エピックセブン 最強キャラ。 【エピックセブン】リセマラ最強☆5キャラランキング!!【2020年最新版】

エピックセブンのガチャの引き時やタイミングはいつが良い?

エピックセブン 最強キャラ

エピックセブンをダウンロードする• チュートリアルをクリアする(ストーリースキップ可能)• プレゼントから天空石などの報酬を受け取る• ガチャを引く• 1-10クリア後、引き直しガチャを引く• 25% 1. 50% 6. 00% 40. 35% — エピックセブンのリセマラ終了ライン・狙いガチャ エピックセブンのリセマラ終了ラインとしては、最高レアリティである星5月影キャラ。 ちなみに、月影召喚ガチャは 「10-10」クリア後に解放されるので、リセマラでは聖約召喚ガチャの好きな星5キャラを狙おう。 前述した通り、本作のガチャからはアーティファクト(装備)も排出されるが、基本的にはキャラを優先的に狙おう。 パーティー編成では 4体まで組み込むことができ、各キャラ1つまでアーティファクトを装備可能。 よって、リセマラでなるべく多くの高レアキャラやアーテイファクトを当てておくと、序盤から攻略が楽になるだろう。 注意点としては、引き直しガチャは星5英雄が 最大で1体までしか当たらないということ。 つまり、引き直しガチャでは 星5キャラ+星4キャラ複数体狙うのが理想的。 中でも、重要な役割を持っている回復キャラは、パーティー編成において必須枠となっている。 星5キャラであれば、 「デスティーナ」はもちろん最強キャラの1人だが、星4キャラでは 「アンジェリカ」が非常に優秀なヒーラー。 引き直しガチャではアンジェリカ+好きな星5キャラを狙うのが良いだろう。 エピックセブンのリセマラランキング評価基準 上記で述べた通り、リセマラランキングでは当然プリーストが高評価。 次点で、スキルが唯一無二であったり、汎用性が高いキャラを上位にランクインしている。 本作は王道RPGなので、 パーティー構成が非常に重要なゲームだ。 つまり、ナイトやプリーストを入れつつ、 ダメージソースとなるキャラをバランス良く組み込んでいくのがおすすめ。 エピックセブン|基本データ.

次の

エピックセブン攻略wiki

エピックセブン 最強キャラ

目次 星5キャラ最強ランキング 1位:執行人ヴィルドレッド キャラ性能&個別評価 と違い、敵撃破時に追加攻撃が出来なくなっているがその他の性能で圧倒。 致命ダメージを受けた際にはHP70%で復活、アタックゲージが100%、攻撃力増加、クールダウンリセットなどの恩恵を得られる。 その他、 全体攻撃で敵を撃破した際にはクールダウンが発生しないなど大きなメリットがある。 スキルの回転率の高さに加え、蘇生能力を持つので長期戦にも対応出来る点が魅力。 アタッカーを狙うのなら間違いなく確保したいキャラ。 2位:覇者ケン キャラ性能&個別評価 と違ってステータスがかなり攻撃的になっている。 尚且つ、 被ダメージ時には30%の確率で反撃可能。 クリティカル時には100%反撃と敵の攻撃時にダメージを与えられる為、手数が多くなるのがメリット。 シンプルに攻撃的な性能は序盤~終盤まで安定して運用出来る。 耐久面の難は回復能力を持つキャラでカバーするようにしよう。 一通りのサポート能力を1人で行えるので、サポートキャラの編成が少なくて済むのもポイント。 1つ難点があるとするなら 【変身】までのスキルターンが非常に長いところ。 8~9ターンとかなりのクールタイムを要する為、短期戦では真価を発揮出来ない。 長期戦での運用、若しくはスキルターン短縮の効果を持つキャラと合わせて使いたい。 変身さえ出来れば、戦闘の難易度をグッと下げられるのでオススメ。 その他、 デバフ解除に アタックゲージ増加など回復以外のサポートも非常に優秀となっている。 HP回復要員は序盤~終盤まで大きく活躍してくれるので確実に狙っておきたい。 優先して入手しておく事をオススメする。 その為、先手で付与出来れば一方的な戦闘を行う事も可能。 保有する 30%防御力貫通の全体攻撃は対象がスタン状態であれば100%貫通に変化。 全体攻撃で敵を撃破すればスキルターンを0にする効果など、回転率も良い。 スキル構成が噛み合っており、単体でも強力な性能を誇る優秀なキャラ。 是非とも獲得しておきたい性能となっている。 6位:ヴェローナ キャラ性能&個別評価 スキル1を使う度に「集中」を獲得出来る。 「集中」が5個溜まった際には全体攻撃+防御デバフを付与するスキル3が発動。 その他、スキル2でも 敵数にダメージが比例する全体攻撃を行えるので殲滅力が高くオススメ。 