サックスフォン。 サックス奏者に勧める電子楽器、ROLAND Aerophone AE

管楽器の新しい楽しみ方を広げる エアロフォン

サックスフォン

14歳からライブ活動を行っている、アルトサックス奏者。 当時は都内のジャズバーを幾つも周り、「ライブをさせてほしい」とお願いしましたが、年齢を理由にことごとく断れていたそうです。 唯一、ライブをさせてくれたのが西新井のカフェクレールというお店。 そんなに大きな店ではありませんが、矢野さんはその時の恩を忘れずに大きな会場でライブができるようになった今でも、カフェクレールにだけは定期的にライブを行っています。 私も矢野沙織さんのライブをはじめ、何度も足を運んでいるお店です。 デビューアルバムの『YANO SAORI』を知ったのはジャズに興味を持ち始めの頃。 新聞を読んでいたら「年々、市場が縮小されているジャズ界で話題になっているアルバムがある~」というような記事で矢野沙織のデビューアルバムが紹介されていたのを記憶しています。 アルバムも多数リリースされていますが、まずは初期の頃のベストアルバムをおすすめしておきます。 動画で紹介している「砂とスカート」も収録されています。 本格的なジャズというよりクロスオーバーよりのサックス奏者。 アルトサックス以外にフルートも演奏します。 小林香織さんは演奏もさるこながら日本人サックス奏者では珍しくステージパフォーマンス(簡単な振り付けですが)も魅せてくれることがあります。 やはり最初に聴くのは「知ってる曲」「どこかで聴いたことのある曲」の方が入り易いかと思います。 この人のサックス演奏は何と言いますか「わかりやすく上手い!」そんな印象です。 永遠の初心者ではありますがサックスを嗜んでいる私は堤さんの演奏を聴くと「こんな風に演奏出来たら格好良いな~」とつくづく思います。 おすすめアルバムは昭和歌謡カヴァー集の第2弾を。 堤智恵子さんはこの他にもジャズのスタンダート集『Someone to watch over me』や昭和歌謡カヴァー第1弾『みずいろの雨』などもおすすめです。 YouTubeでもたくさん動画をアップされてます。 今回動画で紹介した『駅』をはじめ、上記のアルバムに収録されていない「王道のスタンダート曲」「J-POPやアニメソングジャズアレンジ」等、親しみやすいものが多いので興味本位でも観ていただいて損はないと思います。 どちらかというと玄人受けするミュージシャンだと思います。 現在でも都内のジャズバーを中心に自身のリーダーバンドやサポートメンバーとして精力的に活動をされております。 リーダー作として1枚『Band of Eden』というアルバムをリリースされていますがAmazonでは品切れ状態です。 メンバーとして参加している、ドラマーの斉藤良さんのフリージャズバンドのアルバム『秘宝感』は購入することができますがフリージャズなので・・・。 玄人向けのアルバムだと思います。 Amazonプライム会員の方は無料で聴けるので話のタネにフリージャズを聴いて観るのも良いでしょう。 「パッと見」はイロモノですが・・・。 動画を観ていただければわかる通り、中々の実力派です。 19歳でプロデビュー。 大西 由希子という名で活動していましたが、2015年にユッコ・ミラーに改名。 ビジュアルも現在のような派手な感じにイメチェンしました。 見掛け倒しでしたら拙いのですが、実力がしっかりしているならキャラを立たせるのは良いかと思います。 ちなみにユッコ・ミラーは今年(2017年)の池袋ジャズフェスティバルでピックアップアーティストとして出演されていたのですが・・・。 Amazonプライム会員の方は無料で聴けます。

次の

【価格.com】サックス

サックスフォン

サクソフォンはサックスとも呼ばれ、ベルギーのアドルフ・サックスによって1840年代に発明された楽器です。 その特徴的なフォルムは、さまざまなデザインでもモチーフとして使用され、楽器といえばこの形と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 木管楽器の仲間ですが、管体の材質としては主に真鍮が使われており、仕上げに使われるラッカーやシルバーなどによっても音色や吹奏感が異なります。 楽器の中では新しく発明された楽器で、音の跳躍、発音がしやすく、大きな音量を活用し、ジャズやロックなど幅広いジャンルで演奏されています。 吹奏楽ではトランペットとならぶ花形楽器で、クラシックの曲では印象的なメロディを受け持つことが多く、ポップスではソロを演奏する機会が多くあります。 標準的なオーケストラの編成では使用されませんが、作曲家の指示によりサクソフォンが指定される曲も数多くあります。 SELMER Paris セルマー・パリ• セルマー・パリ社の創立は1885年。 以来100年を越える歴史の中で、サクソフォンとクラリネットにおいて数々の銘器を発表してきました。 現在のサクソフォンJubilee「SA80 SERIE II(スーパーアクション80シリーズII)」や「SERIE III(シリーズIII)」は、ビギナーから世界トップクラスの奏者まで世界中のアーティストが愛用。 「サクソフォンと言えば、セルマー・パリ」と言われるほどの絶大な信頼を得ております。

