アステラス株価。 アステラス製薬|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:4503)

製薬業界大手アステラス製薬(4503)を分析!特許切れの影響は株価見通しへ影響。

アステラス株価

スポンサーリンク アステラス製薬の株価 株価:1,480 PER:12. 86倍 PBR:2. 22倍 配当金:40円 配当利回り:2. 新薬に特化。 泌尿器、移植分野にも強み。 ちなみに、医薬品業界第1位は「武田薬品工業」です。 武田はかなり株価のチャートが荒れているので、個人的にはアステラス製薬の株価の方が好きです。 笑 地域別の売上収益 参照: 海外売上比率約7割。 抗がん剤に関しても米国の会社を買収しており、力を入れている分野になります。 アステラス製薬の海外比率は武田薬品工業に次いで2位となります。 業績は2019年が過去最高で、2,000円ほどなので当面は2,000円が上値となります。 この2,000円をブレイクするには過去最高業績を更新する必要がありますが、2020年の業績予想は減益予想なので、なかなか厳しいでしょう。 下値に関しても、EPSを考慮すると「1,400円」を見ておけば問題ないです。 スポンサーリンク 経常利益の推移 2020年は減益予想。 2016年:2617 億円 2017年:2817 億円 2018年:2181 億円 2019年:2489 億円 2020年:2300 億円(会社予想) アステラス製薬の株価と業績は割と比例しており、業績から考えると短期的には「1,400円~1,600円」で横ばいでしょう。 決算で業績を確認しつつ、 1,400円ぐらいまで下がれば買い時かなと思います。 財務状況 自己資本比率:66. 05円 流動比率:172. アステラス製薬は「安定株」の記事でも登場していますが、非常に素晴らしいROEとROAです。 自己資本比率も高いので全く問題ないですね。 まとめ アステラス製薬の株価は1,400円割れたら買い時。 配当利回りも2. 笑 アステラス製薬は8年連続増配中なので来年の増配も期待できますね。 home1990.

次の

[4503]アステラス製薬の株価・配当金・利回り

アステラス株価

アステラス製薬は国内3位の大手製薬会社で、収益性がとても高く、黒字の会社です。 1兆円近い利益余剰金もありますから、財務の問題も見当たりません。 ただし残念ながら3年連続で売上高が減少しており、今期に至っては、減収減益です。 業績の低迷に伴って株価の下落が続いてますから、今は株を買うときではないですね。 アステラス製薬のポイント• 前期に比べて第2四半期は、減収減益。 しかも通期業績予想を下方修正。 3年連続で、売上減少。 好調だった海外事業の売上が減少に転じ、減収減益に。 業績低迷で株価は、下落トレンドに。 今は、株を買う時では無い。 (2018年1月24日更新) 動画で解説、アステラス製薬の株価予想@2019年01月11日 2017年第2四半期時点でのアステラス製薬の業績は、前年度に比べて減収減益となっています。 売上高、営業利益ともに、前年割れですので、大幅な黒字とはいえ、株式投資の観点からは良くありません。 そもそも毎年、利益が増えて成長する企業の株が上がります。 ですから黒字だとしても、利益が減ってしまう企業の株価は下がってしまうのです。 さらに2017年度の通期業績も下方修正しています。 当初の想定よりも業績の落ち込みが大きく、挽回できていないので良い状況とは思えないです。 縮小する国内市場、3年連続で売上が減少し、厳しい経営がつづく そもそもアステラス製薬の不振は、今期だけではなく、2016年頃から続いています。 2016年をピークに売上高の減少が始まっており、3年連続で売上減見込みです。 長期的に売上・利益の減る傾向がある会社は、何か問題があると管理人は考えています。 今までのビジネスモデルが通用しなくなったか、競争が激しくなったか、衰退期に転じた可能性があるからです。 アステラス製薬の地域別売上高推移を見れば、減収減益の理由が見えてきます。 一番の理由は、後発医薬品などの影響で、日本市場の売上が減り続けていることでしょうか。 これまでは、主力の国内市場の落ち込みを見越して、海外展開を推進、そして売上を伸ばしてきました。 この海外売上が減少したことで、減収減益に繋がっています。 国内市場の成長は期待できませんから、海外事業の売上を伸ばせるのか、このあたりが今後の業績回復の鍵を握ると考えます。 業績の低迷がつづいている為、今は投資をするべき時期ではない 管理人は、売上・利益の減少する会社の株を買いません。 業績が回復すれば、株価が大きく上昇する可能性は高いのですけど、その見極めの難易度がとても高いからです。 営業利益・当期純利益が増える会社の株を、市場の暴落で買うスタンスが、最もリスクが小さく、リターンが大きくなると考えています。 月足チャートを見ますと、業績が悪化するアステラス製薬は、株価も下り坂です。 2015年をピークに、株価は下落トレンドに転換してますから。 利益と株価は、連動する傾向がとても強いのです。 よって 管理人は、今は株を買わずに静観します。 では、いつまで待つのか。 まずは前年に対して、今期の利益が増えるようになれば、投資を検討しようかと思います。 その後、上昇トレンドに沿って、株価が調整するはずなので、その暴落時に資金を投入するイメージでしょうか。 なお2012年以降の業績拡大期の株価推移は、とても分かりやすいですね。 増収増益で上昇トレンドが形成されてますから、年1回の下落時に株を購入するということです。 例えば、株価が下落した2013年10月の1,050円で購入して、春先天井の格言に沿って2014年3月に1,300円で、アステラス製薬の株を売却する取引になります。 もし300株の取引ならば、 31万円の投資で、利益が7万円 利益率22% となる取引になります。 下落トレンドの株を買う行為は、リスクがとても高いですから、まずは前年に対して利益が増えているか、業績のチェックが大切です。 アステラス製薬の概要.

