医療事務 通信 期間。 評判の高い医療事務通信講座を比較

【最新版】医療事務の通信講座を徹底比較!

医療事務 通信 期間

ユーキャンの医療事務講座の特徴 ユーキャンの医療事務講座の特徴をあげると以下のようになります。 講座費用は相場より若干高い• CMでもおなじみの資格業界最大手の企業• 自宅受験で大人気医療事務資格を取得可能• イラストや図表が豊富でテキストが分かりやすい• スマホを使って勉強することもできる• 3回の添削指導で自分の弱点を克服できる• 4ヶ月とゆとりのあるスケジュールで、さらに4ヶ月の無料延長が可能• 就活ガイドで履歴書や面接のサポートも• 医療事務の仕事内容なども動画で解説 ユーキャンの医療事務講座は 分かりやすさ・親しみやすさで圧倒的な人気を誇っています。 受講生に提供されるテキストは非常に分かりやすいと評判となっている他、最大8ヶ月の間受けることができるサポートも高い評判を得ています。 このようにユーキャンは 大手ならではの品質を誇る安心の通信講座であると言えるでしょう。 その一方で、講座の費用が若干高いことや、非常に専門的な内容までは扱わないので、 長年医療事務の仕事をしてきた人には少々不向きというデメリットもあります。 以下ではユーキャンのこれらの特徴について、他社講座と比較しつつ詳しくみていきましょう。 ユーキャン医療事務講座の費用を他社と比較 ユーキャンの医療事務講座は 49,000円となっています。 医療事務の通信講座の相場費用は40,000円ほどとなっているため、価格だけで見れば安いとは言い切れないでしょう。 しかし、それぞれの通信講座によってサポート期間が違うため、 単純に値段だけでは比較できない点に留意する必要があります。 ユーキャンより10,000円以上安い講座だと目安期間が3ヶ月だったりすることがあるので、期間も確認する必要があります。 ユーキャン医療事務講座の教材の魅力 ユーキャンの魅力の一つとして、提供されるテキストが圧倒的に分かりやすいことが挙げられます。 ここではユーキャンの教材の特徴について詳しく見ていきましょう。 テキストがとにかく分かりやすい ユーキャンのテキストは、イラストが多く見やすいようにカラフルになっています。 そのため、今まで継続的に勉強をすることができなかった方でも 投げ出さずに続けることができるでしょう。 それに加え、 専門用語など難しい言葉はページの右側にある欄で分かりやすく解説しています。 文章の中に難しい用語が含まれていると理解しにくいですが、個別に解説してあれば分かりやすいはずです。 医療事務の資格試験では、ほとんどの場合テキストを持ち込んで問題を解くことになります。 そのため、分かりやすいテキストを用いることで 試験にもより合格しやすくなるでしょう。 要点にしぼられていてスリム 市販の参考書を用いる場合は、自分が取得したい資格に特化している場合は少ないため、どの分野が必要でどの分野が不要かを考えて勉強をすることが多くなると考えられます。 しかしユーキャンの医療事務講座では、教材の内容は厳選されているため資格取得に向けて 無駄なく勉強を進めることができます。 それに加えてテキストは3冊に分かれていて、それぞれがスリムにまとめられています。 どこまで勉強するかなどの目標が定めやすいので、飽き性の方でもしっかりと勉強を続けることができるでしょう。 学習サポート集も付属 ユーキャンの通信講座では、試験を解くときに必要になる 「診療点数」の表や、その他の資料などを集めた「学習サポート集」が付属しています。 これらは、現場で実際に登場する内容を抜粋して記載されているため、勉強をする際や試験問題を解く際に役立つのはもちろん、 実務の際にも便利な優れものとなっています。 医療事務では、全てを暗記するのではなく参考となる表などをいかに素早く・正確に読み取れるかが大切なため、分かりやすいサポート集はとても役立つと言えるでしょう。 会社名 対象資格 ユーキャン 医療事務認定実務者 ニチイ メディカルクラークなど フォーサイト 診療報酬請求事務能力認定試験 たのまな 診療報酬請求事務能力認定試験など多数 キャリカレ 医療事務検定試験 日本医療事務協会 医療事務検定試験 TAC (サービス終了) ネバギバ 医療事務管理士技能認定試験 ソラスト 医療事務管理士技能認定試験など 資格の大原 医療事務能力検定試験 LEC 医療事務認定実務者 ご覧の通り医療事務の資格は様々存在しますが、 ユーキャンではその中でも特に人気の高い資格を取得することができるので、極めて魅力的だと言えるでしょう。 試験は全問マーク式で取り組みやすい 医療事務の資格にはマーク式のものと、記述が必要なものが存在します。 