関空 ホノルル。 往復2万円以下でハワイに行ける!LCCスクートが関空〜ホノルル路線に就航!

ハワイアン航空ビジネスクラス搭乗記☆関空~ホノルル

関空 ホノルル

大阪・神戸・京都・和歌山などから海外への出発地となる関西国際空港からハワイへは、JAL(日本航空)、デルタ航空、ハワイアン航空、エアアジアX(LCC)、スクート(LCC)がホノルルへの直行便を運航している。 日本=ハワイ路線では唯一、LCC(格安航空会社)が直行便を運航しており、格安料金でのハワイ旅行も期待できる。 伊丹なら成田や羽田で乗り継ぐ行き方もあるが、直行便を使う方が便利で一般的。 LCCのエアアジアXが就航 2017年6月28日 水 からLCC(格安航空会社)の。 LCCとしては日本=ハワイの初めての定期旅客便となる。 LCCのスクートが就航 シンガポールを拠点とするした。 羽田乗り継ぎ 行きは羽田で同日乗り継ぎができるが、帰りは同日乗り継ぎができない。 成田乗り継ぎ 関空~成田の国内線を利用すれば、成田乗り継ぎも便利が場合がある。 成田発はホノルル着が早い便があるので、ホノルルからさらにハワイ島、マウイ島、カウアイ島などへ乗り継ぐときはおすすめ。 離島へ行くなら成田も便利 ホノルルでさらに国内線に乗り継ぐ場合やハワイでの滞在時間をできるだけ長くしたいなら、成田から夕方出発するホノルル行きに乗り継ぐのがおすすめ。 JALやANAで航空券だけ予約・購入するなら、行きは成田経由、帰りは関空への直行便とすることもできる。 予約時に出発日の時刻表をご確認ください。 予約時に出発日の時刻表をご確認ください。 大阪駅・天王寺駅など周辺都市から関空(関西国際空港)空港への行き方ガイド 鉄道でのアクセス JR京都駅から特急はるかで約75分。 JR新大阪から特急はるかで約50分。 JR天王寺から特急はるかで約30分、関空快速で約45分。 JR大阪駅から関空快速で約65分。 JR和歌山駅から関空快速・紀州時快速で約35分。 大阪駅(梅田)周辺のホテルからから約50~70分、片道1,550円、往復2,760円。 高速船でのアクセス 神戸空港・会場アクセスターミナルから関空ベイ・シャトルで約30~40分、片道1,850円、往復3,000円。

次の

【速報】デルタ航空スカイマイル ハワイ・ホノルル行きの特典航空券必要マイル数が改悪!ただし回避法も発見!?