次の

【サックス・エアロフォン・ヴェノーヴァ サロン】インストラクター 中島 隼貴

サックスフォン

概要 [ ] にの管楽器製作者(Adolphe Sax)がの改良中に円錐管の魅力に注目したのを基に考案された楽器。 にを取得している。 saxophoneの名は彼にちなむ。 元々におけるとの橋渡しを目的に開発された。 構造上、木管楽器に分類されるが、を主としたで作られており 、木管楽器の運動性能の高さ、金管楽器のの広さを兼ね備えている。 新しい楽器の恩恵として、洗練された運指、発音の容易さは他の吹奏楽器に類がない。 から、、に至るまで、様々な分野の音楽で用いられる。 特にやには欠かせない存在である。 では使用されることは少ないが、曲によっては使用される場合もある。 、、、の4本のサクソフォーンで演奏されるは、クラシカルサクソフォーンの代表的な合奏形態のひとつであり、そのために作曲された曲も多数存在する。 種類 [ ] 現在、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、ソプラノサックスの4種類がもっともよく使われる。 また、ソプラニーノサックスやバスサックスも使われることがある。 ではアルトが、また、では、アルトとテナーが標準的に用いられる。 演奏される機会は滅多にない。 演奏には強靭なを必要とする。 ソプリロ Soprillo エッペルスハイム社はソプリロ Soprillo と称している。 演奏される機会は少ないが、サクソフォーンのアンサンブルなどで用いられることがある。 またジャズプレイヤーが、持ち替え用の楽器として使用する場合がある。 サクソフォーン四重奏においてはリーダー的存在になる。 また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。 本来はネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)であるが、 がネック部分が少し曲がっているカーブドネックの楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。 また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)。 カーブドソプラノと称するアルトサクソフォーン同様全体が曲管である楽器や、サクセロと称したベル部だけが正面を向いた楽器も存在する。 ハイキーを備えるものの中には半音上のハイキーを持ち、実音 F を出せるものもある。 明るい音色の調管も存在したが、現在は生産されていない(C メロディを参照)。 オーロクローム aulochrome 通常の音色で(特殊奏法の重音ではなく)同時に2つの音を出せる、二重ソプラノ・サクソフォーン。 フィリップ・ボスマンがこの楽器のために「ファンファーレIII」という協奏曲を書き下ろした。 昔の個体の中には、管を伸ばし C まで演奏できるようにしたものも稀に存在する。 ではラインを担当する部分が多い。 ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。 サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。 クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。 また、ビッグバンドのサクソフォーンセクションはアルトがセクションリーダーを務め、主旋律を奏でることが一般的である。 アルトと比較してネックや本体が長く管の曲がりが大きいが、基本的な構造はアルトに類似している(アルト同様、ごく稀にネック部以外がほぼ直管の向いた「ストレートテナー」も存在するが、やはり一般的ではない)。 アルトの次によく使われる楽器で、演奏者も多い。 男性的かつ豪快な音色を持つことから、ジャズ、ポピュラーミュージックでは幅広いジャンルでソロ楽器としても重用されている。 C メロディ C melody saxophone アドルフ・サックスは当初2つのファミリーのサクソフォーンを考案した。 F管-C管の楽器はほとんど製作されなかったが、C管テナーがメロディサックスというニックネームで存在した。 調性は C 調で、実音は記譜より1オクターヴ低い。 20世紀前半には製造されていた。 また、C管でピアノ、ギター、オルガン、フルートやオーボエの実音譜を移調することなく、豊富な量の既存楽譜をそのまま演奏できたため、アマチュアや用に好まれた。 現在は製造されていないが根強い愛好家が存在し、レストアされたビンテージ楽器が流通している。 一般的に(他のサクソフォーンに存在しない)ローキーを備え、記譜上のA、すなわち実音の C の音を出すことができるが、昔の個体にはこの機構がなかったり、軽快な音色を出すためにこの機構を省略したりするものもある。 アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。 