ヒロアカ ナイン。 劇場版「ヒロアカ」最凶の敵<ヴィラン>演じるゲスト声優発表!井上芳雄&今田美桜

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』公開記念 最凶の敵(ヴィラン)、≪ナイン≫に立ち向かえ―。 PLUS ULTRAクイズラリーキャンペーン

ヒロアカ ナイン

ナインは奪った個性の足りないB型細胞を求めて真幌と活真を狙い那歩島へと来ていた。 爆豪が取った真幌からの電話に何かを感じ取った緑谷はすぐさま漁港へ向かったが、漁港はすでに敵の襲撃で建物などが崩壊していた。 冷静に判断し真幌と活真の無事を確認するため家へと向かう途中、ナインが二人に迫るギリギリ救助に成功した。 二人を逃がしたあと、時間を稼ぐためにナインに立ち向かう緑谷。 「止まれ!!」 「どけ」 「どくわけ、ないだろ…!」 ワンフォーオールを発動させシュートスタイルでのスマッシュを入れるが見えないバリアを張られてしまう。 その瞬間爪を弾丸のように発射され交わしながら距離をとる。 「いくつ個性を持ってるんだ…!あれじゃまるで…オールフォーワン…!」 バリアを壊せないと判断した緑谷は二人を逃がすための時間稼ぎを重視し、遠距離からデラウェアスマッシュ、エアフォースで攻撃して隙を見て最大限の力で先手を打とうとした。 「がはッ…」 「この個性、奪う価値がある」 そう言ってナインは緑谷の頭を掴みワンフォーオールを奪おうとした。 体の中から何かが抜けていく感覚に、ワンフォーオールが奪われてしまうと、慌てて抵抗するもののナインの手は振り払えない。 嫌だ! 嫌だ!! 嫌だッ!!! 強く思ったその瞬間バチンッと拒否反応のようなものが起きた。 「奪えない…?空きストックが足りないのか?それとも、こいつ…潜在的に個性を複数持っているのか?」 解放されたものの体がビクビクと痙攣し、地面に倒れたまま起き上がることができない。 「面白い」 緑谷の髪を引っ張りあげ品定めをするように視線を向ければ恐怖からか、緑谷の体がカタカタと小刻みに震え始めた。 「は、はな…せ…!」 「怖いか、この私が」 目を細め何かを思い立ったナインはマスクを外し口端についた血を舐め取った。 「なにす…っ」 緑谷が痙攣する体を無理矢理動かして制止しようとすれば、背中から地面に叩きつけられ唇を重ねられる。 「ンッ…?!」 容赦なく舌を入れ込まれ、口腔内を弄られる。 気持ち悪さに抵抗し離れようとするものの押さえつけられる力を振り解けない。 首を絞められ口腔内を弄り回された緑谷の呼吸は荒くなり、意識が朦朧としていく。 「ハッ…ン…ッ…やっ…」 漏れる声を必死に押さえながら力の入らない手でナインを押し返すものの、ガクンと力が抜け意識を手放してしまった。 「…なかなか良い声を出すものだ」 気に入ったと言わんばかりに笑い、涎と鼻水で濡れた顔を舐め抱き抱える。 まだ諦めていない活真の元へ行こうとした時。 大きな爆発音と共に現れた爆豪。 緑谷を抱えていることに気付いたがそのままナインの頭を目掛けて掌を向けて突っ込む。 しかしバリアを張られ衝撃波で吹っ飛ばされ地面に叩きつけられる爆豪。 「次々と面倒なことだ」 「なァんでテメェがクソデクを抱えてやがるんだ!!そいつァ俺のだ!!」 大声で怒鳴り散らしながらスピードをあげてナインに突っ込んでいく。 「無駄だ」 またバリアを張らろうとしたナインの背後に回り込み、衝撃波を出そうとすれば腕を蹴りあげ「一度食らったモンは二度食らわねェんだよクソがァ!!」と言いながらナインの顔面へ掌を伸ばした瞬間。 ナインの背中から新たな個性、空遊咬鮫獣が飛び出し爆豪に食らいついた。 地面へと叩きつけられた爆豪からミシミシと音が鳴る。 「…ッ…アバラッ…もってかれた…ッ!」 「その程度で私の邪魔はできない」 「クソ野郎が…!」 爆豪の挑戦的な態度にフンと鼻で笑い緑谷を突き出す。 「こいつはお前のだと言ったか。 …なら躾けたのもお前か?」 「…は?」 「我慢しながらもいい声を出すものだから少々興奮してしまった」 「テメェ………ブッ殺す」 そう言って空遊咬鮫獣のサメラを爆破し抜け出そうとした爆豪だが、ナインの衝撃波によって勢いよく遠くの土手にたたきつけられた。 「ば、爆豪…?」 すぐそばにいた真幌に名前を振り向けば二人が瞳いっぱいに涙を溜め、不安そうに見ていた。 「ガキ共…」 「爆豪、大丈…」 「こんなとこにいたか、活性細胞の少年」 「…デク兄ちゃん…!」 正面から近付いてくるナインに抱えられた緑谷に気付いた活真がぷるぷると震えている。 「こっから離れろガキ共」 「で、でも…」 「いいから行っ……ッ!!」 ナインが発射した爪の弾丸が爆豪の腹を貫く。 「トドメだ」と言えば空が突然黒い雨雲に覆われる。 ゴロゴロと鳴る空に手をあげ振り下ろそうとした時、目を覚ました緑谷がナインの手を蹴りあげた。 「デク!!」 「かっちゃん!!活真くんたちを連れて逃げて…!!」 そう叫べば、サメラが緑谷の腹にモロに入り再び意識を飛ばしてしまう。 すると、ナインの体の中でドクンと脈打ち個性の使いすぎにより活動限界を迎えた。 「ぐぅ…っ」 苦しみだし膝をついたナインの隙をつき、爆豪は力を振り絞って緑谷を取り返した。 「か、返せ…そいつは!私のものだ…!」 「ざっけんな!!こいつは生まれた時から俺ンだわクソが!!」 「くそ…活性細胞さえ手に入れれば…!」 「ナイン!」 苦しむナインの傍にスライスが駆け付ける。 「少年を…!」と活真を指差すナインに「わかったわ」と手を伸ばした瞬間、鴉の群れがいきなり視界を阻む。 口田や蛙吹らが助けに来たのだ。 「今のうちに!」 「チッ」 障子が真幌と活真を抱き抱えその場を去っていく。 「追え!」 声を荒らげるナインにスライスが寄り添いながら「今は体を休めた方がいい。 どのみち彼らはこの島を出ることはできない」と宥めナインらも一旦その場を去った。 そして最終戦闘がはじまるのは数時間後の話。

