テッセン 花 言葉。 5月9日の誕生花 テッセン(鉄線)の花言葉「甘い束縛」、テッセンの枝変わり白万重(しろまんえ)の「心の美しさ」

【花言葉】狂気の意味を持つ花一覧を紹介!ヤンデレ、メンヘラ、復讐、嫉妬など

テッセン 花 言葉

クレマチスとは クレマチスとはキンポウゲ科のつる性の植物で、北半球に温帯に多く分布しています。 その種類は250から300種類ほどあり、日本にも20種類ほど分布していると言われています。 その特徴は大きな花を咲かせるところで、品種によって様々な花の形を楽しめます。 特に八重咲きの品種は豪華な花の姿が美しいので庭全体を華やかに彩ってくれますし、四季咲きの品種は年間を通して繰り返し花が咲くのでそれぞれの季節で楽しめるようになっているのです。 ほかにも品種の多さや複雑さも特徴の一つと言われていて、初心者向けから上級者向けまで育てやすさが異なっている点や庭のテーマ性に合わせたものを選べるところが魅力とも言われています。 テッセンとは テッセン(鉄線)は中国原産のキンポウゲ科のつる性の植物であり、茎が細長く質が堅いところから名づけられました。 同じ分類であるカザグルマと近縁で、室町時代には日本に中国から渡来した歴史を持っています。 このため日本では、昔から親しまれている花として人気を集めているようです。 丈夫なツタは1mから3mほど伸びると言われていて、春になると6枚の花弁をつけた大きな花とギザギザとしたたくさんの切れ込みの入った葉をつけます。 花の種類は品種改良や品種の増加によって様々なバリエーションのものが楽しめるようになっていて、色々な種類のテッセンから好みのカラーリングのものを選べるところが魅力の一つです。 2つの違いについて クレマチスとテッセンは同じキンポウゲ科のつる性の植物であり、元々テッセンはクレマチスの原種の一つだとされています。 スポンサードリンク そのため分類としては、クレマチスの中にテッセンが含まれていると言う形になるようです。 このためクレマチスとテッセンにはそこまで大きな違いはないのではないかと思われがちですが、ポイントとなっているのが「品種として扱われているかどうか」だと言われています。 クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属に属している花の総称の一つとして認識されていて、クレマチス属という品種も存在しています。 それに対してテッセンはあくまでクレマチスの品種改良された結果の一つであり、学界では品種としては取り扱われていないようです。 つまりクレマチスという大きな品種の中にテッセンという花の種類があるだけなので、厳密にいえばこの2つは同じものではないと言うことになります。 見分け方のポイントは テッセンはクレマチスの一種なのでなかなか見分けがつかないと言う人も少なくないのですが、クレマチスとテッセンを見分けるためのポイントは「花弁の色」と「雄しべの形」にあります。 まず花弁の色ですが、テッセンは白や紫を基本としています。 品種改良によってピンクや赤の花弁のものも増えてきているのですが、一般的に流通しているものには白が多いようです。 それに対してクレマチスの場合は青や紫のものが多く、ほかにも種類によっては幅広いカラーバリエーションが挙げられています。 また雄しべの形ですが、テッセンの場合は花弁化しているので外側に複数の雄しべが広がっています。 それに対して、花弁が6枚付いている状態となっているのが特徴です。 クレマチスはテッセンのように特徴的な形をしているわけではなく、一般的な花のように雄しべと雌しべがしっかり区別できます。 このためクレマチスとテッセンを見分ける際には、花弁の色よりも雄しべの形で見分けた方がわかりやすいようです。 Advertisement• 神事や仏事で扱われやすい植物のサカキとヒサカキですが、これらには果たしてどのような違いがあるのでしょうか? 自生地や樹高など基本情報をそ[…]• 庭木というのは、ある種一家のシンボルツリーとして存在します。 特に子供の頃からずっとその木と共に成長してきたならば、より一層愛着がわくものでしょう。 トネリコとシマトネリコはどちらも園芸樹や観葉植物として人気ですが、名前や見た目がよく似ているため違いがわからずに購入し育ててしまう方も多いでしょう。 […]• スモークツリーとはヨーロッパから中国周辺に分布しているウルシ属に近縁の落葉樹で、雌雄異株という特徴を持っています。 初夏に咲く花木の代表[…]• 日本を代表する花といえば桜です。 しかしどんな種類があるのか、またその寿命がどれくらいなのかご存知でしょうか? 目次 1. ソメイヨシノ2. ヤマザクラ[…]• 白い可愛い花を咲かせるヤマボウシ、私たちの身近でも意外によく見かけます。 ヤマボウシの実は食用で、しかも美味しい食べ方が豊富にあります。 […]• せんべいやお餅にして食べる事が多い栃の実ですが、すでに加工されたものを食べたことのある人は多いものの栃の実そのものを調理したことがあるという方は意外と[…]• 北側は日当たりが悪いので、植えられる木の種類は限られてきます。 しかし庭が北側にある場合は、ガーデニングを日当たりの悪い場所でしか楽しめないので、生命力[…].