座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、ベルの折り返し部分にが組み込まれているものも存在する。 ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部 低音部 を担当するほか、においても低声部を担当する。 まれにトップアルトサックスとオクターブ違いのやソロを吹くこともある。 クラシカルサクソフォーンに於いてはアンサンブル楽器としての性格が強いが、最近では栃尾克樹の様にバリトンをソロ楽器として演奏するプレイヤーも出てきている。 ジャズにおいては、ロック・ポップスにおいてはステファン・"ドク"・クプカ()のような著名なバリトンサックス奏者が存在する。 なお、管楽器で一般に「バリトン」と呼ばれるバリトンホルン()と区別するために「バリサックス」 Bari Sax と表現されることがある。 また、日本では「バリサク」という俗称で呼ばれることもある。 (熊本などの一部地域では「バリサキ」という俗称もある。 実音は記譜より2オクターヴと低い。 構造はバリトンに類似している。 大編成のやサクソフォーンのアンサンブルなどで用いられることがある。 世界でも数台しかなく(日本には3台しかない)、背の高い人以外は演奏時に脚立を必要とする。 サクソフォーンのアンサンブルなどで、稀に用いられることがある。 tubax コントラバスが携帯に不便であるため、エッペルスハイム社が管長を折り曲げて作ったのがこの楽器。 音域はコントラバスと同一だが、はバリトンと同じ物が使用可能。 サブコントラバス Subcontrabass saxophone もともと存在しなかったが、1999年にドイツのエッペルスハイム社が初めて製作に成功した。 世界で数本しか作られていない。 全長は2m半から3m近い大きさである。 調性はバスより1オクターヴ低い変ロ調。 管の形状と音色 [ ] サクソフォーンは大小さまざまな楽器があるが、それぞれの楽器はほとんど相似な形状をしている。 サクソフォーンの管は、に近い方からベルに近い方に向かって、ほぼ一定の割合で太さが増しており、全体として円錐状になっている。 このためサクソフォーンは整数倍のを出すことができ、楽器に分類される。 一方、構造上サクソフォーンにもっとも近い楽器であるは、管の太さがほぼ一定の円柱状であるため偶数倍の倍音がほとんど発生せず、楽器に分類される。 この開管楽器である事を奏法に応用する例として、オーバートーンとアルティッシモ()が挙げられる(弦楽器のとは原理が異なる)。 喉の開き、口腔内、、通常とは異なる運指を総合的に変化させ、リードの振動を通常の状態より多くする事でを発生し、通常運指の音域よりも更に高音を出す事を可能にしている奏法である。 20世紀後半までは主にジャズ系の奏者がの中で多用する奏法であったが、21世紀に入ってからはクラシック奏者も演奏の幅を広げる為に利用しており、またそのような現代曲も多数書かれている。 ソプラニーノおよびソプラノは一般にほぼまっすぐの直管(ストレート)である。 人間の声の音に1番近い。 一方、アルトからコントラバスまでは管の長さが長いため、一般には何回か管が曲げられた曲管(カーブド)の形状をしている。 管の折り返し部分はその形状からと呼ばれる。 カーブド・ソプラノと呼ばれる曲管のソプラノやストレート・アルト、テナーと呼ばれる直管のアルト、テナーも存在するが、生産本数はそれほど多くない。 管が直管であるか曲管であるかは音色にも大きな影響を与える。 管の材質と仕上げ [ ] 一般にはで作られるが、の比率をあげたり、やが使われたりすることもある。 透明及び薄い色ので塗装されているものが一般的ではあるが、黒色や白色のラッカーの他、銀、、、等でされたものも多い。 また、鏡面仕上げが一般的だが、艶消し仕上げのもの、アンラッカー仕上げなどバリエーションが存在する。 メッキやラッカーの性質で管体の振動が変化し、音色などが変わることが主眼になっており、また管体とキー・シャフトなどのパーツ群を別色にメッキする事により、より装飾としての見栄えを高める事を狙った楽器も販売されている。 構造 [ ] 教育用サクソフォーン。 図は低音ホール(7番にあたる)が左手側にある、いわゆる「インライン」で、現在では右手側にある「オフセット」が主流である。 朝顔管(ベル)• 一番管• 二番管• 吹込管(ネック)• 歌口()• 鍵孔管• 打痕止• 歌口受コルク• 吊り環• 拇指台• 蝶ネジ• 蝶ネジ受• タンポ皿• ローラー• ローラー用芯金• 平発条• 平発条止ネジ• 連絡棒• センター棒• 剣ネジ• リング• コルク• コルクホールダー• 締金(リガチャー)• カップ• 吊り紐(ストラップ) 特殊奏法などの演奏テクニック [ ]• スラップ奏法:舌打ち。 弦楽器のピチカート奏法に近い弾いた音を出現させる。 