ブラッククローバーアニメ133話。 ブラッククローバー 動画(放送中)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ブラッククローバー:第133話「続・目覚める獅子」 2カ月ぶり新作放送再開 レオポルドのつかみかけた不思議な感覚が…

ブラッククローバーアニメ133話

これまでのブラクロ ここまでのブラクロで描かれてきたことは ・魔力のない下民アスタが魔法帝を目指す ・そのライバルであるユノも魔法帝を目指す これを軸に、 決してあきらめないアスタの姿に仲間たちが心を動かされ、成長し、結束し、みんなの力で困難を乗り越えていくというものでした。 「白夜の魔眼」のボスであるパトリは、 仲間を復活させ、人間に復讐をするために動いていたのでした。 そして、転生編にてエルフのパトリが 禁術・転生魔法を発動。 エルフの魂を波長の合う人間の体におろし、 仲間たちが敵へと変わってしまいました。 しかし、そこで判明する事実。 五つ葉のグリモワールは、四つ葉のグリモワールの持ち主が深く絶望した時、完成します。 パトリは騙され利用されていたことを知り、絶望してダークエルフへ。 グリモワールを悪魔に奪われ、自我を失った状態でアスタとユノに襲い掛かるのでした。 セクレという少女と共に、人々を助け分かり合い平和になるための魔道具を開発。 ルミエルもまた傷つき、セクレの魔法によって封印されました。 そして、禁術の代償により セクレはアンチドリのネロとなってしまうのでした。 そんなルミエルが500年の時を経て復活し、セクレ、リヒトと再会。 再び現れた言霊の悪魔と対決するのでした。 強敵でしたが、アスタ&ユノ&リヒト&ルミエル&セクレ&ヤミ&シャルラの連携により、500年越しの完全討伐に成功。 けれど ルミエル、リヒトはそのまま退場。 パトリ、ファナ、ヴェット、ライアとは和解しますが彼らもエルフとしての力は喪失したようです。 そして、残された セクレはアスタたちと共に生きていくことを決意。 また、 魔法帝ユリウスも力の大半を失いましたが、子供の姿で復活。 ヴァンジャンスを許し、償いとしてクローバー王国のため力を使わせることを許可するのでした。 復興作業中で 疲弊したクローバー王国は、外国から攻め込まれるとまずいです。 そこで、 騎士団の罪を悪魔の仕業だと証明する必要があるわけですが、肝心の言霊の悪魔は討伐済み。 そんな裁判に乱入する、「黒の暴牛」の仲間たち。 彼らはユリウスの命を受け、 アスタの無実を証明するべく外国で悪魔の調査をすることに。 悪魔メギキュラ。 それは、ノエルの母アシエを呪い殺し、人間界でうごめいている謎の悪魔。 そして、メギキュラはゴードンの先祖ともなんらかの契約を結んでいるようです。 ハート王国へ アスタたちはハート王国に悪魔の強い呪いがあると知ります。 そこで、 調査のためハート王国へ行くアスタ、ノエル、ミモザ、フィンラル。 しかし、アスタはハート王国女王と契約しているという 水の精霊ウンディーネに襲われます。 ノエルたちもまた、精霊守を名乗るガジャという男に襲撃されます。 魔道階域というクローバー王国にはない考え方で魔法の才能を図るハート王国。 ガジャは、その頂点に位置する第零域の魔道士でした。 そして、ウンディーネは 自国のためにアスタの悪魔を狙っているようでもあるのでした。 ポイント というわけで、物語の舞台は外国へと移り大きく話が動き始めたブラクロ。 重要そうなポイントをまとめてみます。 アスタの悪魔はリヒトの剣を通してアスタにその力を使えるようにしているのか、あるいは実は別の力なのか、詳細は不明です。 言霊の悪魔はアスタを前に、中の悪魔を軽視するような発言をしていましたが、実際に対面した時は驚いていました。 ただのアンチ魔法の悪魔ではないのかもしれません。 なお、 リヒトのことを知っていたらしい魔女王は、アスタの力が悪魔の力であるとは発言していません。 ・アスタとユノの両親 2人は教会に捨てられていた 今後はこのあたりを絡め、大きく話が動いていくことと思われます。 ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!.

次の

ブラッククローバー 動画(放送中)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ブラッククローバーアニメ133話