このうち ユーキャンの講座で目指すものは全問マーク式となっています。 記述を含む試験では上の表にもある 診療報酬請求事務能力認定試験のように難易度が高く、1からの勉強では合格するのが難しいものが多いです。 このような資格は医療事務の仕事を実際に行う中でスキルアップとして取り組む方も多いので、特に初めて医療事務資格の勉強を始める方は、目指す資格の試験難易度に注意する必要があると言えるでしょう。 3回の添削指導 ユーキャンの通信講座では 添削指導を3回受けることができます。 添削指導では、自分の解答に対して詳しい解説を付けて返却してもらうことができるため、独学では気が付きにくい自分の弱点が分かるきっかけになるでしょう。 このサービスは他社では行っていないこともあります。 特に資格の短期取得を目指す講座の場合には、若干の時間のかかる添削指導は行わないことが多いです。 添削は得点力の向上だけでなくモチベーションの維持にも効果的なので、自分一人だけで続けるのが不安という方はユーキャンの講座が特におすすめだと言えるでしょう。 4ヶ月間の手厚いサポート ユーキャンの講座では、4ヶ月で医療事務認定実務者の試験の合格を目指します。 これはかなりゆとりを持ったスケジュールなので、 忙しい主婦・社会人の方でも無理なく合格を目指すことができます。 無料でさらに4ヶ月延長可能 勉強時間を取れず試験に不合格だったということや、どうしても試験が受けられなくなってしまったということもあるでしょう。 そういった場合にも、 全く同等のサービスを4ヶ月まで延長して受講することができます。 ユーキャンで目指す資格では試験が毎月行われているため、サポートを延長した場合も サービス期間内に再受験をすることができるのも魅力的です。 ただし、合否が出る前に次の回の申し込みはできないため、連続する2ヶ月で受験することはできない点には気をつけましょう。 ユーキャンの医療事務講座の合格率は? ユーキャンは受講生の合格率を公表していません。 これは何も医療事務講座に限った話ではなく、他のユーキャンの資格講座でも同じことです。 ユーキャンが合格率を公表していない理由としては、 通信講座では受講生の合否を知る術がほとんどないことが挙げられます。 特にユーキャンほど規模の大きい通信講座の場合は、受講生の方が実際に試験を受けたのかどうかの把握も困難なはずです。 ちなみに、ユーキャンの講座で取得を目指す 医療事務認定実務者試験の全体の合格率は70%ほどとなっています。 この合格率は高いようにも見えますが、受験者が出願者が15,000人以上存在するため 不合格者が4,000人以上いるということです。 独学で勉強する人には医療従事者の人も多いことが考えられるため、 1から勉強をする場合にはやはりユーキャンの医療事務講座を受講するのが得策でしょう。 ユーキャンの医療事務講座の惜しい点 どんな通信講座も強みと弱みが存在するものです。 もちろんユーキャンの医療事務講座も例外ではなく、残念な点もあります。 ここではユーキャンの医療事務講座の正直惜しいポイントをピックアップしてご紹介します。 講座費用がやや高め ユーキャンの医療事務講座は49,000円と、 相場の40,000円と比べ9,000円ほど高くなっています。 そのため最安値の講座をお探しの方の場合は、ユーキャンの講座を受講するのを躊躇ってしまうことでしょう。 とはいえユーキャンの講座はその価格に見合った品質となっているので、講座費用だけでユーキャンを諦めてしまうのは少々もったいないと言えるでしょう。 かなり専門的な内容までは扱わない ユーキャンの医療事務の講座で目指す資格は全てマーク式の試験となっています。 このため、実際に医療事務の仕事をする際に必要な基本知識を身に着けることはできますが、 業務の要となる「レセプト業務」を実際に行うことはありません。 実務の対策までしたい場合には、より難しく、実技試験の対策まで行うフォーサイトの講座を受講するべきと言えるでしょう。 しかし、1から勉強する際にそこまでの知識が必要かということは注意する必要があります。 実際に業務をしながら学ぶことも多いため、あまり焦る必要はないのではないでしょうか。 ユーキャンの医療事務講座のコース一覧 ユーキャンの医療事務講座は1種類しかありません。 複数コースが用意されていないことに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、どのコースを選べば良いか迷うと言ったこともなく、 受講を開始した後に他の何かを買い足す必要がないという点は魅力的と言えるでしょう。 デメリットとしてはユーキャンの講座を受講する中で、自分には難しいから関連する難易度の低い勉強からやり直したいというように感じても、他のコースに移り変わるということはできないという点があります。 