キーノイズ奏法:キーを素早く塞いだ時の音 ノイズ が楽器内で反響した音を利用する。 そのため低音楽器で大きいキーほど大きな音が出る。 重音奏法:マルチフォニック又はメアクラングと呼ばれる。 通常とは違う運指を用いて和音を発生させる。 :演奏中に口の中に溜めた空気を押し出しながら鼻から息を吸い、連続して音を出し続ける。 マウスピース無し奏法:直接管のマウスピース付け口に唇を当てて演奏する。 スラップと組み合わされるが、トランペット奏法と組み合わせることもできる。 割音奏法:主にロックやジャズ・フュージョンなどで利用される。 エレキギターのオーバードライブの様な割れた効果音が出る。 ファズとグロウル グロウトーンとも に分けらる。 ファズはリードの振動が主な発生源で主に高音域で使用され、グロウルは発声しながら音を出す。 グロウルは発声できる限りほぼ全ての音域で使用できるが低音では効果が薄く主にオクターブキーを押した上の音域で利用される。 オーバートーンで出る音色は通常の運指と音色が異なるため、組み合わせて吹くと通常とは違った音色でフレーズを吹く事が出来る。 が主な使い手で知られていた。 ハーフトーン:リードに少し舌を付ける事で少しこもった音色を出す。 長音で周期的に利用するとビブラートとは違った効果を出す事ができる。 :日本ではが時代に「」で使用したのが有名。 サクソフォーンが用いられる楽曲 [ ] サクソフォーンの音響的性格から、クラシックのみならずジャズやポップス、映画や劇伴のサウンドトラックで使用されることも多い。 西洋音楽ではその音色と機能性を活かした独奏曲や、管弦楽への使用例が特に近代音楽以降、多く見られるようになった。 は比較的早期にこの楽器を好んだようだが、ドイツ語圏は戦後まで遅れた。 ジャズ [ ]• :ミス・アン• :ロンリー・ウーマン• :ナウズ・ザ・タイム• :マイ・フェヴァリット・シングス• :レフト・アローン• ():ブラッド・ダスター• :セント・トーマス• (楽団):• : ポピュラー音楽 [ ]• :()• : スティーヴ・グレゴリー• : サウンドトラック [ ]• :『』メインテーマ、『』メインテーマ• :『』メインテーマ 吹奏楽 [ ] この節のが望まれています。 詳しくは「」を参照 クラシック [ ] オーケストラ• :『ユダの最後の王』(初演、オーケストラに取り入れられた最初の作品)• :『』(劇付随音楽、組曲)• :交響組曲『』、『』(バレエ音楽、組曲)、カンタータ『』、十月革命20周年のためのカンタータ、戦争終結によせる頌歌• :バレエ音楽『』• :バレエ音楽『』(初演。 全曲第9曲「ディーヴァの踊り」、組曲第2楽章「アダージョ」にソプラノ・サックスのソロあり)• :劇的オラトリオ『』(アルトサックス3本)、交響的運動第3番、夜想曲• :『』(バレエ音楽、組曲)• :組曲『』• :第3番「ダラーナ狂詩曲」• :、『』、交響的絵画『』(編曲)• :、海の交響曲、バレエ音楽『放浪の騎士』(交響組曲アリ)• :『』(ミュージカル、シンフォニック・ダンス)• :室内管弦楽のためのセットNo. 1(バリトンサックス)、カントリー・バンド・マーチ、ラグタイム・ダンス(アルトサックス/バリトンサックス持ち換え)• :饗宴(1954年初演。 S,A,A,T,Bの5本ものサックスが使用されている。 現在でも演奏の機会に恵まれているオーケストラ作品としては異例の規模である。 ) 協奏曲• :アルト・サクソフォーンと管弦楽のための狂詩曲• :アルト・サクソフォーン小協奏曲• :アルト・サクソフォーンと吹奏楽のための協奏曲• :サクソフォーン協奏曲• :アルト・サクソフォーンと吹奏楽のための協奏曲• :サクソフォーンとオーケストラのための協奏曲• :アルト・サクソフォンと管弦楽のための協奏曲 作品50• :アルト・サクソフォーンとピアノ(管弦楽)のための『』 作品66• :コントラバス・サクソフォーンとオーケストラのための「色彩」• :アルト・サクソフォーンと吹奏楽のための『英雄の時代』• :アルト・サクソフォーンと管弦楽のための『』、ソプラノ・サクソフォーン協奏曲『』• :サクソフォーン協奏曲『魂の内なる存在(エシ・イン・アニマ)』• :サクソフォーン協奏曲• :アルトサクソフォーンと吹奏楽のための幻想的協奏曲• :サクソフォーン協奏曲『インフィニティ・パワー』• :サクスフォン協奏曲 2013 室内楽曲・独奏曲• グラズノフ:サクソフォーン四重奏曲• :サクソフォーン四重奏曲• :サクソフォーン四重奏曲• :サクソフォーン四重奏曲、『プレリュード、カデンツとフィナーレ』• :サクソフォーン四重奏のためのコンセール、サクソフォーン・ソロのためのソナタ• :スカラムーシュ• :コンツェルトシュテュック、サクソフォーン・ソナタ変ホ調• :サクソフォーン・ソナタ• :サクソフォーン・ソナタ• :バラード• :アリア• :アルト・サクソフォーンとピアノ(管弦楽)のための『伝説』 