スポンサーリンク 強力なユノの魔法に湧き立つ会場を後にして 人知れず立ち去ろうとするゾラを魔法帝が 呼び止めます。 「もう帰るのかい? 言い方は悪かったけど… 勝てなかった皆への問題提示 ありがとう。 高みを目指す者は真摯に受け止め より強くなれるだろう。 君の罠魔法とその知識は必要だ。 ロイヤルナイツ試験 合格するだろうからよろしくね。 」 ゾラはローブを脱ぎ捨てました。 もう知ってるだろーけど オレはザクスでも 何でもねーから。 」 「君も魔法騎士だから 問題ないだろう。 イデアーレ君?」 ゾラは立ち止まりました。 魔法帝は言います。 「昔、君によく似た一人の 魔法騎士がいてね…。 下民だけど魔法騎士の 鏡のような男だった。 」 ゾラは父が笑いながら言っていた 言葉を思い出します。 [ あーゆー人が上に 行くんだろうな~~~! ノヴァクロノとか、 名前もカッコイイのな! ] 魔法帝は話し続けました。 「彼のような者が評価されるように 星のシステムを考えたんだ…。 『 オマエなかなかオモシれーから やるよそれ。 いらねーなら捨てていーよ。 「……イデアーレ…? 誰のことだよ。 知らねーよそんなヤツ…。 オレはただの… 通りすがりのスーパー魔導士の なりそこないだ…。 」 そのまま立ち去っていきました。 酔っぱらったバネッサが陽気に元気づけます。 「何気の抜けた顔しちゃってんのもぉ~~~~!! 決勝でライバルイケメンと戦えなかったから 何よぉ~~~~~!! アンタも大活躍だったんでしょぉ~~~~!? 合格よ合格!!大合格!! のみなさいよにゃはははは!!」 マグナが引きつり笑いをします。 「マグナめっちゃドキドキ してるでしょ。 」 「しっしてねーよ!!」 ノエルは上から目線です。 「まあ私は優勝だから絶対合格だけどねっ! 実力からしても当たり前よね!」 「あん?優勝はあのクールイケメンの お陰だろーが。 」 「何ですってぇ! 自分の魔法で負けた バカヤンキー!!」 「んだとクラァァ!!」 「そんなことより二人共 僕とヤろーよ!」 横でチャーミーもほや~~っと 呆けています。 「?チャーミーまでどうしたの?」 ノエルが聞くとチャーミーが ほや~~っとしたまま答えます。 「カッコよすぎたユノ君のことを想うと… 胸が詰まってゴハンがのどを通らない…」 「え゛ッッ」 「いつもの5分の1しか…。 」 大量のパンをバックにもぐもぐ食べます。 「いや充分だろ。 」 マグナとノエルが同時に アスタを見ます。 アスタと同じチームだった ザクス・リューグナーと思われていた 人物は全くの別人で… 本人は町で伸びているところを 発見されたし… フィンラルは一命は取り留めたけど… いつ目覚めるかわからない状態で 王都の病室に… フィンラルをそんな状態にした 実の弟のランギルスは事情を聴取する とか言って連れて行かれた…。 気絶したマグナを意にも介さず ツカツカとアスタの元へ歩いて行きます。 いきなり顔面にどごしッと拳がめりこみました。 「ぶわぁぁぁぁぁ」 後方まで吹き飛び我に返ったアスタは 驚きました。 「あ…アナタは…!! アネゴレオン様ッッ!!!」 「メレオレオナだ。 死にたいか糞莫迦者。 」 ヤミ団長が後ろから現れました。 「何だ今のデケー音は。 ゆっくりウ〇コもしてられ…」 仁王立ちするメレオレオナを目にします。 「猛獣が侵入したァァァ!!! 全員速やかにアジトを出ろォ~~~~!!!」 ヤミがレオナの背後の炎獣の手に 押せえつけられます。 「黙って受け取れ莫迦者。 」 ヤミの目の前にコト…と日本酒が置かれました。 ヤミがレオナに聞きます。 本当に死にたいか?」 「こんなバイオレンサーが好むモンなんて 人ののむモンじゃねーはず…いらねー。 」 「よし殺す。 」 アスタはホっとしました。 「何だお酒あげに来ただけ…」 アスタの頭を炎獣の手ががしっと つかみます。 「え」 ノエルの頭をがしっとつかみます。 「え」 ラックの頭をがしっとつかみます。 「ついでだ、連れて行く。 」 マグナが高笑いしました。 「ガハハハハハ!! 日頃の行いが悪かったようだな オマエら~~~~~!!」 レオナが言いました。 「コイツらはロイヤル選抜試験合格だ。 」 マグナのサングラスがショックで割れます。 「んえ゛えええええええええ!! え!?それオレじゃないスか!? ねぇ!!オレでしょ!?」 騒ぐマグナを無視してレオナが言います。 「黒にもう一人合格者がいるはずだが… ここにはいないようだな。 」 場面は王宮の広場に移ります。 レオナが選抜試験合格者を前に壇上に立ちました。 レオナが人数を数えました。 「…ん?一人来ていないな…。 舐めてるのか…?」 上から男が飛び降りてきました。 「すみませ~~~~ん。 遅れました~~~~~。 」 レオナが火球を放ちます。 男が魔法陣で防御した瞬間 ゴバァと魔法陣が灰になりました。 「!!」 レオナは笑います。 「舐めては…いるようだな…!」 男が着地しました。 「よろしくお願いしま~~~~す。 」 アスタは驚きました。 ゾラだ。 黒の暴牛 ゾラ・イデアーレだ。 クソチビ後輩。 アスタもノエルもラックも驚きます。 「え゛え゛えええええええ!?!」 今週はここまでです。 マグナが…!!まさかの落選 これはせつない~~~! こりゃサングラスも割れるよね! フィンラルの合否は どうなったんだろう…。 メンバー本当にこれだけ なのでしょうか? 少ないよーな気が…。 キルシュやソルは…。 レオは…。 リルは団長なので無理かな~? とは思っていたのですが。 そしてレオナ様団長就任! でもそーすると紅蓮の獅子王の団長は? レオがやるのかな…。 それともアニゴレオンが目覚めたのか…! 見舞いのお酒とか持ってきていたしね。 ゾラもまさかの黒の暴牛の仲間入り! しかも団長にスカウトされていたのが アスタの入団よりも前だとは! アスタ、先輩になれなくて残念! マスクも取ってくれませんでしたね~残念! 昔の様子からして、マスク取ったら 性格激変ってゆーのも少し期待して います…今後…もしかしたら…。 ここから来週の134話の予想です。 レオナ様が団長に就任したという事は またしばらく熱血修行が始まるのか。 それともこのまますぐ白夜の魔眼を 殲滅しに旅立つのか…。 それだけでも大分変わりますねー。 私はもう少しみんながスキルアップ する為に修行するかなーと思うんですが。 レオナ様の修行は生き地獄のように 厳しそうだけれども! みんなの弱点を的確に見抜いて 確実に実力の底上げはしてくれそうです。 アスタも反魔状態が 日に2回しか使えないのは この先厳しそうですしね! ユノはスピリット・ダイブを 完成形まで持っていくとか。 キリがないっちゃキリがないけど。 来週も楽しみです。 絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!.