パーティ全体の火力を底上げしつつ自身でも敵の数を減らせる優秀なキャラ。 特にクールタイム短縮はスキルの回転率を高め、安定してパーティの火力を維持出来る優れた効果。 獲得しておけばかなり重宝する性能となっているので是非とも狙っておきたい。 ただ、 複数~全体攻撃を持たず全てが単体攻撃となっている。 複数~全体攻撃を持つキャラを編成する事でカバーしよう。 8位:幻影のテネブレア キャラ性能&個別評価 他に味方が生存していると敵の攻撃対象にならない。 味方が戦闘不能になる毎に攻守が7%アップするスキルを持ち、最大5回まで重複可能。 攻撃対象は単体しかないので殲滅力は低いが、 敵撃破時に敵全体のアタックゲージを50%ダウン出来る。 その為、敵の行動順を大幅に遅らせることが出来る優秀なキャラ。 正直優先度は高くはないが、このキャラが居れば戦闘を優位に運べるのは必須。 SPDアップのバフ効果を持つユナ等と組み合わせで火力を上げられる。 自身でも、 敵を倒すと攻撃力アップ&全体攻撃を行えたりと殲滅力の高さが魅力。 是非とも入手しておきたいキャラの1人。 同時に自身のアクションゲージアップの効果も複数持つ為、回転率の速いサポート能力の高さを誇る。 火力自体は期待出来ないが、味方の攻守を底上げ出来るのは優秀。 サポート能力に秀でたキャラが居ない場合には確保しておくと便利。 敵がデバフ状態の場合にはダメージアップの効果を得られる為、デバフ兼アタッカー要員として便利なキャラ。 他にも 全体スタンを付与したり、 行動不能以外のデバフ効果を延長したりと優秀な性能を持つ。 状態異常により戦闘を優位に運び、全体攻撃で一気に敵の体力を削れる為どんな編成でも噛み合うのがポイント。 スキル構成自体も他キャラを頼る部分も特にないので使いやすくオススメのキャラといえる。 自身に攻撃力大アップを付与し、尚且つ 50%防御力貫通の敵単体ダメージを与えられる。 その他、 特定スキルのスキルターンを0にする事や 追加ターン発生など回転率の良さも魅力。 回復不可の付与など、回復能力を持つ敵に対しても運用可能。 ただし、 殲滅力には欠けるので複数体への攻撃を行えるキャラと同時編成が好ましい。 13位:チャールズ キャラ性能&個別評価 単体攻撃+攻撃デバフ+確率で破砕付与。 単体攻撃+バフ解除+自身のバフによって与ダメージアップなど、敵が強化状態になる事を常時防げる 性能が有難い。 尚且つ、 全体攻撃+味方全体に攻撃バフを付与したりとサポート能力の高いキャラ。 防御力が高く、攻撃デバフによる被ダメージ軽減により生存率も高め。 味方全体にバフを付与出来るキャラは貴重な為、先に入手しておくのも有り。 単体攻撃+回復不能を付与し、長期戦になるのを防げたりと性能も優秀。 ほとんどのスキル威力は敵HPが少ない程アップする為、火力を最後まで保てるのも魅力。 アタッカーとしての能力が非常に高いキャラ。 ただ、殲滅力だけを見るとの方がやや上か。 スキル2は 全体攻撃+自身のアクションゲージ20%アップの効果。 スキル3は 全体攻撃+スタン+火傷2つ付与と殲滅力と継続火力に特化。 雑魚狩りに便利な上に、ボスにも継続ダメージを与えられる為獲得しておくのも有り。 16位:審判者キセ キャラ性能&個別評価 全体攻撃+バフ解除やスキルのクールダウン増加効果を持つキャラ。 与えるダメージは敵の数に応じてアップしたりと、序盤よりも後半向けの性能といえる。 序盤ではそこまで苦戦する事もなく、むしろ強力なアタッカーを確保しておけばサクサク進める。 後半ではバフ解除やクールダウン増加などが活きてくるので、入手は後回しにしても問題ない。 他にも、 気絶中の味方を蘇生+アクションゲージ100%+スキルダメージ無効 1回 を付与。 蘇生した味方は直後から攻撃に転じられる為、高火力アタッカーとの相性も良い。 長期戦に強く、味方へのサポートも充実した性能を誇る。 その他、 自身にシールドを展開出来たりと壁役として入手しておけば敵の攻撃を一手に請け負ってくれる点が有難い。 防御面にも特化しており、サポート能力も高いので壁役として獲得しておきたい。 スキル3では 全体攻撃+スタン+アクションゲージ100%ダウンと遅延攻撃が非常に強力。 敵からの被ダメージを大幅に軽減出来るなど、優秀な役割を果たせるので使いやすい。 HPは低く打たれ弱い弱点はあるが、殲滅力は高め。 同時に敵の火力を下げたり、 自身が弱体化状態の時に敵へデバフを転移させたりも可能。 後者はデバフを受ける前提のスキル効果である為、若干使い辛い点はあるものの敵全体のバフ解除など優秀な部分も多い。 