝子細工の少女」や機微の漂うラブソング「コイビトモダチ」、ドラマティックな「ゲッカビジン」、との出会いのきっかけになったという楽曲「ダチュラと林檎」と、全4曲で息のあったコラボパフォーマンスを展開してくれたことも、今回のライブの中においてはひとつの目玉であったと言えよう。 」でも大きな盛り上がりをみせた場内だったが、本編が終わっていこうとする終盤では女性目線のバラードでありにとってのオリジナルソング「色恋」や、淡々としたところからスケール感をもって拡がっていく「ジャガーノート」で、彼のボーカリストとしての力量はいよいよ最大発揮されるに至った、と感じる人も多かったのではないかと思う。 「実はですね。 僕、ワンマンというのを今回は約5年ぶりにさせていただいているんですよ。 本当にありがとうございます。 最初のワンマンは、2012年でした。 きっとその頃はまだ、のセの字も知らなかったという方も多いんじゃないでしょうか……。 当時は、キャパシティでいうと100人の会場でやったんですけどね。 そこから、翌年の2013年には倍の200人でやらせていただきました。 そこから5年経って、今日ここに何人いるか皆さんご存知ですか? そう、約3000人です。 5年前と比べたら何倍になっとんねん!という話ですよね 笑 」 アンコールにて、「リップサービス・メンソール」を歌い終えたあとのが、このように話し始めたあと。 それに続いたのは、ある意味で彼にとっての核心とも言えることだったような気がしてならない。 センラ 「じゃあ、何故ここまで5年もワンマンをやらなかったのか?というとですね。 正直なことを言うと、僕自身がちょっと避けていたところがありまして。 結局さっきも映像で観ていただいたとおり 笑 、普段はネクタイを締めて仕事をしていたりしますし、浦島坂田船やXYZでの活動、それぞれのリハーサルもあったりするので、それと同時にワンマンまでやろうとすると「絶対、エグいことになるやん……」っていう予感があって、避けていたんです。 もっと言うと、ワンマンとなってひとりで責任を負うのがコワイという気持ちもあったと思います」 グループの一員として歌うこと。 たったひとりで、矢面に立ち歌うこと。 同じ歌うことであっても、それは演者からすれば大きな違いがあるのは当然なのかもしれない。 「でも。 今回は、5年ぶりに「ひとりでやるぞ!」って決めました。 だけど、実際にやってみて感じたのは「やっぱり僕は、ひとりではなんも出来んな」ということなんですよ。 要は、僕は勝手に自分で「ワンマンをやるなら全部を自分でしなあかん」と思い込んでいたところがあったんですけど、周りのスタッフさんや、バンド陣、そして何よりこうして会場に足を運んでくれている皆さん。 その全ての人たちに支えられているんだ、ということに今回はあらためて気付くことが出来たんです。 心から、皆さんには感謝しております。 また来年以降も、もし機会があればワンマンをやってみたいな、と僕は今回のツアー通して思えるようになりました。 本当にありがとうございました!」 SENRA LIVE TOUR S STILO!!! :RE 2018. 25 チームスマイル・豊洲PIT 1. フリィダム ロリィタ 2. キャットアイメイク 3. 悪役にキスシーンを 4. 恋愛裁判 5. Slumber number 6. フィクサー 7. スパイラル 8. 曖昧劣情Lover 9. オレンジ 10. 硝子細工の少女 11. コイビトモダチ 12. ゲッカビジン 13. ダチュラと林檎 14. スキスキ絶頂症 15. Lamb. 色恋 17. R-18 18. Fake my dreams 19. ジャガーノート [ENCORE] 20. リップサービス・メンソール 21. Make a pass SPICER.

次の

センラの素顔は超イケメンだった!炎上騒動や本名なのどプロフィール、現在の仕事を解説!

