繁澤公。 駒繫神社 由緒

今夏最清涼的海上砲戰!《蒼藍誓約》雙平台全面公測

繁澤公

今から約950年程昔、平安時代後期、御冷泉天皇の天喜四年四月(西暦1056年)源義家公が父頼義公と共に朝廷の命をうけ奥州の安倍氏征伐(前九年の役)に向う途中、この地を通過する際に子の神(当社)に武運を祈ったと伝えられており、少なくともこれより以前に出雲大社の御分霊を勧請し守護神としてお祀りされたと考えられます。 その後文治五年七月(西暦1189年)源頼朝公が奥州の藤原泰衡征伐のため、自ら 大軍を率いて鎌倉を発しこの地に至った時に、往時義家公が子の神(当社)に参拝したことを回想し、愛馬より下りて駒(馬)を境内の松(駒 繫 松 現在は四代目を育てており境内には松はありません)に 繫 いで戦勝を祈願したと言われており、この故事により「子の神」が「駒 繫 神社」とも呼ばれるようになり、明治以降に正式に「駒 繫 神社」と称せられるようになりました。 また、 新編武蔵風土記には「子の神の境内は五反(1500坪)下馬引澤の内小名、 子の神丸にありその所の鎮守なり、此社の鎮座の年歴を詳らかにせず、本社九尺に二間、拝殿二間に三間社地の入口に柱間八尺の鳥居を建てこれより石段二十五を経て社前に至る。 又本社の未の方(南南西)にも同じ鳥居一基を建てる。 」と記されており、当時の神社の境内の様子を知ることが出来ます。 更に、文化十二年(1815年)に記された世田谷紀行の中には「こは、下馬牽澤村に有りて いと古き世の奥つ城(神霊の鎮まるところ)と見ゆ。 堀をめぐらしし中に、丘を高うつきなしたるは、奈良の朝よりあなたのつくりざまになんありける。 」とあり、神社の下を流れる蛇崩川が、堀をめぐらしたように見え、その中に突き出た神社の姿は、奈良の世より古い時代の趣があったという当時の 様子も知る事が出来、東京の中でも名社の一つであったことがよくわかります。 当社の創立の年代は定かではありませんが、源義家公が前九年の役に際し、当社にて戦勝祈願された故事を鎮座の起源として、昭和32年に鎮座九百年式年大祭、平成19年に鎮座九百五十年式年大祭が、それぞれ盛大に斎行されました。 この絵は、駒繋神社が鎮座する下馬の地名の由来になった「馬牽澤の古事」を描いたものです。 源頼朝公が、奥州藤原氏征伐にあたり大軍を率いて多摩川の矢口を渡り、今の目黒区と世田谷区の境の道を渋谷に向って進む途中、乗馬にて沢を渡った ところ、馬が何かに驚いて暴れだし、沢の深みに落ちて死んでしまいました。 この場所は、砂利場といわれ赤色の山砂利が出るところでした。 そのため、馬を引き上げようとしても砂利が崩れて引き上げられず、馬が死んでしまったので、 沢の岸辺近くに葬り塚を作り、馬が芦毛であっ たため 芦毛塚と名付けられました。 その時に源頼朝公が「これから先、この地に来たときは、必ず馬から下りて沢は引いて渡れ」と厳命し、この沢を「馬引きの沢」と名付けました。 (この沢は、蛇崩川で砂崩川とも書かれ、現在の蛇崩川緑道になっています。 ) 出陣にあたって総大将の馬の死は不吉である、程近い「子の明神(当社)」にて祈願をされては、と農家の姥の進言にしたがい「子の明神」で戦勝祈願をして奥州に向いました。 奥州攻めを終えて鎌倉への帰途、再びこの地に立ち寄った源頼朝公は、「子の明神」に額づいて戦勝の報告をし、芦毛塚では、馬の供養をされました。 また「子の明神」で祈願することを進めてくれた農家の姥は、すでに亡くなっていると聞き、いたく悲しまれ、この地を姥ケ谷と名付けられました。 この源頼朝公の古事により駒繫神社付近一帯を「下馬引沢村」(馬から下りて沢は引いて渡る村)と呼ぶようになり、大正14年町制がしかれたため、引沢村が取れて下馬になりました。 また、芦毛塚は、もともと祠でしたが昭和44年8月24日に下馬史跡保存会の第一事業として、「芦毛塚の碑」が建設されました。 下馬史跡保存会刊 「しもうま」より一部引用.