次の

【ヒロアカ】異能解放軍メンバーと個性一覧まとめ!

ヒロアカ ナイン

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』(2019年12月20日公開)に出演するゲスト声優が発表。 最凶の敵<ヴィラン>ナイン役として井上芳雄、ナインの側近であるスライス役として今田美桜が名を連ねた。 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』の原作は、「週刊少年ジャンプ」で連載中のシリーズ累計発行部数2,300万部超えのコミックだ。 TVアニメはこれまで、第1期~第3期が放送。 2019年10月からは第4期がスタートする。 また、2018年夏公開のアニメ劇場版は、観客動員数139万人・興行収入17. 2億円の大ヒットを記録している。 今作では、デクやその幼馴染でライバルでもある爆豪勝己をはじめ、麗日お茶子、飯田天哉、轟焦凍など、雄英高校1年A組のメンバーが全員集結。 そして、ゲスト声優のふたりが発表された。 死柄木弔たちがその行方を追う謎の敵<ヴィラン>、ナインを演じるのは、数々のミュージカルで主演を務め、アニメ声優は『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』以来の参加となる井上芳雄。 映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』は、2019年12月20日、全国東宝系にてロードショー。 <以下、コメント全文掲載> 【ナイン役:井上芳雄】 声の出演のオファーを頂いたときに、「ヒロアカ」大ファンの息子に相談したところ、「絶対にやった方がいい!」と全力で後押しされたのでありがたくお受けしました。 ヒーローを求めている今の世の中とリンクしたテーマが盛り込まれつつも、アニメというフィクションに包まれることで、とてもエンターテインメントな作品になっているなと感じました。 まさに令和になった今に必要な作品になっていると思います。 そして、この大興奮のストーリーの完成が私もすごく楽しみですし、みなさんにも楽しみにしてもらいたいです!.

次の

[ヒロアカ映画2/感想]ヒーローズライジングを観たのでネタバレ・感想・レビュー【僕のヒーローアカデミア THE MOVIE2】

ヒロアカ ナイン

2019年12月20日に劇場版最新作「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIEヒーローズ:ライジング」が全国東宝系にてロードショーされます。 僕のヒーローアカデミアとは、世界総人口の約8割の人が超常能力[個性]を持って生まれる超人世界を舞台に、超常能力を持たない無個性の主人公、緑谷出久が平和の象徴として慕われるNO1ヒーローのオールマイトに憧れ、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローになるために、仲間とともに成長し、戦っていく物語です。 現在話題沸騰中で、週刊少年ジャンプにて連載中の大人気漫画です。 また、2019年10月12日からはTVアニメ放送が決定しています。 みなさんの記憶にもまだ残っていると思いますが、2018年8月3日に劇場版「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE二人の英雄(ヒーロー)」が公開され、今作は劇場版の第2弾です。 いよいよ、またスクリーンに帰ってきますね。 そこで、今回は劇場版最新作「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIEヒーローズ:ライジング」で登場する史上最凶の敵(ヴィラン)であるナインの個性と強さについて予想をしてみました!• そのため、ナインの個性は雷ではないかと予想しています。 また、雄英高校の1年A組のメンバーである、上鳴電気の個性は帯電であるため、個性がかぶることもないです。 例えば、爆豪勝己だったら個性が爆破、轟焦凍だったら個性が半冷半燃、上鳴電気だったら個性が帯電など、その人の名前と個性が関係していることが多いです。 これらの理由により、 「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIEヒーローズ:ライジング」で登場する史上最凶の敵(ヴィラン)であるナインの個性も名前と関係しているのではないかと予想しています。 ナインは数字で表すと9であり、数字の一番最後であるため、終わりや一つの区切りなどの意味合いもあります。 そのため、 ナインの個性は終わりを連想させるような意味合いを持つ、リセットとかではないかと予想しています。 相手の攻撃を無効化したりするのではないかと思います。 ナインの強さ 公開された映像では、雄英高校の1年A組のメンバーが映し出され、ボロボロになった緑谷出久と爆豪勝己の姿も描かれています。 緑谷出久と爆豪勝己といえば、雄英高校1年A組のメンバーの中でもトップクラスの強さを持っています。 そんな二人をここまでボロボロにさせているということは、相当な強さを持ち合わせているのではないかと思います。 また、史上最凶の敵(ヴィラン)であることから、これまで僕のヒーローアカデミアで描かれた敵(ヴィラン)の中でもトップクラスの強さを持っているのではないかと思います。

次の