全てのスキルを有用するには慣れが必要だが、強力なキャラではある。 その為、強敵の行動を遅らせるなど優位に戦闘を展開出来る。 全体攻撃では無いので 全体の行動順を遅らせる事は出来ないがそれでも十分強力。 デバフ要素が強いので、1人は編成しておきたいキャラといえる。 他にジャマー系のキャラを保有しているのならあえて狙う必要は無い。 特に蘇生能力に関しては貴重な能力となっており、同時に無敵効果を付与出来るので直ぐに戦闘不能になる確率を大幅に下げられる点も魅力。 ただ回復に特化し過ぎている点はネックかもしれないが、割り切れば問題無し。 火力が高いのでボスや敵数が少ないステージで活躍する。 さらに スキル3では付与した出血効果を底上げ出来たりと、シンプルなスキル構成が使いやすい。 殲滅力に欠けるが、十分補えるだけの火力を有しているので問題無し。 さらに 強化状態ではない敵へダメージアップするスキルなど、スキル構成と噛み合った性能を持つ。 その他 反撃スキルによって、敵行動時にもダメージ+沈黙を与えられる点も優秀。 特定の行動を行う事で【闘志】を獲得し、100以上蓄積されると全て消費して自身の強化効果を延長+追加ターンを獲得。 手数も多く、火力も高いのでイベントで獲得出来るキャラとしては優秀な部類。 トップクラスの性能とはいえないが、星5キャラが足りていない場合には十分な戦力。 イベント期間を過ぎれば獲得出来なくなってしまうので入手は忘れずに。 最大HPが高いほど与ダメージアップとなるので、火力を高めるには優先して育成しなければならない。 継続ダメージによる安定したダメージでボスや強敵との戦闘で活躍してくれる。 攻撃要員としてよりもサポート要員としての運用をオススメ。 対象の敵が出血していれば回復量50%アップとなる為、先ずは出血効果を優先して付与したい。 討伐クエスト等で活躍出来るスキル構成となっており、通常運用よりも特定の場所を見越して獲得しておきたいキャラ。 防御力が低く、やられやすい点は注意。 その為、殲滅力が高く周回等で役立つキャラ。 敵がシールド展開していた場合にもダメージアップを行える為、ピンポイントで刺さる場所でも使える。 性能面では悪くなく、 元々の攻撃力も高いので獲得しておくのも有り。 ただ、 潜伏状態にしなければ真価を発揮出来ないので1ターンのロスは必須。 ただ、味方へのバフは単体となっているので全体火力アップが出来るチャールズを狙った方が無難。 防御力が高いタンクキャラではあるが、どちらかというとパーティの火力アップを行うのに向いている。 スキル威力もHP最大値に依存しているので火力を増やすには優先して育成しなければならない。 サポート能力は高い方なので、割り切って運用したい。 1つのスキルで多くの恩恵を得られる為、個人性能は高め。 同時に自身のアタックゲージを50%増加出来るので行動の回転率は早め。 ただ、 火傷状態でないと発動しないスキル効果もあるので使用順には気を付けたい。 攻撃力も高く、火傷により安定したダメージを与えられるのも魅力。 魔法の爪自体は、自身のスキルで付与出来る為火力アップを他キャラに依存しなくていいのがメリット。 火力の高いキャラは通常クエストでは勿論、レイドボス等でも重宝するのでその為に確保するのも有り。 ただ、 上位ランクのキャラに比べて汎用性は低くなるのは覚悟しよう。 33位:カイロン キャラ性能&個別評価 9ターンに1度だけではあるものの、致死ダメージを受けても踏みとどまれる。 尚且つスキル3を使用出来るようになるが、効果自体は単体攻撃+敵撃破時にバフ効果1ターン延長とそこまで恩恵を得られるものでは無い。 ただ、 スキル威力は減少HPによって大きくなるため致死ダメージを受けたあとなら火力にも期待可能。 一発逆転の要素を持つキャラではあるが、安定感が無くオススメは出来ない。 全体攻撃では25%と低い確率だが、全体スタンを付与可能。 シンプルながらも使いやすい性能ではあるが正直、そこまで優先すべきキャラではない。 上位ランクのキャラを狙う方が後々恩恵が大きいので後回しにしよう。 元々の攻撃力も高く、デバフ効果を豊富に持つので戦闘を優位に運べる点では有能。 ただ、最優先での獲得を必須かどうかは別問題。 優秀な性能ではあるが、「パーティに居れば」くらいのもの。 その為、上位キャラを狙う事の方が優先事項。 36位:破壊者コルヴス キャラ性能&個別評価 敵単体にダメージ+HP吸収効果を持つスキルが強力。 加えて、 防御力も高く被ダメージを受ける度に70%の確率でスキルのクールダウンが1ターン減少する。 