次の

テッセン(鉄線/鉄仙)の花言葉とは?種類や見頃の季節は?

テッセン 花 言葉

また、「旅人の喜び」という花言葉は、旅人が快適に宿泊できるよう宿の玄関にクレマチスを植えて迎えていたというヨーロッパの風習に由来しています。 この2つのポジティブな花言葉に対して、「策略」という秘め事をうかがわせる花言葉は、フランスの物乞いがクレマチスの葉の汁で自分の肌をかぶれさせ、通行人の同情を引いたことからつけられたといわれています。 クレマチスの学名・原産国・英語 学名 Clematis hybrida 科・属名 キンポウゲ科・クレマチス属 英名 Clematis 原産地 日本、中国、ヨーロッパ、ニュージーランド、アメリカ 開花期 5~10月 花の色 赤、ピンク、白、青、紫、黄など 別名 鉄線(テッセン) 風車(カザグルマ) クレマチスとは?どんな花を咲かせる植物? クレチマスはつる性の植物で、地面や壁面に沿って細長いつるを伸ばし、大きく華やかな花を咲かせます。 花びらのように見えるのは、色のついた萼(がく)と呼ばれる葉っぱが変化したものです。 クレチマスは世界中に約300種の原種が存在し、日本には、ハンショウズル、カザグルマ、クサボタン、センニンソウなど約25種が自生しているといわれています。 原産国は、主に北半球の温帯地域、南半球のニュージーランドなどです。 クレマチスの名前の由来や歴史 クレマチスという名前は、ギリシア語でつるを意味する「klema」が語源で、つるの印象が強いことからイギリスでは「つる性植物の女王」と呼ばれています。 歴史 クレマチスは主にイギリスで品種改良が行われ、現在では2,000を超える園芸品種があるとされています。 その品種改良の元となっているのは日本のカザグルマや中国のテッセンです。 日本にテッセンが渡来したのは16世紀以前といわれており、桃山時代の書物にはその記録が残されています。 そのテッセンやカザグルマの園芸品種が江戸時代にいくつか作られ、19世紀初めにオランダ医師シーボルトによってヨーロッパに渡ります。 その後、20世紀後半から21世紀の初めにかけて品種改良が重ねられ、明治時代に「クレマチス」として日本に輸入されるようになりました。 旧枝咲きグループ 旧枝咲きとは、冬の休眠期前からあった枝に花を咲かせるタイプです。 新しい枝から花を咲かせないので、1年に1回しか開花しませんが、ボリューム感のある見頃な咲き姿になります。 主な花の系統には、モンタナ系、パンテス系、アーマンディー系、早咲き大輪系、シルホサ系、フォステリ系、コナータ系、ベバエンセラ系があります。 クレマチス モンタナ 中国やヒマラヤ地域に自生する原種と、その原種を改良した品種の総称が「モンタナ」です。 旧枝咲きタイプで4~5月にかけて花を咲かせ、クレマチスの中でも花を多くつける特徴があります。 香りが豊かで一重咲きから八重咲まで花姿は様々です。 クレマチス アーマンディー 中国やミャンマー、ベトナムを原産とする原種です。 旧枝咲きの品種で、春になると白い花を2~5輪ほど咲かせます。 遠くからでもわかるほどの強い香りが特徴で、庭植えにして大きく育てるのがおすすめです。 クレマチス カートマニージョー 春に小さく白い花を咲かせる、フォルテリ系に属する木立性の品種です。 旧枝咲きタイプで、オフグリーンから純白に花色が変化する特性をもち、丈夫で育てやすいことから市場に多く出回っています。 新旧両枝咲きグループ 地上部につるを残して冬を越し、古いつると新しいつるの両方に花を咲かせるのが、新旧両枝咲きタイプの特徴です。 フロリダ(テッセン)系、ラヌギノーサ系、タングチカ系、早咲き大輪系、などがあります。 クレマチス テッセン 中国原産の原種の1つで、貴重な品種であることから「幻のクレマチス」といわれています。 新旧両枝咲きタイプで、雄しべが花びらのようになっていて、次々と花を咲かせていくのが特徴です。 大輪形のクレマチスを総称してテッセンと呼ぶこともありますが、本来は品種名の1つです。 クレマチス 白万重 フロリダ系の大輪品種で、万重咲きと間違えられるほど美しい八重咲きの花を咲かせます。 新旧両枝咲きタイプで、薄い黄緑色から白色に花色が変化していく特徴があります。 クレマチス ピクシー 冬から春が開花期の冬咲き品種です。 旧枝咲きタイプで、マーガレットのような形をした緑や黄色の花を咲かせます。 小型なので鉢植えに向いていて、初心者でも育てやすいですよ。 クレマチス ビエネッタ 白色と紫色のフロリダ系八重咲き品種です。 新旧両枝咲きタイプで、大きな花びらを6~8枚ほど広げ、中心には八重の弁が多くついています。 その美しい姿から女性へのプレゼントとして人気の品種です。 新枝咲きグループ 新しく生えた枝からしか花を咲かせないのが新枝咲きタイプです。 テキセンシス系、ヴィオルナ系、ジャックマニー系、インテグリフォリア系、ヴィチセラ系などがあります。 様々な姿をしたクレマチスの花を楽しもう クレマチスは、細いつるからは想像もできないほど大きく華やかな花を咲かせてくれます。 花の色や形も多種多様なことから、庭や鉢に様々な種類を植えて楽しむことができますよ。 クレチマスを育てて、室内や花壇を華やかに彩れば、毎日晴れやかな気分になれそうですね。

