手 根 管 症候群 手術 名医。 手の外科的疾患(ばね指,手根管症候群など)の治療が可能な病院 2,078件 【病院なび】

手の疾患|JR東京総合病院

手 根 管 症候群 手術 名医

【 手根管症候群の症状】 手根管症候群の症状は手の指のしびれです。 初期の段階では、人差し指と中指がしびれや痛みを感じます。 このしびれや痛みは特に明け方に感じる場合が多く、起床後にしばらく手を動かしているとしびれや痛みは治まっていきます。 しかし、ひどい状態になってしまうと今度は親指にまでしびれや痛みを感じるようになり、最終的には親指の付け根がやせてしまい細かいものをつまむ動作が困難になります。 【 手根管症候群の原因】 手根管症候群は成人の女性に多い病気の一つです。 その原因は手の関節を酷使することです。 家事は繰り返し手首を酷使しますし、子育て中も発症しやすいです。 赤ん坊をあやすのに抱いたり、首の据わってない赤ん坊の世話をするのは手首を酷使しやすいです。 また、関節リウマチや、長期間の血液透析、手首の骨折が原因になることもあります。 【 手根管症候群の検査と診断】 手根管症候群の検査方法は、どのような傾向がでている内診をとることから始まります。 この疾患に特徴的な症状があらわれている場合には、手首を叩くとしびれ、痛みが指先に響くティネル徴候や、ファーレンテストで手首を深く曲げると指がしびれるてくることが確認されたら診断されます。 補助検査として、筋電図検査をおこない、手根管を挟んだ正中神経の電導速度を測定します。 【 手根管症候群の治療方法】 手根管症候群の症状が軽い場合は手首を安静に保つために装具を使用する治療法が一般的になります。 他にも消炎鎮痛薬やビタミンB12などの内服薬を服用したり、手根管にステロイド注射をする方法があります。 重症化していてこれらの保存療法の効果が続かない場合は手術をすることになります。 手術の方法は手根管の上の靭帯を切って、神経の圧迫を取り除きます。

次の

手根管症候群の症状・原因・治療方法 [骨・筋肉・関節の病気] All About

手 根 管 症候群 手術 名医

手根管症候群とは、 指先に痺れや痛みを感じる神経障害です。 特に女性に多く、中年の女性や妊婦、 産後や更年期に多いとされています。 酷くなると、ものが上手く掴めないなど 日常生活に支障が出てきてしまいます。 また、痛みで夜眠れない、 朝起きると痛みが酷くなるといった 症状がつらいです。 病院を受診して治療を受けるのですが、 ひどい場合は手術となります。 もし手術を受けるとしたら、 名医と呼ばれる医師に診てもらいたいですよね。 そこで今回は、 手根管症候群の手術の名医について紹介します。 奥津 一郎医師 東京都港区にある、 おくつ整形外科クリニックの院長、 奥津一郎医師です。 氏は、日本医科大学を卒業し、 日本赤十字社医療センター整形外科部長を経て、 おくつ整形外科クリニックを開院しました。 ・社団法人日本整形外科学会認定整形外科専門医 ・日本関節鏡、膝、 スポーツ整形外科学会名誉会員 ・日本最小侵襲整形外科学会名誉会員 ・日本外科学会特別会員の資格を持っており、 専門は手の外科、機能再建外科です。 特に手根管症候群の手術に対しては、 従来の患者に負担が大きいものから、 負担を軽減するために 鏡視手術を開発したスペシャリストです。 約31年間に10,926手に対して 内視鏡手術を行なってきた、 経験豊富な医師です。 また、手術手法の普及、発展のために、 当クリニックで週に1度、 手術を見学するドクターを受け入れています。 平瀬 雄一医師 東京都千代田区にある、 四谷メディカルキューブの外来部長、手の外科 マイクロサージャリーセンター長である、 平瀬雄一医師です。 氏は、東京慈恵会医科大学を卒業し、 アメリカに留学、整形外科医長や 形成外科部長を経て、今に至ります。 ・日本手外科学会専門医 ・日本形成外科学会認定医 ・形成外科認定専門医 ・皮膚腫瘍外科専門医 ・身体障害者福祉法15条指定医 東京、千葉 ・医学博士の資格を持っており、 専門は手の外科、形成外科です。 手や指の痛みに対して、 「痛くなく、使いやすく、形が良い」 手指を目指してます。 毎年600例以上の手術を行なっている スペシャリストです。 亀山 真医師 東京都済生会中央病院の整形外科担当部長である 亀山真医師です。 ・慶應義塾大学を卒業 ・日本整形外科学会専門医 ・日本手外科学会認定 手外科専門医の資格を持っており、 慶應義塾大学整形外科客員講師を 兼任しています。 専門は上肢の外科、骨折一般、 マイクロサージャリーです。 内視鏡下手根管開放術は、 ・術後の疼痛が少ない ・神経の回復が早い ・社会復帰が早い などの利点があります。 一方で重要な神経や血管を傷つけたり、 屈筋支帯の切離が不十分になる危険性が 指摘されています。 そこで、正中神経や、 その周囲の重要な血管の位置を 超音波エコーでマーキングしてから 内視鏡手術を行います。 そして術後には、 確実に屈筋支帯が切離されているかを 透明な管に内視鏡を通して確認し、 低侵襲で安全かつ確実な治療を行なっています。 ・・・いかがでしたか? このように、手根管症候群の手術の名医は 様々にいるのです。 どの医師も、手術の経験も知識も 豊富なスペシャリストです。 もし通院が可能な距離であれば、 是非名医に手術をしてもらうと良いでしょう。

次の

広島県の手の外科的疾患(ばね指,手根管症候群など)の治療が可能な病院 71件 【病院なび】

手 根 管 症候群 手術 名医

手の外科とは、肘から手の指までの部位の病気や外傷に対して検査や治療を行う科です。 糖尿病、透析患者、女性に多く生じます。 安静、ブロック注射、手術などにより治療します。 親指をよく使う人や女性に多く生じます。 安静、内服 飲み薬 、ブロック注射、手術などにより治療します。 病気が進行すると親指の付け根の筋肉が痩せて細かい作業が困難になります。 安静、内服 飲み薬 、ブロック注射、手術などにより治療します。 症状が進行した場合には手術により治療します。 内服 飲み薬 、関節内注射、装具 サポーターなど 、手術により治療します。 水ぶくれのようになると手術をすることもあります。 神経が圧迫されると痛みがでることもあります。 消毒した針などで刺して液体を抜くと、神経への圧迫が軽減して痛みが取れることがあります。 軽症の場合にはサポーターをつけたり、手を激しく使うことを制限するようにします。 重症の場合には、前腕の2本の骨の長さのバランスを変える骨切り術などの手術療法が行われることがあります。 糖尿病の人に多く見られる疾患です。 日常生活に支障を来たすようになると手術により治療をします。 手術では、プレートと螺子を用いて骨をできるだけしっかりと固定します。 ギプス固定や手術によって治療します。 骨折を伴う場合と伴わない場合があります。 骨折を伴う場合には手術、伴わない場合には装具によって治療します。

次の