クリティカルなら2ターン減少するので、被ダメージを受ける度にスキルの回転率が上がる性能を持つ。 ただ、 全体攻撃を持たずバフ効果も持ち合わせていないので優先して狙う必要は薄め。 PVP等で先陣を切る際など、ピンポイントで活躍するタイプなので後回しでOK。 さらに、 自身にシールド効果を展開出来るので壁役としても運用可能。 それに既に優秀なキャラが上位に存在するので優先度は低いといえる。 デバフに特化した性能を持っており、尚且つデバフを付与した数に応じてダメージアップの全体攻撃を保有。 毒は単体のみとなっているので、よりダメージを求めるなら同じくデバフ付与が出来るキャラを編成したい。 火力を出すまでに時間がかかり、初速が遅いのでアタッカーとしての運用は避けたい。 序盤であえて狙う理由は少ない。 個人で貫通効果をアップする事が出来るので、他キャラへの依存度が低いのが魅力。 とはいえ、そこまで優先して狙うキャラでも無くよりも若干使い勝手が良いくらい。 ただ、 全てのスキルが単体攻撃となっておりそこまで殲滅力は高くない。 防御力貫通攻撃は付与したデバフに応じて貫通する%がアップするのでなどと組み合わせる事でお互いにシナジーを得られる。 41位:ヴィオレタ キャラ性能&個別評価 自身にHP回復を付与して、追加ターンを付与可能。 その為、自身の生存率は高いキャラ。 集中はスキル3で全て使用してダメージアップに使う。 5個集中を重複していればクールタイム無しで再度使えるが、 集中を5個重複するまでに時間がかかりすぎるのがネック。 回復も攻撃も単体しか持ち合わせていないので優先度は低め。 総合評価 先ずは回復要員や全体攻撃を行えるキャラを入手しましょう。 ただ、選択召喚といっても星5キャラを選べる訳ではなく10連召喚を30回まで引き直す事が出来るというだけ。 その為、選択召喚を利用してリセマラを行うのはオススメしません。 しっかりと序盤で気に入ったキャラを獲得して、選択召喚で星5キャラが排出されなくてもリセットする必要の無い状態にしておく方が無難です。 自身の防御力も高く、長期戦でもパーティの生存率を安定して保てるので非常に優秀。 スキルのクールダウンも短めで、常にリスク回避が出来る。 ヒーラーを確保するのであれば星5キャラを抑えて最優先で獲得したいキャラ。 2位:紅焔のアーミン キャラ性能&個別評価 挑発効果によりヘイトアップを行える壁役キャラ。 味方がクリティカルダメージを受けた際に被ダメージダウンの効果を得られたりと防御性能が高い。 何よりも特筆すべきは 味方全体に1ターン無敵効果を付与出来る事。 回復能力の高いなどと併用する事で一気にピンチを脱出出来るのが利点。 無敵スキルは幅広い運用が可能となっているので、入手しておいて損は無い。 3位:暗幕殺法カルトゥハ キャラ性能&個別評価 味方全体の回避能力をアップし、 確定回避の効果も保有。 確定の単体スタンを持つ為、ボスや強敵との戦闘で大きな効果を発揮してくれる。 その他、 確率ではあるが出血効果を付与して安定したダメージを狙えたりも可能。 素の攻撃力自体が高めに設定されているが、真価は火力では無くサポート能力の高さ。 特に確定回避はダメージ量への心配が無くなる優れた効果といえる。 さらに 味方がクリティカルを発生する度、自身のアクションゲージ+火力アップを得られる。 素の攻撃力も高く高火力アタッカーとして活躍してくれる。 星5キャラを含んでも火力の高さが魅力のキャラ。 5位:血剣のカリン キャラ性能&個別評価 スキル1で 吸収攻撃を行い、スキル3で HPを20%消費して全体攻撃を行える。 尚且つ、 HPが低いほど攻守速がアップするので火力アップを簡単に行う場合はスキル3を多用しよう。 HPを減らす事も増やす事も自身で出来るのでHP管理がしやすいキャラ。 自己完結型のスキルが多いので他キャラへの依存が低いのもポイント。 6位:暗躍のロゼ キャラ性能&個別評価 敵単体の防御力を大幅にダウンさせ、尚且つ 回復不能を付与出来る。 味方をサポートしたり、強敵との戦闘で大きく輝く性能といえる。 7位:戮力のラッツ キャラ性能&個別評価 全体攻撃+50%の確率で沈黙を付与可能。 沈黙効果は PvPで大いに活躍してくれる為、是非とも確保しておきたい。 その上効果も大きく、大幅な火力アップを見込める。 スキル1は潜伏状態ならダメージアップ&スピードアップの効果を得られる スキル3は単体ではあるが、確定でスタンの効果。 単体スキルが多いものの、 敵撃破時には全体沈黙を付与したりと追加効果が有難い。 自動で火力アップが行え、潜伏効果により攻撃対象になりにくいので生存率も高い優秀なキャラ。 