関空 ホノルル

ハワイ・ホノルル(TR700便)の初便に乗ってみたレビュー 私が乗ったTR700のフライトスケジュールです。 [TR700便] 関空発 19時25分 -ホノルル着 07時30分 出発の約2時間半前に関西空港に到着して、チェックインカウンターに向かったのですが、かなりの列でした。 ウェブチェックインは現状スクートは関空発の便は対応していなので、全てのお客さんが列んでチェックインして荷物を預ける必要があります。 待っている最中に「ESTAが取得済みか?」、「現地の滞在先」を記入する紙を渡されました。 ESTAの登録は必ず事前にしておき、現地の滞在先も把握しておきましょう。 トータル40分ほど並びやっとチェックインすることができたので、できるだけ並びたくない人であれば3時間ちょっと前から並ぶことをおすすめします。 初便ということで、搭乗ゲート前ではイベントも行われ、テレビ局も1局きていました。 今回の航空券はSSSSの表示があり、これがあると機内に入る前に荷物&身体検査が行われます。 アメリカ線だけ行われる制度で完全ランダムで選んでいるようですが見事に当たってしまいました。 ホノルル便もアメリカへの渡航なので対象となります。 今回乗るスクートはボーイング787で、エコノミークラスだとほとんどが3-3-3の座席配列となります。 ちなみに後方2列(40~41列)は2-3-2の座席となっているので、もしカップルや友人など2人で旅行に行かれる人で、この座席が空いているのであれば、ここが穴場だと思います。 初便ということでカメラマンの方や業界関係者の方もおり、ほぼ満席でした。 また意外にもJTBなどのツアーで乗られた人も多かったです。 特に厳しい荷物検査はなく機内に持ち込む荷物の重さを測られることはありませんでした。 座席の広さはこんな感じで拳1個分もなかったです。 正直狭いとは感じましたが、個人的にはそこまでは窮屈に感じない広さでした。 初便ということで頂いた記念品は色々とありましたが、目玉はスクートのタンブラーでした。 客室乗務員の方は日本人の方が1名だけおり、日本語アナウンスもありました。 ほんとどはスクートの拠点であるシンガポールの客室乗務員と思われます。 機内食は色々とメニューが充実しており、ホノルル便のために用意されたであろうメニューもありました。 自分は事前予約必須な、すき焼き弁当2,240円を注文しました。 なんとハーゲンダッツ付きでした。 妻は1,760円の五目焼きそばセットを注文しました。 すき焼きについてはかなりおいしく今までたべたエコノミークラスの機内食でもトップクラスでした。 ただ機内食が配られたのが離陸時直後ではなく22時ごろで、これだと夕食にするには遅すぎますし、睡眠時間もなくなってしまうので機内食を注文せずに飛行機に乗る前に食べてもよかったかもです。 スクートは機内持ち込みは禁止で、後ろのお客さんは持ち込んで飲んでいたお酒を没収されていました。 7時間5分の短くはないフライトですが、個人モニターはありません。 初便ということで機内ではイベントも行われ、客室乗務員も私服に着替えてクイズ、フランダンス対決、ビンゴが行われました。 機内WiFiも使ってみましたが、問題なく使えました。 ただブラウザでネットサーフィンだとかなり遅く、Twitter、Instagram、Facebookのアプリだとそれなりに快適にネットをすることができました。 写真のアップロードもできましたよ! 1時間1,360円(他のプランもあり)で安くはないですが、ネットができれば空の上もかなり快適になります。 イベント終了後に2時間ほど寝たあと、もうスクートはホノルルに着陸する直前でした。 自分は全く寝足りなかったので、飛行機に乗ればすぐに寝るようにしたほう良いかもしれないですね。 スクートがダニエル・K・イノウエ国際空港に到着し、入国審査を済ませました。 現地でもスクートの就航イベントが行われ軽食も無料で頂けました。 スクートの関空~ホノルル便については動画もYouTubeにアップしたので、是非みてください! スクートの関西空港~ホノルル便のフライト情報 格安航空会社の日本~ハワイは既に同じ関空~ホノルルでが飛ばしており、このスクートが2社目となります。 関空-ホノルル線 [TR700便] 関空発 19時25分 -ホノルル着 07時30分 月・火・土曜 [TR700便] 関空発 18時50分 -ホノルル着 07時00分 金曜 [TR701便] ホノルル発 09時35分 -関空着 翌14時00分 月・火・金・土曜 就航セールの最安値は往復2万円弱。 その後も総額2万円代のセールを定期的に実施 就航セールは2017年10月4日から8日に行われ、大阪~ホノルルの往復航空券は総額18,800円~と公式サイトで発表されていました。 就航セール後も定期的に往復2万円台の航空券を販売するセールも行っています。 日程に融通がきくのであればセールのタイミングで航空券を狙ってみると良いでしょう。 スクートの関空-ホノルルは片道手配ができないので注意 スクートの関空~ホノルル線で注意したいのが、片道だけ手配することはできないようになっている点です。 LCCの特徴といえば片道航空券だけでも安く手配できる点ですが、スクートのホノルル線はダメなようです。 なので行きはスクート、帰りはエアアジアなどの混在させる旅行日程の組み方はできませんのでご注意ください。 まとめ エアアジアXのハワイ便の場合、就航セール以降はあまり目立ったホノルル便のセールをしていませんが、スクートは就航セールより少し高い程度の総額2万円代の価格で日程によってはまだまだ買えます。 安いからといって決して悪くのないLCCなので、是非ともハワイへ行きたい人は一度航空券をチェックしてみてください。

次の

スクート(Scoot)の関空~ハワイ・ホノルルの初便に乗ったレビュー

関空 ホノルル

吉村シスターです。 今年の2月にハワイアン航空のビジネスクラスに乗ったので、 搭乗レポートを書こうと思います。 私が搭乗したのは、 HA450 関空~ホノルル路線 です。 夜21時過ぎの出発なので、ANAラウンジでお酒を飲みながらまったり待ちます。 HA450は、定期便で夜21時頃出発です。 フライト時間は約7時間。 肌触りもよく寝心地も良さそうです。 アイマスク、歯ブラシ、リップクリームなど機内を快適に過ごすためのグッズがたくさん。 マイタイ(ハワイのカクテル)かハワイアンジュースで選べますが、 せっかくなので、お酒をチョイス。 甘くて美味しいですが、なかなかキツめのお酒です。 夕食、朝食の2食。 白ワイン、赤ワインそれぞれ2種類ずつ、スパークリングワイン。 ビール、日本酒、ウィスキー、カクテルはお好みに合わせて作ってくれます。 このタブレットで映画を見たり、音楽、ゲームなどが楽しめます。 ビジネスクラスが一新となり、サービスも最新になっているのだと思われます。 選択肢はなく、チキンのみでした。 あとはサラダ、フルーツなど。 塩キャラメルプリンで、とても甘かったです。 大きなマグカップに紅茶を注いでもらいました。 オムレツとフルーツといった爽やかな朝ご飯。 カレーソースが添えてありました。 クロワッサンもサクサクでホテル朝食に出てくるパンのようです。 時差関係なく、どの食事も美味しくいただけました。 到着前に、お土産としてホノルルクッキーが1箱もらいました。 1箱6個ぐらい入っていたと思います。 フルフラットシートで長時間フライトも快適に過ごすことができました。

次の