センラ 胸毛

うしさ 可愛い!!!!! う その真珠のように真っ白な肌 し 吸い込まれるような綺麗な瞳 さ 真っ白な肌に一際目立つ漆黒の胸毛 せ... 浦島坂田の3人は毎回センラに会うたびに「可愛い」っていうねん。 やけど実際センラはそうわ思わへん やって成人過ぎた男を可愛いって... ? ねぇ、 みんなはセンラの事可愛い?? ??side ? 絶対らまん分かってないよなぁ 俺ら遊びじゃないんだけど... ? センラさん意外と鈍感なところあるからなぁ てか、坂田が最後笑いに持ってくからやで!w ? しょうがないやん~ センラって言われて真っ先に思い付いたのが胸毛やったんやからw ??? wwwww ? でもどーやって気づかせる? ? このままじゃなぁ。 どーしよ... ? あっ!それじゃあ思いきって告白とか!? 告白かぁ、まぁ面白そうだし ??? やってみるか! センラside なーんかあの3人がコショコショ話しとる なんやろなぁ?気になる... ちょっとずつちょっとずつ3人に近づいて... ーー; もう気づくのか!! 無駄に勘いいんだよなぁーこの胸毛。 せ ふーん。 で?何話してたんですか、志麻くん。 し い、いやなんでもないで!センラさん! な!坂田!なんも話してへんよな! さ う、うん!なんも話してへん! 隠すの下手すぎww俺もか! それよりいつ告白しよう... 明日は仕事あるしー... 告白のタイミングここしかなよな...... よし!するか! 適当w まず二人にアイコンタクトを送らなければっ! まぁフツーならそう簡単にはいかないが俺たちの五年の絆があれば... ビックリするなぁ し 坂田、これからセンラさんに告白作戦するんやけど坂田最後な さ うん!わかった! う センラが誰選んでも恨みっこなしだぞ。 それじゃあ、告白作戦開始!! しさ おう! 志麻side 一瞬びびったわぁ なーんか視線感じるな。 って思ったらうらたさんジーって見てるんやもん! それよりも上の会話全てがアイコンタクトで話した内容とは... 我ながらここまで通じるなんて... w 怖いなww お。 これから言うことは冗談じゃなくて 凄く大事な話だから真剣に聞いてほしい。 俺、センラが好きだよ。 センラは友達や仲間として俺のことを好きかもしれない。 でも俺は恋愛感情として好き。 俺は浦島坂田船のリーダーなのに頼りないし、怖がりだし、背ちっちゃいし。 でも、そんな俺に優しく声を掛けてくれて。 いつも助けてくれて。 そんなセンラだから俺は好きになったんだよ。 だからセンラ。 俺を 愛して?... うわぁ。 うらたさんむっちゃかっこええな。 さっきのうらたさんとは大違い。 これは俺も負けてられないな! し センラさん。 俺からも話あるんやけどええかな? 実はな。 俺もセンラさんのこと好き。 もちろん恋愛感情で。 男が男を好きって変かも知れへん。 この事が原因で俺のことを嫌いになるかもしれへん やけど、俺はセンラさんの目、声、手、匂い。 全部が好き。 もし、センラさんが他の人の事を好きになったら そのときは全力で応援するから。 やから、今だけはセンラさんの事好きでいさせて。 愛しちゅうよ、センラ。 はぁーーーー 緊張したーーーー! 最後「センラ」とか、言っちゃった!!!! どないしよ!!うわぁぁぁぁぁーーーーーーーーー!!!! ゴホン、取り乱してすまない... 次は坂田やな!むっちゃ深呼吸しとるー!! 緊張するもんな。 頑張れ、坂田! さ センラ、最後に僕からも! 僕、文で伝えるの苦手やから直接僕の気持ち言うね。 僕もセンラが好き!! 優しくて面白いセンラが好き!!大好き!!! だから! 俺を選んで? 坂田もかっこええなぁ いつもの末っ子坂田やなくて真剣な目だったもんな それよりセンラさんは!?大丈夫なんか!? し せ、センラさん?大丈夫? ごめんな、ビックリしたよな。 せ 大丈夫です。 ただ凄く嬉しくて。 センラは凄く愛されもんやなぁ。 3人からも好きって言われるなんて。 3人が真剣にセンラの事考えて気持ちいってくれたの伝わりました。 やから、センラも自分の気持ちちゃんと伝えます。 w それでは!読んでいただきありがとうございました!•

次の