尚且つ スキル威力は全てスピード依存の為、火力面にも期待出来る。 9位:勇将ファジス キャラ性能&個別評価 全体攻撃+全体挑発により敵の攻撃を集めることが可能。 尚且つ、 自身が攻撃された時に味方全員のアクションゲージ10%アップの効果を持つ。 被ダメージを多く受ける環境を作りつつ、その度に味方へサポートが行える。 その他、 全体攻撃+高確率スタン+味方全体に攻撃力バフを付与出来るなどサポート能力も高め。 10位:シダー キャラ性能&個別評価 自身の攻撃でクリティカルが発生した場合スピードアップを得られる。 スピードアップ状態でスキルを使えば、防御力デバフ付与も可能。 撃破した場合には追加ターンが発生し、連続行動が行えるのもメリット。 尚且つ スピードが高いほど火力アップを行えるので自身のスキル構成と噛み合っているのもポイント。 11位:監視者シュリ キャラ性能&個別評価 全体攻撃+高確率でバフ解除、単体防御無視攻撃とシンプルに使いやすいキャラ。 星5キャラの上位には見劣りするが、星4の中では火力要員としても運用可能。 スピードアップの効果等も自身に付与出来るので回転率を上げる事も出来る。 ただ、 スキル効果が少なく幅広く運用する事は出来ないので汎用性を求めるのなら優先度は低め。 12位:求道者アイテール キャラ性能&個別評価 味方全体に回復+持続回復を付与出来る。 自身にシールドも展開出来、単体攻撃ではあるが 攻撃スキルによってスピードデバフも付与可能。 良く言えば幅広く運用が出来るキャラとなっているが、性能だけで言えば若干物足りない。 特化型のキャラを複数入手するまでの繋ぎとしてなら良いが、最優先という程でもないキャラ。 居れば居れば使えない訳でもないぐらいのもの。 相手が状態異常ならば追加攻撃が100%発生するスキルも保有しており、手数も多め。 スピードも速く単体でもそれなりに活躍してくれるが、狙うのなら星5上位キャラや星4上位を狙いたい。 14位:戦闘人形マヤ キャラ性能&個別評価 挑発スキルを持ってはいるものの、対象が単体なのでそこまで恩恵を得られない。 尚且つ 攻撃も全て単体となっており殲滅力も低め。 ただ、 対象のHPが30%以下の場合に限り与ダメージ300%アップと爆発的な効果を得られる。 使い難いキャラではあるが、最後の一押しの役割としてはトップクラス。 しかし正直そこまで出番は無い。 攻撃面に関しては 単体攻撃のみであったり、HP50%以上なら挑発付与と若干運用がしにくいタイプ。 攻守共にサポート出来るものの、サポート要員なら他を選択した方が無難。 狙うまではいかないが排出されれば使ない事もない程度。 16位:アカテス キャラ性能&個別評価 全体回復+弱化解除、単体回復+単体無敵+クールダウン短縮など優秀なスキルを保有。 しかし回復役なら、無敵付与ならを選択した方が高い効果を得られる。 決して弱くはないが、保有しているスキルの上位をそれぞれのキャラが保有しているのがネック。 ヒーラーの妥協点として考えるのなら十分な性能。 ただ、上を目指す場合には少し物足りない。 17位:コルヴス キャラ性能&個別評価 回復+憤怒を自身に付与可能。 憤怒中はスキルのダメージアップや追加効果でスタンを付与可能。 全体攻撃+アクションゲージダウンの効果等、戦闘を優位にサポート出来るキャラ。 普通に運用する分には文句ない性能と言えるが、優先度は低め。 上位互換も居れば、もっと優先度の高いキャラがいるのであえて狙う理由は少ない。 汎用性が高く、使いやすいキャラではある。 18位:シュリ キャラ性能&個別評価 クリティカル発生時に「集中」を得られる。 集中は3つ以上溜まると全体攻撃が強化され、クリティカル発生+敵アクションゲージ30%ダウンの効果。 非常に優れた全体攻撃の効果ではあるが、 「集中」を溜めるまでに時間を要する点がネック。 最高火力を発揮するまでの時間を短縮したいのであればなど、クリティカル率をアップ出来るようなキャラと編成しよう。 尚且つ、 自身に攻撃力アップを付与出来るので火力自体には期待が出来る。 ただ、全体攻撃と自己バフが豊富なくらいでそこまで突出した性能とはいえない。 このキャラを狙うのであれば星5上位キャラ、若しくは星4上位キャラを狙っておきたい。 回復の対象はHPの最も低い味方となっており、リスクヘッジとして優秀。 他にも 無敵、火力アップを付与出来たりとサポート能力の高いキャラ。 回復能力が高いものの、全体回復等は持ち合わせていないのでなどには劣る性能といえる。 対象が戦闘不能ではない場合は3ターン不死+ランダムバフ2個付与の効果。 