次の

なにわ友あれ赤井英和

繁澤公

沿革 [ ]• 2005年 - イングスから制作部が独立し、江戸堀本舗として改称された。 元のディレクター・繁澤公が自らのスタッフ集団として結成。 所属スタッフ [ ]• 中畔弘敬(ディレクター)• (ディレクター) 主な制作作品 [ ] (凡例) 太字:現在放映中の番組。 テレビ [ ] レギュラー番組• ( 2007年1月-2016年3月)• ( 2007年5月-)• (テレビ大阪 2012年3月-)• (テレビ大阪 2012年9月-2013年9月、毎月第2土曜放映)• (毎日放送 2016年4月-) スペシャル番組• ファイナル( 2006年)• '06(関西テレビ 2006年8月)• やすしきよしの夏休み'07(関西テレビ 2007年8月)• やすしきよしの夏休み'08(関西テレビ 2008年8月)• (ABCテレビ 2009年2月)• やすしきよしの夏休み'09(関西テレビ 2009年8月)• やすしきよしの夏休み2010 爆笑珍道中(関西テレビ 2010年8月)• やすしきよしの夏休み2011 爆笑珍道中(関西テレビ 2011年8月)• やすとものどこいこ!? パイロット版(2011年9月,12月、過去2回)• やすしきよしの夏休み2012 爆笑珍道中(関西テレビ 2012年8月)• やすしきよしの夏休み2013 爆笑珍道中(関西テレビ 2013年8月)• やすしきよしの夏休み2014 爆笑珍道中(関西テレビ 2014年8月)• (テレビ大阪 2015年3月)• やすしきよしの夏休み2015 爆笑珍道中(関西テレビ 2015年8月)• ナニワ4匹のおっちゃん珍道中 in 淡路島(テレビ大阪 2016年3月) CM [ ] 関連項目 [ ]•

次の

認定医・専門医リスト

繁澤公

上杉鷹山公 戦国の雄 家祖謙信公 米澤藩上杉家の祖謙信公は、越後守護代の長尾為景の二男として生まれ、十九才で家督を継ぎ、二十三才の時、関東管領の上杉憲政から関東管領及び上杉姓を譲り受けました。 謙信公は尊王意識も高く、朝廷及び足利幕府の信任も厚いものがありましたが、天正6年(1578)四十九才で急死しました。 会津から米沢へ そのあとを継いだのは景勝公です。 景勝公は豊臣秀吉の信任を受けて五大老の一人となりました。 慶長3年(1598)秀吉の命で会津120万石へ転封となりましたが、徳川家康に敵対した関ヶ原合戦後の慶長6年(1601)米澤30万石に減封されました。 藩存亡の危機 その後、寛文4年(1664)四代藩主綱勝公が世継ぎのないまま急死して断絶の危機を迎えましたが、綱勝公の奥方の父、保科正之公の尽力により綱勝公の妹婿である吉良義央公の長子、綱憲公が跡継ぎと決まりました。 その結果、15万石に減封されましたが家名は存続となりました。 上杉家は会津120万石の八分の一になり、九代藩主重定公の時代には藩財政は破綻寸前の状況になりました。 現在の米沢の礎 この窮乏の藩財政改革を見事に成し遂げたのは十代藩主鷹山公(治憲公)です。 鷹山公は質素倹約、学問の奨励、殖産興業に率先垂範で取り組み、必死の覚悟で一生をかけて藩復興に当たりました。 明治維新後、米澤藩上杉家は華族に列し、伯爵位に叙されました。 米澤上杉家の十七代現当主である上杉邦憲氏は宇宙工学博士で宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授です。

次の