とはいえ、そもそもユーキャンの医療事務講座は 資格を1から勉強する人でも問題なく進めることができるようになっているため、これについても心配する必要は基本的にないでしょう。 ユーキャンの医療事務講座がおすすめな人 ここまでユーキャンの医療事務講座の様々な特徴を解説してきました。 良いところだけでなく悪いところも確認したところで、どんな人にはユーキャンの講座がおすすめで、どんな人にはおすすめできないのかをそれぞれ考察していきましょう。 ユーキャンの医療事務講座がおすすめできない人 ユーキャンの医療事務講座の受講は、以下のような方にはおすすめできません。 とにかく安い講座を受講したい方• 実務にも繋がる難しい資格の取得を目指したい方• 短い期間で急いで資格の取得をしたい方 特に、数ある医療事務の資格の中でも難易度の高いものを取得したいという場合には、 フォーサイトの講座を受講するのがおすすめとなります。 フォーサイトでは診療報酬請求事務能力認定という 医療従事者のさらなるステップアップを助ける資格を目指すことができるので、既に医療関係に心得がある方にはぴったりと言えるでしょう。 ユーキャンの講座はどんな人におすすめ? 以下のような方には、ユーキャンの講座がおすすめです。 1からの勉強で医療事務資格を手にしたい方• 忙しくて短い期間の勉強では時間を十分に確保できない方 医療事務の資格は特に女性を中心に非常に人気ですが、難しい用語が多く勉強しようとしても 挫折してしまう人も多いのが事実です。 ユーキャンの講座では、医療に関する知識が全くない状態からでも手厚いサポートを受られるため、 無理なく合格を目指すことができるようになっています。 また、資格の取得を目指す場合には、勉強時間と勉強期間の両方を考える必要があります。 同じ時間だけ勉強したとしても、何日も間が空いてしまったりすると忘れてしまったことを思い出しながら勉強しなければならず、勉強が先に進まなくなってしまいます。 日々の勉強時間があまりとれない分長めの期間をかけて頑張ろうとしている方は、 期間にゆとりがあって、勉強スケジュールの管理もしやすいユーキャンの講座がおすすめです。 ユーキャンの医療事務講座の評判・口コミ 通信講座など実際に手に取って見ることができないものに関しては、実際に受講した人の感想・口コミなどを参考にすると良いことが多いです。 ここからは、多く見られた感想ごとに分けてレビューを紹介していきます。 テキストを基に勉強を進めることができた ユーキャンの医療事務講座には、 テキストが分かりやすく順調に勉強を続けることができたというレビューが多いです。 ユーキャンのテキストは見やすく、難しい用語も詳しく解説されていたため、一人でも勉強がしやすかったです。 分からなかった箇所も質問をしたら丁寧に回答してくれたため、勉強を進めることができました。 ユーキャンに教わったようにテキストを読み、練習問題と添削課題を解いていくと、自然に色々な問題を解けるようになりました。 勉強する内容はだんだんと難しくなっていきましたが、それに対応するだけ自分の成長を感じて、大きな達成感がありました。 添削指導が詳しかった ユーキャンの医療事務の講座では、添削指導を3回受けることができます。 口コミの中には、マニュアル通りに書いて返しているだけなのではないかというネガティブなレビューも確認されましたが、返却された内容は 小さな間違いにも解説してくれて丁寧だったという喜びの口コミがほとんどでした。 添削指導はとても丁寧に書かれていてびっくりしました。 しかしマニュアルありきな感じがして、個人的にはマンツーマンの指導とは何か違って分かりにくいなと感じました。 ユーキャンの教材は、少しずつ章が分けられていたため、勉強がしやすかったです。 また、添削もきれいな字で返してくれたため誠意が感じられ、頑張らないとなという気分になって、最後まで勉強を続けることができました。 子育てと両立できた 医療事務の勉強をするのは女性が多く、小さな子供を育てながら勉強する方も多いです。 そのような方でも 子育てと両立しながら無事に合格できたという声が多かったです。 小さい子供がいてあまり時間を確保できないことなどから、多くの仕事を落とされてきました。 そこで資格試験の勉強をしようと決め、試験を家で受けることができることなどからユーキャンに決めました。 小さな子供がいても働くことができる職場を探しましたが、資格などは持っていなかったため仕事は得られませんでした。 そこでユーキャンの医療事務講座を受講を決めました。 自分のペースで勉強をすることができ、子育ての空いた時間の積み重ねで合格することができました。