不死が付与されている間は戦闘不能にならないなど、無敵と同じような扱いになる。 蘇生スキルは貴重ではあるものの、単体回復しか出来ないなどヒーラーとしては中途半端。 それなら星5キャラであるを狙った方が蘇生も全体回復も持っているのでオススメ。 22位:クラリッサ キャラ性能&個別評価 見た目は思いっきりヒーラーなのだが、アタッカータイプのキャラ。 敵を撃破した際には自身の攻守を10%アップする狂気状態に突入し全体攻撃を行える。 狂気状態は解除される事なく3ターン維持出来るが、効果が薄くそこまで恩恵は得られない。 殲滅能力を求めるのであれば素直に星5上位のを獲得しよう。 あえて狙うメリットは少ない。 23位:カリン キャラ性能&個別評価 単体攻撃のみのキャラ。 その為、のようにクリティカル率アップを味方へ付与出来るキャラが必須。 元々のクリティカル発生率が高い訳でも無いので、そこまで優秀なキャラではない。 24位:セリラ キャラ性能&個別評価 単体攻撃+火傷効果や自己回復+自身に攻撃力バフなどを持つ。 敵撃破時にはクールダウンが0になったりもするが、上位キャラに比べると汎用性は低め。 優先するなら星5キャラを。 最低でも星4の月影キャラ 月光キャラ は確保するようにしておきたい。 25位:スーリン キャラ性能&個別評価 出血効果を付与する事に特化したキャラ。 攻撃対象は全て単体攻撃ではあるものの、一度に複数の出血効果を付与出来る。 先ず出血効果を複数付与しなければならない為、 初速は遅いが単体火力自体は中々のもの。 殲滅力を求める場合は狙う必要のないキャラ。 26位:ディンゴ キャラ性能&個別評価 味方全体の弱化を解除し、 スキルのクールタイムを1ターン短縮出来る。 尚且つ 追加ターンを発生させることが出来るので、行動回数を増やしたい場合には非常に便利。 全体攻撃を行い、 敵が出血時には火傷効果も付与可能。 出血効果は付与出来るが単体のみ。 その為、出血効果を付与出来るキャラと編成させたい。 火力よりもサポート能力の高さに目が行くキャラといえる。 27位:アーミン キャラ性能&個別評価 味方全体にシールド+回復を行えるサポート能力が強力。 しかし、上位キャラに比べるとどれも中途半端なスキルになってしまっているのが残念。 優先して狙う価値はそこまで無い。 単体スキルも 50%の確率で追加攻撃を行えたりと、そこまで悪い性能ではない。 あえて中途半端な性能を求める理由も無い。 29位:ラッツ キャラ性能&個別評価 単体回復+アクションゲージアップの効果を豊富に持つキャラ。 似たような性能なら星5のデスティーナを狙った方が優秀。 回復能力も単体しかなく、全体に対しては継続回復となっているのでピンチ時の復帰力に欠ける。 ヒーラーとして優秀なキャラを狙った方が序盤でも終盤でも生存率を保てるので、より強力な方を狙うようにしたい。 星4ならもいるので、余計に出番は少なめ。 30位:リン キャラ性能&個別評価 全体回復+全体にランダムで強化バフ2個付与など、優秀なスキルを持つ。 しかし、それ以外のスキルに関しては単体攻撃となっておりアタッカーでは無いので火力に期待は出来ない。 もう一つ、回復orバフスキルなどを保有していればもう少し上のランクだっただろう。 その為、先手を打って行動を行いたい場合などには非常に便利。 自身の素早さも高めに設定されており、威力がスピード依存のスキルもあるので優秀。 集中を2つ以上溜めれば火力アップの効果を得られるが、ターン終了時に1つ獲得と最低でも2ターン以上を必要とするのがネック。 尚且つ、 被ダメージ時に1つ集中が減少するので最大火力までが遠い。 編成する場合には挑発を敵全体に行えるキャラを一緒に。 その他、 単体攻撃+攻撃デバフや味方が被ダメージ時にHP50%以下になった場合シールド+防御バフを付与出来るが、回復は行えない。 また、被ダメージ前に防御バフを付与する事もないので 後手に回る性能といえる。 事前に敵の攻撃に備えることが出来ないので、そこまで優秀とはいえない。 味方に対しては シールドや 反射の効果を付与してくれる。 攻守において運用は出来るものの、正直中途半端な性能といえる。 それなら星5上位キャラや星4上位キャラを狙いたい。 反射スキルは貴重ではあるが、のようにカウンターとまではいかない。 その為、優先度は必然的に低くなる。 尚且つ、 敵全体のバフ解除や 強化状態の敵に対しては2つの毒を付与出来る。 効果は多いものの、「強化状態の敵」を対象など限定的なので 汎用性は低め。 