作品66• :プロヴァンスの風景• :ソナチネ• :ヴァカンス• :VIIb(ソプラノサックス、ドゥラングル編曲)、セクエンツァIXb(アルトサックス)• :ファジーバード・ソナタ• :エアI• :サクソフォン四重奏曲• :Fate• :サクソフォン・シャンソネット• :ポップ・ミュージック・ギャラリー 著名な奏者 [ ] クラシック• ()(ギルドホール音楽院前教授)• ()(元ジュリアード音楽院教授、元イーストマン音楽学校教授)• GAMO()• 誠果()• 楢﨑誠()• (キング・クリムゾンなど)• 滿()• (東京スカパラダイスオーケストラ)• 主なメーカー [ ] セルマー・ヤマハ・ヤナギサワは品質、生産本数ともに世界屈指で「サクソフォーン3大メーカー」と呼ばれ、これにクランポンやカイルベルトなど他メーカーが追従する形となっている。 Henri Selmer Paris• Yanagisawa• YAMAHA• 現在はビュッフェ・クランポン等を取り扱うビュッフェ・グループの傘下となっている• OCHRES MUSIC, Inc. CA 脚注 [ ] []• まれにプラスチックやガラスなどで作ったものもあり、チャーリー・パーカーなど著名演奏家が使った例もある。 にのでの演奏会、次いでにのアルス・ムジカ現代音楽祭にて披露された。 参考文献 [ ]• Eugen Brixel: Die Klarinette und das Saxophon. Heft 1. Grove, George January 2001. Stanley Sadie, ed. Grove's Dictionaries of Music. Volume 18, pp534—539. Bernhard Habla: Solo-Saxophon und Blasorchester. Band 5. Wien 1996• Matthias Hochheim: Saxwelt, das deutsche Saxophonbuch. Horwood, Wally 1992 [1983]. Adolphe Sax, 1814—1894: His Life and Legacy Revised edition ed. Herts: Egon Publishers. Howe, Robert 2003. Invention and Development of the Saxophone 1840—55. Journal of the American Musical Instrument Society. Ingham, Richard 1998. The Cambridge Companion to the Saxophone. Cambridge: Cambridge Univ. Press. Kool, Jaap 1931. Das Saxophon in German. Leipzig: J. Weber. translated to English as Gwozdz, Lawrence 1987. The Saxophone. Egon Publishers Ltd. Sax and His Saxophone Fourth ed. North American Saxophone Alliance. Uwe Ladwig: Saxofone. buchwerft-verlag. de, 2011,• Lindemeyer, Paul 1996. Celebrating the Saxophone. Jean-Marie Londeix: 150 ans de musique pour saxophone. Roncorp Publications, USA 1995. Marzi, Mario 2009. Il Saxofono. The Expression of Music 4 in Italian. Varese, Italy: Zecchini Editore Zecchini Publisher. 468. Patrick Murphy: Extended Techniques for Saxophone. An Approach Through Musical Examples. Dissertation Arizona State University, 2013• Segell, Michael 2005. The Devil's Horn: The Story of the Saxophone, from Noisy Novelty to King of Cool. Farrar, Straus and Giroux. Ventzke, Raumberger, Hilkenbach: Die Saxophone. Auflage, Erwin Bochinsky, Frankfurt 2001,. 関連項目 [ ] で 「 サクソフォーン」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの コモンズで()•

次の