ボディコン クエスト。 ラサール石井のチャイルズクエスト

ラブクエスト

ボディコン クエスト

Succubus Quest(サキュバスクエスト)とは、によるのである。 概要 このを冠した作品には発表の『Succubus Quest』(通称「長編」)と発表の『Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』(通称「短編」)の二つがあり、さらにの拡版としてで『の史書と色づく』が発表されている。 また、で発表された画集『e tale -原色図鑑-』にはこれらの作品の原画が多数収録され、版「の絵本」(中登場する図鑑)のような趣を持っている。 各作品は版、版が販売されている。 『Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』のみからで可。 はいずれも製で、対応機種は。 はではなくの(戦術級ウォー・)。 今のところ『Succubus Quest』を冠してはいないようだが、開発者にて後述の-がとしてあることが判明している。 の形式は『夢のとお伽の団』以外だが、長編はの一般的なであるのに対し、短編は自動生成や装備合成、(後述)など(『』や『』のような)に近いになっている。 『の史書〜』では・持ち込み不可の「トゥプ」が追加され、更にその性格が強くなった。 時間は長編が約間、短編が間弱ほど。 ただしを考慮するとこれより大幅に長くなる。 特に短編は前述ののに加え周回引継ぎ要素もあるため、人によってはこの数倍になることも。 にされているはいずれも二周以降のものである。 ごろからのが止まり、その後ツィッターの動きも停止。 のも消滅、のも不明。 なおはごろ復活している はされていない。 しかし、意思を継ぐ者が現れた。 aのである。 Succubus Questの後継作ではないが、同じ形式・もそれっぽいとその作品は作品のそれを想起させる出来になっている。 詳細はの記事へ。 そして、長き夢より覚めたのだった。 詳細は新たな及びを。 SQDT製作の製品一覧• Succubus Quest• Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-• Succubus Quest 短編 ANN -の史書と色づく-• Succubus Quest 短編• e tale -原色図鑑-• 夢のとお伽の団 ()• 特徴 SEX-BATTLE 「こののは全てです。 」() この作品の最大の特徴として「-(・)」が挙げられる。 出てくる敵はほぼ全て「」と呼ばれるのであり、この達をが快感を与えてせることによってにする。 まず優しいで「ムード」を上げ、「を脱がせる」で裸にし、高い快感を与えるために弱点()を突き、「サート」(挿入)して止めを刺す…といった感じである。 のは「を脱がせる」ことで裸になり、など一部の敵は「サート」するとさらにが変わる。 短編以降は「」(イきそうになっている状態、ので言う)状態になると表情も変化する。 また、敵が喋るのさにも。 方はまで何回することになるだろうか・・・。 中行ける「リーの」という場所では好きなと好きなだけすることも出来る。 ふふ! ののをに置き換えるというには『』という前例があるが、・の差はもとより、のーを戦略的な深みに繋げたに、底してなと、もはや別のと言っても過言ではないかも知れない。 本作は言わば、-というしいに対し高いをもって大面に取り組んで作られた作品と言える。 がもやろうとしなかったことを敢えて全でやった、そこにしびれる憧れるゥ! ……長編短編共ににがあったような気がする……。 ブックシェルフ(短編) 短編は前述のようになになっているが、幾つか特徴的な要素を持つ。 その一つが「フ」であり、中手に入れた「本」を拠点の本棚に入れることでを生成するというもの。 これは短編のが「夢」であることによる。 まず「帳」を入れることで「場所」ができ、これがの子になる。 そこに「史書」を加えるとその史書に書かれたがそこに出現するようになる。 つまりに出現するを自分で選べるである。 ただしは半固定で、得られるは敵との差で決まるため、弱い敵ばかり出して楽にとはいかない。 またの史書と帳の組み合わせで起こるがあるため、実質敵一種類は固定されているとも言える。 他に内でが得られる「南書」などの本もある。 ちなみに時のは長編と同じを、これらの設定を踏まえ「本」に模している。 リアリティ(短編) もう一つ短編の特徴的なに「」がある。 これは他で言う「」「」「LP()」を合わせたようなであり、内の歩行・特技の使用・敵に倒される(イかされる)ことで減少、0になると夢に飲み込まれてになる。 初期値は. 0で、基本的にから出るまで回復しないが、を僅かに回復するをが落とすことがある。 ただし、本当に僅か(3)な上、から出ると消えてしまうのですることができない。 つまり夢の中を長くうろついたり、の魅に屈したり、非的な願いをえたりすることで感が減り、0になると夢に飲み込まれてしまうという訳である。 「君を知りたい」「夢とひとつに」「どこか遠くへ」などといった「願い」のもにくい。 特にを消費して願う「」はこのの切り札である。 「夢」と「」はサキュバスクエストにおいて極めて重要な要素であり、長編・短編共に分岐にも関わっている。 これは 夢。 ここには なにもない。 が覚めればもう。 」 「分かってないわ。 これは 夢。 ここには すべてがある。 あなたはられない。 」 関連動画 修正済みの につきご安心下さい。 でもは見ちゃダメ。 者も出たが残念ながらされている は一部残っているが。 者のでについて触れられたこともある。 とは思えない秀逸すぎる。 盛り上がりすぎて抜けない。 偉大なる先駆者、。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• (褒め言葉)•