味方のアクションゲージをアップ出来れば良かったが、自身のみとなっているのが残念。 35位:ゼラト キャラ性能&個別評価 全体攻撃+50%の確率でスタン、単体攻撃+自身のアクションゲージ50%アップの効果を保有。 その他、 単体攻撃+スピードダウン等もあるが正直全体的にそこまで性能は良くない。 星5も星4も上位ランクのキャラは性能が飛び抜けているので、この辺りのキャラは獲得を避けよう。 36位:コリー キャラ性能&個別評価 攻撃力の高い単体アタッカー。 潜伏状態中なら追加ダメージを与えることも出来るので打たせずに打つを体現出来るキャラ。 とはいえ、上位互換にがいるのでこちらを狙う必要はない。 37位:マヤ キャラ性能&個別評価 単体攻撃+スタン効果に特化したキャラ。 とはいえ、 スタン自体の確率は25%~80%と波があるので肝心な時には使用スキルを間違えないように。 敵全体に挑発+攻撃力デバフ+味方全体に防御力を付与と中々優秀なスキルもあるが、挑発確率が35%と低めに設定されているので、挑発効果を目的とした運用はオススメ出来ない。 全体的に優秀ではあるが、 確率の部分が欠けているので安定性が無いのがネック。 38位:カルトゥハ キャラ性能&個別評価 全体攻撃+50%の確率で攻撃力デバフを付与+自己回復のスキルを保有。 被ダメージを受けた際にアクションゲージが10%アップの効果等を得られるが、挑発スキルが無いのも残念。 ただ、回復能力を持っているので生存率は高め。 全体的に何か1つが足りないような性能となっている。 これで挑発スキルを持っていればもう少し上のランクに位置付け出来ただろう。 39位:ファジス キャラ性能&個別評価 攻撃された際、反撃を行えるキャラ。 反撃は全体攻撃となっており、15%の確率でスタンを付与可能。 それとは別で 全体攻撃+50%の確率でスタンを付与するスキルも持っており、 相手のHPが30%以下の場合にはスタンが100%付与されるようになる。 こう見るとスタン特化に見えなくもないが、 そこまでスピードが高くないので高難易度での先手は厳しい事と スタンもほとんどの場合安定しないのがネック。 総合評価 星4キャラの中でも優秀なキャラは複数存在しており、回復役のは星5を含めても全キャラ屈指の回復能力を持っています。 その為、回復役は星4アンジェリカを狙ってアタッカーで星5キャラを狙うのが理想です。

次の

【Epic Seven

エピックセブン 最強キャラ

被ダメージ時の火力アップで簡単に大ダメージを出すことができる。 役割:ヒーラー・タンク・弱体無効付与 PvEにおいて最高のヒーラー&タンク。 優秀なヒールとスキル3を使った半永久的な弱体無効バフが強力 役割:周回アタッカー・追加攻撃 圧倒的な周回性能を持つアタッカー。 敵を倒すと可能な追加攻撃は高難度序盤の敵にも有効。 役割:アタッカー・防御力デバフ・免疫付与 特に高難度で活躍するアタッカー。 防御力デバフや免疫付与など単体に対し強い効果を持っている。 役割:周回アタッカー・命中率デバフ・復活持ち どの戦闘でも活躍するアタッカー。 複数攻撃や命中率デバフ、復活など様々な場面で活躍する効果を持つ。 役割:クリアタッカー・クリ率アップ 味方全員のクリ率アップが強力なサポートメイジ。 味方のクリ発動時にアクションゲージが上昇するため非常に素早い。 シールドへのダメアップや貫通攻撃など一部コンテンツで効果的な性能。 役割:アタッカー・スキルターン0・防御力デバフ・強化不可付与 汎用性の高いアタッカー。 防御力デバフや強化不可付与などの高難度向きの効果を多く持っている。 高難度での使用がおすすめ。 役割:アタッカー・防御力デバフ・強化解除・スキルターン増加 特に中盤以降に強いアタッカー。 防御力デバフや強化解除など敵の動きを妨害することが得意。 スキル2では確率でクリ攻撃確定の【龍炎覚】で反撃を行う。 バフやデバフ、強化解除など高難度で効果的な性能を持っている。 役割:アタッカー・防御力デバフ・スキルターン減少 クリ発生時に追加効果が発動するアタッカー。 効果的に使うにはクリが発動が条件のため命中装備は必須。 刻印も重ねやすいおすすめのキャラ。 役割:ヒーラー・タンク・弱体解除・アクションゲージアップ タンクとしても優秀なヒーラー。 全てのスキルに回復を持ち、前線を維持する能力が非常に高い。 役割:アタッカー・速度バフ・防御力デバフ・有利属性攻撃 速度バフが可能なアタッカー。 防御力デバフや有利属性攻撃で積極的に大ダメージを出せる。 出血によりダメージを稼ぐこともできる癖のある動きが特徴。 