次の

クレマチスの花言葉は心を褒める言葉

テッセン 花 言葉

クレマチスの花言葉 クレマチスの花言葉は3種類あります。 詳しい内容を見ていきましょう。 クレマチスの花言葉は、心を褒める言葉 【1】クレマチスの花言葉 精神美 【2】クレマチスの花言葉 美しい心 【3】クレマチスの花言葉 旅人の喜び クレマチスの花言葉には、「精神美」や「美しい心」という言葉があります。 どちらも褒め言葉として使う機会が多い言葉です。 心が綺麗だと言われて嫌に思う人はいません。 そのため、恋人に対しても、家族に対しても、友人に対しても使える花言葉だと言えます。 心だけでなく、性格が良いと感じる人に贈っても良いでしょう。 また、 クレマチスには「旅人の喜び」という花言葉もあります。 この花言葉は、下記に記載しているクレマチスの英語の由来に関係しているのですが、元々クレマチスは宿泊先に植えられていることが多かったため、旅人に因んだ花言葉が生まれました。 使う機会があまり無い花言葉ですが、旅行好きな知人になら贈ることができるでしょう。 クレマチス以外の花言葉を調べたい場合 クレマチスの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからクレマチスの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ クレマチスという植物について クレマチスという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 クレマチス属という生物分類に属しているクレマチス By クレマチスは、北半球の様々な国が原産の花。 日本では、安土桃山時代から栽培が開始されました。 春に花が咲く春咲きクレマチスや、夏に花が咲く夏咲きクレマチスや、秋に花が咲く秋咲きクレマチスや、冬に花が咲く冬咲きクレマチスや、次々と花が咲く四季咲きクレマチスがあるため、 品種にこだわらなければ、希望する季節の花のクレマチスを入手することができます。 また、イギリスではクレマチスのことをQueenと呼び、 のことをKingと呼びます。 理由は、クレマチスの蔓はバラとの相性が良いという特徴があるためです。 この事から分かるように、クレマチスは蔓性の植物でありながらキレイな花を咲かせるため、世界中で重宝されている花なのです。 特にイギリス式庭園では、フェンス 壁面 やアーチやオベリスクや木の枝などにクレマチスを絡ませて育てる機会が多く、ガーデニングが好きな人は好んで育てる傾向にあるのです。 このように、クレマチスは庭で育てるような植物ですが、鉢植えはギフトにもなり、母の日に贈るなどの用途として用いられます。 誕生日の花としてのクレマチス クレマチスは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてクレマチスの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、クレマチス以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のクレマチス以外の誕生花を調べてください。 クレマチスの英語と名前の由来 クレマチスの英語とその英語の由来、またクレマチスの和名とその和名の由来をご紹介致します。 その言葉の由来とは? 元々、宿屋の玄関にクレマチスを植える習慣がありました。 その習慣の理由は、旅人が快適に宿泊できることを願ったことが始まりと言われています。 クレマチスの 属名は、 Clematis。 その言葉の由来とは? クレマチスは、「蔓性植物の女王」という異名を持った植物です。 そのため、ギリシャ語で「蔓 つる 」を意味する「Klema」が変化し、Clematisになったのが属名の由来です。 ちなみに、日本ではクレマチスのことをクレマチスと呼びますが、属名のClematisを日本語読みしてクレマチスと呼ぶようになりました。 クレマチスの種類 園芸品種 クレマチスの品種は約300種類ありますが、主な品種は以下の通りです。 クレマチスには、園芸用として人気品種もたくさんありますので、園芸用であればそれぞれの特徴を知った上で購入すべきです。 クレマチス・テッセン 鉄仙 クレマチス・テッセンとは、四季咲きのクレマチスでフロリダ系に属します。 蔓が非常に丈夫で、まるで針金のようなのが最大の特徴。 クレマチス・カザグルマという例外を除き、基本的には花びらが6枚で、花の色は乳白色をしています。 