次の

ボディコンクエストⅠ

ボディコン クエスト

Succubus Quest(サキュバスクエスト)とは、によるのである。 概要 このを冠した作品には発表の『Succubus Quest』(通称「長編」)と発表の『Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』(通称「短編」)の二つがあり、さらにの拡版としてで『の史書と色づく』が発表されている。 また、で発表された画集『e tale -原色図鑑-』にはこれらの作品の原画が多数収録され、版「の絵本」(中登場する図鑑)のような趣を持っている。 各作品は版、版が販売されている。 『Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-』のみからで可。 はいずれも製で、対応機種は。 はではなくの(戦術級ウォー・)。 今のところ『Succubus Quest』を冠してはいないようだが、開発者にて後述の-がとしてあることが判明している。 の形式は『夢のとお伽の団』以外だが、長編はの一般的なであるのに対し、短編は自動生成や装備合成、(後述)など(『』や『』のような)に近いになっている。 『の史書〜』では・持ち込み不可の「トゥプ」が追加され、更にその性格が強くなった。 時間は長編が約間、短編が間弱ほど。 ただしを考慮するとこれより大幅に長くなる。 特に短編は前述ののに加え周回引継ぎ要素もあるため、人によってはこの数倍になることも。 にされているはいずれも二周以降のものである。 ごろからのが止まり、その後ツィッターの動きも停止。 のも消滅、のも不明。 なおはごろ復活している はされていない。 しかし、意思を継ぐ者が現れた。 aのである。 Succubus Questの後継作ではないが、同じ形式・もそれっぽいとその作品は作品のそれを想起させる出来になっている。 詳細はの記事へ。 そして、長き夢より覚めたのだった。 詳細は新たな及びを。 SQDT製作の製品一覧• Succubus Quest• Succubus Quest 短編 -老書の短い夢-• Succubus Quest 短編 ANN -の史書と色づく-• Succubus Quest 短編• e tale -原色図鑑-• 夢のとお伽の団 ()• 特徴 SEX-BATTLE 「こののは全てです。 」() この作品の最大の特徴として「-(・)」が挙げられる。 出てくる敵はほぼ全て「」と呼ばれるのであり、この達をが快感を与えてせることによってにする。 まず優しいで「ムード」を上げ、「を脱がせる」で裸にし、高い快感を与えるために弱点()を突き、「サート」(挿入)して止めを刺す…といった感じである。 のは「を脱がせる」ことで裸になり、など一部の敵は「サート」するとさらにが変わる。 短編以降は「」(イきそうになっている状態、ので言う)状態になると表情も変化する。 また、敵が喋るのさにも。 方はまで何回することになるだろうか・・・。 中行ける「リーの」という場所では好きなと好きなだけすることも出来る。 ふふ! ののをに置き換えるというには『』という前例があるが、・の差はもとより、のーを戦略的な深みに繋げたに、底してなと、もはや別のと言っても過言ではないかも知れない。 本作は言わば、-というしいに対し高いをもって大面に取り組んで作られた作品と言える。 がもやろうとしなかったことを敢えて全でやった、そこにしびれる憧れるゥ! ……長編短編共ににがあったような気がする……。 ブックシェルフ(短編) 短編は前述のようになになっているが、幾つか特徴的な要素を持つ。 その一つが「フ」であり、中手に入れた「本」を拠点の本棚に入れることでを生成するというもの。 これは短編のが「夢」であることによる。 まず「帳」を入れることで「場所」ができ、これがの子になる。 そこに「史書」を加えるとその史書に書かれたがそこに出現するようになる。 つまりに出現するを自分で選べるである。 ただしは半固定で、得られるは敵との差で決まるため、弱い敵ばかり出して楽にとはいかない。 またの史書と帳の組み合わせで起こるがあるため、実質敵一種類は固定されているとも言える。 他に内でが得られる「南書」などの本もある。 ちなみに時のは長編と同じを、これらの設定を踏まえ「本」に模している。 リアリティ(短編) もう一つ短編の特徴的なに「」がある。 これは他で言う「」「」「LP()」を合わせたようなであり、内の歩行・特技の使用・敵に倒される(イかされる)ことで減少、0になると夢に飲み込まれてになる。 初期値は. 0で、基本的にから出るまで回復しないが、を僅かに回復するをが落とすことがある。 ただし、本当に僅か(3)な上、から出ると消えてしまうのですることができない。 つまり夢の中を長くうろついたり、の魅に屈したり、非的な願いをえたりすることで感が減り、0になると夢に飲み込まれてしまうという訳である。 「君を知りたい」「夢とひとつに」「どこか遠くへ」などといった「願い」のもにくい。 特にを消費して願う「」はこのの切り札である。 「夢」と「」はサキュバスクエストにおいて極めて重要な要素であり、長編・短編共に分岐にも関わっている。 これは 夢。 ここには なにもない。 が覚めればもう。 」 「分かってないわ。 これは 夢。 ここには すべてがある。 あなたはられない。 」 関連動画 修正済みの につきご安心下さい。 でもは見ちゃダメ。 者も出たが残念ながらされている は一部残っているが。 者のでについて触れられたこともある。 とは思えない秀逸すぎる。 盛り上がりすぎて抜けない。 偉大なる先駆者、。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• (褒め言葉)•