役割:防御力デバフ・回復不能付与・強化解除・アクションゲージアップ デバフや回復不能付与、強化解除など敵の動きの妨害が得意。 アクションゲージアップで味方へのサポートも可能。 貫通攻撃によりシールド付与の敵にも有効なダメージを与えることが可能。 貫通攻撃や出血でシールドを持った敵にもダメージを与えやすい。 役割:アタッカー・回復不能付与・追加攻撃・クリ確定攻撃 回復不能やクリ確定攻撃など高難度向きの効果を持つアタッカー。 追加攻撃により周回でも使用しやすいマルチな性能を持つ。 追加攻撃や防御力ダウンなど周回に向いた性能をしている。 役割:アタッカー・攻撃力デバフ・回避率バフ・回復持ち スキル2に回復を持つアタッカー。 貯めた集中を消費することで大ダメージを出せるスキル3が強力。 役割:アタッカー・速度デバフ・速度バフ・【集中】付与 【集中】を使って味方にバフをかけるアタッカー。 速度に関するバフとデバフが得意。 役割:ヒーラー・攻撃力デバフ・アクションゲージアップ 回復しつつアクションゲージをアップさせるヒーラー。 持続回復を付与できるので前線を維持しやすい。 命中率デバフや防御力バフで味方のサポートも可能。 誰かが気絶する度に自身にバフをする強力なアタッカー。 星3なので、刻印を重ねやすく、デバフの確率も高く使いやすい。 星3なので刻印を重ねやすく、大ダメージを出しやすいのが特徴。 PvP最強ランキング(tier)早見表 役割:タンク・デバッファー タンクもできるデバッファー。 役割:アタッカー・デバッファー ダメージも出せるデバッファー。 元々の効果命中率が高く、デバフや強化解除が高確率で通るのが強み。 役割:ヒーラー・タンク 耐久力が高いタンク系のヒーラー。 味方の蘇生や弱体解除、複数の回復スキルが非常に強力。 役割:複数アタッカー・蘇生持ち PvP最強クラスのアタッカー。 1度の蘇生と敵を倒すと即時使用できるスキル3が強力。 役割:高火力アタッカー 反撃を使う高火力アタッカー。 防御力デバフを得意とし、クリ確定反撃や攻撃力バフで高火力を出す。 属性有利攻撃などで単体に対し高い火力を出すのが得意。 役割:アタッカー・デバッファー 【標的】を付与して戦うアタッカー。 【標的】と相性がいい貫通攻撃で大きなダメージを出すことができる。 防御力デバフや回復不能で相手に思うように行動させない立ち回りが可能。 役割:アタッカー サポート性能が高いアタッカー。 回避率バフや確定スタンなどで味方のサポートしながらダメージを出せる。 役割:クリアタッカー 高火力が取り柄のクリアタッカー。 ゲージの増加と攻撃力バフで攻撃回数と威力を上げることが得意。 貯めた集中を消費することで大ダメージを出せるスキル3が強力。 役割:アタッカー・デバッファー PvPでも強力なアタッカー。 防御力デバフや免疫付与など単体に対し強い効果を持っている。 ヘルガ 役割:アタッカー・サポート サポートが得意なウォーリアー。 星3なので陣形効果を発動しやすい点もおすすめ。 役割:潜伏アタッカー 潜伏を使うアタッカー。 シールドに対しダメージが増加するのでPvPでも活躍しやすい性能を持つ。 役割:アタッカー・デバッファー マルチな性能を持つアタッカー。 回復不能やクリ確定攻撃など強いスキルを複数持っている。 役割:潜伏アタッカー 潜伏を維持する特殊なスキルを持つ。 ステータスの増加と高火力のスキル3が非常に強力。 役割:アタッカー・不死持ち 不死スキルを持つアタッカー。 即死ダメージでも気絶せず、不死状態で高火力を出せる点が強力。 また、強化解除やデバフもできる万能タンクキャラ。 役割:アタッカー・サポート 味方のサポートが得意なアタッカー。 攻撃力バフや全体攻撃など様々な角度から支援を行うことができる。 役割:タンク・サポート サポートが得意なタンク。 味方へのシールド付与やバフ、デバフなど状況に応じた対応ができる。 役割:複数アタッカー 追加攻撃を持つアタッカー。 SPD値が高く、先制しつつ敵全体に攻撃ができる。 役割:アタッカー・デバッファー デバフを多く持つアタッカー。 防御力デバフや強化解除、自己バフなど多彩なスキルが特徴的。 セレスト 役割:アタッカー・デバッファー デバフを得意とするアタッカー。 さらに、自己回復スキルも持っている。 役割:高火力アタッカー・複数攻撃 HPが低い程火力が上がるアサシン。 装備次第では敵を半壊できるほどの火力を出せる尖った性能をしている。 ヒュラド 役割:デバッファー 強化効果解除でジュディスやタイウィン対策ができる。 SPD値を高くしすぎて敵の強化効果前に行動しないように注意が必要。

次の