次の

ブラッククローバー(アニメ)はコロナで延期?いつから放送開始で考察・感想・ネタバレは?声優や主題歌情報|最新アニメ情報館

ブラッククローバーアニメ133話

おすすめアニメ【ブラッククローバー】原作漫画何巻までのストーリー? アニメ【ブラッククローバー】は漫画にしてはとても珍しく、 第何期放送というかたちでは放送されていません。 ワンピースもそうですよね! 2015年から週刊少年ジャンプで連載が開始され、2017年にアニメ化が決定され。 今も継続して漫画連載、アニメ化が進んでいる状態です。 ここまでで区切りとし、次にどこからをという感じのアニメではありません。 それだけ当初から人気があり、アニメと平行して漫画連載も続いている状態なのです。 それだけでも凄いことだと思いませんか? 原作のコミックス22巻までの内容が、今の段階では放送されています。 第132話までの内容ですね! おすすめアニメ【ブラッククローバー】とは? この世界は誰もが魔法を使えて当たり前。 クローバー王国と呼ばれる国のアスタとユノは、最強の魔道士である魔道帝を目指していた。 最果ての地と呼ばれるハージオ村にアスタとユノは、偶然にも同じ日に捨てられていたのである。 それからアスタとユノは本当の兄弟のように共に過ごしてきた。 ユノは風の魔法を使いこなすとこができるようになっていたが、アスタはいつまで経っても魔法を使用することができなかったのである。 15歳まで成長したので魔導書(グリモワール)の授与式が近づいてきていた。 魔法の使えないアスタはグリモワールの授与によって、自分の中に秘められている魔力が開花するものだと信じていた。 やっと魔法が使えるようになると、アスタは心を躍らせるのだが・・・。 おすすめアニメ【ブラッククローバー】放送延期再開時期は? 第133話以降の放送開始の目途は残念ながら、まだ公式発表がありません。 コロナの影響で放送がストップしている状態です。 これは【ブラッククローバー】だけに起きている現象ではありませんよね。 アニメだけでなく世界中で起こっている現象に全てが巻き込まれている状態です。 しかしアニメが延期された変わりに、5月5日以降からは テレビ東京系で毎週火曜日の午後6時25分じから、【ブラッククローバー】の第1話から再放送されているのです! 新規はストップしていても、第1話から再放送してくれるなんて、素敵な演出ですよね。 まだ【ブラッククローバー】を知らなかった方は【ブラッククローバー】を知る機会に恵まれ。 ずっと【ブラッククローバー】を見てる方は復習になるのです。 132話も連載が継続されていたら、勿論内容は覚えていても、また1話から見直すのはなかなかできることではないと思うんですよね。 なのでこれを機会に次回の133話へ、すんなりと入れるように再放送中にもう一度見直して、改めてあらすじやストーリー展開。 キャラクターの個性、なぜにしてここまで面白い作風に仕上がっているのかなど、考察してみるのも面白いかもしれませんね! おすすめアニメ【ブラッククローバー】歴代主題歌 2019年にアニメ【ブラッククローバー】の主題歌を収録したアルバムが発売されています。 全16曲が収録されている充実した内容となっています。 何クールって形で放送さえる事のない作品って本当に数が少ないアニメの中で、連載継続中って本当に凄い事だと思っています。 早く続きがみたいところですが、今は再放送でも絶賛満足して、楽しめているので、133話からが放送させるようになるまでまだまだ楽しめそうですよね! でも早く続きが見たい気持ちは同じなんですが、制作サイトさんの事情も考えながら、それでも再放送してくれる優しさに感謝しましょうね。 最後まで御愛読ありがとうございました!.

次の