次の

アステラス製薬(アステラス)【4503】のヒストリカルPER・週次データ|株探(かぶたん)

アステラス株価

61 皆さんはこういう報道をご存知だろうか。 【米Business Week 7月6日号】10年以上、倒産まで攻撃を続けた中国の手口 カナダの大手通信機器企業ノーテル・ネットワークス社が中国政府系ハッカーに よって継続的にサイバー攻撃を受けたことで、倒産に追い込まれた。 彼ら最大の 目的は、知的財産など経済的な情報を盗むことにある。 同社には1990年代後半 から継続してサイバー攻撃が続けられていた。 それによって盗まれたのは、後の 4Gや5Gなどにつながっていく米国の通信ネットワーク機器の設計図などの情報 や、財務状況、顧客との商談に使う資料だった。 こうした攻撃は、カナダ安全情報 局(CSIS)も把握しており、同社に早くから警告していた。 しかし残念なことに 同社はそれを聞き入れることなく、事の重大さを理解せずに放置した。 04年頃になると、中国は同社幹部らのアカウントを乗っ取るところまで深く侵入 し、社内情報を上海のコンピュータに送っていた。 これは中国のサイバー攻撃の 典型的な手法で、時間をかけて根こそぎ情報を盗み出すため、「バキューム・ク リーナー・アプローチ(掃除機戦術)」と呼ばれている。 同社から盗まれた技術 情報は、ファーウェイが手に入れたと見られている。 (ファーウェイ側はこれを 否定)同社へのサイバー攻撃を担当したのは、北米地域を担当していた人民解放軍 参謀本部第3部2局だと考えられている。 攻撃は同社が倒産する09年まで続いた。 そしてファーウェイは自分たちが弱体化させた同社に対して、買収や支援を持ち かける提案もしている。 相手を弱らせて、救世主であるかのように振る舞うのだ。 文芸春秋8月号に「中韓が狙う日本のコロナ機密情報」という読み応えのある記事 がある。 ご一読をお勧めする。 アステラスの技術は国の宝だ。 中国にロックオン されているものと考えなければならない。 「まさかうちが狙われるとは」なんて 言い訳が通用する時代ではない。 日本には情報局もなければスパイ防止法もない。 企業が個別に対抗するしかないのだ。 参考文献:「ウクライナ人だから気づいた 日本の危機」「目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画」.

次の