次の

ボディコン

ボディコン クエスト

「それでは今年もまいりましょう。 」 「それでは、今回紹介するソフトはこれだ!!」 「今宵も長くなりそうだ・・・」 (以下、説明書より) はるか昔、神はアダムの肋骨からイブを創り出した・・・が、地上の男女はいさかいが絶えず ある日『魔法使いのトパーズ』によって、男が全員 インポになる呪いがかけられてしまった。 そんなある日 『タツンダ城』の城下町に勇者 『中トロ』の血を引く赤ん坊が生まれた。 処女受胎の出産であった。 その赤ん坊こそ、プレイヤー = 君 自身なのである。 君が生まれた途端、城は大騒ぎ。 何故なら、全員の男がインポになっているのに 赤ん坊の君だけは ビンビンに勃起しているからだ。 インポの呪いがかけられてからというもの、男は自信をなくし、女たちは欲求不満に陥り 一部の女は町を出て、旅の男を 強チンする野盗と化している。 そんな中で君は、救世主のように評判になる。 そして、15 歳の誕生日。 王様に呼ばれた君は 「性の修行を積みあらゆる女敵を倒し、平和を取り戻してくれ」と 王様から頼まれる。 まだ 童貞の君だが、一日も早く大人になって女ボスを倒すべく、冒険の旅に出発した・・・ 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「オープニングからぶっとんでんな・・・」 「さすがの自分でも、ついて行くのに必死ですよ・・・」 「ってか、 強チンってなんだよ・・・」 「いや、それを言うなら、 全てにおいて疑問しかないんですけど・・・」 「確かに・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「ま、まぁ、要約すれば 『世界を平和にするために、悪の元凶を退治しましょう』っていう王道ストーリーなんですね。 」 「間違っては無いけど、このゲームを王道にカテゴライズするのは、 人としてやってはいけないような気がする・・・」 「前作では 『子供を産むことが出来なくなる呪い』でしたけど、今回は 『インポになる呪い』なんですね。 」 「ここまで 振り切れてると、呪いの種類なんてどうでもいいよ・・・」 「前作もそうだったけど、相変わらず ドラクエ臭全開だね。 」 「ですね。 」 「ま、まぁ、とりあえず宝箱を開けてみましょうよ。 」 「ふろフダ?」 「え、えっと・・・何に使うアイテムなんでしょうか。 」 「よくわからないけど、とりあえず使ってみるとしますかね。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「恐らくこれは 『使ったらあきまへん』の誤字ではないでしょうか。 」 「こんな初っ端から致命的な誤字があるなんて、ある意味斬新だな。 」 「ま、まぁ、気にしてたら先に進めないので、とりあえず街で情報収集でもしましょうかね。 」 「らじゃ。 」 「この 『タツンダの城』で得られる情報をまとめると、こんな感じになります。 」 「 限りなくアウトに近いカオスな情報ばかりではありますが、ざっくり情報をまとめると 『この城から北の街へ向かって、『魔女トパーズ』と『アマゾネス』に関する情報を収集せよ』ってことですかね。 」 「あとは、城の外に出ると野盗と化した女の子が襲ってくるから、テクニックで勝負しろってことみたいだね。 」 「ですね。 」 「っつーか、 童貞に テクニック要求すんなよって感じだよね。 」 「ま、まぁ、確かにそうですよね。 」 「自分に『恋愛禁止』という制約をかける事で、飛躍的に自身の能力を高めているんです!!」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「そもそもAKBのメンバーすら、毎年何人も その制約を守れず解雇されてんだろ。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「とりあえず、この城には、この他にも重要な場所があるからそこも紹介しておきますね。 」 「らじゃ。 」 「何気にこのオッサンいいこと言ってるな。 」 「 『ステータスじじい』というネーミングも素敵ですね。 」 「とりあえずレベルの低い序盤は、ここが拠点になりそうだね。 」 「ですね。 」 「あ、それと、この城を探索していて気になった場所があるんだけど。 」 「ん、どこですか?」 「めったくそカオス。 」 「 限りなくアウトに近いオブジェですね・・・」 「限りなくっていうか、完全にアウトだと思うけど・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「この続きはまた次回にしましょうかね・・・」 「まだ 城の外に出てもいないなんて、今回もグダグダさ全開だね。 」 「まぁ、どのゲームレビューもだいたいグダグダなんで、いつも通りって言えばいつも通りですけどね。 」 「確かにね・・・」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「・・・・・・・・・・・・。 」 「ってことで、このあたりで最後の締めにいきましょうかね。 」 「だね。 」 「それでは皆さま!!」 「今年も1年間!!」 「くそお世話になりました!!」 「2016年になっても。 」 「なっても。 」 「また逢おうぜ!クソ野郎ども!!」.

次の