次の

【最新版】医療事務の通信講座を徹底比較!

医療事務 通信 期間

同じ医療事務【歯科】の通信講座でも 比較してみると結構 違いがありますね! 「TAC」の方は TAC独自で認定している資格 ですね。 対する「ニチイ」は資格ガイドにも 掲載のある 民間資格になります。 医療の教育の実績が45年以上• メディカルクラークの資格取得が目指せる• 自分のペースに合わせ期間の延長制度あり• テキストが豊富 厚生労働省認定の教材• 3回まで教室講義が受講できる• 通学講義と同じ講義が受けられる• 「医療事務技能認定試験 歯科」の取得が目指せる• 講師は全員、医療事務の実務経験者• 質問はメール等で無制限でできる• テキストで勉強するのが苦手な人には 最適な通信講座ですね。 TACの映像講義は医療事務【歯科】の 実務経験者が講師なのでより実践的な 学習ができます。 自宅にいながら教室講義を受けているのと 一緒ですね! TACは DVD通信と Web通信 どちらかを選べます。 DVD再生機器がなくてもネット環境さえあれば 場所問わず医療事務【歯科】の学習が 可能です。 資料を目の前にするとヤル気も出ますよ~ 笑 歯科診療所は年々増加傾向にあるので歯科の 医療事務のスキルや知識がある方の 即戦力が求められています。

次の

評判の高い医療事務通信講座を比較

医療事務 通信 期間

就職できるかはサポートの有無が決め手。 医療事務の通信講座を行っている教育機関はヒューマンアカデミーを始めニチイやユーキャンなどたくさんあります。 就職できるかどうかは本人の努力が一番大事ですが、それら教育機関が 就職サポートを行っているかどうかも必ずチェックすべき。 経験が重視される職業のため、サポートがない通信講座を選んでしまうとサポート有りに比べて就職はかなり大変です。 教育機関が行っている就職サポートと言うのは、主に提携先の求人情報を元にするため、100%自分の希望に合った就職先は見つからないかもしれません。 しかし、資格を取ったばかりで実務経験がない状態で、サポートなしに医療事務の仕事に就くのは難しいこと。 まずは少し妥協してでも就職し、 実務経験を積むことを重視すべきです。 就職サポートを受けた場合の内定率は90%を超える所もあるので、妥協できるならほぼ確実に就職できます。 1年以上の実務経験を積んでおけば、経験不足と見なされることはなくなります。 実務経験に加えて、 診療報酬請求事務能力認定試験の資格を持っていれば就職にはかなり有利と考えて間違いありません。 なので1年間は見習い期間だと思って我慢をし、経験を積んでから自分自身で希望の就職先を探すと良いでしょう。 「医療事務 求人 地域名 」と検索するとたくさんの求人情報が出てきます。 その他、働きたい病院があればその病院のホームページを見てみると、求人情報が掲載されていることがあるので常にチェックしておきましょう。 通信と通学で就職率に差はある? 医療事務の資格取得のための勉強方法の選択肢としては通学と通信の2つになります。 そこで、通信の方が通学よりも就職率が悪いのではと考えてしまうかもしれません。 しかし結論から言えば、 若干の差はあるもののほぼないと言える程度です。 何故なら、医療事務はどう資格を取得したかよりも、実務経験を重視されるため。 そこで活きてくるのが先ほど書いた就職サポートになります。 事情があって通学は難しいけど、通信じゃ就職できないなら…と不安になる必要はありません。 ただし、通信を受講するにあたって注意点が2つあります。 1つ目は学習ペースを決めてしっかりと守ること、2つ目はわからないことをそのままにしておかないこと。 通学は毎日の学習内容が決まっているのでただ通っていれば良いですが、通信では自分でスケジュールを管理しなければなりません。 今日は~だから…と理由をつけてサボったりしないように、毎日必ず決まった時間勉強するようにしましょう。 そのためには、最初に学習計画を立てるのが有効。 試験日まで逆算して、いつまでにどこまで勉強するかを考えます。 そうすることで、毎日の必要な勉強時間が見えてきます。 そして、わからないことがあったら必ず質問して理解するようにしましょう。 通信でもメールで質問でき、遅くとも翌日には専門家による返答がきます。 わからないことがいくつか溜まった段階で質問しようとすると学習計画に支障をきたすので、必ずその都度質問するようにすべきです。 通学に比べて自由な分、通信はいかに自分に厳しくなれるかが勝負とも言えるでしょう。 ですが、そうして身に付けた知識は社会で必ず活きてきます。

次の