クレマチス・テッセン• クレマチス・ビエネッタ• クレマチス・ペパーミント• クレマチス・カシス• クレマチス・白万重• クレマチス・シーボルディー クレマチス・プリンセスダイアナ クレマチス・プリンセスダイアナは、四季咲きのクレマチスでテキセンシス系に属します。 まるで、 のような形をした 濃いピンク色の花を咲かせるのが特徴。 非常に可愛らしく感じる花です。 クレマチス・プリンセスダイアナ• クレマチス・スカーレット クレマチス・ジャックマニー クレマチス・ジャックマニーは、四季きのクレマチスでジャックマニー系に属します。 クレマチス・ビチセラとクレマチス・カザグルマを交配させた品種で、花は少し下向きに咲き、丈夫なのが特徴です。 クレマチス・ジャックマニー• クレマチス・フルディーン• クレマチス・ビオラ• クレマチス・ピンクファンタジー• クレマチス・ブルーエンジェル クレマチス・ビチセラ クレマチス・ビチセラは、四季咲きのクレマチスでビチセラ系に属します。 日本では、ほとんどの地域で育てられている品種。 花は小さめですが、病気に強いため育てるのが容易です。 クレマチス・アバンギャルド• クレマチス・プリンスチャールズ• クレマチス・エミリアプラター• クレマチス・エドワールバイオレット クレマチス・ペトリエイ クレマチス・ペトリエイは、四季咲きのクレマチスで常緑種系に属します。 常緑種だけあって、1年中、葉は緑色をしていて、 ほとんど落葉しないのでガーデニングに適しています。 クレマチス・アーリーセンセーション クレマチス・アラベラ クレマチス・アラベラは、四季咲きのクレマチスでインテグリフォリア系に属します。 パステルブルーの色の花を次々に咲かせ、 長期間花を楽しむことができる品種です。 クレマチス・アラベラ• クレマチス・パルセット• クレマチス・アフロディーテ・エレガフミナ クレマチス・ジョセフィーヌ クレマチス・ジョセフィーヌは、四季咲きのクレマチスで早咲き大輪系に属します。 エレガントなピンク色の花を持ったクレマチスです。 クレマチス・ジョセフィーヌ• クレマチス・白雪姫• クレマチス・レッドスター• クレマチス・ニオベ• クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ• クレマチス・リトルマーメイド• クレマチス・ベルオブウォーキング• クレマチス・H. ヤング• クレマチス・ドクターラッペル• クレマチス・マルチブルー• クレマチス・カイゼル• クレマチス・カザグルマ• クレマチス・美佐世• クレマチス・天塩• クレマチス・春姫• クレマチス・ピール• クレマチス・ザ・プレジデント• クレマチス・江戸紫• クレマチス・アンドロメダ• クレマチス・カルセドニー• クレマチス・ルリオコシ クレマチス・モンタナ系 クレマチスのモンタナ系の花は、春咲きのクレマチスです。 アーチなどに絡めると、その美しさが最大限発揮できます。 クレマチス・ルーベンス• クレマチス・エリザベス• クレマチス・ローズバッド• クレマチス・スノーフレーク クレマチス・アーマンディ クレマチス・アーマンディは、春咲きのクレマチスでアーマンディ系に属します。 中国原産で、4月から5月に花を咲かせ、花の色は白色もしくはややピンク色っぽい色をしています。 甘い香りがするのが特徴です。 クレマチス・チェリーブロッサム• クレマチス・アップルブロッサム クレマチス・ピクシー クレマチス・ピクシーは、3月から4月に花が咲く春咲きのクレマチスでフォステリー系に属します。 常緑性のクレマチスで、 黄緑色の小さめの花がまるで星のように咲くのが特徴です。 クレマチス・ピクシー• クレマチス・カートマニージョー クレマチス・マクロペタラ クレマチス・マクロペタラは、春咲きのクレマチスでアトラゲネ系に属します。 八重咲きの豪華な花を咲かせる品種で、青紫色の花が美しい花を咲かせます。 クレマチス・マクロペタラ• クレマチス・アルピナ クレマチス・シルホサ クレマチス・シルホサは、冬咲きのクレマチスでシルホサ系に属します。 薄い緑色がかった乳白色の花が咲くのが特徴です。 花の色は、白色、乳白色、緑色、赤色、ピンク色、黄色、青色、茶色、黒色、紫色、複色などがあり、品種にこだわらなければどんな色の花も存在します。 また、1年を通して何らかの品種が開花時期を迎えているため、クレマチスの花がいつの季節の花かと言うのは、品種によって違うとしか言えません。 カテゴリー• 467• 212• 142• 1,007• 379• 366• 615•

次の